M-2002

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
暴風号 / 暴風虎
性能諸元
全長 10.28 m
車体長 6.46 m
全幅 3.45 m
全高 2.23 m
重量 39.51 t
懸架方式 トーションバー方式
速度 57 km/h整地
45 km/h(不整地
行動距離 430 km
700 - 900 km(外部タンク搭載時)
主砲 115 mm滑腔砲 2A20(暴風号I)または125mm滑腔砲(暴風号II)
副武装 PKT7.62mm機関銃(同軸)
KPV14.5mm重機関銃(対空)
9K38地対空ミサイル(対空)
装甲 複合装甲
エンジン 4ストロークV型12気筒水冷ディーゼルエンジン
1000(±150)hp
乗員 4 名
テンプレートを表示

外部からM-2002のコードネームで認識される暴風号または暴風虎(発音はどちらも同じ、ポップンホ)は、1990年代朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が開発したとされる戦車である。

概要[編集]

1990年代初頭、朝鮮人民軍T-5559式戦車をはじめ、T-62ライセンス生産した天馬号 / 天馬虎(チョンマホ)を配備していた。一方、北朝鮮の事実上の敵国である大韓民国K1を開発、大規模な配備を始めたことに刺激され、1990年代に入って、朝鮮労働党の下に置かれる第2経済委員会と第2国防科学院により、T-62を基に開発が始まったとされる[1]

2002年2月16日には、平壌郊外で新型戦車の性能試験を行ったことが朝鮮中央放送のテレビ番組で発表され、アメリカ国防総省は、この新型戦車にM-2002の仮称を与えた[2]

咸鏡南道・新興のリュ・ギョンス[3]戦車工場で2002年から生産されているとされる。

2010年2月、北朝鮮国内向け放送にて新型戦車の動画が再び公開され、4月に大韓民国韓国放送公社第2チャンネルが朝8時のニュース番組で、この映像を受信した動画を放映した。画面にはT-72とは異なる戦車が一台で走行していた[4]。この時公開された画像では、戦車側面の転輪が、画像が悪い、回転している、砂埃、などで不鮮明ながらも、T-55 - T-62系列のスターフィッシュ型転輪に見えることも、この新型戦車がT-62を基に開発されたことを裏付けている。その後、同2010年に行われた軍事パレードに大挙して登場。パレードに招待された北朝鮮国外のメディアにも大々的に公開された。

労働新聞2016年2月27日付けは、「敬愛する金正恩同志が新たに開発された対戦車誘導兵器試験射撃を指導された」の題で、北朝鮮の新型対戦車ミサイルの標的として破壊された、転輪が片側6個の戦車の画像を掲載した。そのT-62風の鋳造によるとおぼしき砲塔の直接照準孔や機銃孔の開いた前面からは、直線平面的な追加装甲が剥離し、おそらく暴風号の角型砲塔も、基礎となる鋳造砲塔の周囲に直線平面的な追加装甲を貼り付けたものと推測される。

開発経緯[編集]

2001年8月金正日がロシアを訪問し、当時のプーチン大統領と国営公社オムスク戦車工場[5]を視察した際に要求した、T-90の購入を拒否されたことで、その代わりに自国で開発せざるを得なくなったという推測もあるが、しかし、翌年の2002年の性能試験との間のわずか1年間で、新型戦車を北朝鮮が独自に開発することは不可能であり、時系列に無理がある。別の説では、要求したのはT-90そのものではなく、T-90に用いられている新型エンジンV-84-MSや51口径125mm滑腔砲 2A46M-2だとされている[6]

T-72ベース説[編集]

「北朝鮮が1990年代にソビエト連邦からT-72を約300輌入手し(仮に事実だとしてもモンキーモデルのT-72Mだと思われる)、平壌を中心とした二個戦車師団に配備した」、もしくは、「北朝鮮がソ連時代にT-72のライセンス生産の許可を得て、1991年から大量生産した」、との未確認情報がある[2]。しかし北朝鮮がT-72を、ロシアから購入したり、ライセンス生産をしたという確証はない。一説には北朝鮮は、在韓米軍M1A1や韓国陸軍のK1に対抗するために、ソ連にT-72の供与を求めたが、T-72の技術が北朝鮮経由で中国に流出することを恐れたソ連に断られたとも言われている(しかし結局中国は別ルートでT-72を入手し、国産戦車開発の参考としている)。

上記に基づく推測では、オムスク視察の後、北朝鮮の第二機械工業設計局[7]でT-72を基にしたと推測される新型戦車の開発が始まったとされる。

聯合ニュース2010年8月17日付けによると、「韓国の情報当局は、北朝鮮は1990年代末まで「T-62」と「天馬号」を独自に生産し、前方地域や平壌一帯に集中配備したと把握している」とある。上記の「T-72を1990年代に入手もしくはライセンス生産」「T-72を平壌中心に配備」という説は、この聯合ニュースの報道と同じ情報の中の「T-62」と「天馬号」をT-72と錯誤したものと思われる[8]

設計[編集]

現在、暴風号 / 暴風虎とされている戦車は、角型砲塔左側操縦席とお椀型砲塔中央操縦席の2種類が確認されているが、実態は不明である。

車体[編集]

暴風号 / 暴風虎と似ているとされる85式戦車(画像は85-III式戦車ERA付き)[4]

全体的な設計は、外観からパキスタン軍が使用している中国北方工業公司85式戦車シリーズの85-II式戦車(風暴II型/Storm-II/WZ-1227F2)、85-IIM式戦車/85-IIAP式戦車(WZ-1228)に似ているのではないかと見られている。このことは中国もしくはパキスタンが北朝鮮の新型戦車の開発に関与している可能性を示唆している。また、中東やアフリカ(特にイランやパキスタン)などの友好国からT-72やT-80などのコンポーネンツをかき集めて、暴風号 / 暴風虎開発の参考にしたとする見方もある。

暴風号 / 暴風虎は、T-62の車体を延長して、転輪の数を片側5個から6個へ増やし(もしくは車体を延長せず、それまでのT-55 - T-62のような大直径転輪から、T-72のような中直径転輪(ただしスターフィッシュ型)にすることで、転輪の数を増やしたとも)、T-62では車体前方寄りだった砲塔を車体中央に位置させたたものであるとする説もある。それが推測される理由はT-64戦車以後のソビエト製戦車では操縦席が中央に移動したが、北朝鮮の新型戦車は依然として左側に設置されている事にある[4]

成型炸薬弾対策に前部フェンダーは角張っており、車体側面にはサイドスカートが装備され、車体前方下部にはゴム板も装備している。砲塔もT-72と大きく形状が異なり、85式戦車に似た、前面に楔形の増加装甲を取り付けた、面構成の角型(溶接?)砲塔である[4]。砲塔の前面や側面や後面の角度は垂直ではなく傾斜している。また、砲塔と車体の表面に爆発反応装甲(ERA)を追加で装備する可能性もある。車長席はT-62と同じく砲塔左側にある(T-72は砲塔右側)。砲塔側面には左右それぞれ4連装発煙弾発射機を備えている。

武装[編集]

主武装は、T-62に搭載されている115mm滑腔砲2A20、もしくは、T-72に搭載されている125mm滑腔砲2A26/2A46/2A46Mまたはその改良型と考えられており[4] 、主砲基部にT-62(天馬号/天馬虎)よりも若干大きな箱型のレーザー測距儀とされるを装備する。9M119 レフレークス対戦車ミサイルの運用能力があるかは不明。角型砲塔の新型戦車の主砲砲身にサーマルスリーブは装着されておらず、お椀型砲塔の新型戦車には装着されている。

副武装として、旧ソ連の戦車と同じPKT7.62mm機関銃を主砲同軸に装備するが、砲塔上面右側の対空機関銃は朝鮮人民軍の他の装甲車両と同じKPV14.5mm重機関銃に強化されている。

お椀型砲塔の新型戦車は、主力戦車としては珍しく、砲塔上面左側の車長用キューポラ左側に、地対空ミサイル(ロシアの「9K38 イグラ」、射程5km)の発射機を搭載可能(画像外部リンク2参照)。これらは赤外線誘導で、本来は歩兵が携行する短距離ミサイルだが、低空を低速で飛行する対戦車ヘリコプターなどには充分な脅威となる。また、主砲防盾上部に、対戦車ミサイル(ロシアの「9K133 コルネット(AT-14 スプリガン)」に相当する「pwulsay-3」)の発射機2基を搭載可能。

2017年4月15日の金日成生誕105年記念日の平壌軍事パレードでは、角型砲塔の戦車にも対戦車・地対空ミサイル(どちらも連装)の搭載が確認された。一例として、対戦車ミサイルは砲塔上面左側、携行式地対空ミサイルは砲塔右側後部に突出する形で架台基部(RWS(砲塔内からの遠隔操作式)とする説がある)を増設して、位置している。砲塔上面中央の装備は、連装式の「AGS-30 30mm自動擲弾銃」とする説がある。また、別の例では、砲塔上面左側に連装式の対戦車ミサイル架1基、その後方に単装式の携帯式地対空ミサイル架1基。対戦車ミサイルは「9K111 ファゴット(AT-4 スピガット)」の北朝鮮版発展型「ファイヤーバード」とする説がある。

先軍号[編集]

2010年10月10日の軍事パレードでは、転輪が6個で操縦席が中央にある新型車体に、お椀型の砲塔を載せた新型戦車も確認されている[2]。これを天馬号/天馬虎の最新型とする説もあるが、2010年と2012年に天馬号/天馬虎の最新型である「天馬5号(チョンマオホ)」がこれとは別に登場している。

サーマルスリーブを装着した主砲は115mmもしくは125mm滑腔砲とされる。車長席はT-62と同じく砲塔左側にある。砲塔上面右側にはKPV14.5mm重機関銃を、砲塔上面左側には携行地対空ミサイルを備えている。砲塔側面には左右それぞれ4連装発煙弾発射機を備えている。操縦席前方の傾斜した車体前面には、爆発反応装甲のブロックらしきものが確認できる。この2010年の時点では砲塔前面に爆発反応装甲らしきものは確認できない。砲塔後部は箱状のバスルになっており、即応弾を収納しているものと推測される。バスル後部には籠が付いている。砲塔後端バスル部分直前の位置の砲塔上面には太めの棒が立っており、シュノーケルか環境センサーの可能性がある。

この戦車は2012年4月15日に行われた、金日成主席生誕100周年記念軍事パレードにも登場している。操縦席前方の傾斜した車体前面には、爆発反応装甲のブロックらしきものが確認できる。この2012年の時点ではお椀型砲塔前面に、T-90の「コンタークト5」のような形状の、楔形の板を備えている。車体左側面にエンジンの排気口があることが確認できる。

中国網2013年1月17日付けは、「北朝鮮が2012年4月に開催した閲兵式でほとんどの主力戦闘装備を動かしたことをロシア軍事産業共同体のサイトが1月15日に報道した」と、間接的に報じた[9]。その中にはM-2002 暴風虎も含まれていたとされる。M-2002 暴風虎として公開された画像は、転輪が片側6個で、操縦席前方の傾斜した車体前面に爆発反応装甲のブロックらしきものを、お椀型砲塔前面に楔形の板を備えており、上記2010年と2012年と同じ戦車である。

聯合ニュース2013年6月19日付けは、北朝鮮が2005年から2012年にかけて、「先軍号」と「天馬5号」からなる新型戦車約900輌を追加配備したと報じた[10]

朝鮮日報2014年8月19日付けは、北朝鮮が、中国との国境地帯の両江道に2010年に創設した第12軍団に、自動射撃制御装置、コンピューターモニターを搭載した最新型戦車「先軍915」を約10台配備したと報じた[11]

先軍号あるいは先軍虎(선군호、発音はどちらもソングンホ)は金正日の「先軍政治」から名づけられたとされる。初期名称は先軍-915であった[12]。2009年より生産が開始された[12]

暴風号 / 暴風虎の後継戦車[編集]

2009年3月17日、新華社通信とそれを伝聞する形で中央日報が、「北朝鮮が韓国のK2に対抗するために、ロシアのT-95に匹敵する新型戦車を研究・開発中」と報じた[13]。ただ本家であるT-95自体が2010年に開発が中止されたので、北朝鮮の新型戦車開発も先行きがどうなるか不明である。

脚注[編集]

  1. ^ “北朝鮮が新型戦車「暴風号」初公開、旧ソ連製を改良”. 聯合ニュース. (2010年8月17日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2010/08/17/0300000000AJP20100817000700882.HTML 2012年6月19日閲覧。 
  2. ^ a b c 日本周辺国の兵器 - T-72戦車(暴風号)
  3. ^ 金日成とともにパルチザン抗争を行った柳京洙(後に第105戦車師団長)を記念したもの。
  4. ^ a b c d e KPAJOUNAL Vol.1,No.4 - 2010/8/28閲覧
  5. ^ 当時チョールヌィイ・オリョールを開発中。翌2002年倒産。
  6. ^ 李ジョンヨン:著 宮田敦司:訳『北朝鮮軍のA to Z 亡命将校が明かす朝鮮人民軍のすべて』 光人社 2009年 ISBN 9784769814436
  7. ^ Bermudez Jr., Joseph S. (2001-03-14). The Armed Forces of North Korea. I.B. Tauris. ISBN 1-86064-486-4.
  8. ^ 北朝鮮が新型戦車「暴風号」初公開、旧ソ連製を改良
  9. ^ “ロシアメディア:朝鮮の神秘的戦車「暴風虎」”. 中国網. (2013年1月17日). http://japanese.china.org.cn/culture/2013-01/17/content_27714097.htm 2013年1月17日閲覧。 
  10. ^ 北朝鮮の新型戦車「先軍号」を初確認 900台戦力化
  11. ^ “中国の裏切り警戒? 北朝鮮軍が中朝国境に戦車配備”. 朝鮮日報. (2014年8月19日). https://web.archive.org/web/20140821194720/http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/08/19/2014081901071.html 
  12. ^ a b 중무기실에 전시된 북의 전차들
  13. ^ “新華社「北、ロシアの次世代主力T-95級戦車を開発中」”. 中央日報日本語版. (2009年3月18日). http://japanese.joins.com/article/738/112738.html 2013年1月25日閲覧。 

参考文献[編集]

  • Bermudez Jr., Joseph S. (2001-03-14). The Armed Forces of North Korea. I.B. Tauris. ISBN 1-86064-486-4. 

外部リンク[編集]