騎兵戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

騎兵戦車(きへいせんしゃ)は第一次世界大戦後の戦間期に造られた戦車の内、主に騎兵科に所属する戦車のことを指す。

概要[編集]

歴史[編集]

第一次世界大戦後の戦間期、各国陸軍において、第一次世界大戦で多大なる戦果を挙げた戦車を採用し始める。戦車は対塹壕用兵器として歩兵科によって採用された。

時を同じくして、各国では戦車等の発達により騎兵科は縮小、廃止の動きを見せた。しかし、歩兵科と共に騎兵科も機械化を行い歩兵科とは異なる独自の戦車を保持しようという考えがフランスに起こる。それにより、フランスではAMC34ソミュア S35等の騎兵戦車が採用された。

騎兵戦車の一覧[編集]

フランスの旗 フランス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]