T-80U

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
T-80U/T-80UD
4thTankBrigade - T-80U -09.jpg
性能諸元
全長 9.651m
車体長 7m
全幅 3.582m
全高 2.202m
重量 46t
懸架方式 トーションバー方式
速度 70km/h整地
50km/h不整地
行動距離 400km
主砲 125mm滑腔砲2A46
副武装 12.7mm重機関銃NSVT
7.62mm機関銃PKT
装甲 複合装甲
爆発反応装甲「コンタクト」
その他各種装甲
エンジン GTD-1000 TF
ガスタービンまたは
GTD-1250/6TD
ディーゼル(T-80UD)
1,000馬力(GTD-1000 TF)
1,250馬力(GTD-1250)
1,000馬力(6TD)
乗員 3名
テンプレートを表示

T-80Uロシア語Т-80Уテー・ヴォースィェミヂスャト・ウー)は、ソビエト連邦ロシア連邦戦車である。

開発[編集]

ソ連1955年から開発に着手し、T-64への搭載を目論んだものの、果たすことはできなかったガスタービンエンジンの装備を目的として、1968年からレニングラード・キーロフスキー工場設計局(KB-LKZ)がオブイェークト219(Ob219)の開発に取り組んだ。Ob219はその後T-80として制式化が行なわれ、ソ連は念頭のガスタービンエンジン実用化に成功したものの、その耐用命数は僅か500時間と短く、さらには初期故障と燃費の悪さも問題であったため、1982年に改良型ガスタービンエンジンGTD-1000M(1,200馬力)を搭載したT-80Aが開発された。そして、この開発で得られたノウハウを元として、1983年から生産されたのがT-80Bである。

T-80は最新鋭戦車として申し分の無い攻撃力・機動力を有していたが、複雑な構造で、かつ燃費の悪いガスタービンエンジンを装備したことにより整備性・経済性が著しく劣った主力戦車となってしまった。また、1980年代になって新たに登場した西側諸国の主力戦車に対抗すべく、T-80Bの更なる改良が求められた。こうした要求から、KB-LKZでは1980年代半ばからT-80Aを基に改良型ガスタービンや爆発反応装甲を搭載した試作戦車オブイェークト219ASを製作。これがT-80Uとして制式採用され、1985年から生産に入った。

車体[編集]

車体の基本的な構成はT-80と同じだが、防御力向上のために装甲の大部分が換装・追加されている。砲塔周囲やサイドスカート、車体前部下面にはHEAT弾対策に金網入ゴム板が追加装備され、外観がT-80と大きく異なった感がある。爆発反応装甲も新型の「コンタークト5」に換装されている。車内の内張りには水素吸蔵合金が封入されているが、これは中性子爆弾対策だと考えられている。

1997年から生産が開始されたT-80UM-1では、ミサイル警報装置赤外線照射を感知すると自動的にフレアを放出する対戦車ミサイル回避装置「シュトーラ1」「シュトーラ2」や、レーザー照射を感知すると感知した方向に対戦車ミサイルを無力化する擲弾を自動的に投射する対戦車ミサイル回避装置「アリーナ」の装備も可能になっている。

試作車では、エンジンに燃費や整備性を向上させたGTD-1000 TF(1,000馬力)を搭載していたが、量産型では出力も向上させたGTD-1250(1,250馬力)を搭載した。さらに、新型ガスタービンエンジンが失敗した際のために、T-64に搭載されていた6TDディーゼルエンジンを搭載したオブイェークト478Bがオブイェークト219ASと同時に開発されていたが、こちらもT-80UDとして採用された。当初搭載していた6TDはT-80Uに比べて燃費がはるかに優れる一方で若干馬力が不足気味であったが、後に出力を向上した6TD-2、8TDを搭載したT-80UDも製造されている。

武装[編集]

T-64以降のソ連戦車の特徴である主砲発射型対戦車ミサイルは、T-80BVで運用可能になった9K112-1 コブラの改良型である9K119M レフレークス(AT-11 スナイパー)の運用能力を有する。

射撃管制装置は新型の1A42に換装されており、劣化ウラン弾芯を備えるAPFSDS弾3BM32を用いることで、その貫通力は射程2,000mで450mm(垂直装甲板)にも達している。

運用[編集]

T-80Uは1980年代後半からソ連地上軍に配備されていき、ソ連8月クーデターの際にクーデター側の戦車部隊として初の出動を行った。西側諸国では、1989年5月9日の対独戦勝記念軍事パレードで初めてT-80UDの存在が知られたが、当時はT-80に替わる新型戦車と考えられてSMT-1989(SMTはSoviet's Main Tank = 「ソビエト主力戦車」の略)と呼ばれていた。

T-80の改良型として、ロシア語で改良を表すUの接尾記号が与えられて完成したT-80Uであったが、ソ連崩壊による生産拠点の分散や経済不振による予算不足により、T-80Uの生産・配備はT-80と共に非常に低調なものになってしまった。ロシア陸軍では予算不足により、T-80・T-80Uよりも後に開発され、かつ低コストのT-90の配備が優先された。

他のロシア兵器と同様に、T-80Uも他国への売込みが積極的に行なわれている。T-72のアップグレード版であるT-90に比べて少数だが、現在までにアラブ首長国連邦キプロスパキスタン大韓民国中華人民共和国イエメンがT-80UDを購入している。

大韓民国陸軍では、対ソ連援助借款返済の一環として採用され、当初は戦車学校で朝鮮人民軍を模した仮想敵部隊として運用されていたが、現在は通常の戦車部隊である第3機甲旅団に配備されている。

イギリスアメリカ合衆国も研究用に数輌を入手している。

T-80UDのエンジンを6TD-2(1,200馬力)に換装するなどし、ウクライナハルキウで生産されているものが改良型のT-84である。

運用国[編集]

研究用に購入


参考文献[編集]

外部リンク[編集]