2S4チュリパン 240mm自走迫撃砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2S4チュリパン
240mm 自走迫撃砲
2S4 Tyulpan.jpg
性能諸元
全長 8.5 m
車体長 m
全幅 3.2 m
全高 3.2 m
重量 30 t
懸架方式 トーションバー方式
速度 62 km/h
行動距離 420 km
主砲 M-240 240mm迫撃砲
副武装 DShK 12.7mm機関銃(対空)
装甲 最大20mm
エンジン V-59
4ストロークV型12気筒液冷ディーゼル
520 馬力/2000 rpm
乗員 9 名
テンプレートを表示

2S4チュリパン 240mm自走迫撃砲(2S4 Tyulpan(ロシア語: 2С4 «Тюльпан»ドヴァー・エース・チトィーリェ・チュリパーン)(軍名称 SM-240、NATOコードネーム M1975)は、1975年に部隊配備が始まったソビエト連邦自走砲で、世界最大の迫撃砲である。

なお、「チュリパン」とはチューリップのロシア語読みである。

概要[編集]

240mm迫撃砲展開状態の2S4

車体は2S3と同じものを採用しており、後部にM-240 240mm迫撃砲英語版を外装している。この砲は移動時には車体に水平に寝かせてあるが、砲撃時には車体の後方に展開する。このため、射撃時には車体を砲撃目標に後ろを見せる形で停車しなければならない。この砲は俯仰角45 - 80度で動力は水圧、旋回角は左右各8度で電動。緊急時には手動操作も可能である。また、射程距離は通常で800 - 9,700mである。ただし最大で20,000mまで延長する事が出来る。発射速度は1分あたり1発である。

また使用出来る砲弾は130kgの通常弾に加えて、徹甲弾、対コンクリート砲弾、化学砲弾および核砲弾を発射できる。装填用に補助装置が搭載されている。

実戦ではアフガニスタン侵攻チェチェン紛争の際に使用され、特にアフガニスタン侵攻の際には“Смельчак”(英語: Smel'chak:「向こう見ず」「命知らず」の意)レーザー誘導砲弾を使用し大きな戦果を挙げている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]