9K330

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
9K330
Amd sa15.jpg
基礎データ
全長 7.5m
全幅 3.3m
全高 5.1m
重量 34.250t
装甲・武装
主武装 9M330/9M331地対空ミサイル
機動力
速度 65km/h
エンジン V型12気筒ディーゼル
618kW(830hp)
行動距離 500km
テンプレートを表示

9K330 トールロシア語: 9К330 «Тор» ヂェーヴャチ・カー・トリースタ・トリーッツァチ・トール)は、ソビエト連邦が開発した短距離防空ミサイル・システム。派生型には、9К331、9К332などがある。愛称はロシア語で「トーラス」のこと。NATOコードネームでは、派生型によりSA-15またはSA-N-9 ゴーントレト/ガントレット(Gauntlet:籠手)と呼ばれる。

開発[編集]

ソ連地上軍は開発を要求しなかったが[1]9K33 オサー地対空ミサイルNATOコードネーム:SA-8 ゲッコー)を代替する車両として、1970年代末期から開発が始まった。従来の地対空ミサイルの常識を覆すVLSが採用された試作車1980年代末に完成し、1991年に就役を始めた[1]

設計[編集]

車体[編集]

車体のベースになっているのは、2K22と同じGM-569A装軌車両である。車両中央のターレット上に全てのシステムが集約されて搭載されているため、1台のみでの運用も可能である。

レーダー[編集]

車両には2種類のレーダーが取り付けられている。システム後方のマストに立っているのが「ドッグイア」E/F-band パルス/ドップラーフェーズドアレイ探索レーダーで、最大探知距離は25km。

最大で48個の目標を探知し、10個の目標を追尾することができる。「ドッグイア」レーダーはレーダーのみ回転させることができ、探知しない場合はマストを折り畳むことができる。初期の捜索レーダーは機械操作式であったが、9K331M トールM1以降は電子操作式になっており、探知距離や目標数が増加している[1]

システムの前面に取り付けられたのが「スクラムハーフ」G/H and later K-band フェーズドアレイ迎撃レーダーで、最大追跡距離は20km。最大で2発のミサイルを誘導可能である。「スクラムハーフ」は仰角をかけることは可能だが回転させることはできないので、ミサイル誘導時にはシステム全体が旋回する[1]

ミサイル[編集]

9M330/9M331
9М330 missiles.jpg
コンテナに格納された状態で展示された9M330
種類 短距離防空ミサイル
(SHORADミサイル/短SAM)
製造国 ロシアの旗 ロシア
性能諸元
ミサイル直径 235mm
ミサイル全長 3,500mm
ミサイル重量 167kg
弾頭 HE破片効果(15kg)
射程 12,000m
射高 6,000m
推進方式 固体ロケット・モーター
誘導方式 無線指令誘導+TV誘導
飛翔速度 M2.8(850m/s)
テンプレートを表示

搭載するミサイル9M330および9M331である。ミサイル先端とノズル部に各4枚のフィンがあり、前部のフィンが可動する[1]

ミサイルは、ソ連艦対空ミサイルと同じコールド・ローンチ方式で、発射機から20m上空に射出された後にロケットモーターに点火する。飛行機ヘリコプターといった一般的な航空機だけでなく、無人機巡航ミサイル誘導爆弾も破壊できるという。

9M331は、4発が1列に並んだコンテナに格納されており、2個のコンテナがシステムの前後に搭載される[1]。再装填はクレーンを用いてシステム上方から行われる。

運用[編集]

前任の9K33 オサーより大きく自動化が進んでおり、よくイギリスレイピアフランスクロタルと比べられる。派生型として、装輪装甲車トレーラーなどの装輪車両や、飛行場軍事施設防空用の固定式発射装置も提案されている。

輸出も行われており、1999年ギリシャ陸軍、翌2000年中国陸軍に配備されているほか、インドキプロスペルーエジプトにも輸出されている[1]。また、ベネズエラが発注しており、イランに輸出される可能性もある。

派生型[編集]

MAKS2009で展示されるトールM2E
9K330 トール
1986年に配備。9M330 ミサイルを使用。最短迎撃距離2km。
9K331 トールM
1991年に配備。9M331 ミサイルを使用。最短迎撃距離1.5km。精度が大きく強化され、同時に2目標への迎撃も可能になった。
9K331M トールM1/トールM1T
9M331 ミサイルを使用。最短迎撃距離1.5km。
9K332 トールM2/トールMTA/トールMTB/トールMTS
9M331 ミサイルを使用。最短迎撃距離1km。探索レーダーが新型のものになった。
HQ-17(紅旗17)
中国ロシアから購入した9K331M トールM1の中国での呼称。
3K95 キンジャール(Кинжал キンジャール)
9K330 トールの艦船発射型。愛称の「キンジャール」とはコサックの用いる短剣の名前。アドミラル・クズネツォフ級空母ウダロイ級駆逐艦ネウストラシムイ級フリゲートに装備されており、同時に4目標を攻撃することができる。NATOコードネームではSA-N-9と呼ばれる。輸出型は「クリノーク」(Клинок クリノーク:「刀身」の意)として知られている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g 日本兵器研究会 編『世界の装軌装甲車カタログ』アリアドネ企画 ISBN 4-384-02660-9 2001年

外部リンク[編集]