ウクライナ国際航空752便撃墜事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウクライナ国際航空 752便
Ukraine International Airlines Flight 752 (10).jpg
752便の残骸
事件の概要
日付 2020年1月8日
概要 イスラム革命防衛隊の誤認による撃墜
現場 イランの旗 イラン テヘラン州 シャフリヤール英語版付近[1]
北緯35度33分40秒 東経51度06分14秒 / 北緯35.56111度 東経51.10389度 / 35.56111; 51.10389座標: 北緯35度33分40秒 東経51度06分14秒 / 北緯35.56111度 東経51.10389度 / 35.56111; 51.10389
乗客数 167
乗員数 9
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 176(全員)
生存者数 0
機種 ボーイング737-8KV
運用者 ウクライナの旗 ウクライナ国際航空
機体記号 UR-PSR
出発地 イランの旗 エマーム・ホメイニー国際空港
目的地 ウクライナの旗 ボルィースピリ国際空港
テンプレートを表示

ウクライナ国際航空752便撃墜事件は、2020年1月8日イランテヘラン エマーム・ホメイニー国際空港キエフ ボルィースピリ国際空港行きのウクライナ国際航空752便(ボーイング737-800型機)が、離陸直後にイスラム革命防衛隊地対空ミサイルにより誤って撃墜された航空事故である。乗員乗客176人全員が死亡した[2][3][4][5]。752便の撃墜事件はウクライナ国際航空で初めて乗員乗客が死亡した出来事である[6]

イランのハサン・ロウハーニー大統領はこの事件を「許されない間違い」と言った。当初、イラン当局は撃墜について否定し、事故原因は機械的な故障であるとしていた。ウクライナ当局も当初は機械的な故障が原因と見ていたが、イランの発表を受けて撃墜が原因であると発表した。調査によれば、752便はイスラム革命防衛隊のTor-M1地対空ミサイルによって撃墜された。事件から3日後の1月11日にイランは2発の地対空ミサイルによって752便を撃墜したと認めた[7]

この事件はペルシャ湾危機英語版の最中に発生した[8]。アメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領がイランで発生したアメリカ大使館襲撃事件英語版を受けて、バクダード空港への攻撃を指示し、これによりイスラム革命防衛隊のガーセム・ソレイマーニー少将を爆殺した。イランは報復として在イラク米軍基地を攻撃しており、撃墜事件はこの数時間後に発生した。連邦航空局は事件の前にアメリカ籍の旅客機はイラン空域を避けるよう指示しており、同様の命令はウクライナを含む各国によっても行われていた[9][10]

専門家は報復攻撃後に空港を閉鎖しなかったイラン側の対応に疑問を呈している。イスラム革命防衛隊のアミール・アリ・ハジザデ英語版は空域を閉鎖するよう要求したが拒否されたと述べた[11][12][13]ニューヨーク・タイムズは、イラン当局が空港を閉鎖すると、パニックが起こることを危惧して閉鎖しなかったようだと報道した。また、イラン当局が旅客機の存在によりアメリカ側に攻撃を躊躇させられると考え、「無防備な旅客機と旅行客を人間の盾にしたようだ」と報じた[14]

撃墜とその後の対応から、イラン国内では大規模な抗議デモ英語版が発生し、最高指導者アリー・ハーメネイーの辞任を要求した[15][16]

飛行の詳細[編集]

墜落機[編集]

2019年10月に撮影された墜落機

墜落機のボーイング737-800型機(UR-PSR)は、2016年7月にウクライナ国際航空へ納入された機体で、事件時点での機齢は約3年であった[17][1]。またこの機体同社がはじめて導入したボーイング737 ネクストジェネレーションだった[18]。また、この機体は事件2日前の、2020年1月6日に定期メンテナンスを受けたばかりであった[19][20][21]

乗員・乗客[編集]

回収された752便の乗員乗客の遺体
752便の搭乗者[22][23]
国籍 乗客 乗員 合計

イランの旗 イラン[注釈 1]

82 0 82

カナダの旗 カナダ[注釈 2]

63 0 63

 ウクライナ

2[6][25] 9[6][25] 11

 スウェーデン[注釈 3]

10 0 10

アフガニスタンの旗 アフガニスタン[注釈 4]

7 0 7

イギリスの旗 イギリス[注釈 5]

3 0 3
合計 167 9 176

752便には乗員9人乗客167人が搭乗していた[29]。内訳は、イラン人が82人、カナダ人が63人、ウクライナ人が11人、スウェーデン人が10人、アフガニスタン人が7人、イギリス人が3人であった[30][6][25]。また、146人がイランのパスポートを使用しており、その他、10人がアフガニスタン、5人がカナダ、4人がスウェーデン、2人がウクライナのパスポートを使用していた[31]

乗客167人のうち138人がウクライナを経由してカナダへ向かう旅行客だった[32][33][34]。また、カナダ人の多くは、カナダの大学に在籍する生徒と職員だった[35]。この事件はエア・インディア182便爆破事件に次いで、航空事故・事件によるカナダ国民の死亡者数が多いものとなった[36]。2020年1月15日、カナダの運輸大臣は57人のカナダ国民が死亡したと発表した[37]

墜落機には、パイロット3名と6名の客室乗務員が乗務していた。機長は Volodymyr Gaponenkoで、ボーイング737では11,600時間の経験があり、うち5,500時間を機長として飛行していた。副操縦士はSerhii Khomenkoで、ボーイング737では7,600時間の飛行経験があった。指導教官はOleksiy Naumkinで、ボーイング737では12,000時間の経験があり、うち6,600時間を機長として飛行していた[38][39]

事件の経過[編集]

墜落地点の位置(イラン内)
墜落地点
墜落地点
おおよその墜落地点

背景[編集]

撃墜事件が発生したのはアメリカ軍のガーセム・ソレイマーニー爆殺に対してイランがアメリカ軍基地を攻撃した4時間後のことだった[40]。イランは最大の警戒体制にあり、イスラム革命防衛隊航空宇宙軍英語版アミール・アリ・ハジザデ英語版は「戦争に向けて本格的に備えている」と発言していた[41]

事件の経緯[編集]

752便の墜落現場

752便を運航していたのはウクライナのフラッグ・キャリアであり、同国最大の航空会社であるウクライナ国際航空だった。同機はイランの首都であるテヘランエマーム・ホメイニー国際空港からウクライナの首都であるキエフボルィースピリ国際空港へ向かう国際定期旅客便だった。当局は9人の乗員と15人の子供を含む、176人が搭乗していたと報告した[42]

752便は現地時間5時15分[注釈 6]にテヘランを離陸する予定だったが、事件当日は遅延していた。最終的に752便は6時18分に滑走路29Rから離陸し[43]、キエフ到着はEET8時00分[注釈 7]を予定していた[44][45]ADS-B英語版に記録された最後のデータは6時14分57秒に752便から送信されたのものだった[46]

6時14分17秒から6時14分45秒の間に752便は予定された方位の289度から313度に逸脱した[46][47]

最後に記録されたデータによれば、752便は7,925フィート (2,416 m)を毎分3,000フィート (910 m)弱の上昇率で上昇しており、速度は275ノット (509 km/h)だった[46][48]。その後、752便はパランド英語版の開けた土地に墜落した[49]。ニューヨーク・タイムズの映像の解析から752便にイスラム革命防衛隊の発射した2発のミサイルが命中し、炎上しながら墜落したことが判明した[47]。ウクライナの調査官はコックピット付近でミサイルが炸裂し、パイロットが即死したと推定している[50]

752便の離陸から墜落の約1分ほど前までの詳細な飛行経路は不明であり、最後の数秒は映像に記録されていた[51][52][53]。機体は空港の北西15kmにある公園と野原に墜落した[47][54]

墜落の直後、現場に22台の救急車、4台の医療バス、ヘリコプターなどが急行したが、激しい火災により救助活動は妨げられた。残骸は広範囲に散乱しており、生存者は居なかった[55]。機体は墜落の衝撃により完全に破壊されていた[56]

調査活動[編集]

イラン民間航空機関英語版(CAO)は事故現場に調査チームを派遣した[29]。同日、ウクライナ政府は専門家をテヘランへ派遣し、調査を援助すると発表した。また、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領は検察当局英語版に犯罪捜査を開始するよう求めた[57]。政府は、政府高官、調査官、ウクライナ国際航空の代表者など計53人をイランに派遣した[58]

ボルィースピリ国際空港で政府高官、調査官、ウクライナ国際航空の代表者などを乗せてイランへ向かう準備を行うウクライナ空軍のIl-76

シカゴ条約の第13付属書に基づき、航空機の製造国であるアメリカの国家運輸安全委員会(NTSB)が調査に参加した。また、エンジンを製造したCFMインターナショナルがアメリカとフランスの合弁会社だったため、フランス航空事故調査局が参加し、ウクライナのインフラ省英語版も加わった。イランによれば、アメリカ、フランス、ウクライナの当局も事故調査に関与する[59]

CAOの代表者は、事故機から遭難信号が送信されていなかったことを明らかにした[60]。また、フライトデータレコーダー(FDR)とコックピットボイスレコーダー(CVR)を回収したと発表した[61]。報道によれば、CAOはボーイングやアメリカ当局にFDRとCVRを送らない姿勢を見せている[62][63]。1月9日、イランの調査官はブラックボックスが損傷を受け、データの一部が失われた可能性があると述べた[64]。元アメリカ運輸省の調査官のメアリー・シャイボ英語版は遭難信号が乗員や機体から送信されていないと話した[65]

1月9日、カナダ交通安全委員会英語版(TSB)とスウェーデン航空事故調査局英語版(SHK)の調査官が正式に調査に参加した[66]。また、NTSB[67][68][69]、ボーイング、ウクライナ政府も事故調査に加わった[66]イランに対するアメリカ合衆国の経済制裁英語版のため、アメリカ合衆国財務省アメリカ合衆国国務省の職員はイランへ渡航するため特別な許可が必要になると考えられている[70][71][72]

1月9日、残骸の撤去にブルドーザーが使用されたとメディアが報道した。一部の専門家は、徹底的な調査が行われる前に現場から残骸を撤去することなどに対して証拠が改竄される恐れがあると述べた[73]。これに対してイラン側は証拠の改竄を否定した[74]。1月10日、イランはウクライナの調査官が現場に立ち入ることとブラックボックスを調査することを許可した[75][76][77]。1月14日、TSBの責任者であるキャサリン・フォックス英語版はTSBがブラックボックスの解析に加わることが許可されるようだと述べた[78]。1月23日、TSBはイランから正式に解析の支援を求められたと発表した[79]

2020年2月3日、イランはウクライナで752便の墜落に関する情報がテレビて漏洩したことを受けて、ウクライナとの調査協力を中断した[80]。2月15日、イランはウクライナの調査協力を再開した[81]

2020年6月26日、フランス航空事故調査局(BEA)は、ブラックボックスを解析すると発表した。イランから要請を受け、コックピットの音声データなどの修復およびダウンロードは7月20日から開始するとした。[82]

2020年7月11日、イラン民間航空連盟(CAO)は、ウクライナ機の墜落に関する報告書を発表。墜落の原因がミサイルの誤射であり、防空部隊のレーダーシステムの調整ミスよるものだったことを明らかにした[83]

墜落原因を巡る各国の発表[編集]

752便の残骸

事件直後の1月8日、イランの国営メディアは「752便は6時22分に墜落し、生存者はいない」と報じた[84][85]。イランの道路交通省の広報担当者は「エンジン1基で火災が発生し、それによりパイロットが機体の制御を失った」と述べた[86][22]。また、その他のイランのメディアも「752便は機械的故障により墜落した」と報じた[87][88]

在イランウクライナ大使館は声明を出し、この中で「事故調査委員会が出す結論より前の事故の原因に関する記述は公式ではない」とする声明を出した[89]。ウクライナ国際航空は、テヘラン空港は「単純な空港ではない」と述べ、そのためパイロットは充分な訓練を受けており、パイロットエラーが事故原因とは考えにくいと発表した[90]。ウクライナ政府も当初は機械的故障が原因とみていた[23][91][92]。しかしその後、声明を撤回し、ミサイルが原因である可能性も否めないと述べた[93]。ゼレンスキー大統領は墜落原因に関していかなる憶測もすべきではないと発言した[22]

1月9日、アメリカの諜報機関や防衛当局が偵察衛星のデータから[94][66]、752便はイランのTorミサイルによって撃墜された可能性があると発表した[95][96]。ウクライナ当局は撃墜は1つの可能性として考えられるとしたが、イラン当局は否定し、ミサイルによる撃墜はアメリカによる心理戦だと述べた[97][98][99][100]。イギリス国防省はアメリカの意見に同意した[99]。カナダのジャスティン・トルドー首相は、複数の情報や証拠は752便がイランのミサイルによって撃墜されたことを示唆していると述べた[101]

当初、イスラム革命防衛隊(IRGC)は「アメリカの嘘」、「CIA国防総省の間違ったシナリオ」、「ボーイング株が急落することを防ぐための作戦」などと発言し撃墜説を否定していたが[102][103]、1月11日に752便を敵対勢力と誤認して撃墜したことを認めた[104][105][106]。イランで運用されている9K330のものと思われる地対空ミサイルの部品が事件後に散乱していたことが、決定的な証拠とみなされた[107]

事故当日752便は、当初の重量が最大離陸重量を超過していたため、貨物を下ろしており離陸が1時間近く遅れていた[108]

IRGCは声明で、752便が機密の軍事施設に向かっているようだったため、敵対的な目標であると誤認し、撃墜したと述べた[109]。これに対してイランの民間航空局は752便は予定された正しい飛行経路を飛んでおり、経路を逸脱などしていなかったと反論した[110]。ADS-B飛行追跡データなども752便が適切な経路を飛行していたことを示していた[111][112]

イスラム革命防衛隊のアミール・アリ・ハジザデ英語版は、ビッド・カネフ英語版のミサイル・オペレーターが752便をアメリカ軍の巡航ミサイルと誤認し、独断でミサイルを発射したようだと述べた。またハジザデは、752便は順調な飛行をしており、何も間違いをしていなかったと発言した[41][7]

西側諸国の専門家は以前、752便がシャヒド・モーダレスミサイル基地等の軍事施設付近を飛行していたことを指摘した[113][114]

映像の解析[編集]

1月9日、リッチ・キッズ・オブ・テヘラン英語版Instagram上に752便が炎を上げながら墜落する様子を映した映像を投稿した[115][116][117]。この映像は機械的故障が原因であるとイランが主張している最中に公開された[118][119]。イランの国営メディアは動画の信憑性については述べなかったが、墜落前に機体が燃えていたと報道した[120]。また、イランの交通都市省の代表者は撃墜について否定し、エンジン1基で火災が発生し、パイロットがコントロールを失ったようだと述べた[121][122][123]

同日、ベリングキャット英語版は機体が空中で爆発する様子を捕らえた映像を公開した。ニューヨーク・タイムズはこの動画の信憑性を確認した。ベリングキャットのチームがこの動画について分析した[124][125]。また、ベリングキャットは出所不明の写真を解析し、ミサイルの弾頭部を示した画像は見つかっていないと述べた[126]。Torミサイルの弾頭は中央部に位置し、炸裂しても爆発はしない[126]

USAトゥデイIHS マークイット英語版が映像を分析し、信頼できるものと判断したと述べた[127][128]。Opsgroupは、撃墜を否定する明確な証拠がでない限り、752便の墜落はマレーシア航空17便と同様の撃墜事件であるという仮定を指示すると述べた[129]

イスラム革命防衛隊の主張[編集]

イスラム革命防衛隊 (IRGC) は声明の中で、ウクライナ機を撃墜するに至った原因を以下の通り述べた。

  • アメリカによる報復の際、領土内の多数の場所が標的になったこと、前例のないほどに航空機の往来量が増加していたことを考慮して、イラン軍は最高レベルの臨戦態勢にあった[130][131]
  • イラクでのミサイル作戦遂行後、イランの国境周辺でアメリカ軍の戦闘機の往来量が増加し、自国の戦略的な地点へ近づく飛行物体を目撃したと報告があった[132]
  • イランの各地の防衛拠点がレーダー活動の増加を探知し、イランの防空センターで緊張感が高まっていた[132]
  • このような状況の中でウクライナ航空機が離陸した。また、同機はイスラム革命防衛隊の拠点へ近づいた[132]
  • 同機の高度、および飛行経路などを考慮してウクライナ機を「敵対的な標的」と判断した[132]

一方、航空機追跡・表示サイトのFlightradar24は、事件発生直前にエマーム・ホメイニー国際空港を離陸したフライト(10便)および過去3ヶ月の752便の飛行経路と事件当日の752便の飛行経路を比較した画像を掲載し、事件当日の752便が異常な飛行経路を辿っていたわけではないことを示した[133]

事故の責任[編集]

1月11日の声明でイラン革命防衛隊の航空宇宙部隊司令官であるアミールアリ・ハジザデは「全ての責任を負い、下されるどんな決定にも従う」と責任の所在を認めた[134]

イラン司法当局は、撃墜をめぐって数人を逮捕したことを明らかにした。ハサン・ロウハーニー大統領は、首都テヘランで演説し、「世界がわれわれを注視している。責任や失態があった人々はいかなるレベルでも裁きを受けることが重要だ」と述べ、関係者を処罰する必要性を強調した。[135]

事件への対応・反応[編集]

ウクライナ国際航空[編集]

ウクライナ国際航空は声明を発表し、「遺族に深い哀悼の意を表し、支援するために可能な限りのことを行う」とし、併せて「追って通知があるまで、テヘランへのフライトを停止する」と発表した[136]

イラン国内[編集]

テヘランでの抗議デモ

イスラム革命防衛隊がウクライナ機撃墜を認めたことを受け、テヘランでイラン政府とイスラム革命防衛隊に対する抗議デモが発生し約1,000人が参加した。墜落は事故との虚偽説明を一転させた当局に対し怒りの声が広がった[137]


脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ イラン当局によれば、146人の乗客がイランのパスポートを使用してイランを出国していた。その一部はイラン在住のカナダ人だった。
  2. ^ しかし、カナダの外務大臣は、「752便に搭乗していたと思われるカナダ人は57人であり、ウクライナ当局が当初発表した63人ではない」と言った[24]
  3. ^ スウェーデンの外務大臣によれば、7人のスウェーデン人が死亡した[26]
  4. ^ 当初、ドイツ人が3人とされていたがドイツ外務省はこれを否定し、この3人は亡命を希望するドイツ在住のアフガニスタン人であった[27]
  5. ^ 1月10日、ボリス・ジョンソン首相は4人のイギリス人が死亡したと発表した[28]
  6. ^ UTC1時45分
  7. ^ UTC6時00分

出典[編集]

  1. ^ a b UR-PSR Accident description”. Aviation Safety Network. 2020年1月8日閲覧。
  2. ^ Report: Ukrainian airplane carrying 180 passengers crashes in Tehran”. 2019年11月25日閲覧。
  3. ^ “Iran Says It Unintentionally Shot Down Ukrainian Airliner”. The New York Times. (2020年1月10日). https://www.nytimes.com/2020/01/10/world/middleeast/missile-iran-plane-crash.html 2020年1月10日閲覧。 
  4. ^ Ukrainian airplane with 180 aboard crashes in Iran: Fars”. Reuters (2020年1月8日). 2020年1月8日閲覧。
  5. ^ Ukrainian airliner crashes near Tehran: Iranian media”. Al Jazeera (2020年1月8日). 2020年1月8日閲覧。
  6. ^ a b c d Oliphant, Roland; Mendick, Robert; Nicholls, Dominic (2020年1月8日). “Iran plane crash: All 176 passengers killed as Ukraine Boeing 737 crashes near Tehran”. The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/2020/01/08/iran-plane-crash-170-passengers-feared-dead-ukraine-boeing-737/ 2020年1月8日閲覧。 
  7. ^ a b “Demands for justice after Iran's plane admission” (英語). BBC. (2020年1月11日). https://www.bbc.com/news/world-middle-east-51077788 2020年1月12日閲覧。 
  8. ^ Hooper, Ryan (2020年1月8日). “Three Britons killed in Iran plane crash”. plymouthherald. 2020年1月10日閲覧。
  9. ^ Slotnick, David. “Airlines are avoiding airspace near Iran and Iraq after a passenger plane was reportedly shot down”. Business Insider. 2020年1月10日閲覧。
  10. ^ Bowden, John (2020年1月8日). “Ukraine bans all flights from Iranian airspace following crash” (英語). TheHill. 2020年1月10日閲覧。
  11. ^ Recipe for disaster': Experts say Iran airspace should've been closed before attack”. Hannah Jackson. Global News (2020年1月13日). 2020年1月16日閲覧。
  12. ^ Iran plane crash: Ukrainian jet was 'unintentionally' shot down”. BBC News (2020年1月11日). 2020年1月16日閲覧。
  13. ^ Iran commander said he requested flights be grounded, but military chiefs chose not to”. Fernando Alfonso III, Amir Vera and Sheena McKenzie. CNN (2020年1月11日). 2020年1月16日閲覧。
  14. ^ Fassihi, Farnaz (2020年1月26日). “Anatomy of a Lie: How Iran Covered Up the Downing of an Airliner”. New York Times. https://www.nytimes.com/2020/01/26/world/middleeast/iran-plane-crash-coverup.html 2020年5月17日閲覧。 
  15. ^ “Iranian protesters call for Khamenei's resignation over plane crash”. Axios. (2020年1月13日). https://www.axios.com/iran-protesters-khamenei-resignation-ukraine-plane-crash-e96337fc-601d-45de-90ea-77c9628608c0.html 2020年5月17日閲覧。 
  16. ^ Iran's Supreme Leader cannot be removed” (2009年11月13日). 2020年5月17日閲覧。
  17. ^ UR-PSR Ukraine International Airlines Boeing 737-800” (英語). www.planespotters.net. 2020年1月8日閲覧。
  18. ^ UR-PSR Ukraine International Airlines Boeing 737-800” (英語). www.planespotters.net. 2020年1月8日閲覧。
  19. ^ UKRAINE INTERNATIONAL AIRLINES CONFIRMS AIR ACCIDENT IN IRAN”. ウクライナ国際航空. 2020年1月8日閲覧。
  20. ^ Baker, Sinéad (2020年1月9日). “Ukrainian Flight 752 was on fire and seemed to be turning back before it crashed in Iran and killed 176 people, the first report into the disaster said”. Business Insider. 2020年1月10日閲覧。
  21. ^ Baker, Sinéad (2020年1月9日). “Ukrainian Flight 752 was on fire and seemed to be turning back before it crashed in Iran and killed 176 people, the first report into the disaster said”. Business Insider. 2020年1月10日閲覧。
  22. ^ a b c Live Updates: Boeing 737 with 167 Passengers Aboard Crashes After Take-Off from Tehran Airport©”. Sputnik News. 2020年1月8日閲覧。
  23. ^ a b Moshtaghian, Artemis; Berlinger, Joshua. “Ukrainian Airlines plane crashes in Tehran shortly after takeoff”. CNN. https://www.cnn.com/2020/01/07/middleeast/plane-crash-iran-intl-hnk/index.html 2020年1月8日閲覧。 
  24. ^ 'Our profound regrets': Iran state TV says Ukrainian jet was 'unintentionally' shot down | National Post” (2020年1月11日). 2020年1月10日閲覧。
  25. ^ a b c Тегеран: Пристайко опублікував список загиблих в авіакатастрофі МАУ”. nv.ua (2020年1月8日). 2020年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月9日閲覧。
  26. ^ “Sweden halts Iran Air flights between Stockholm and Tehran”. Reuters. (2020年1月10日). https://www.reuters.com/article/us-iran-crash-sweden/sweden-halts-iran-air-flights-between-stockholm-and-tehran-idUSKBN1Z91K8 2020年1月17日閲覧。 
  27. ^ Flugzeugabsturz im Iran: Familie aus Nordrhein-Westfalen unter den Opfern” (ドイツ語). https://www.soester-anzeiger.de (2020年1月10日). 2020年1月15日閲覧。
  28. ^ “Western defence officials confident Iran 'shot down Ukraine jet'”. (2020年1月9日). https://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/iran-plane-crash-news-latest-ukraine-jet-boeing-737-a9277291.html 2020年1月9日閲覧。 
  29. ^ a b Ukrainian airplane crashes near Tehran's Imam Khomeini Int'l Airport”. Iranian Students News Agency (2020年1月8日). 2020年1月8日閲覧。
  30. ^ Flight PS752 Passenger List” (英語). UIA (2020年1月8日). 2020年1月9日閲覧。
  31. ^ Archived copy”. 2020年1月13日閲覧。
  32. ^ Jackson, Hannah (2020年1月8日). “Iran plane crash: 138 passengers were connecting to Canada, Trudeau says”. Global News. https://globalnews.ca/news/6380800/63-canadians-killed-iran-ukrainian-plane-crash/ 2020年1月8日閲覧。 
  33. ^ Iran state TV says Ukrainian airplane crashes near Tehran”. WBAL. 2020年1月8日閲覧。
  34. ^ “63 Canadians among dead after Ukrainian plane crash in Iran, airline says”. (2020年1月8日). https://www.cbc.ca/news/world/iran-ukraine-air-crash-canadians-tehran-1.5418610 2020年1月9日閲覧。 
  35. ^ Iran state TV says Ukrainian airplane crashes near Tehran”. WBAL. 2020年1月8日閲覧。
  36. ^ Weikle, Brandie (2020年1月8日). “Why were so many Canadians on the plane that crashed in Iran?”. CBC News. https://www.cbc.ca/news/world/canadians-plane-crash-iran-1.5419076 2020年1月8日閲覧。 
  37. ^ “RCMP helping to identify Canadian victims killed in downing of Ukraine Flight 752”. Global News. (2020年1月15日). https://globalnews.ca/news/6415512/rcmp-identifying-victims-iran-plane-crash/ 
  38. ^ Information on PS752 crew – Ukraine International Airlines (UIA)”. ウクライナ国際航空. 2020年1月9日閲覧。
  39. ^ Fly UIA”. Facebook. 2020年1月9日閲覧。
  40. ^ Bhattacharjee, Amanda Macias,Jacob Pramuk,Riya (2020年1月7日). “Iran fires missiles at multiple bases housing US troops in Iraq” (英語). CNBC. 2020年1月9日閲覧。
  41. ^ a b IRGC Releases Details of Accidental Downing of Ukrainian Plane” (英語). Iran Front Page (2020年1月11日). 2020年1月11日閲覧。
  42. ^ “Ukrainian airplane with over 170 aboard crashes in Iran; no survivors”. Mehr News. (2020年1月8日). https://en.mehrnews.com/news/154306/Ukrainian-airplane-with-over-170-aboard-crashes-in-Iran-no-survivors 2020年1月8日閲覧。 
  43. ^ UKRAINE INTERNATIONAL AIRLINES CONFIRMS AIR ACCIDENT IN IRAN”. ウクライナ国際航空. 2020年1月8日閲覧。
  44. ^ Safi, Michael (2020年1月8日). “Iran plane crash: Ukraine Boeing with more than 160 onboard comes down near Tehran”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2020/jan/08/iran-plane-crash-ukraine-boeing-180-tehran 2020年1月8日閲覧。 
  45. ^ “Ukrainian Boeing plane crashes in Iran, 176 people dead”. CNN. (2020年1月8日). https://edition.cnn.com/middleeast/live-news/iran-plane-crash-live-intl-hnk/index.html 2020年1月8日閲覧。 
  46. ^ a b c Ukrainian flight PS752 crashes shortly after take off from Tehran” (英語). Flightradar24 Blog (2020年1月8日). 2020年1月16日閲覧。
  47. ^ a b c Browne, Malachy; Hill, Evan; Mitchell, Logan; Marcolini, Barbara (2020年1月14日). “New Video Shows Two Iranian Missiles Hit Ukrainian Plane”. The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2020/01/14/world/iran-plane-crash-video.html 2020年1月18日閲覧。 
  48. ^ “Boeing 737 Bound for Ukraine Crashes in Iran; No Survivors”. Bloomberg.com. (2020年1月8日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-01-08/boeing-737-carrying-180-people-crashes-in-iran-state-media-says 2020年1月8日閲覧。 
  49. ^ Ukrainian airliner crashes near Tehran: Iranian media”. Al Jazeera (2020年1月8日). 2020年1月8日閲覧。
  50. ^ Brown, Chris (2020年1月12日). “Ukrainian investigators say they knew 'within hours' a missile had downed PS752”. CBC News. https://www.cbc.ca/news/world/ukraine-investigators-knew-within-hours-missile-ps752-1.5423957 2020年1月22日閲覧。 
  51. ^ Video purports to show moment Ukrainian passenger plane plummets near Tehran”. 2020年1月9日閲覧。
  52. ^ Atshani, Mohammad (2020年1月9日). “این فیلم از لحظه حادثه #پرواز۷۵۲ هواپیمایی #اوکراین رو یکی از بستگان در راه برگشت از فرودگاه امام گرفته. کاملاً مشخصه هواپیما چند دقیقه در آسمان دچار آتش‌سوزی بوده. مگر برخورد موشک هواپیما رو در دم منفجر و متلاشی نمی‌کنه؟” [The film captures one of the relatives on the way back from Imam Airport at the moment of the #Urgan flight #Ukraine. Quite a few minutes in the sky the plane was on fire. Doesn't the missile strike the plane in the tail and detonate it?] (ペルシア語). @MohammadAtshani. 2020年2月18日閲覧。
  53. ^ Intel_Radar (2020年1月9日). “A new video released for the Ukrainian airplane. #PS752pic.twitter.com/FyqCBAYPBF” (英語). @intel_radar24. 2020年2月18日閲覧。
  54. ^ “World leaders claim Iran caused airplane crash, killing 176”. https://www.skynews.com.au/details/_6121252316001 2020年1月12日閲覧。 
  55. ^ Gelles, David; Troianovski, Anton; Victor, Daniel (2020年1月7日). “Little Clarity, Many Theories in Ukraine Airline Crash in Iran”. The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2020/01/07/world/middleeast/iran-plane-crash-boeing-ukraine.html 2020年1月9日閲覧。 
  56. ^ “All 170 On Board Ukrainian Plane That Crashed In Iran Killed: Report”. https://www.ndtv.com/world-news/ukrainian-plane-with-180-on-board-crashes-after-take-off-from-iran-airport-news-agency-reuters-quoti-2160449 2020年1月8日閲覧。 
  57. ^ “Ukraine leader warns against 'speculation' after plane crash”. The Economic Times. (2020年1月8日). https://economictimes.indiatimes.com/news/international/world-news/ukraine-leader-warns-against-speculation-after-plane-crash/articleshow/73153310.cms 2020年1月9日閲覧。 
  58. ^ Ukrainian experts leave for Iran to join probe into PS752 crash”. UNIAN Information Agency. 2020年1月9日閲覧。
  59. ^ “Iran plane crash: Ukraine International Airline jet crashes killing 176”. BBC News (BBC News Online). (2020年1月8日). https://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-51029994 2020年1月8日閲覧。 
  60. ^ fa:جزئیات تماس خلبان بوئینگ 737‌ اوکراینی با برج مهرآباد تا پیش از سقوط‌” [Details of Ukrainian Boeing 737 pilot contact with Mehrabad tower before collapse] (Persian) (2020年1月8日). 2020年1月8日閲覧。
  61. ^ Three Britons among 176 killed as plane crashes after takeoff in Tehran”. Sky News. 2020年1月8日閲覧。
  62. ^ 墜落機ブラックボックス、米国への引き渡し否定”. AFP (2020年1月9日). 2020年1月9日閲覧。
  63. ^ Iran plane crash: Tehran won't give Boeing or US black boxes”. BBC (2020年1月9日). 2020年1月10日閲覧。
  64. ^ Stimson, Brie (2020年1月9日). “Russian missile strike eyed as one of many possible causes that led to plane crash in Iran: Ukraine”. foxnews.com. Fox News. 2020年1月9日閲覧。
  65. ^ Iran plane crash: Justin Trudeau says intel shows Ukraine jet downed by Iranian missile”. USA Today. 2020年1月9日閲覧。
  66. ^ a b c John, Tara (2020年1月9日). “Ukrainian Boeing plane crash in Iran, investigators hunt for clues”. CNN. 2020年1月9日閲覧。
  67. ^ Troianofski, Anton; Kitroeff, Natalie (2020年1月9日). “U.S. Has 'Confidence' Ukrainian Plane Was Shot Down by Iranian Missile”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2020/01/09/world/middleeast/iran-plane-crash-ukraine.html?campaign_id=60&instance_id=0&segment_id=20183&user_id=e9848bda5d7546386411f6e2fbdaf95e&regi_id=16153474 2020年1月9日閲覧。 
  68. ^ US official: Iranian authorities invite National Transportation Safety Board to join investigation”. CNN (2020年1月9日). 2020年1月10日閲覧。
  69. ^ Iran: Ukraine and Boeing have been invited to join investigation of Ukrainian Airlines crash”. CNN (2020年1月9日). 2020年1月10日閲覧。
  70. ^ “January 8 Iran plane crash” (英語). (2020年1月8日). https://www.cnn.com/middleeast/live-news/iran-plane-crash-live-intl-hnk/index.html 2020年1月10日閲覧。 
  71. ^ Brennan, David (2020年1月9日). “How U.S. sanctions on Iran could hamper Boeing plane crash investigation” (英語). Newsweek. 2020年1月10日閲覧。
  72. ^ Boeing and US safety board invited to join probe of Ukraine-bound plane crash, Iran officials say” (英語). CNBC (2020年1月9日). 2020年1月10日閲覧。
  73. ^ Frias, Lauren (2020年1月10日). “Iran is using bulldozers at the Ukrainian plane crash site, which could make it impossible to prove what happened”. Business Insider. 2020年1月10日閲覧。
  74. ^ “Iran to Canada and allies: If you think we shot down Flight 752, prove it”. National Post. (2020年1月10日). https://nationalpost.com/news/world/iran-to-canada-if-you-think-we-shot-down-flight-752-prove-it 
  75. ^ “Ukrainian experts being on UIA plane crash site near Tehran do not confirm using of bulldozers”. Interfax-Ukraine. (2020年1月10日). https://en.interfax.com.ua/news/general/634869.html 2020年1月10日閲覧。 
  76. ^ Carroll, Oliver; Trew, Bel (2020年1月10日). “Ukraine 'granted access' to Iran plane crash black box”. https://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/iran-plane-crash-black-box-ukraine-access-a9278176.html 2020年1月10日閲覧。 
  77. ^ Cornwell, Alexander; Hafezi, Parisa (2020年1月10日). “Iran to analyze black box after missile blamed for crash”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-iran-crash-idUSKBN1Z90RT 2020年1月10日閲覧。 
  78. ^ “Iran detains suspects over Ukraine plane downing”. BBC News (BBC). (2020年1月14日). https://www.bbc.com/news/world-middle-east-51104687 2020年1月14日閲覧。 
  79. ^ Gilles, Rob (2020年1月23日). “Canada's TSB says Iran has invited it to examine black boxes”. AP NEWS (Associated Press). https://apnews.com/9b32cfa88332ab4df5e08d8d48eff838 2020年1月24日閲覧。 
  80. ^ “Iran plane downing: Tehran ends co-operation with Ukraine”. BBC News. https://www.bbc.com/news/world-middle-east-51356626 2020年2月3日閲覧。 
    “Iran knew from start it had shot down jet, says Ukrainian president”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2020/feb/03/iran-knew-from-start-it-had-shot-down-jet-says-ukrainian-president 2020年2月3日閲覧。 
  81. ^ “Ukraine, Iran deciding where, when flight recorders to be decrypted”. Kyiv Post (Interfax-Ukraine). (2020年2月15日). https://www.kyivpost.com/ukraine-politics/ukraine-iran-deciding-where-when-flight-recorders-to-be-decrypted.html 2020年2月16日閲覧。 
  82. ^ イラン撃墜のウクライナ機、仏がブラックボックス解析へ”. 朝日新聞. 2020年6月26日閲覧。
  83. ^ ウクライナ機撃墜、レーダー調整ミスの結果 報告書で明らかに”. AFP (2020年7月12日). 2020年7月12日閲覧。
  84. ^ 'No survivors' after Ukrainian airliner crashes near Tehran”. 2020年1月8日閲覧。
  85. ^ Boeing 737 passenger jet with 170 aboard crashes in Iran; all killed” (英語). Livemint (2020年1月8日). 2020年1月8日閲覧。
  86. ^ 176 people killed in Boeing 737 crash in Iran, state TV reports” (英語). ABC News (2020年1月8日). 2020年1月8日閲覧。
  87. ^ Ukrainian plane with 180 on board crashes near Tehran: Iranian state TV”. 2020年1月8日閲覧。
  88. ^ CNN, Artemis Moshtaghian and Joshua Berlinger. “Ukrainian Airlines plane crashes in Tehran shortly after takeoff”. CNN. 2020年1月8日閲覧。
  89. ^ Щодо авіакатастрофи літака "МАУ", що виконував рейс PS752”. 在イランウクライナ大使館. 2020年1月8日閲覧。
  90. ^ Iran refuses to give Boeing black box from Tehran crash”. Financial Times. 2020年1月9日閲覧。
  91. ^ “Ukrainian plane crashes in Iran killing 176” (英語). (2020年1月8日). https://www.bbc.com/news/world-middle-east-51029994 2020年1月9日閲覧。 
  92. ^ Khurshudyan, Isabelle; Cunningham, Erin (2020年1月8日). “Ukrainian passenger plane with more than 170 onboard crashes in Iran, no survivors”. Washington Post. https://www.washingtonpost.com/world/ukrainian-passenger-plane-with-180-crashes-in-iran/2020/01/07/7e214eb4-31cc-11ea-91fd-82d4e04a3fac_story.html 2020年1月8日閲覧。 
  93. ^ Davies, Gareth; White, Josh (2020年1月8日). “Iran plane crash: Ukraine refuses to rule out Boeing 737 was shot down by missile near Tehran killing 176”. The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/2020/01/08/iran-plane-crash-170-passengers-feared-dead-ukraine-boeing-737/ 2020年1月8日閲覧。 
  94. ^ “Iran missile shot down Ukraine-bound Boeing airliner, officials say”. cnbc.com. (2020年1月9日). http://cnbc.com/2020/01/09/trump-says-he-has-doesnt-believe-the-boeing-plane-crash-in-iran-was-due-to-mechanical-error.html 2020年1月13日閲覧。 
  95. ^ Iranian Missile System Shot Down Ukraine Flight, Probably By Mistake, Sources Say”. Newsweek.com. Newsweek (2020年1月9日). 2020年1月9日閲覧。
  96. ^ ウクライナ機墜落 欧米各国「イランが誤撃墜」 イランは否定”. www3.nhk.or.jp. NHK NEWS WEB (2020年1月10日). 2020年1月10日閲覧。
  97. ^ Iran Plane Crash: Western Powers Suggest Missile Downed Jet”. BBC News Online. 2020年1月9日閲覧。
  98. ^ Mirovalev, Mansur (2020年1月10日). “Zelenskyy: Claims Iran missile downed Ukraine plane 'unconfirmed'”. Al Jazeera. https://www.aljazeera.com/news/2020/01/ukraine-iranian-missile-hit-unconfirmed-200110110317509.html 2020年1月10日閲覧。 
  99. ^ a b “Western defence officials confident Iran 'shot down Ukraine jet'”. (2020年1月9日). https://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/iran-plane-crash-news-latest-ukraine-jet-boeing-737-a9277291.html 2020年1月12日閲覧。 
  100. ^ Iran 'mistakenly shot down Ukraine jet'—US media”. BBC News Online. 2020年1月9日閲覧。
  101. ^ Lamoureux, Mack (2020年1月9日). “Justin Trudeau Says Canada Believes Iran Shot Down Ukraine Flight 752” (英語). Vice. 2020年4月28日閲覧。
  102. ^ چرا رسانه‌های آمریکا باید هواپیماسازی بوئینگ را از ورشکستگی نجات دهند؟” (ペルシア語) (2020年1月9日). 2020年1月11日閲覧。
  103. ^ جزییات تسنیم از سناریوی سیا و پنتاگون برای نجات از تحقیر موشکی/دروغ بزرگ آمریکا درباره هواپیمای اوکراینی” (ペルシア語) (2020年1月9日). 2020年1月11日閲覧。
  104. ^ "Iran admits shooting down Ukrainian airliner 'unintentionally'" Archived 11 January 2020 at the Wayback Machine., The Guardian, 11 January 2020.
  105. ^ "「誤って撃墜」とイランが声明". KYODO News. 共同通信社. 2020-01-11. 2020年1月11日閲覧
  106. ^ イラン軍 撃墜を認める ウクライナ機墜落 人為的なミスで”. www3.nhk.or.jp. NHK NEWS WEB (2020年1月11日). 2020年1月11日閲覧。
  107. ^ shot-down of flight ps752 of ukrainian international airlines”. BabakTaghvaee (2020年1月9日). 2020年1月13日閲覧。
  108. ^ “Ukraine airline says plane had no warning of threat before Iran crash”. Reuters. (2020年1月11日). https://www.reuters.com/article/us-iran-crash-uia-president-idUSKBN1ZA0FQ 2020年1月11日閲覧。 
  109. ^ Iran Says It "Unintentionally" Shot Down Ukrainian Airlines Flight [Updated]” (英語). Gizmodo. 2020年1月11日閲覧。
  110. ^ “Ukrainian passenger plane shot by missile in Iran had not veered off its normal course: statement” (英語). Reuters. (2020年1月11日). https://www.reuters.com/article/us-iran-crash-flight-path-idUSKBN1ZA0NW 2020年1月11日閲覧。 
  111. ^ PS752: How could Iran have made such a terrible tragic mistake?”. 2020年1月18日閲覧。
  112. ^ Ukrainian flight PS752 shot down shortly after take off from Tehran” (2020年1月8日). 2020年1月8日閲覧。
  113. ^ Khurshudyan, Isabelle; Ryan, Missy; Lamothe, Dan; Sonne, Paul (2020年1月9日). “Iranian missile hit Ukrainian plane in possible unintentional firing, Western officials say”. Washington Post. https://www.washingtonpost.com/world/europe/ukraine-flight-was-on-fire-in-air-and-returning-to-tehran-at-time-of-crash-iran-investigators-say/2020/01/09/9b27434c-3244-11ea-971b-43bec3ff9860_story.html 2020年1月12日閲覧。 
  114. ^ Porter, Tom; Collman, Ashley (2020年1月10日). “Experts say 'panic' and 'poor training' could have resulted in Iran accidentally shooting down Ukrainian Flight 752”. Business Insider. https://www.businessinsider.com/ukraine-iran-crash-panic-bad-training-may-led-missile-attack-2020-1 2020年1月12日閲覧。 
  115. ^ Rich Kids of Tehran on Instagram: "The actual footage from the moment the #Ukrainian flight was shot down by a Russian-made Tor-M1 missile just moments after takeoff from ..."” (英語). Instagram. 2020年1月30日閲覧。
  116. ^ Downing of Ukrainian plane and the world that never learns” (英語). The Manila Times (2020年1月18日). 2020年2月7日閲覧。
  117. ^ Ukrainian airplane crashes near Tehran's Imam Khomeini Int’l Airport”. The Sydney Morning Herald. 2020年1月8日閲覧。
  118. ^ Agencies (2020年1月9日). “Iran plane crash: burning Boeing was trying to turn back, say Tehran investigators” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/2020/jan/09/iran-plane-crash-report-ukraine-boeing-flames-turn-back-radio-call 2020年1月31日閲覧。 
  119. ^ Frias, Sinéad Baker, Michelle Mark, Lauren. “Everything we know so far about the Ukraine International Airlines Boeing 737 crash in Iran”. Business Insider. 2020年1月31日閲覧。
  120. ^ Ukraine International Airlines plane crashes in Tehran shortly after takeoff”. CNN. 2020年1月8日閲覧。
  121. ^ “Iran denies Ukrainian plane was hit by missile—statement” (英語). Reuters. (2020年1月10日). https://www.reuters.com/article/uk-iran-crash-statement-idUKKBN1Z82OJ 2020年1月30日閲覧。 
  122. ^ BBC World Service—Newshour, Iran denies shooting down Ukrainian jet” (英語). BBC. 2020年1月30日閲覧。
  123. ^ Press, The Associated (2020年1月10日). “Iran Denies Downing Ukrainian Plane, Asks West to Provide Evidence” (英語). Haaretz. https://www.haaretz.com/middle-east-news/iran/iran-denies-downing-ukrainian-plane-asks-west-to-provide-evidence-1.8379673 2020年1月30日閲覧。 
  124. ^ Philip Bump (2020年1月10日). “How open-source investigators quickly identified Iran's likely role in the crash of Flight 752”. washingtonpost.com. The Washington Post. 2020年1月12日閲覧。
  125. ^ Video Apparently Showing Flight PS752 Missile Strike Geolocated to Iranian Suburb” (英語). bellingcat (2020年1月9日). 2020年1月11日閲覧。
  126. ^ a b Video Apparently Showing Flight PS752 Missile Strike Geolocated to Iranian Suburb” (英語). bellingcat (2020年1月9日). 2020年1月13日閲覧。
  127. ^ Bill Galluccio (2020年1月9日). “Report: Ukrainian Plane That Crashed In Iran Was Likely Hit By Missile”. max1063.iheart.com. 2020年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月9日閲覧。
  128. ^ John Bacon (2020年1月9日). “Iran plane crash report: Ukraine jet may have been hit by Iran missile”. usatoday.com. USA Today. 2020年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月9日閲覧。
  129. ^ “Iran plane crash may have been 'shootdown event', aviation experts say”. The Independent. https://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/iran-plane-crash-shootdown-ukraine-boeing-latest-a9275051.html 2020年1月8日閲覧。 
  130. ^ اطلاعیه ستادکل نیرو‌های مسلح درباره هواپیمای اوکراینی ستادکل نیرو‌های مسلح در خصوص سقوط هواپیمای مسافربری خطوط هوایی اوکراین اطلاعیه‌ای صادر کرد.”. IRIB. 2020年1月11日閲覧。
  131. ^ イラン政府、ウクライナ航空機を「人的ミス」で撃墜と認める”. BBC. 2020年1月11日閲覧。
  132. ^ a b c d イランが撃墜認める、ミス原因 米を非難 ウクライナ機墜落”. CNN. 2020年1月11日閲覧。
  133. ^ Ukrainian flight PS752 shot down shortly after take off from Tehran” (2020年1月8日). 2020年1月18日閲覧。
  134. ^ "イラン革命防衛隊の司令官、旅客機撃墜の責任認める 「巡航ミサイル」と誤認". AFP. AFP通信. 2020-01-11. 2020年1月11日閲覧
  135. ^ ウクライナ旅客機撃墜で「数人逮捕」 大統領、責任追及強調―イラン”. 時事通信. 2020年1月14日閲覧。
  136. ^ UKRAINE INTERNATIONAL AIRLINES CONFIRMS AIR ACCIDENT IN IRAN”. ウクライナ国際航空. 2020年1月8日閲覧。
  137. ^ イラン首都で1千人抗議デモ 旅客機撃墜の説明に怒り

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • News - ウクライナ国際航空 (英語)