ペガサス航空2193便着陸失敗事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペガサス航空 2193便
PC2193crash.jpg
事故後の2193便
事故の概要
日付 2020年2月5日
概要 調査中
現場 トルコの旗 トルコ イスタンブール サビハ・ギョクチェン国際空港
乗客数 177
乗員数 6
負傷者数 179
死者数 3
生存者数 180
機種 ボーイング737-86J
機体名 Açelya
運用者 トルコの旗 ペガサス航空
機体記号 TC-IZK
出発地 トルコの旗 アドナン・メンデレス空港
目的地 トルコの旗 サビハ・ギョクチェン国際空港
テンプレートを表示

ペガサス航空2193便着陸失敗事故は、2020年2月5日にトルコで発生した航空事故である。イズミルイスタンブール行の国内線だったペガサス航空2193便が、サビハ・ギョクチェン国際空港への着陸時に滑走路を逸脱した。乗員乗客183人中3人が死亡し179人が負傷した[1]。この事故はペガサス航空が起こした初の死亡事故である[2]

また、この事故のおよそ1か月前の1月7日にも、同空港でペガサス航空機がオーバーラン事故を起こしていた[3]

事故機[編集]

2019年7月に撮影された事故機

事故機はボーイング737-86J(TC-IZK)であった。この機体は、2009年1月にエア・ベルリンに納入されたもので、2016年からペガサス航空の機材となっていた[4][5][6]

事故の経緯[編集]

2193便はイズミルからイスタンブールへ向かう便で、現地時間17時22分にアドナン・メンデレス空港を離陸した。サビハ・ギョクチェン国際空港の滑走路06へ着陸したのは18時19分ごろであった[2][1]。事故当時、イスタンブールの天候は悪く、大雨に加えて強風が吹いていた。管制官はパイロットに270度から22ノット (41 km/h)の風があり、突風は30ノット (56 km/h)と伝えた。その後風向きが変化し、19ノット (35 km/h)という強い追い風になった[2][6]。また、突風や雷雨も報告されていた[5]

トルコの運輸大臣によると機体は着陸後、減速せずに滑走路をオーバーランした。事故により機体は分断され、特に機体前方は激しく損傷した。乗客らは機体の破損した部分から脱出することを余儀なくされた。また、衝撃により火災が発生したが消防隊によって鎮火された[1][6]

当初、乗員乗客に死者は無かったと報告された[5]。しかしその後、トルコの保健大臣は3人が死亡し179人が負傷したと公表した[1]

事故調査[編集]

ペガサス航空のCEOは、ブラックボックスの分析が開始されたと述べた[7]。パイロットたちは警察で事情聴取を行う前に病院で治療を受けた[8][9]

当局は予備報告書を発行した。事故当時、操縦は機長が行っており、計器の監視は副操縦士がおこなっていた。着陸進入中、2193便の先を飛ぶ便が37ノット (69 km/h)の追い風を管制官に報告していたが、この交信はトルコ語で行われていた。そのため、オランダ人の副操縦士は内容を理解できなかった。着陸後、スポイラーと逆噴射装置が展開された。しかし57ノット (106 km/h)付近でスポイラーは格納され、逆噴射装置もオフになった[2]

脚注[編集]