フランス航空事故調査局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランス航空事故調査局
Bureau d'Enquêtes et d'Analyses pour la Sécurité de l'Aviation Civile (BEA)
Fullsizeoutput 6383 47351549981 o.jpg
組織の概要
設立年月日 1946年[1]
管轄 フランス領内で発生した航空事故およびフランス製航空機による航空事故
本部所在地 フランスの旗 フランス ル・ブルジェ
行政官
上位組織 エコロジー・持続可能開発・エネルギー省[2]
ウェブサイト www.bea.aero

フランス航空事故調査局(フランスこうくうじこちょうさきょく、フランス語: Bureau d'Enquêtes et d'Analyses pour la Sécurité de l'Aviation Civile)はフランスにおける航空事故の調査を実施し、調査結果から安全へ向けての改善を提案するフランスの政府機関。略称はBEA。日本語においてはフランス民間航空事故調査局フランス民間航空安全調査局などとも表記される。

概要[編集]

本部はパリ近郊のル・ブルジェ空港にある。BEAには120名の従業員が在籍しており、そのうち30名が調査官、12名が調査助手(investigative assistant)である[1]

1946年の設立以来、民間航空に関する規則(Code de l'aviation civile)R711-1[3]・L711-1[4]およびそれらに関連する民間航空についてのフランス法令に従って運営されている。

国際的なルールに従い、BEAはフランスの領内で発生した航空事故に対して管轄権を有する。また、フランス製の航空機によって発生したフランス領以外での事故に対しても、現地の政府が技術的な調査を開始しない場合やBEAに対して支援を要請している場合には管轄権を有することとなる[4]

局長は2001年12月17日よりポール=ルイ・アルスラニアンが務めていたが、2009年に現在のジャン=パウル・トロアデックに交代した。

施設[編集]

BEA本部はル・ブルジェ空港の第153棟(Bâtiment 153)に存在しており[5][6]、そのほぼ正面にはル・ブルジェ航空宇宙博物館 が存在している[7]。一時期はパリ15区に本部が存在していた[8][9][10]

ル・ブルジェにおけるBEAの施設には5,000平方メートル (54,000 ft²)の敷地がある。1999年には3,000平方メートル (32,000 ft²)だったものが、2002年に現在の面積まで拡大された[7]。それ以前の敷地面積は1,000平方メートル (11,000 ft²)であった[11]

また、BEAはムラン飛行場にも制限エリア内のハンガーを含め、合計6,000平方メートル (65,000 ft²)の敷地面積に及ぶ設備を保有しているほか[11]ボヌーイ=シュル=マルヌ英語版 (Bonneuil-sur-Marne)の制限エリア内にもハンガーを保有している。

BEAの支部はエクス=アン=プロヴァンスボルドーレンヌトゥールーズに存在する[12]

2019年には日本人のダンボール工芸家がBEA本庁舎の模型を作成し動画共有サイトに製作過程をアップロードしたところ、BEA職員の目にとまり公式のTwitterアカウントで紹介した他、制作者に貸し出しや買い取りの依頼を行い、最終的に寄贈されることとなった[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b "Who are we?" Bureau d'Enquêtes et d'Analyses pour la Sécurité de l'Aviation Civile. Retrieved on 8 June 2009.
  2. ^ "Report Incident on 2 May 2009 on approach to Antalya (Turkey) to the Boeing 737–300 registered F-GFUF operated by Europe Airpost." (Archive) Bureau d'Enquêtes et d'Analyses pour la Sécurité de l'Aviation Civile. 1. Retrieved on 26 May 2011. "Bureau d'Enquêtes et d'Analyses pour la sécurité de l'aviation civile – Ministère de l'Écologie, du Développement durable, des Transports et du Logement"
  3. ^ Code of civil aviation, R711-1
  4. ^ a b Code of civil aviation, L711-1
  5. ^ "Plan d’accès au BEA." (Archive) Bureau d'Enquêtes et d'Analyses pour la Sécurité de l'Aviation Civile. Retrieved on 17 June 2010.
  6. ^ "header_logo_et_coord.gif Archived 2011年6月21日, at the Wayback Machine.." Bureau d'Enquêtes et d'Analyses pour la Sécurité de l'Aviation Civile. Retrieved on 17 June 2010. "Bâtiment 153 200 rue de Paris Zone Sud Aéroport du Bourget 93352 Le Bourget cedex"
  7. ^ a b "Qui sommes-nous?" (Archive) Bureau d'Enquêtes et d'Analyses pour la Sécurité de l'Aviation Civile. 18 February 2003. Retrieved on 5 May 2011. "Les bureaux et laboratoires du BEA sont situés sur le site de l'aéroport du Bourget, en face du Musée de l'Air. Cet ensemble de 3 000 m² est en cours d'aménagement pour faire face aux nouveaux besoins en salles de travail et ateliers. La surface disponible passera à 5 000 m² en 2002. Le BEA dispose aussi sur l'aérodrome de Melun de 6 000 m² de hangars et d'espaces protégés."
  8. ^ "f-gk820317.pdf." (Archive) Original report by the Civil Aviation & Meteorology Authority, Yemen Arab Republic, distributed by the Bureau Enquêtes-Accidents. Retrieved on 18 April 2012. "246, rue Lecourbe 75732 PARIS – France"
  9. ^ "NYC95WA234." 国家運輸安全委員会. Retrieved on 18 April 2012. "Bureau Enquetes-Accidents 246, rue Lecourbe 75732 Paris Cedex 15 FRANCE
  10. ^ (pdf) Commission d'Enquête Accident du CHSCT-PN Air France (CEA) Accident CONCORDE du 25 juillet 2000. 5-Retour d'expérience Incidents, incidents graves, accidents, "Bureau Enquêtes-Accidents (IGAC/SA.E), (12 June 2003), オリジナルの2012年5月29日時点によるアーカイブ。, https://www.webcitation.org/680p2KxBv?url=http://henrimarnetcornus.20minutes-blogs.fr/media/00/02/8a0106410c3835fc2f57c66aa5f95781.pdf, "246, rue Lecourbe 75735 PARIS CEDEX 15" 
  11. ^ a b "Who are we?" (Archive) Bureau d'Enquêtes et d'Analyses pour la Sécurité de l'Aviation Civile. Retrieved on 5 May 2011. "The BEA's offices and technical services are located in the Paris Region at Le Bourget Airport. The building currently in use has 1000 m² and is being extended so as to meet future needs in terms of offices and workshops. In 1999 the space available will exceed 3000 m². The BEA also has 6000 m² of hangars and protected areas at its disposal at Melun aerodrome."
  12. ^ "Qui sommes-nous?" (Archive) Bureau d'Enquêtes et d'Analyses pour la Sécurité de l'Aviation Civile. 13 October 2006. Retrieved on 12 May 2011. "Le BEA dispose aussi de hangars et d'espaces protégés sur l'aérodrome de Melun ainsi qu'à Bonneuil-sur-Marne. Le BEA possède des antennes à Toulouse, Bordeaux, Rennes et Aix-en-Provence."
  13. ^ ダンボール工作職人の作品がフランスへ! フランス航空事故調査局(BEA)の模型を作ったら本家に気に入られ寄贈することに - ねとらぼ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]