ハイジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハイジャック英語: hijack、hijacking)とは、武器による脅迫などの暴力的手段によって交通機関航空機鉄道船舶バスなど)を乗っ取り、占拠する行為。特に、航空機への行為に用いられることが多い。

セッションハイジャックなど交通手段以外でも不正に何かを乗っ取ることも慣用句的にハイジャックと呼ばれる。また、「メディアジャック」など非暴力・合法的な手段で対象を占拠した場合も比喩的に呼ばれる。

目的[編集]

ハイジャックの目的は様々で、亡命刑務所で服役している仲間(政治犯テロリストなど)の釈放、テロリズム身代金人質行為)など意図が明確なものから、乗り物自体に対する異常な興味や精神的錯乱、テロに便乗した模倣犯といったものにまで及ぶ。

1931年に初の航空機ハイジャックが起きて以降、1940年代後半から1950年代後半はいわゆる東側諸国において西側諸国への亡命を目的としたハイジャックが多発した。1960年代後半から1980年代前半にかけてはPFLP日本赤軍バーダー・マインホフ・グループなどの極左過激派によるハイジャックが頻繁に起きるようになった。また、アメリカ合衆国では犯罪者などがキューバ行きを要求する通称「キューバ急行」が多発していた。2000年代以降ではイスラム過激派によるアメリカ同時多発テロ事件のハイジャックのように、政治的要求をするのではなく、テロ実行の手段としたハイジャックも行われている。

語源[編集]

1920年代のアメリカで、駅馬車や自動車、列車等を乗っ取り、その貨物を強奪する行為として用いられるようになったのが起源とされる。語源については諸説あるが、有名なものは以下のとおり。

  • 強盗が駅馬車の御者を呼び止める際に「Hi, Jack!(やあ、あんた)」と声をかけた事から成立したとする説。
  • 「(公道に騎馬で現れた)追いはぎ、辻強盗」を意味する「highwayman」と、強盗犯を意味する「jacker」を組み合わせた「hijacker」の逆成とする説。
  • 強盗の「Stick'em up high, Jack(手を高く上げろ)」という文句から成立したとする説。

したがって、原語においては種類に関わらず乗り物を乗っ取る行為は基本的に「ハイジャック」と表現する。航空機乗っ取りに関しては「aircraft hijacking」、「air(craft) piracy」などと表現することが多く、小説『スカイジャック』が発表されて以降は「スカイジャック (skyjack)」という用法も生まれている。日本においては「Hi」を「高い」、「jack」を「乗っ取り」の意味と勘違いして、「バスジャック」「電波ジャック」「番組ジャック」など多数の「○○ジャック」という和製英語が生まれることになった。ただし、英語圏においても若者の間で自動車乗っ取りを「カージャック (carjacking)」、海上での乗っ取り行為 (Maritime hijacking) を稀に「シージャック (seajacking)」と短縮表記する例も見られはじめてる[1]

英語圏では、ジャック という名前が男性の一般的な略称であるため、ロサンゼルス国際空港のように、「Hi, Jack」(ハイ、ジャック)あるいは「Hey, Jack」(ヘイ、ジャック)と挨拶することは避け、不意の混乱を起こさないように呼びかけている場所もある。[要出典]

主なハイジャック事件の一覧[編集]

ハイジャックを除く民間航空機に対して行われたテロ行為や破壊行為については、「航空機テロ・破壊行為の一覧」を参照のこと。

1959年以前[編集]

1960年代[編集]

  • 1961年5月1日
    • 便名: ナショナル航空 337便[5]
    • 機種: コンベア CV-440[5]
    • 死者: なし。
    • 状況: ナショナル航空の国内線がハイジャックされ、キューバに向かうように要求。アメリカで初めて成功したハイジャック事件である。犯人は14年後に逮捕されたが、法の不遡及の原則により当時は未制定だったハイジャック罪ではなく誘拐罪などにより懲役20年が言い渡された。

1970年代[編集]

  • 1971年1月23日
    • 便名: 大韓航空 便名不明(機体記号:HL5212)[16]
    • 機種: フォッカー F27 フレンドシップ 500[16]
    • 死者: 乗員乗客60人中2人が死亡[16]
    • 状況: 江陵からソウル金浦空港に向かっていた国内線がハイジャックされ、北朝鮮への飛行を強要された。それに対して韓国空軍機がスクランブル発進し、軍事境界線を越える直前に束草市の海岸に強制的に不時着させた。不時着では怪我人は発生しなかったが、ハイジャック犯人が手榴弾で自殺した際、巻き添えで副操縦士が死亡し22名が負傷し機体も大破した。

1980年代[編集]

  • 1983年5月5日
    • 便名: 中国民航(機体記号:B-296)[30]
    • 機種: ホーカー・シドレー HS-121 トライデント 2E[30]
    • 死者: なし。
    • 状況: 瀋陽上海行きの中国民航の国内線が6名の武装グループにハイジャックされ、領空侵犯した韓国在韓米軍機の誘導により春川の在韓米軍基地に緊急着陸した。その後犯人はアメリカへの亡命を求め投降、逮捕された。当時外交関係がなかった中韓両国が事後処理で朝鮮戦争後初の直接交渉を行い、最終的にソウル地方裁判所で懲役2年から6年の実刑判決となったが、犯人らは当時国交のあった台湾へ亡命した。なお犯行グループは台湾で「反共義士」として報奨金を受け取ったが、首謀者は後に誘拐殺人事件を引き起こし、2001年に死刑になった。
    • 詳細: 「中国民航機韓国着陸事件」を参照。
  • 1985年11月23日
    • 便名: エジプト航空 648便[33]
    • 機種: ボーイング 737-266[33]
    • 死者: 乗員乗客58人と犯人2人が死亡。
    • 状況: アテネカイロ行きのエジプト航空機の国際線が国際テロ組織「アブ・ニダル」にハイジャックされ、リビアに向かうよう要求された。事件発生当初、同乗していたスカイマーシャルが応戦したものの、射殺された。ハイジャックの目的は、中東問題に対するエジプト政府の姿勢に抗議するためであったが、燃料が不足していたためハイジャック機はマルタに緊急着陸した。着陸後主犯格のオマル・レザック英語版は乗客3人を射殺した。事件発生から25時間後にエジプトの特殊部隊が強行突入し、犯人との銃撃戦の末機体を奪還したが、その際乗客に多数の死亡者が発生した。犯人3人のうち2人は死亡、主犯格のレザックは重傷で発見された。彼はマルタでの裁判で懲役25年の判決を言い渡されたが、服役7年後に恩赦が行われ釈放された。しかしFBIICPOの協力を得、レザックをナイジェリアで拘束した。現在、彼はアメリカ国内で終身刑に服している。
    • 詳細: 「エジプト航空648便ハイジャック事件」を参照。

1990年代[編集]

2000年代[編集]

アメリカン航空のボーイング757

2010年代[編集]

日本における主なハイジャック事件[編集]

日本航空のハイジャック事件は「日本航空ハイジャック事件」、全日空のハイジャック事件は「全日本空輸ハイジャック事件」もそれぞれ参照。

  • 1999年7月23日
    • 便名: 全日本空輸 61便[62]
    • 機種: ボーイング 747-481D[62]
    • 死者: 乗員1人が死亡。
    • 状況: 航空機と運航システムに異常な興味を示した犯人が客室乗務員を脅し操縦席に乱入、機長を刺殺して操縦桿を握り、機体を急降下させた。副操縦士らがコックピットに突入し犯人を取り押さえ、機体のコントロールを奪還した。日本で初めて死者が発生したハイジャック事件となった。
    • 詳細: 「全日空61便ハイジャック事件」を参照。

ハイジャック防止のための取り組み[編集]

1970年代初頭に過激派などによるハイジャックが頻繁に起きるようになり、各国はその対応に追われ、空港でのセキュリティチェックの強化やハイジャックに対応した特殊部隊の創設などを行った。また、1978年、西ドイツボンで開催された第4回先進国首脳会議では、「航空機ハイジャックに関する声明(ボン声明)」が採択された。

日本においては、国内初のハイジャック事件である「よど号ハイジャック事件」が発生した時点では、ハイジャック自体を処罰する法律は存在していなかった。このため、この事件を受けて航空機の強取等の処罰に関する法律、いわゆる「ハイジャック防止法」が成立し施行された。また、1978年3月に新東京国際空港は日本発のハイジャック防止組織として成田国際空港に財団法人空港保安事業センターを開設した(なお、センターの本部は東京国際空港にある)。

1980年代 - 1990年代にはその勢いは一時的に収まったものの、アメリカ合衆国で2001年9月11日、ハイジャックされた航空機によるアメリカ同時多発テロ事件が発生したことから、ハイジャックの防止は再び世界的課題となった。各国の空港で手荷物・身体検査・本人確認の徹底や乗客名簿の公安当局への提出、鋏付きソーイングキットやミニ爪切りなどあらゆる“刃が付いた・棒状鋼”の機内持ち込み禁止、果ては機内食カトラリー(スプーン・フォーク・ナイフ)がスチール製から樹脂製へ変更される[63]など、警備が大幅に強化されるようになった。

2007年2月23日、アメリカ合衆国国土安全保障省は、人間1人の全身を透視出来る、大型全身X線スキャナを空港に試験導入(被検者は金属探知で異状ありとされた人物に限るという)。これにより危険物持込や薬物密輸阻止に資するとしているが、アメリカ自由人権協会は「搭乗予定者を裸に剥くも同然であり人権侵害」として、議会に完全実施の禁止措置を要請している。一方イギリスでは、2010年1月以降、ロンドン・ヒースロー空港を始めとする全ての空港に全身スキャナーを導入、搭乗者に搭乗前通過を義務付けている。

ハイジャックに対応する保安要員として、スカイマーシャルが搭乗する国もある。アメリカ(連邦航空保安局)やイスラエルにおいては、ハイジャックに際してはスカイマーシャルに犯人への対処を任せつつ、パイロットは強化ドアに護られたコックピットに篭って、一刻も早く機体を緊急着陸させることとなっている。

航空機の奪取や航空機内での犯罪に関しては、各国とも重大な事案と認識されており、その対応に関して以下で掲げた複数の国際条約が制定されている。なお、冒頭の西暦年は作成もしくは採択された年を示す。

ハイジャックを扱った作品[編集]

映画[編集]

漫画・アニメ[編集]

  • ゴルゴ13(1968年 - )
    さいとう・たかを作。7巻「AT PIN-HOLE!」、19巻「ジェット・ストリーム」、49巻「ガリンペイロ」、118巻「未明の標的」、134巻「高度7000メートル」などのエピソードでハイジャックが主題となっている(巻数はリイド社SPコミックスを示す)。
  • エロイカより愛をこめて(1976年 - )
    青池保子作。NATO情報部将校「鉄のクラウス」から「ルビヤンカ・レポート」を奪取するため、KGBの「銀のオーロラ」がロンドン発ボン行きのルフトハンザ機をハイジャックする。

小説[編集]

  • シャドー81(1975年)
    ルシアン・ネイハム作。ハイジャッカーは最新鋭の戦闘機を操るパイロットで、乗っ取った機内にはいない。対象の旅客機の背後につき、後方から空対空ミサイルという「銃」を突きつけて政府を脅迫する、変り種作品。

ハイジャック派生の言葉一覧[編集]

犯罪・不正行為[編集]

正規の方法で行われるもの[編集]

  • メディアジャック(テレビジャック、サイトジャック) - メディアを単独で買い占める手法。宣伝広告としても用いられる。上記の電波ジャックもこの意で使用される場合がある。

脚注・出典[編集]

  1. ^ Howard Rosenberg (1985年10月11日). “Reagan Slips On Seajacking” (英語). Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1985-10-11/entertainment/ca-17304_1_president-ronald-reagan 2017年11月25日閲覧。 
  2. ^ a b ASN Aircraft accident Ford Tri-Motor registration unknown Arequipa Airport (AQP)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  3. ^ a b c d ASN Aircraft accident Consolidated PBY-5A Catalina VR-HDT Pearl River” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  4. ^ ASN Aircraft accident Douglas DC-3 registration unknown Pyongyang-Sunan Aiport (FNJ)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  5. ^ a b ASN Aircraft accident Convair CV-440 registration unknown” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  6. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 727-051 N475US Havana-José Martí International Airport (HAV)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  7. ^ ASN Aircraft accident Boeing 707-458 4X-ATA Algiers-Dar el Beida Airport (ALG)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  8. ^ ASN Aircraft accident Boeing 707-331B N776TW Damascus International Airport (DAM)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  9. ^ ASN Aircraft accident Boeing 707 registration unknown Rome” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  10. ^ a b ASN Aircraft accident NAMC YS-11-125 HL5208 Pyongyang” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  11. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 707-458 4X-ATB London-Heathrow Airport (LHR)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  12. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 707-331B N8715T Zerqa RAF Station (Dawson's Field)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  13. ^ a b ASN Aircraft accident Douglas DC-8-53 HB-IDD Zerqa RAF Station (Dawson's Field)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  14. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 747-121 N752PA Cairo International Airport (CAI)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  15. ^ a b ASN Aircraft accident Vickers Super VC10-1151 G-ASGN Zerqa RAF Station (Dawson's Field)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  16. ^ a b c ASN Aircraft accident Fokker F-27 Friendship 500 HL5212 Sokcho” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月1日閲覧。
  17. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 727-51 N467US Seattle-Tacoma International Airport, WA (SEA)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  18. ^ ASN Aircraft accident Boeing 707-329 OO-SJG Tel Aviv-Lod International Airport (TLV)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  19. ^ a b ASN Aircraft accident Tupolev 104B CCCP-42411 Chita” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月2日閲覧。
  20. ^ デイビッド・ゲロー 1997, p. 119.
  21. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 747-246B JA8109 Benghazi-Benina International Airport (BEN)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  22. ^ a b c ASN Aircraft accident Boeing 727-121C XV-NJC Phan Rang” (en). Aviation Safety Network. 2017年12月2日閲覧。
  23. ^ a b ASN Aircraft accident Airbus A300B4-203 F-BVGG Entebbe Airport (EBB)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  24. ^ エンテベの勝利」「特攻サンダーボルト作戦」「サンダーボルト救出作戦」の3本。
  25. ^ ASN Aircraft accident Boeing 737-266 registration unknown Luxor Airport (LXR)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  26. ^ a b ASN Aircraft accident McDonnell Douglas DC-8-62 JA8033 Algiers-Dar el Beida Airport (ALG)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  27. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 737-230C D-ABCE Mogadishu International Airport (MGQ)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月25日閲覧。
  28. ^ a b ASN Aircraft accident McDonnell Douglas DC-9-32 PK-GNJ Bangkok-Don Muang International Airport (BKK)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  29. ^ a b ASN Aircraft accident Ilyushin 18 registration unknown Shanghai” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  30. ^ a b ASN Aircraft accident Hawker Siddeley HS-121 Trident 2E B-296 Chunchon Air Base” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  31. ^ ASN Aircraft accident Airbus A300C4-620 9K-AHG Tehran-Mehrabad Airport (THR)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  32. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 727-231 N64339 Beirut International Airport (BEY)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  33. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 737-266 SU-AYH Malta-Luqa Airport (MLA)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  34. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 747-121 N656PA Karachi-Quaid-E-Azam International Airport (KHI)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  35. ^ a b “Jordanian Hijacker Sentenced in D.C. for 1986 Hijacking of Pan Am Flight 73 as Victims from Around the World Recount Horrors” (英語) (プレスリリース), FBI, (2004年5月14日), https://archives.fbi.gov/archives/news/pressrel/press-releases/jordanian-hijacker-sentenced-to-160-years-in-prison-for-deadly-1986-hijacking 2017年11月26日閲覧。 
  36. ^ a b c ASN Aircraft accident British Aerospace BAe-146-200 N350PS Paso Robles, CA” (en). Aviation Safety Network. 2017年12月3日閲覧。
  37. ^ a b 機体記号 - B-2448”. FlyTeam. 2017年11月26日閲覧。
  38. ^ ASN Aircraft accident Boeing 747 registration unknown Fukuoka Airport (FUK)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  39. ^ a b c ASN Aircraft accident Boeing 737-247 B-2510 Guangzhou-Baiyun Airport (CAN)” (en). Aviation Safety Network. 2017年12月3日閲覧。
  40. ^ a b c ASN Aircraft accident Boeing 757-21B B-2812 Guangzhou-Baiyun Airport (CAN)” (en). Aviation Safety Network. 2017年12月3日閲覧。
  41. ^ a b c ASN Aircraft accident Boeing 707-3J6B B-2402 Guangzhou-Baiyun Airport (CAN)” (en). Aviation Safety Network. 2017年12月3日閲覧。
  42. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas DC-10-30F N306FE Memphis International Airport, TN (MEM)” (en). Aviation Safety Network. 2017年12月2日閲覧。
  43. ^ a b c ASN Aircraft accident Boeing 737 registration unknown Taipei” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  44. ^ a b c ASN Aircraft accident Airbus A300B2-1C F-GBEC Marseille-Marignane Airport (MRS)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  45. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 767-260ER ET-AIZ Mitsamiouli, Grande Comore” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  46. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 757-2Q8 B-27001 Xiamen Airport (XMN)” (en). Aviation Safety Network. 2017年12月3日閲覧。
  47. ^ a b ASN Aircraft accident Airbus A300B2-101 VT-EDW Kandahar Airport (KDH)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  48. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 767-223ER N334AA New York, NY” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月19日閲覧。
  49. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 767-222 N612UA New York, NY” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月19日閲覧。
  50. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 757-223 N644AA Washington, DC” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月19日閲覧。
  51. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 757-222 N591UA Shanksville, PA” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月19日閲覧。
  52. ^ 乗員乗客にはテロリストを含む。
  53. ^ a b ASN Aircraft accident de Havilland Canada DHC-8-301 HK-4030X Bogotá-Eldorado Airport (BOG)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  54. ^ a b c ASN Aircraft accident Boeing 737-8AS C-FTCZ Montego Bay-Sangster International Airport (MBJ)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  55. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 737-852 EI-DRA Mexico City-Benito Juárez International Airport (MEX)” (en). Aviation Safety Network. 2017年12月3日閲覧。
  56. ^ ASN Aircraft accident Boeing 767-3BGER ET-AMF Genève-Cointrin Airport (GVA)” (en). Aviation Safety Network. 2017年12月3日閲覧。
  57. ^ a b c ASN Aircraft accident Airbus A320-232 SU-GCB Larnaca Airport (LCA)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  58. ^ ASN Aircraft accident Boeing 727-89 JA8315 Pyongyang-Sunan Aiport (FNJ)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  59. ^ ASN Aircraft accident Boeing 727-281 registration unknown Hakodate” (en). Aviation Safety Network. 2017年12月3日閲覧。
  60. ^ ASN Aircraft accident Boeing 727-281 registration unknown Tokyo” (en). Aviation Safety Network. 2017年12月3日閲覧。
  61. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 747SR-81 JA8146 Hakodate Airport (HKD)” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  62. ^ a b ASN Aircraft accident Boeing 747-481D JA8966 Tokyo” (en). Aviation Safety Network. 2017年11月26日閲覧。
  63. ^ エコノミークラスのみ。ビジネスクラスファーストクラスでは現在もステンレスを採用している航空会社もある。

参考文献[編集]

  • デイビッド・ゲロー 『航空事故』 清水保俊(訳)、イカロス出版1997年、増改訂版。

外部リンク[編集]