航空・鉄道事故調査委員会 (大韓民国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
航空・鉄道事故調査委員会
各種表記
ハングル 항공ㆍ철도사고조사위원회
漢字 航空·鐵道事故調査委員會
発音 ハンゴン・チョルドサゴヂョサウィウォヌェ
英語表記: Aviation and Railway Accident Investigation Board(ARAIB)
テンプレートを表示

航空・鉄道事故調査委員会 (ARAIB, 朝鮮語: 항공ㆍ철도사고조사위원회, 英語: Aviation and Railway Accident Investigation Board)は大韓民国における航空事故・鉄道事故の調査を担当する国土交通部 (MOLIT) の下部機関。本部は世宗特別自治市に存在する。

韓国航空事故調査委員会英語版と鉄道事故調査委員会が合併し、2006年7月10日に運営を開始した[1]

施設[編集]

本部は世宗特別自治市政府世宗庁舎6棟の国土交通部内に存在する。[2] 航空機の飛行データなどを記録しているブラックボックス、事故の残骸などの分析を行う研究施設はソウル特別市江西区金浦国際空港内にある[3][4]

以前の本部は金浦国際空港付近のソウル特別市江西区空港洞に位置していた[3][5]

ARAIBが調査を実施した事故[編集]

調査協力

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Establishment." (Archive) Aviation and Railway Accident Investigation Board. Retrieved on February 15, 2012.
  2. ^ "Office Location." Aviation and Railway Accident Investigation Board. Retrieved on December 31, 2013. "Main Office : 5-603, Ministry of Land, Infrastructure and Transport, #94 Dasom2-ro Sejong selgoverning city Republic of Korea 339-012"
  3. ^ a b "Office Location." (Archive, Map, Archive) Aviation and Railway Accident Investigation Board. Retrieved on February 15, 2012. "Main Office:281, Gonghang-dong, Gangseo-gu, Seoul, Republic. of Korea 157-815" and "CVR/FDR analysis and wreckage laboratory : Gimpo International Airport 274 Gwahae-dong, Gangseo-gu, Seoul, Korea 157-711"
  4. ^ "찾아오시는 길." (Archive, Map, Archive) Aviation and Railway Accident Investigation Board. Retrieved on February 15, 2012.
  5. ^ "Aircraft Accident Report Hail Encounter During Approach Asiana Airlines Flight 8942 A321-100, HL7594 20 miles South East of Anyang VOR June 9, 2006." (Archive) Aviation and Railway Accident Investigation Board. Retrieved on 18 May 2013. "The main office is located near Gimpo International Airport, and the flight recorder analysis and wreckage laboratories are located inside the airport. "

外部リンク[編集]