空中衝突

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1966年6月8日XB-70 2号機(左側の大型機)とF-104(爆発した機体)との空中衝突直後を捕らえた映像。垂直尾翼を失ったXB-70もこのあと墜落した。

空中衝突(くうちゅうしょうとつ)とは、飛行中の複数の航空機が接触する航空事故のこと。

概要[編集]

古くは1920年代からこの種の航空事故は度々発生していたが、特に第二次世界大戦後の旅客機の普及に伴う航空路の過密化に伴い、1950年代から1960年代アメリカで多発した。

主な原因として、航空管制のミスやパイロットによる周辺確認の不十分の他、軍用機の訓練空域と民間航空機の航空路が接近しすぎていることなどが挙げられる。近年は、航空管制技術や航空機の衝突防止警告機能の性能向上に伴い、アメリカやヨーロッパなどの航空先進国における発生件数は減少傾向にあるものの、CIS諸国や発展途上国などの、航空需要の急増にインフラストラクチャーの整備が対応できない国々においては減少する傾向にはない。

また、一般の航空事故とは別に、航空ショーでのアクロバット飛行時などに発生することも多い。このような事故の場合、基本的に乗客を乗せての飛行ではないため、犠牲者数は抑えられることが多いものの、稀に地上の観客を巻き込むなど、二次的な被害を生むことがあり、そのような場合被害は大きなものとなる。

主な空中衝突事故[編集]

1959年以前[編集]

パリ北方を飛行中の2機の民間定期旅客機が空中衝突。双方の乗員乗客7人全員が死亡。歴史上初めて発生した民間旅客機による空中衝突事故。
ツポレフANT-20
モスクワ上空をデモンストレーション飛行していたソビエト軍ツポレフANT-20マクシム・ゴーリキー号」が、同じくデモンストレーション飛行していたポリカルポフI-5戦闘機と空中衝突し墜落、両機の36人全員と地上にいた9人が死亡した[1]
訓練飛行中であった日本飛行学校のアンリオHD.14複葉機が、東京市大森区上空で日本航空輸送フォッカースーパーユニバーサルと衝突し、両機の乗員と地上にいた85名が死亡した。これが日本で初めての民間航空機同士による空中衝突事故である。
アメリカン航空28便(ダグラスDC-3)が、アメリカ陸軍航空軍ロッキードB-34ヴェンチュラ爆撃機と空中衝突し、カリフォルニア州チノキャニオン付近に墜落。旅客機にいた12人全員が死亡した。
トランス・ワールド航空2便(ロッキードコンステレーション)とユナイテッド航空718便(ダグラスDC-7)がアリゾナ州上空で空中衝突。両機とも墜落し、128人全員が死亡した。
ユナイテッド航空736便(ダグラスDC-7)とアメリカ空軍の練習機(ノースアメリカンF-100Fスーパーセイバー)がネバダ州スローン市上空で空中衝突し両機とも墜落した。両機の49人全員が死亡した。

1960年代[編集]

ユナイテッド航空826便(ダグラスDC-8-11)とトランス・ワールド航空266便(ロッキードL-1049スーパーコンステレーション)がニューヨーク州郊外のミラー空軍基地上空で空中衝突し両機とも墜落。地上にいた6人を含む134人が死亡した。
ミドル・イースト航空265便(ビッカースバイカウント754D)とトルコ空軍のダグラスC-47が、トルコアンカラ上空で空中衝突し両機とも墜落。乗客乗員と住人の合計87名が死亡した。コリジョンコース現象が原因と推測されている。
トランス・ワールド航空42便(ボーイング707)とイースタン航空853便(ロッキードL-1049スーパーコンステレーション)がニューヨーク上空で空中衝突。トランス・ワールド航空機は緊急着陸に成功し乗員乗客58名に怪我はなかったが、イースタン航空機も不時着に成功したものの乗員乗客54名のうち4名が犠牲となった。ただし、旅客機同士での空中衝突事故としては人的犠牲は最小にとどまった。
アメリカ合衆国エドワーズ空軍基地近辺で、ゼネラル・エレクトリック製エンジンを搭載した軍用機を集めて同社の宣伝用フィルムを撮影する編隊飛行が行われたが、撮影終了後にF-104戦闘機XB-70試作戦略爆撃機垂直尾翼に激突。F-104は空中爆発し、XB-70も操縦不能に陥り墜落。戦闘機と爆撃機のパイロット2名が死亡した。
エア・ベトナムダグラスDC-4アメリカ空軍F-4EファントムII戦闘機が南ベトナムダナン空港上空で空中衝突し、エア・ベトナム機が墜落。地上の2人を含めた76人が死亡した。戦闘機のパイロットは脱出に成功した。

1970年代[編集]

ヒューズ・エア・ウエスト706便(DC-9-31)がロサンゼルス国際空港を離陸直後に、低空飛行していたアメリカ海兵隊所属のF-4Bファントム戦闘機と空中衝突。旅客機の49名全員と戦闘機のパイロットが死亡したが、戦闘機のレーダー迎撃士官がパラシュートで脱出して唯一生還した。双方の見張り不足が直接の原因であるが、戦闘機のトランスポンダが故障していたうえに、航空管制センターに空域進入を通報していないなどの不手際が重なったためとされた。
全日空58便(ボーイング727)が、岩手県雫石町上空のジェットルート内で[2]航空自衛隊松島基地所属のF-86F戦闘機と衝突し双方とも墜落。自衛隊機の乗員は緊急脱出に成功したものの、全日空機の乗員乗客162人全員が死亡した。
イベリア航空504便(DC-9-32)とスパンタックス400便(コンベア990コロナード)が、管制ミスによりフランスナント南東にあるラ・プランシュ上空で空中衝突し、イベリア航空機が墜落し68名全員が死亡した。
ブリティッシュ・エアウェイズ476便(トライデント3B)とイネックス・アドリア航空550便(DC-9-31)が、管制ミスによりユーゴスラビア(現クロアチア)のザグレブ上空で空中衝突し、両機とも墜落した。この事故で両機の乗客乗員176名全員が死亡した。
パシフィック・サウスウエスト航空182便(ボーイング727)がサンディエゴ国際空港に着陸進入中、教練中の小型機と衝突しサンディエゴ郡ノースパークの住宅街に墜落。地上にいた7名を含む144名が死亡した。ボーイング727の事故としては最悪といわれている。
ウクライナドニプロゼルジーンシク上空を飛行していたアエロフロートの国内線2機(共にTu-134)が空中で交差する際、航空管制官の誤った指示により、雲の中で両機が衝突し墜落、両機の乗員乗客178人全員が死亡した。同一航空会社、同一機種の中型旅客機による空中衝突という前代未聞の事故となった。

1980年代[編集]

イスラエル南部ネゲヴ砂漠上空で異種航空機戦闘訓練英語版を行っていたイスラエル航空宇宙軍第106飛行隊所属のF-15D戦闘機第116飛行隊所属のA-4N艦上攻撃機が空中衝突し、A-4Nは墜落(パイロットは脱出)、F-15Dは右主翼が失われた状態で約15キロメートル離れたラモン空軍基地に帰投した。
兵庫県明石市上空で毎日新聞社の取材ヘリコプターベル206B)と朝日放送がチャーターしたヘリコプター(AS355F、大阪エアウェーズ所属)が空中衝突。両機とも住宅街に墜落し朝日機の3人が死亡、毎日機の3人が負傷した[3][4]
空中衝突により垂直尾翼を失い墜落するアエロメヒコ航空498便
ロサンゼルス国際空港へ着陸進入中だったアエロメヒコ航空498便(DC-9-32)が、空路へ侵入してきた自家用機(パイパーPA-28)と衝突し墜落。両機の乗員乗客67人全員と地上の15人が死亡した。
イタリア空軍の曲芸飛行隊フレッチェ・トリコローリアエルマッキMB-339が、ドイツラムシュタイン空軍基地英語版で開催されていた航空ショー曲技飛行中の3機が空中衝突を起こし墜落。 そのうち1機が観衆の中に墜落したため、地上の観客とパイロット合わせて70名が死亡、346名が重傷を負った。この惨事以降、ドイツ国内のアメリカ空軍基地の航空ショーは開催されなくなった。

1990年代[編集]

アトランティック・サウスイースト航空英語版2254便(エンブラエル120RTブラジリア)と民間航空哨戒部隊 (CAP)英語版セスナ172アラバマ州ガズデン上空で空中衝突した。2254便は空港へ引き返すことに成功したが、セスナ機は墜落し2人が死亡した。
スホーイSu-24(同型機)
イランエアツアーズツポレフTu-154Mと訓練中のイラン空軍スホーイSu-24戦闘爆撃機がカラジ空軍基地上空で空中衝突し基地内に墜落した。この事故でイランエアツアーズ機の乗員乗客131名とイラン空軍機のパイロット2名の計133名全員が死亡した。
エア・セネガルデ・ハビランド・カナダDHC-6ガンビア航空日本航空機製造YS-11セネガルダカール上空で空中衝突、エア・セネガル機が墜落し乗っていた3名が死亡した。
大阪府泉佐野市上空で朝日新聞社の取材ヘリコプターアエロスパシアルAS355F1)と毎日新聞社の取材ヘリコプター(アエロスパシアルAS350B)が空中衝突し、朝日機が墜落し3名が死亡した。毎日機は損傷を受けたが無事着陸できた。
サウジアラビア航空763便(ボーイング747-100)とカザフスタン航空1907便(イリューシンIl-76)がインドインディラ・ガンディー国際空港の北西上空を飛行中に空中衝突し、両機の乗員乗客349名全員が死亡した。空中衝突事故では最多の死者を出した事故である。

2000年代[編集]

南シナ海上空で中華人民共和国に対する無線信号傍受の偵察活動をしていたアメリカ海軍所属の電子偵察機EP-3E中国人民解放軍海軍航空隊所属の戦闘機J-8IIが空中衝突。中国海軍機が墜落しパイロットが行方不明になった。
三重県桑名市上空で訓練飛行していた、ともに中日本航空[5]所属のセスナ172PアエロスパシアルAS332L1が空中衝突。双方の乗員6人全員が死亡、地上の1人が負傷し、民家2棟も全焼した。原因は双方の見張り不足で、上空640メートルでヘリコプターのローターにセスナの主翼が接触し破損、両機ともに墜落した。
バシキール航空2937便(ツポレフTu-154M)とDHL611便(ボーイング757-200貨物機)が、ドイツのユーバーリンゲン上空でスイス管制官の管制ミスにより空中衝突し墜落。71人が死亡した。
ゴル航空1907便と衝突したエンブラエル レガシー600の左翼
ブラジル国内線として運航していたゴル航空1907便(ボーイング737-800)と、発注先へ納入するためにアメリカに向かっていたビジネスジェット機(エンブラエルレガシー600)が、アマゾン上空で空中衝突しゴル航空機が墜落。ゴル航空機側の乗員乗客154人全員が死亡した。
ニューヨークハドソン川上空で上昇中だった観光用ヘリコプター(アエロスパシアルAS350)に、後方から飛来してきた離陸直後の小型飛行機(パイパーPA-32英語版)の右翼が衝突、両機ともハドソン川に墜落した。観光用ヘリコプターには乗員1名と乗客5名、小型飛行機には乗員1名と乗客2名が搭乗していたが全員死亡した[6]
ロシアモスクワ郊外で行われる予定だった航空ショーMAKS」のリハーサルのためアクロバット飛行を行っていたSu-27戦闘機2機が空中衝突し墜落。うち1機が民家に墜落し3軒が炎上した。パイロット3名は脱出したがうち1名が死亡、1名は重傷を負った。また民家の住民ら5人も火傷等で負傷し、うち1人は重傷を負った[7]。死亡したパイロットは脱出中にパラシュートが炎上したとの報道もある[8]

脚注・出典[編集]

  1. ^ ASN Aircraft accident Tupolev ANT-20 Maxim Gorky CCCP-I20 Moscow” (en). Aviation Safety Network. 2017年12月9日閲覧。
  2. ^ 全日本空輸株式会社ボーイング式727-200型JA8329および航空自衛隊F-86F-40型,92-7932事故調査報告書
  3. ^ 航空事故調査報告書 概要”. 運輸安全委員会. 2017年12月9日閲覧。
  4. ^ 片山雅文 (2011年11月4日). “【関西事件史】取材ヘリ空中衝突事故 一度ならず二度までも”. 産経新聞: p. 2. http://www.sankei.com/west/news/111104/wst1111040001-n2.html 2017年12月9日閲覧。 
  5. ^ 中日本エアラインサービス(現在のエアーセントラル)とは別会社。
  6. ^ “米NYで遊覧ヘリと小型機が衝突、墜落 9人死亡か”. AFPBB News. (2009年8月9日). http://www.afpbb.com/articles/-/2628873 2017年12月9日閲覧。 
  7. ^ “ロシア軍のアクロバット戦闘機が墜落、航空ショーのリハーサル中”. AFPBB News. (2009年8月17日). http://www.afpbb.com/articles/-/2631235?pid=4462789 2017年12月9日閲覧。 
  8. ^ 航空ショー練習中の2機墜落、1人死亡…ロシア YOMIURI ONLINE 2009年8月17日[リンク切れ]

関連項目[編集]