アレーニア・アエルマッキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレーニア・アエルマッキ S.p.A.
企業形態 有限会社
業種 航空宇宙
前身 アレーニア・アエロナウティカ
アエルマッキ
後継 レオナルド・フィンメッカニカ S.p.a.
設立 2012年1月
解散 2015年12月31日(レオナルド・フィンメッカニカに統合)
本部 イタリアの旗 イタリアヴェネゴーノ・スペリオーレ, ヴァレーゼ
拠点数 ポミリアーノ・ダルコ, トリノ, ヴェネツィア, ヴァレーゼ, グロッターリエ, ノーラ, フォッジャ
製品 航空機
サービス Aero structures
Overhaul and Modifications (Alenia Aeronavali)
売上高 増加 31億1800万ユーロ(2015年)
利益 増加 2億5000万ユーロ
従業員数 10,483人(2015年12月31日時点)
株主 レオナルド・フィンメッカニカ(2015年12月31日まで)
部門 アレーニア・コンポジット
クアドリックス
子会社 アレーニア・アエルマッキ・ノースアメリカ
ウェブサイト http://www.leonardocompany.com

アレーニア・アエルマッキ (Alenia Aermacchi) は、イタリア航空機メーカー。レオナルド・フィンメッカニカの子会社である[1]。オフィスと工場はヴェネゴーノ・スペリオーレヴァレーゼトリノ県サン・マウリーツィオ・カナヴェーゼトリノ空港ナポリ県ポミリアーノ・ダルコに位置する[2]。とりわけMB-326MB-339をはじめ、最新型のM-346や、前身のアレーニア・アエロナウティカアエルマッキブラジルエンブラエルと2ヶ国3社で共同開発したAMX軽攻撃機・練習機など、練習目的や戦術支援目的航空機の生産能力に長けている。

現在ではエアバス A330A318A319A320A321、新鋭機A380旅客機用やビジネスジェットのダッソー ファルコン 9002000F7X用エンジンナセルの開発・生産も受け持つ。

歴史[編集]

アレーニア・アエルマッキは2012年1月、アレーニア・アエロナウティカとその子会社であるアエルマッキ、アレーニアSIAを統合して設立された。アレーニア・アエロナウティカは1990年にアエリタリアとセレーニアが統合して設立されている。1997年にはSIAI-マルケッティと合併、練習機とその発展型などの異なる形式の航空機を生産を担っている。

AMXのほか、G.222C-27J スパルタンパナヴィア・トーネード戦闘機、ユーロファイター タイフーンなど、さまざまな国際共同開発・生産計画にも参加した。 また、M-346高等練習機の開発も、当初は旧ソビエト連邦ヤコヴレフ設計局との共同プロジェクトとしてスタートした。のちに共同開発計画は解消され、ソ連崩壊後のロシア側で完成したのがYak-130練習機である。

2016年1月1日から、アレーニア・アエルマッキはレオナルド・フィンメッカニカの航空機部門となった。

軍用訓練機[編集]

アエルマッキ・SF-260
アエルマッキ・M-346

創業以来軍用訓練機の設計と生産がアレーニア・アエルマッキのコアビジネスである。

生産機種[編集]

  • SF-260:レシプロエンジンまたはターボプロップエンジンを搭載した練習機
  • MB-326:ターボファンエンジンを搭載した練習機および軽攻撃機
  • M-311:ターボファンエンジンを搭載した練習機
  • MB-339CD:高等練習機、軽攻撃機
  • M-346:新世代の高等練習機、軽攻撃機

他社との共同開発[編集]

アレーニア・アエルマッキは以下の国際共同開発プログラムに参加した:

  • AMXプログラム:

AMXプログラムはアエルマッキアエリタリアブラジルエンブラエルによる共同開発プログラムとしてスタートした。アエルマッキは全体の24%を担当し、胴体前部、後部セクション、アビオニクス機器の開発製造を受け持った。イタリア空軍は寿命更新プログラムによって機体能力のグレードアップを要求している。

アレーニア・アエルマッキはウィングパイロンとウィングチップ、フラップを設計、製造する。それはプログラム全体の5%に当たる。

ユーロファイタープログラムでは全体の4%を担当し、ウィングパイロン、ツインミサイル、ツインキャリアー、ECMポッド、炭素ファイバー製構造物およびチタン製エンジンカウリングを設計、開発する。

  • C-27Jプログラム:

G-222輸送機開発プログラムに参加した後、アエルマッキは新型輸送機のC-27J スパルタン開発プログラムに参加し、外翼部の製造を担当する。

民間機プログラム[編集]

1990年代半ばから、アレーニア・アエルマッキは民間航空機に対するエンジンナセル供給プログラムに参画している。そのプログラムではエンジンナセルの冷却部品、インレット、ファンカウル、エンジンへのシステムインターフェースを開発している。同社は1999年にユレル・デュボワ(現在はスネクマ・グループのユレル・ヒスパノ)と合弁事業を始めた。ユレル社はスラスト・リバーサーの開発と製造を専門とし、アエルマッキは最大100席の航空機に装着するナセル開発の全責任を得た。

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ Ansa News. “Finmeccanica meeting approves new name, 'Leonardo'”. http://www.ansa.it/english/news/2016/04/28/-finmeccanica-meeting-approves-new-name-leonardo-_995b8ba5-2ad1-4a79-b9d4-13c8c04becd3.html 
  2. ^ "Contacts." Alenia Aeronautica. Retrieved on 4 February 2012. "Venegono Superiore (legal seat) Via Ing. Paolo Foresio, 1 - 21040 Venegono Superiore (Varese)" and "Caselle Nord Strada Privata (Aeroporto Caselle) - 10077 S. Maurizio Canavese (TO) " and "Pomigliano d'Arco Viale dell'Aeronautica - 80038 Pomigliano d’Arco (Napoli) "

外部リンク[編集]