ノーラ (ナポリ県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノーラ
Nola
ノーラの風景
ドゥオーモ
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Campania.svg カンパニア
Provincia di Napoli-Stemma.svg ナポリ
CAP(郵便番号) 80035, 80037
市外局番 081
ISTATコード 063050
識別コード F924
分離集落 Piazzolla, Polvica
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 34,401 [1](2015-01-01)
人口密度 882.1 人/km2
文化
住民の呼称 nolani
守護聖人 San Felice
祝祭日 11月15日
地理
座標 北緯40度56分0秒 東経14度32分0秒 / 北緯40.93333度 東経14.53333度 / 40.93333; 14.53333座標: 北緯40度56分0秒 東経14度32分0秒 / 北緯40.93333度 東経14.53333度 / 40.93333; 14.53333
標高 34 (24 - 400) [2] m
面積 39.00 [3] km2
ノーラ (ナポリ県)の位置(イタリア内)
ノーラ (ナポリ県)
ノーラの位置
ナポリ県におけるコムーネの領域
ナポリ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

ノーライタリア語: Nola)は、イタリア共和国カンパニア州ナポリ県にある都市であり、その周辺地域を含む人口約3万4000人の基礎自治体コムーネ)。

ノーラは、ローマ以前に起源を持つ古い都市である。第二次ポエニ戦争中には当地で三度にわたる戦闘が繰り広げられた(第一次第二次第三次ノラの戦い)。カトリック教会ノーラ教区 (Roman Catholic Diocese of Nolaの中心都市で、司教座聖堂ドゥオーモ)が置かれている。地動説を擁護する宇宙論を唱え、異端として火刑に処された16世紀の哲学者・科学者ジョルダーノ・ブルーノは、当地の生まれである。

地理[編集]

ナポリ県概略図

位置・広がり[編集]

ナポリ県北東部に位置する都市で、アヴェッリーノから西へ22km、カゼルタから南東へ23km、州都・県都ナポリから東北東へ23kmの距離にある[4]。市域は南北に細長く入り組んだ形状をしており、北はカゼルタ県と、南はヴェスヴィオ山北東麓のオッタヴィアーノと境を接する。また、シシャーノ、サヴィアーノ、ソンマ・ヴェズヴィアーナに接する形で飛び地がある。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

社会[編集]

環境問題[編集]

「死の三角地帯」

アチェッラ、マリリアーノ、ノーラ一帯では、不法な廃棄物処理によって深刻な健康被害が出ており、「死の三角地帯」(Triangolo della morte) という不名誉な称号を得ている[5]。1980年代頃から当地の犯罪組織カモッラが有害廃棄物の不法投棄や焼却に関わった影響で、周辺地域ではがん患者などが増加している[5]

交通[編集]

鉄道[編集]

RFI旧イタリア国鉄
チルクムヴェスヴィアーナ鉄道

道路[編集]

南北に長い市域を、北西から南東にA30が縦貫している。市域中部、市街地北側にA16が横断している。A16とA30は、市域西部のジャンクション(所在地はノーラとサン・ヴィタリアーノにまたがる)で交差する。

アウトストラーダ

人物[編集]

著名な出身者[編集]

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]