アエルマッキ SF-260

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アエルマッキ SF-260

SF-260EA

SF-260EA

アエルマッキ SF-260 (イタリア語: Aermacchi SF-260) は、イタリアアレーニア・アエルマッキが製造する軽飛行機で、曲芸飛行機および練習機として販売されている。

当初は、ステリオ・フラティがアヴィアミラノ社のためにF.250として設計し、この権利をSIAI-マルケッティ社が取得してSF-260として開発した。1964年7月15日に試作初号機が初飛行し、1960年代後半からアメリカ合衆国で販売開始。1997年にSIAI-マルケッティがアエルマッキに買収されてからは同社の製品となった。

軍民問わず広く採用され、現在も製造が続けられている。

設計[編集]

操縦席
主操縦士が座る右座席側に主要な計器が集中しているのがわかる

正統的な低翼配置や三輪式主脚をもち、機体が全体的に流線形であることを特徴とする。主翼端には固定式の増槽を持つ。操縦席はサイド・バイ・サイド方式だが、スロットルやプロペラ、混合気の制御を左手で行えるようにするため、主操縦士が右側の座席に座るという通常とは逆の配置になっている[1]。また、後部に追加で1席設けることで、オブザーバーを乗せることもできる[2]

エンジンは設計当初のライカミング・エンジンズ社製O-540-AIDから、O-540-E4A5にアップグレードされ、該当クラスにおける100キロ周回コースと1000キロ周回コースの世界記録を持つ。機体は+6Gから-3Gの間で曲技飛行が可能で、その高性能さと高価な機体価格から「スポーツ航空界のフェラーリ」と呼ばれている[3]

1970年には軍用の練習機型SF-260Mが初飛行し、1976年からイタリア空軍向けのSF-260AMが製造された[4]軽攻撃機型のSF-260Wウォリア(Warrior)は主翼下に設けた2箇所あるいは4箇所のハードポイントに各種武装を搭載でき、ローデシアリビアなどいくつかの国で実戦投入されている(後述)。このSF-260Wのエンジンをターボプロップ化したのがSF-260TPだが、現在は製造を終了している。2005年には、イタリア空軍が最新型SF-260EAを30機取得した。

実戦[編集]

チャド内戦(リビアのチャド侵攻)[編集]

リビア空軍は練習機としてSF-260Wを大量購入した。1970年代からリビア軍は、親リビアの反政府勢力を支援するべくチャドに侵攻。この際、チャド軍及び民兵組織に対する空爆手段としてSF-260Wが用いられた。しかし、1987年にはフランス軍の全面支援を受けたチャド軍が逆襲。その結果、チャド国内に構築されたリビア軍基地からL-39(SF-260同様にCOIN機として使用)、MiG-25防空戦闘機、各種地対空ミサイルなど数多くの装備が鹵獲された。この中には運用可能な2機のSF-260W(このほかに7機程度が撃墜もしくは地上で破壊されたといわれる)が含まれており、2機はチャド空軍に編入された。この機体はリビア軍への攻撃に投入されたといわれており、リビアがチャド内戦から手を引いた後も使用されていた。現在のチャド空軍はより強力なSu-25対地攻撃機ピラタス PC-7練習機、Mi-24攻撃ヘリコプター等を保有しており、SF-260が現役であるかは不明である。

リビアのSF-260Wはその後も練習機として使用されており、2011年リビア内戦時にも現役であったが、この際にCOIN機として用いられたか否かは不明。

ローデシア紛争[編集]

ローデシア空軍が、COIN機としてSF-260を使用していた。

同空軍のSF-260は、ジンバブエ空軍に練習機として継承された。

スリランカ内戦[編集]

スリランカ空軍がSF-260TPをタミル・イーラム解放のトラへの攻撃に使用した。

派生型[編集]

  • SF-260A/B/C/D:民間型。
  • SF-260M:軍用練習機型。
  • SF-260AM:イタリア空軍向け。
  • SF-260Wウォリア:軽攻撃機型。
  • SF-260TP:SF-260Wのエンジンをアリソン250-B17Dターボプロップエンジンに換装した型。
  • SF-260E:SF-260Mに続く軍用練習機型。ベースはSF-260D。
  • SF-260EA:イタリア空軍向けの最新型。
  • SF-260F:燃料噴射装置付きエンジンを搭載。
  • SF-260TD:ターボプロップ型の最新型。

採用国[編集]

採用国
ベルギー空軍曲技飛行隊「レッド・デビルス」のSF-260M
ハイチ空軍のSF-260TP

仕様 (SF-260)[編集]

出典: Observer's book of Aircraft[5]

諸元

  • 乗員: 1名
  • 定員: 2名
  • 全長: 7.10 m (23 ft 4 in)
  • 全高: 2.41 m (7 ft 11 in)
  • 翼幅: 8.35 m(27 ft 5 in)
  • 翼面積: 10.1 m² (109 ft²)
  • 空虚重量: 765 kg (1,488 lb)
  • 最大離陸重量: 1,300 kg (2,866 lb)
  • 動力: ライカミング O-540-E4A5 水平対向エンジン、195kW (260馬力) × 1

性能

  • 最大速度: 441 km/h (236 ノット, 276 mph)
  • 航続距離: 2,050 km (1,107 海里, 1,274 mi)
  • 実用上昇限度: 5,790 m (19,000 ft)
  • 上昇率: 546 m/min (1,791 ft/min)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

登場作品[編集]

007 慰めの報酬
主人公が乗るDC-3を追撃する航空機として、ガンポッドを装備したSF-260TPが登場。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Aermacchi SF-260EU – Flight Test – Uruguayan Air Force | Airpressman
  2. ^ 『戦闘機年鑑 2011-2012年度版』 イカロス出版 2011年 122頁
  3. ^ 『JWings』No159 イカロス出版 2011年 56頁
  4. ^ SIAI SF.260AM
  5. ^ Green 1968, p. 221

外部リンク[編集]