アブ・サヤフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アブ・サヤフ
جماعة أبو سياف
対テロ戦争に参加
Flag of Jihad.svg
アブ・サヤフが使用していた旗
活動期間 1991年 - 現在(※壊滅状態)
指導者 アブドラガク・ジャンジャラーニ(死亡)
カダフィ・ジャンジャラーニ(死亡)
ヤセル・イガサン
イスニロン・ハピロン
活動地域 フィリピン
関連勢力 三合会ISIL
敵対勢力 フィリピン警察・フィリピン国軍

アブ・サヤフアラビア語: جماعة أبو سياف‎, 翻字: jamāʿat ’abū sayyāf, タガログ語: Grupong Abu Sayyaf, 英語: Abu Sayyaf Group, ASG)とは、フィリピンイスラーム主義組織。

概要[編集]

単一の組織体ではなく複数のセルネットワークであり、フィリピン南部のホロ島バシラン島などのスールー諸島及びミンダナオ島サンボアンガ半島などを拠点とする[1]。フィリピン政府とアメリカ合衆国連邦政府によってテロ組織に指定されている。

設立[編集]

1991年モロ民族解放戦線から分離してアブ・サヤフを設立したのはフィリピン人イスラム教徒のアブドラガク・ジャンジャラーニ(Abduragak Janjalani)である[2]。ジャンジャラーニはシリアサウジアラビアイスラム神学を学び、その後、ソビエト連邦のアフガニスタン侵攻に対抗する為アフガンへ渡り、サウジアラビア人やアフガン人のムスリム組織「イスラム聖戦士」(ムジャーヒディーン)がパキスタン国境付近に作った7つの武装組織の内、アフガン人のアブドゥル・ラスル・サイヤフが指導する組織に参加した。ムジャーヒディーンには世界各国からイスラム教徒が参加し、フィリピン南部からも数多く志願していたが、彼もその一人であった。ジャンジャラーニはそこでウサーマ・ビン・ラーディンと会っている。

活動[編集]

ムジャーヒディーンはサウジアラビアの資金で運営され、CIAパキスタン軍統合情報局(ISI)が訓練を行っていたが、1989年ソ連軍が全面撤収し、冷戦が終わると、ムジャヒディーンにはその後続いた内戦に参加する者もいたが、ジャンジャラーニは故郷であるフィリピンのバシラン州へ帰り、ミンダナオ島周辺のイスラム社会をキリスト教徒(カトリック)中心のフィリピンから独立させることを目的に武装組織を結成した。モロ民族解放戦線(MNLF)からの過激な分派としてジャンジャラーニにはビン・ラーディンから設立資金が渡された、とされる。「アブ・サヤフ」はかつて共に戦ったアブドゥル・ラスル・サイヤフからとった名である。アブ・サヤフはアル=カーイダラムジ・ユセフなどから軍事援助を受けた。

アブ・サヤフはミンダナオ島でフィリピン警察や軍相手にゲリラ戦を行い、マレーシアインドネシアでも活動を行うようになっていったが、1998年にジャンジャラーニはフィリピン警察との銃撃戦で殺害される。精神的指導者を失ったアブ・サヤフは二つに分裂し、イスラム社会の独立運動より強盗や身代金目的の誘拐を繰り返す犯罪集団となり、絶頂期には4000人いた構成員も2000年頃には100人以下にまで減った。多くはモロ・イスラム解放戦線(MILF)などに合流したと考えられる。

末期[編集]

2000年中頃からフィリピンの大都市でテロが頻発するようになり、首都マニラでも高架鉄道の車両が爆破された。2000年4月に、ボルネオ島近くのシパダン島マレー語版英語版で、外国人の観光客など20人を拉致する事件を起こした。もともと治安は良くなかったが、さらなる急激な治安悪化は社会不安を引き起こし、大統領ジョセフ・エストラーダは失脚した。これらのテロは当初、共産主義勢力が起こしたのではないかと言われたが、2001年1月に就任したグロリア・アロヨは、アメリカ同時多発テロ事件以降、一連のテロはアブ・サヤフらイスラム系過激派の仕業として、米軍を巻き込んでミンダナオ島などで掃討作戦を行った。100名以下(50名程とも言われる)までに勢力を落としていたアブ・サヤフは、この作戦でほとんど壊滅したと見られる。

2004年2月27日マニラ湾コレヒドール島近海で旅客船スーパーフェリー14を爆破し、死者・行方不明者116名という、フィリピン史上最悪のテロ事件を引き起こした[3]

2007年1月、フィリピン国軍は最高指導者であるカダフィ・ジャンジャラーニが死亡したと発表した。他の幹部も死亡しており、弱体化が予想される。後任の最高指導者には司令官の投票でシリアやリビアへの留学経験もあるイスラム教学者のヤセル・イガサンが選ばれた[4][5]東南アジアのテロ組織ジェマ・イスラミアとの強い関連が指摘されている。

2014年3月、セルの1つであるジュンド・アル・タウヒードがISILに忠誠を誓ったとされる。同年7月、最高幹部のイスニロン・ハピロンが、インターネット上のビデオでISILへの忠誠を表明した[6]

2014年9月に、ドイツ連邦政府に対してISILへの生来の決意作戦への支援中止や身代金の支払いを要求し、ドイツ人人質の殺害予告を行ったが、翌10月に人質は解放された。2015年9月にはサマール島リゾートホテルボートで襲撃し4名が誘拐された。この事件では日本人女性1名も襲撃を受け拘束されたが脱出した。この他にも、マレーシアサバ州を含む複数地域で、外国人誘拐事件が多発したことから、フィリピン軍は軍事作戦を開始。2016年4月にバシラン島で交戦した際に死亡したアブ・サヤフ戦闘員の中にモロッコ人が1名含まれていたことが確認された。同月、人質のカナダ人男性1名がバシラン島で殺害され、頭部ホロ島に投棄された [7][8][9][10][11][12][13]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]