パリ同時多発テロ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パリ同時多発テロ事件
Parisattacks.png
パリおよびサン=ドニにおける襲撃の現場。
場所 フランスパリサン=ドニ
1: サン=ドニ、スタッド・ド・フランス近く
2: パリ10区(下記3の11区フォンテーヌ・オ・ロワ通り界隈と程近い地点)、ビシャ通りとアリベール通り、マリー・エ・ルイーズ通りの交差地点界隈のカンボジア料理店
3: パリ11区、フォンテーヌ・オ・ロワ通りと10区との境目を走るフォーブール=デュ=タンプル通りとの交差地点界隈のカフェとピザ屋
4: 11区ヴォルテール大通り沿いのレストランやバタクラン劇場
5: 11区、シャロンヌ通りのカフェ
6: 11区ヴォルテール大通り沿いのカフェ
その他: 11区レピュブリック大通り沿い、11区ボーマルシェ大通り沿い
日付 2015年11月13日 - 14日
21:16 – 00:58 (CET)
攻撃手段 爆破射撃一撃離脱戦法人質自爆
武器
死亡者 少なくとも 130人[2]
テロリスト8人 [3][4]
負傷者 300+[3] 重傷者 99人を含む[5]
犯人 アブデルハミド・アバウド始めlSIL(イラク・レバントのイスラム国)メンバー[6]
動機 シリアとイラクでのフランスによる爆撃に対する報復[7]
関与者数 少なくとも8名[3]

パリ同時多発テロ事件(パリどうじたはつテロじけん)は、2015年11月13日日本時間14日)にフランスパリ市街と郊外(バンリュー)のサン=ドニ地区の商業施設において、ISIL(イスラム国ないしIS)の戦闘員と見られる複数のジハーディストのグループによる銃撃および爆発が同時多発的に発生し、死者130名、負傷者300名以上を生んだ[2]テロ事件である[8][9][10]

概要[編集]

事件発生時、サン=ドニにあるスタジアムスタッド・ド・フランスでは、男子サッカーフランスドイツ戦が行われており、フランスのオランド大統領ドイツシュタインマイアー外務大臣も観戦していた。現地時間(CET)21時(日本時間14日5時)ごろ、同スタジアムの入り口付近や近隣のファストフード店爆弾とみられる爆発音が3回響き、実行犯とみられる人物が自爆テロにより4人死亡、1人が巻き込まれて死亡した[11][12][10]

その後、21時30分ごろよりパリ10区11区の料理店やバーなど4か所の飲食店で発砲し、多くの死者が出た[11][13]犯人らはイーグルス・オブ・デス・メタルのコンサートが行われていたバタクラン劇場を襲撃し、劇場で観客に向けて銃を乱射した後、観客を人質として立てこもった。14日未明にフランス国家警察特殊部隊が突入し、犯行グループ3人のうち1人を射殺、2人が自爆により死亡したが、観客89人が死亡、多数の負傷者が出た[14][10]

実行犯[編集]

検察当局は、実行犯が3チームに分かれて襲撃を行ったことを明らかにした。

検察当局が首謀者と考えているのはISIL内組織「預言者の剣」リーダーのモロッコベルギー人アブデルハミド・アバウドで、シリアから指示を出しているとされたが[15][16]サン=ドニアパートに潜伏しているのを発見され、射殺された[17][18]。バタクラン劇場への襲撃を行ったのは3名で、うち自爆した1人はパリ南郊に住むアルジェリアフランス人男性とされる。犯罪歴がありイスラム過激派への関与が疑われて監視対象になっていた。同劇場で死亡した銃撃犯もドランシー出身のアルジェリア系フランス人の男性で国際手配中だった。また死亡した3名はベルギー人であることが判明した[19][20]。スタッド・ド・フランス付近で自爆した3名の男性のうち、1名はベルギー在住のフランス人、1名はイドリブ出身のシリア人であるとされ、シリア人男性は、もう1名のスタッド・ド・フランス付近での自爆者とともに、難民としてギリシャレロス島経由で入国したものと見られている[21][22]レストランを襲撃したのち、カフェで自爆した2名の男性のうち、1名はベルギーでバーを経営するフランス人で、この男性の弟で、バーのマネージャーを務めるフランス人も、攻撃に使用されたフォルクスワーゲン・ポロを借りた容疑で指名手配された[23][24][25][26][27]

14日、攻撃に使用されたフォルクスワーゲン・ポロはベルギーとの国境で停止し、乗車していた3名が逮捕された。さらに3名がベルギー国内で逮捕された[28]

2016年3月18日、事件の準備で中心的な役割を果たしていた疑いがあるモロッコ系フランス人の男がベルギーのブリュッセルで逮捕された[29][30]

車両[編集]

15日にパリの東モントルイユで発見された自動車セアト」からは、複数のAK-47自動小銃が発見された。バタクラン劇場近くで発見された「フォルクスワーゲン・ポロ」は、ベルギーでレンタルされたものであった。襲撃に使われた車両1台をレンタルした人物も事件に関わったとして、フランス当局から指名手配されている[20]

事件の経過[編集]

事件2日前のバタクラン劇場(2015年11月11日撮影)。
カンボジアレストラン前の血溜(2015年11月14日撮影)。
テロ攻撃で損壊したレストラン(2015年11月15日撮影)。

時刻は現地時間。()内は日本時間(分は一致)。

  • 2015年11月13日
    • 21時(14日5時)20分 - パリ郊外のスタッド・ド・フランスで爆発。市民1名、自爆テロ犯1名が死亡[31]
    • 21時(14日5時)25分 - パリ10区にあるカンボジア料理店「ル・プティ・カンボージュ」とバー「ル・カリオン・バー」の付近で、武装グループが発砲、15名が死亡し、10名が重傷。最初にカリオンの外から客に向かって発砲後、歩いてカンボジア料理店へ向かい11人を射殺した(カンボージュは市内で本店を長く経営する移民一家が4年前に開店した支店で、カリオンとともに同地区の人気店)[32]
    • 21時(14日5時)30分 - スタッド・ド・フランスで2度目の爆発。テロ犯が死亡。
    • 21時(14日5時)32分 - 11区(10区との境目を走るフォーブール=デュ=タンプル通りとフォンテーヌ・オー・ロワ通りの交差地点界隈)のピザ店「ラ・カーザ・ノストラ」付近で、武装グループが発砲。5名が死亡、8名が重傷。最初に「カフェ・ボン・ビエール」の外で発砲し、ビザ店との間で5名を射殺した(2店とも近隣の人気店)[32]
    • 21時(14日5時)36分 - 11区シャロンヌ通りのカフェ「ラ・ベル・エキップ La Belle Équipe[11]」付近で、武装グループが発砲。19名が死亡、9名が重傷。隣の「スシ・マキ」でも被害が出た(同店は香港出身の中華系アメリカ人経営の日本料理[33][32]
    • 21時(14日5時)40分頃 - 11区ヴォルテール大通りのレストラン「ル・コントワール・ヴォルテール」付近で自爆テロ。同店テラス席に座り自爆し、自爆テロ犯1名が死亡、客15人が負傷した[32]
    • 21時(14日5時)40分 - バタクラン劇場へ武装グループが発砲し押し入り、立てこもり。
    • 21時(14日5時)53分 - スタッド・ド・フランス付近で3度目の爆発が起こり、テロ犯1名が死亡した。
    • 22時(14日6時)15分 - パリ警視庁コマンド対策部隊(BRI-BAC)の先遣隊がバタクラン劇場に到着[34]
  • 11月14日
    • 0時(8時)20分 - BRI-BACおよび特別介入部隊(RAID)がバタクラン劇場に突入しテロ犯3名が死亡。うち2名は自爆。少なくとも89人が死亡し負傷者が多数出る。
  • 11月18日
    • 4時(12時)30分頃 - サン=ドニで、容疑者の関係先を家宅捜索中に、警察官と数人の男の間で、90分間にわたり銃撃戦が発生。警察官2人が負傷した[35]

事件の主な影響[編集]

テロ事件とそれに伴う捜査、軍事的対応を除く。

  • サッカーの親善試合の行われた13日朝、ドイツ代表の宿泊するホテルに匿名で爆破予告の電話が入り、代表はホテルからの退去を余儀なくされた[36]。スタジアム外で爆発が起こった後も試合は最後まで続けられ、2-0でフランスが勝利。試合後は安全が確認されるまで30分以上サポーターがスタジアム内に留まり続けた[37]。ドイツ代表はフランス戦の試合中に発生した今回の事件により安全面を考慮して宿舎へ戻ることを取り止め、試合会場のスタッド・ド・フランスで夜を明かした後15日までパリ市内に滞在する予定を切り上げ翌14日に帰国の途に就いた[38]
  • フランス政府当局の指示などもあり、週末となる11月14日及び15日にパリ市およびその周辺で開催が予定されていた各種スポーツ大会などが中止される措置が執られた[39]
  • ボルドーで開催されていたフィギュアスケートのエリック・ボンパール杯は、14日に実施される予定であった男女シングル・ペア・アイスダンスの各種目のフリー演技が中止された[40]。また11月29日から開催の世界ジュニア卓球選手権には日本チームは派遣を見送った。
  • 11月17日夜、ロサンゼルスからパリに向かっていたエールフランス65便、およびダラスからパリに向かっていたエールフランス55便が、爆弾が搭載されているとの情報があり、65便はソルトレイクシティに、55便はハリファックスに緊急着陸した[41]
  • 欧州などでイスラム教の聖典・コーランが燃やされ、イスラム教スンニ派の最高権威機関・アズハルの指導者・ダイブは、イスラム教への偏見拡大を阻止するため、欧州など世界各地に16の代表団を派遣すると表明した[42]
  • 日本の警察では8都道府県警の特殊急襲部隊(SAT)に自動小銃が配備されているが、当事件を受けて大都市を抱える警察本部の銃器対策部隊にも配備されることが決まった[43]

事件後の情勢[編集]

11月30日からパリに於いて国連の地球温暖化対策に関する会議(COP21)が開かれることになっており、会議には日本、アメリカなど各国の首脳が出席する予定であることから治安対策としてフランス政府当局は入国管理を厳重にする方針を明らかにするなど[44]、フランス国内でのテロ活動に対する監視態勢を強化していたという[45]

この事件により、フランス政府は全国に非常事態宣言を出し、テロリストの侵入を抑制するために国境封鎖を決めたほか市民に不要不急の外出を控えるように呼びかけた[46]。また、1500人以上の兵士を動員し警戒にあたらせた[47]

フランスのオランド大統領は14日、テレビを通じて演説し、「今回のテロは、IS(イスラミック・ステート、イスラム国)の軍事部門が実行した」と述べた[48]。同日、ISは「ISフランス州」の名義で犯行声明を出した。それによると、実行犯8人がISから送り込まれていた[10]

フランスの地元メディアは、「戦後最悪のテロ」や「パリ中心部の戦争」と報じている[11][49]

フランス政府による国家緊急体制の構築[編集]

オランド大統領は13日夜には事件現場の一つバタクラン劇場を視察し、「前例のないテロだ」と犯行を非難した。そして緊急閣議を開催、翌朝の国家安全保障会議に臨んだ。その後に非常事態宣言を布告した[50]。同日、国民議会は緊急の会合を開いた。議会でマニュエル・ヴァルス首相は「フランスはテロリストとイスラム過激派との戦争に突入した」と演説した。一方でヴァルス首相は「フランスはイスラームムスリムとは戦争をしない」とも発言した。議会では冒頭に黙祷が捧げられたが、その後誰ともなしにフランス国歌『ラ・マルセイエーズ』が歌われだし大合唱となった。議会で国歌が歌われたのは第一次世界大戦終結以来である[51][52]。オランド大統領は14日には同日から3日間を国民服喪の日とすることを発表した。またオランド大統領はトルコアンタルヤで開催予定のG20の出席を取りやめた。17日にはヴェルサイユ宮殿元老院国民議会の両院合同会議を開催した。オランド大統領は演説で、「フランスは戦争をしている」と述べ、テロと戦うことを宣言、すでに行われている軍事行動について説明したうえで非常事態宣言の期間延長のための法改正を訴えた。またテロ対策として憲法の改正も視野に入れていることを発表した[53][54]

軍事的対応[編集]

フランス軍ロシア軍アメリカ軍と連携し、シリアラッカにあるISの司令室、訓練所、弾薬庫などを空爆し、ISのメンバー数人が死亡した[55][56][57]

捜索中の銃撃戦[編集]

突入作戦で集合する警官隊(2015年11月18日サン=ドニ)。

2015年11月18日4時半(日本時間12時半)、警察がサン=ドニにある事件の主犯格(指示役)と見なされているアブデルハミド・アバウドのアパートを捜索していた際、数人の男女が立てこもって警察官に発砲して銃撃戦となり、1名が自爆、アバウドは警察官に射殺され、アバウドの従妹も死亡、計3人の被疑者が死亡し、警察官5人が負傷した。警察は作戦開始から約6時間後に制圧完了し、8人の被疑者を拘束した[58][59][60][61]

犠牲者[編集]

国籍 死亡 負傷
フランスの旗 フランス N/A N/A
ベルギーの旗 ベルギー 3 0
チリの旗 チリ 3 0
アルジェリアの旗 アルジェリア 2 0
メキシコの旗 メキシコ 2 1
ルーマニアの旗 ルーマニア 2 0
チュニジアの旗 チュニジア 2 0
ポルトガルの旗 ポルトガル 1 0
スペインの旗 スペイン 1 0
スウェーデンの旗 スウェーデン 1 1
イギリスの旗 イギリス 1 0
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 1 0
イタリアの旗 イタリア 1 0
オーストラリアの旗 オーストラリア 0 1
アイルランドの旗 アイルランド 0 1
中華人民共和国の旗 中国 0 1
未特定 111 348
合計 130[62] 352[63][64]

この事件の死亡者数は少なくとも130人、負傷者数は352人になっている。フランスのヴァルス首相は日本時間11月15日、犠牲者のうち「103人の身元を特定できた」と発表した[65]

各国及び国際機関などの対応[編集]

各国首脳[編集]

国際機関[編集]

トルコのアンタルヤで開催されたG20の首脳会合。冒頭ではテロの犠牲者への黙祷が捧げられた。

その他[編集]

ここでは、その他の民間団体任意団体などの反応を記述する。

  • Twitterでは、#prayforparisのハッシュタグが登場した[76]
  • Facebookでは、プロフィール写真にフランス国旗の青白赤のトリコロールに重ねることで「パリ市民の平和と安全を願うプロフィール写真を設定しよう」という機能が導入されたが、これに対しては「フランスだけ特別扱いなのはなぜか」という批判が起きた[77]
  • Googleは、トップページに喪章を表わす黒いリボンを添えた[78]
  • YouTubeは、ロゴをトリコロールにした[78]
  • Amazonは、各国語版のトップページをフランス国旗と「Solidarité(団結)」のメッセージを掲げたデザインに変更した[79]
  • アップルは、トップページにブラックリボンを掲載。のちトリコロールに塗った自社のロゴに変更している[80]
  • 慶應義塾大学経済学部金子勝教授はフランス軍の報復爆撃について「問題を作ったアメリカと一緒にシリアに報復爆撃」「暴力の応酬は国境なき世界戦争を拡大するだけ」などとコメントした[81]

日本の報道対応[編集]

事件発生時刻は、日本時間においては11月14日午前5時頃であった。

テレビ[編集]

新聞[編集]

インターネット[編集]

ライトアップ[編集]

テロ事件以降、世界各地で哀悼の意を込め夜間にフランス国旗色にライトアップされた。

出典[編集]

  1. ^ Paris attacks: More than 100 killed in gunfire and blasts, French media say”. CNN (2015年11月14日). 2015年11月14日閲覧。
  2. ^ a b パリ同時多発テロ:負傷入院の1人死亡 死者130人に”. 毎日新聞 (2015年11月21日). 2015年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月21日閲覧。
  3. ^ a b c “Paris attacks updates”. BBC News. http://www.bbc.co.uk/news/live/world-europe-34815972 
  4. ^ Claire Phipps (2015年11月13日). “All attackers dead, police say, after shootings and explosions kill at least 150 in Paris – live updates”. 2015年11月14日閲覧。
  5. ^ “Attaques à Paris : ce que l’on sait des attentats qui ont fait au moins 128 morts” (French). Le Monde.fr. Le Monde.fr. http://www.lemonde.fr/societe/article/2015/11/13/fusillade-meurtriere-a-paris_4809485_3224.html 2015年11月14日閲覧。 
  6. ^ Paris attacks: ISIS claims responsibility for gunfire, blasts that killed 128 people”. CNN (2015年11月14日). 2015年11月14日閲覧。
  7. ^ Paris attacks: Islamic State says killings were response to Syria strikes.”. 2015年11月14日閲覧。
  8. ^ “パリで銃撃戦と爆発、少なくとも18人死亡=BFMテレビ”. ロイター. (2015年11月14日). http://jp.reuters.com/article/2015/11/13/france-shooting-idJPL3N1385PG20151113 2015年11月14日閲覧。 
  9. ^ “パリで爆発・銃撃事件が発生、少なくとも18人が死亡-AFP”. ブルームバーグ. (2015年11月14日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NXRWX0SYF01V01.html 2015年11月14日閲覧。 
  10. ^ a b c d パリ同時多発テロ: ISが犯行声明128人死亡”. 毎日新聞 (2015年11月14日). 2015年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月15日閲覧。
  11. ^ a b c d パリ同時多発テロ:花の都、戦場に 鳥でも撃つように”. 毎日新聞 (2015年11月14日). 2015年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月15日閲覧。
  12. ^ “パリ郊外のサッカー場付近で爆発か 18人死亡か”. 日刊スポーツ. (2015年11月14日). オリジナル2015年11月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151114211002/http://www.nikkansports.com/general/news/1565888.html 2015年11月14日閲覧。 
  13. ^ パリで同時多発テロ、120人超死亡 フランス全土に非常事態宣言”. TBS Newsi (2015年11月14日). 2015年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月15日閲覧。
  14. ^ “パリで複数の銃撃や爆発、少なくとも26人死亡”. 朝日新聞. (2015年11月14日). オリジナル2015年11月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151121030546/http://www.asahi.com/articles/ASHCG2BW6HCGUHBI00D.html 2015年11月14日閲覧。 
  15. ^ “パリ同時多発テロ:シリアで指揮か…モロッコ系ベルギー人”. 毎日新聞. (2015年11月17日). オリジナル2015年11月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151118154712/http://mainichi.jp/select/news/20151118k0000m030107000c.html 
  16. ^ “パリ同時テロ 実行犯らの素性が明らかに 欧州と中東往来で過激化”. 東京新聞. (2015年11月18日朝刊). オリジナル2015年11月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151118223118/http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201511/CK2015111802000133.html 
  17. ^ “パリ同時テロのアバウド容疑者は死亡、潜伏先急襲で-指紋で身元確認”. ブルームバーグ. (2015年11月20日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NY2IQ66JIJUO01.html 
  18. ^ “パリ同時テロ:スペイン女性勧誘も 欧州各地で首謀者活動”. 毎日新聞. (2015年11月20日). オリジナル2015年11月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151120165113/http://mainichi.jp/select/news/20151120k0000e030224000c.html 
  19. ^ “パリ同時多発テロ:3チームに分かれ襲撃 3人ベルギー人”. 毎日新聞. (2015年11月15日). オリジナル2015年11月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151116171024/http://mainichi.jp/select/news/20151116k0000m030077000c.html 2015年11月15日閲覧。 
  20. ^ a b “【パリ連続襲撃】26歳男性を指名手配 仏空軍はシリアのIS空爆”. BBC. (2015年11月15日). http://www.bbc.com/japanese/34829381 2015年11月15日閲覧。 
  21. ^ “パリ郊外の急襲作戦、新たな遺体発見 自爆したのは男”. CNN. (2015年11月21日). http://www.cnn.co.jp/world/35073856.html 
  22. ^ “パリ連続襲撃、実行犯2人をさらに特定”. AFPBB News. (2015年11月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/3066874?utm_source=google&utm_medium=news&utm_campaign=recommend-rss 
  23. ^ “パリ多発攻撃、逃走犯を指名手配 ベルギー生まれのフランス人”. ニューズウィーク日本版. (2015年11月16日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/11/post-4117.php 
  24. ^ “駅監視カメラに首謀者=犯行に直接関与か-パリ同時テロ”. 時事通信. (2015年11月21日). オリジナル2015年11月21日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20151121033117/http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2015112000943 
  25. ^ “アングル:ベルギーコネクション、バー店主からパリ自爆犯へ”. ロイター. (2015年11月17日). http://jp.reuters.com/article/2015/11/17/angle-bar-suicide-bomber-paris-idJPKCN0T60NC20151117 
  26. ^ “パリ同時テロ 7人が3グループで犯行”. NHK. (2015年11月17日). オリジナル2015年11月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151118155909/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151117/k10010309941000.html 
  27. ^ “情報BOX:パリ同時多発攻撃、実行犯らの顔ぶれ”. 朝日新聞. (2015年11月17日). http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKCN0T60PL.html 
  28. ^ “Paris terror attacks: vigils held around the world as Parisians remain on edge – live updates”. The Guardian. (2015年11月14日). オリジナル2015年11月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151114230753/http://www.theguardian.com/world/live/2015/nov/14/paris-terror-attacks-live-news-updates-isis-france 2015年11月14日閲覧。 
  29. ^ “パリ同時テロの実行犯容疑者、ベルギーで拘束”. 日本経済新聞. (2016年3月19日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK18H73_Y6A310C1000000/ 2016年3月19日閲覧。 
  30. ^ “パリ同時テロ 逮捕の男 事件前に協力者らと接触か”. NHK. (2016年3月20日). オリジナル2016年3月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160320031112/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160320/k10010450031000.html 2016年3月20日閲覧。 
  31. ^ “パリ同時テロまとめ…「イスラム国」犯行と断定”. 読売新聞. (2015年11月20日). http://www.yomiuri.co.jp/matome/20151114-OYT8T50034.html 
  32. ^ a b c d [1] Eater 2015年11月16日
  33. ^ Abe Ng(2015年9月7日時点のアーカイブ) Florida International University 2015年1月28日
  34. ^ “「地獄」と化した劇場、パリ同時テロ・急行の警官が語る”. フランス通信社. (2015年11月20日). http://www.afpbb.com/articles/-/3067292?pid=16944420&act=all 2015年12月29日閲覧。 
  35. ^ パリ郊外で銃撃戦 警察官数人負傷 主犯格を捜査中?”. 産経ニュース (2015年11月18日). 2015年11月18日閲覧。
  36. ^ フランス戦当日の朝にドイツ代表に脅迫電話 宿泊ホテルの爆破を予告”. GOAL.COM (2015年11月13日). 2015年11月17日閲覧。
  37. ^ フランス2発でドイツ破る 爆発音も試合続行”. 日刊スポーツ (2015年11月14日). 2015年11月17日閲覧。
  38. ^ ドイツ代表、テロ安全考慮のため競技場で一夜明かす”. 日刊スポーツ (2015年11月14日). 2015年11月17日閲覧。
  39. ^ “パリ週末のスポーツ行事、全面中止 連続襲撃事件で”. AFPBB News. (2015年11月14日). http://www.afpbb.com/articles/-/3066676 2015年11月14日閲覧。 
  40. ^ “フィギュアのフランス杯 同時テロで中止に 成績の扱いは今後協議”. スポーツニッポン. (2015年11月15日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/11/14/kiji/K20151114011510280.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter 2015年11月15日閲覧。 
  41. ^ 米国発パリ行き仏機2便が爆破警告で緊急着陸、乗客らは無事 ロイター 2015年11月18日
  42. ^ イスラム教へ偏見拡大阻止へ代表団 スンニ派、世界各地に日本経済新聞2015年11月21日22時50分配信
  43. ^ “銃撃戦を想定、大都市の部隊に自動小銃…警察庁”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年12月18日). オリジナル2015年12月20日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20151220073341/http://www.yomiuri.co.jp/national/20151218-OYT1T50121.html?from=yrank_ycont 2015年12月20日閲覧。 
  44. ^ “仏パリで連続襲撃事件、39人死亡 コンサートホールで人質も”. AFP. (2015年11月14日). http://www.afpbb.com/articles/-/3066596 2015年11月13日閲覧。 
  45. ^ パリ同時多発テロ:欧州に衝撃 仏大統領「厳しい試練」”. 毎日新聞 (2015年11月14日). 2015年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月14日閲覧。
  46. ^ パリ同時多発テロ:自爆テロや銃乱射120人死亡”. 毎日新聞 (2015年11月14日). 2015年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月14日閲覧。
  47. ^ パリで同時多発テロ、死者120人超 仏は国境封鎖へ”. 朝日新聞 (2015年11月14日). 2015年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月15日閲覧。
  48. ^ “仏大統領「テロはイスラム国が実行」テレビ演説”. 日本経済新聞. (2015年11月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040026_U5A111C1000000/ 2015年11月14日閲覧。 
  49. ^ 「イスラム国」が犯行声明 死者130人に 仏大統領、第二次大戦以来の非常事態を宣言”. 産経ニュース (2015年11月14日). 2015年11月15日閲覧。
  50. ^ パリ同時攻撃で死者120人以上、仏大統領が非常事態宣言ロイター 2015年11月14日
  51. ^ “仏首相「テロとの戦争に入った」 1.5万人警戒態勢”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年1月14日). オリジナル2015年1月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150114195059/http://www.asahi.com/articles/ASH1G2JDGH1GUHBI00M.html 
  52. ^ “バルス仏首相が議会演説、「対テロ戦争」を宣言”. AFP. (2015年1月14日7時50分). http://www.afpbb.com/articles/-/3036437 
  53. ^ “「フランスは戦争をしている」…オランド氏演説”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年11月18日). オリジナル2015年11月20日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20151120054839/http://www.yomiuri.co.jp/world/20151117-OYT1T50206.html 
  54. ^ “フランス:大統領が臨時議会演説 非常事態宣言の延長訴え”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年11月16日). オリジナル2015年11月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151117152511/http://mainichi.jp/select/news/20151117k0000m030103000c.html 
  55. ^ 米仏軍、報復空爆開始 NATO対「イスラム国」全面戦争へ パリ同時テロ (1/3ページ)ZAKZAK2015年11月16日配信
  56. ^ フランス、シリアで連日の報復空爆 ISISの死者は少数CNN2015年11月17日9時42分配信
  57. ^ フランス軍、「イスラム国」拠点を空爆 同時攻撃受け最大規模にニューズウィーク2015年11月16日11時22分配信
  58. ^ “難民に紛れ込み入国した「実行犯」は2人 対策迫られる欧州”. 産経新聞. (2015年11月21日). http://www.sankei.com/world/news/151121/wor1511210017-n1.html 
  59. ^ パリ郊外で銃撃戦、1人死亡 連続襲撃の主犯格が立てこもりかAFP通信2015年11月18日16時4分配信
  60. ^ パリ郊外で銃撃戦 警察官数人負傷 主犯格を捜査中?産経ニュース2015年11月18日13時42分
  61. ^ パリ郊外で銃撃戦 テロ関係先制圧、2人死亡7人拘束 主犯格も潜伏か(1/3)産経ニュース2015年11月18日20時34分配信
  62. ^ “Plus d'une dizaine de victimes étrangères”. Le Figaro. (2015年11月14日). http://www.lefigaro.fr/actualites/2015/11/13/01001-20151113LIVWWW00406-fusillade-paris-explosions-stade-de-france.php#212547 2015年11月14日閲覧。 
  63. ^ Chris Johnston, Ben Quinn, and Raya Jalabi (2015年11月14日). “Paris terror attacks: victims include US and UK citizens – live updates”. The Guardian. http://www.theguardian.com/world/live/2015/nov/14/paris-terror-attacks-live-news-updates-isis-france 2015年11月14日閲覧。 
  64. ^ “Paris attacks: Injured Irishman has surgery as NI people tell of 'panic' on streets”. BBC News. (2015年11月14日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-northern-ireland-34816760 2015年11月14日閲覧。 
  65. ^ “103人の身元確認=仏首相”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年11月15日). オリジナル2015年11月15日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20151115150704/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511/2015111500213 
  66. ^ 安倍首相「強い衝撃と怒りを覚える」 パリ同時多発テロ”. 朝日新聞 (2015年11月14日). 2015年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月15日閲覧。
  67. ^ フランス・パリ市内におけるテロ事件を受けたお見舞いメッセージの発出”. 日本外務省 (2015年11月15日). 2015年11月15日閲覧。
  68. ^ a b パリ同時多発テロ:凶行、世界が糾弾「全人類への攻撃」”. 毎日新聞 (2015年11月14日). 2015年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月15日閲覧。
  69. ^ 李克強総理、パリのテロ攻撃事件で仏首相に見舞い電”. 新華網 (2015年11月14日). 2015年11月15日閲覧。
  70. ^ “国連事務総長「卑劣なテロ行為」と非難 パリ爆破事件”. 朝日新聞. (2015年11月14日). オリジナル2015年11月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151114164405/http://www.asahi.com/articles/ASHCG320XHCGUHBI00Y.html 2015年11月14日閲覧。 
  71. ^ “パリでのテロ攻撃に関するEU加盟国首脳およびEU諸機関の長の共同声明”. 駐日欧州連合代表部 EU News 332/2015. (2015年11月14日). http://www.euinjapan.jp/resources/news-from-the-eu/news2015/20151114/171555/ 
  72. ^ “EU、初の集団的自衛権の行使表明…仏を支援”. 読売新聞. (2015年11月18日). オリジナル2015年11月18日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20151118063127/http://www.yomiuri.co.jp/world/20151118-OYT1T50038.html 2015年11月20日閲覧。 
  73. ^ “深い衝撃表明=EU・NATO首脳”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年11月14日). オリジナル2015年11月19日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20151119030815/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511/2015111400264 
  74. ^ オランド仏大統領、G20欠席 日本経済新聞 2015年11月14日
  75. ^ テロとの戦いに関するG20声明 外務省 2015年11月17日
  76. ^ ハッシュタグ#prayforparis
  77. ^ “(ニュースQ3)哀悼か仏政府支持か? FBのトリコロールに賛否”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年11月20日). オリジナル2015年11月20日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20151120150248/http://www.asahi.com/articles/DA3S12076878.html 
  78. ^ a b “フランス同時多発テロ、GoogleやFacebookなどが哀悼”. RBB TODAY. (2015年11月16日). http://www.rbbtoday.com/article/2015/11/16/137039.html 2015年11月22日閲覧。 
  79. ^ “【パリテロ事件】Amazon日本公式サイトがフランスに「哀悼の意と励ましの言葉」を捧げる / solidarite”. ガジェット通信. (2015年11月15日). http://getnews.jp/archives/1250534 2015年11月24日閲覧。 
  80. ^ “アップルのサイト、ブラックリボンからトリコロールのアップルロゴに掲載画像が変わる”. GIZMODO. (2015年11月17日). http://www.gizmodo.jp/2015/11/post_20203.html 2015年11月24日閲覧。 
  81. ^ 2015年11月17日5時2分投稿金子勝公式Twitterアカウント
  82. ^ “パリ同時多発テロ 日本国内にも衝撃広がる”. 日テレニュース24. (2015年11月14日). http://www.news24.jp/articles/2015/11/14/07314876.html 2016年1月11日閲覧。 
  83. ^ “【AFP・フランス通信社】フランス・パリ同時多発テロ事件 現地から生中継”. ニコニコ生放送. (2015年11月14日). http://live.nicovideo.jp/watch/lv241912255 2016年1月11日閲覧。 
  84. ^ “【ロイター通信】フランス・パリ同時多発テロ事件 現地から生中継”. ニコニコ生放送. (2015年11月14日). http://live.nicovideo.jp/watch/lv241931821 2016年1月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]