2017年ストックホルムトラックテロ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2017年ストックホルム トラック突入事件
2017 Stockholm attack.png
犯行経路
2017年ストックホルムトラックテロ事件の位置(ストックホルム内)
Åhléns department store
Åhléns department store
2017年ストックホルムトラックテロ事件 (ストックホルム)
場所 スウェーデン国ストックホルム ノルマルム
座標 北緯59度19分57.8秒 東経018度03分44.2秒 / 北緯59.332722度 東経18.062278度 / 59.332722; 18.062278座標: 北緯59度19分57.8秒 東経018度03分44.2秒 / 北緯59.332722度 東経18.062278度 / 59.332722; 18.062278
日付 2017年4月7日 (2017-04-07)
c. 14:53 Central European Summer Time (UTC+2)
標的 民間人
攻撃手段 トラックによる突入
武器 盗まれた配送トラック
死亡者 4人[1]
負傷者 15人以上 (9人重傷)[1]
容疑者 ラフマット・アキロフ

2017年ストックホルムトラックテロ事件とは、2017年4月7日スウェーデンの首都ストックホルムの中心部で、直前に盗難されたトラックが故意にDrottninggatan(女王通り)に沿って歩行者を襲い、デパートに突入した事件。この事件で4人が死亡、15人以上が負傷、そのうち9人が重症の怪我を負った[1]

警察はこの攻撃をテロとして扱っている。ウズベキスタンから亡命希望のラフマット・アキロフが同日逮捕された。スウェーデンの警察は、アキロフはイスラム国(ISIS)の思想に共感しているとし、ウズベキスタン当局は攻撃前にISISに加わったと語っている。アキロフは、4月11日の裁判前聴聞会で攻撃を実施した事を認めた。

襲撃[編集]

現地時間14時53分(12時53分 UTC)ごろ、スウェーデンの大手醸造会社スペンドラップのトラックがストックホルム中心部のAdolf Fredriks Kyrkogataへの配達中に盗難された。スペンドラップのプレスリリースによると、「ドライバーは盗難されたトラックを止めようと車の前に出たが、加速して突っ込んできたため、横に飛び退き怪我を負った」と発表している[2][3]

襲撃犯は、ストックホルムの繁華街の通りの一つであるDrottninggatanに入ると歩道に乗り上げ、歩行者を襲いながら約500メートル(1,600フィート)走行した。目撃者は「路上をジグザグに運転して子供たちを標的にしようとしていた」と述べている[4]。この攻撃は、Drottninggatan通りとMäster Samuelsgatan通りの交差点角にあるÅhléns Cityデパートにトラックが突入するまで続いた。トラックに火が付いたが、すぐに消防士によって消し止められた。襲撃者は、飛び出し逃走した[5]

襲撃犯に乗り捨てられたトラックの中から、自家製の爆弾か兵器らしき不審物が見つかっている[6]。警察責任者によると、犯行に使われたトラックの中から、通常はないはずの「装置」が見つかった。同責任者は「典型的な爆弾なのか、あるいは何らかの引火物だったのかを分析している」と語った[7]

警察は、すぐにフードをかぶった人物の公開捜査を行い、4月7日の19:55(17:55 UTC)ストックホルム北部のマルスタ(Märsta)の建設労働者ラフマット・アキロフを「テロ犯罪と殺人」の容疑で逮捕した[8][1][9]。4月8日1時15分に正式に逮捕され、4月11日にスウェーデン検察庁によって正式に受理された[10]

死傷者[編集]

この攻撃により4人が死亡した[1]。また、少なくとも15人が負傷し、うち9人が深刻な怪我を負った。4月18日、ストックホルム県の医療などを担う行政議会であるストックホルム県ランスティングは、攻撃後から4人が入院しており、1人は集中治療室で治療を受けていると述べている[11]

襲撃者[編集]

警察によると、アキロフは2014年にスウェーデンで永住許可を申請していたが、昨年却下された。国外退去命令に応じないとして、今年2月27日以降警察が行方を追っていた。ISISをはじめとする「過激派組織への共感を示していた」ことが知られていたという[12]

影響[編集]

スウェーデン国内[編集]

スウェーデン国会議事堂ストックホルム地下鉄は封鎖され、ストックホルム中央駅は避難させられた[13]。また、2010年以降レベル3(レベル1〜5)からリスクアセスメントを引き上げていないにも関わらず、入国にパスポートが求められるなどがあった[14][15]

スウェーデンのステファン・ロベーン首相は記者声明で、「この攻撃はテロリズムによるものと考えている。警察や治安当局もそのように扱っている」と述べた[16]。その二日後、ロベーンは「私は今日、亡くなった人を悼んでいる人や、負傷した人を心配している人にまずお話をしたいと思う。スウェーデンの皆があなた達と共にいる。私たちの敵は、これ以上無い酷い殺人者であることはわかっている。」と述べている[17][18]。また、追悼式典では、「テロには屈しない。民主主義は原理主義に打ち勝つ」と述べた[19]。9日、難民申請不許可者を退去させる移民法を改正しようとしていると発表した[20]

スウェーデン王室を代表してカール16世グスタフ国王は、「この悲惨な悲劇の犠牲者とその家族に王室一同、哀悼の意を捧げる」と弔意を表明し[21] 、8日「我々はこの暴力を乗り越える。安全で平和な国であり続ける」と述べた[7]

4月9日、犠牲者を弔うために、ストックホルムのセルゲル広場(en)に4万人以上の人々が集まった[要出典]

国外[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Four confirmed dead, one arrested over suspected terror attack” (スウェーデン語). スウェーデン・ラジオ. 2017年4月7日閲覧。
  2. ^ Tragedin i Stockholms city idag” (sv). 2017年4月9日閲覧。
  3. ^ Keyton, David; Olsen, Jan M. (2017年4月7日). “4 killed in Stockholm truck attack described as terrorism” (英語). AP News. https://apnews.com/4ef8415d8c174ef1abada113084a9528 2017年4月7日閲覧。 
  4. ^ “Briton among four killed in Stockholm terror attack” (en-GB). The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/2017/04/08/family-fears-missing-girl-11-may-among-terror-victims/ 2017年4月9日閲覧。 
  5. ^ “Swedish store hit by truck regrets 'damaged goods' promotion”. Associated Press. (2017年4月9日). http://www.cnbc.com/2017/04/09/swedish-store-hit-by-truck-regrets-damaged-goods-promotion.html 2017年4月9日閲覧。 
  6. ^ “'Homemade bomb' found in lorry used in Stockholm attack” (en-GB). The Independent. (2017年4月8日). http://www.independent.co.uk/news/world/europe/stockholm-attack-sweden-lorry-truck-crash-terror-isis-islamic-state-manhunt-latest-suspect-police-a7673527.html 2017年4月8日閲覧。 
  7. ^ a b “ストックホルム・テロ、ウズベキスタン人の男を逮捕 車内に爆発物か”. CNN. (2017年4月9日). http://www.cnn.co.jp/world/35099481.html 2017年4月19日閲覧。 
  8. ^ Anderson, Christina. “Stockholm Attack Suspect Will Plead Guilty, His Lawyer Says”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2017/04/11/world/europe/stockholm-terror-attack.html?_r=0 2017年4月12日閲覧. "Mr. Akilov, a construction worker, had sought asylum in Sweden, but his application was rejected." 
  9. ^ “Prosecutor asks court to remand Stockholm terror suspect in custody”. The Local. (2017年4月10日). https://www.thelocal.se/20170410/prosecutor-asks-court-to-remand-stockholm-terror-suspect-in-custody 2017年4月11日閲覧。 
  10. ^ Anderson, Christina (2017年4月10日). “Sweden Mourns Stockholm Attack Victims; Suspect Is Formally Identified”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2017/04/10/world/europe/sweden-terror-attack.html?_r=0 2017年4月11日閲覧。 
  11. ^ Uppdatering tisdag kl 18.00: Fyra personer vårdas på akutsjukhus och fortsatt krisstöd hela veckan - Sll” (sv). www.sll.se. 2017年4月18日閲覧。
  12. ^ “スウェーデンのトラック暴走、容疑者はISに「共感」 警察”. AFP通信. (2017年4月10日). http://www.afpbb.com/articles/-/3124531 2017年4月19日閲覧。 
  13. ^ Masters, James (2017年4月7日). “Stockholm truck attack kills 4; arrest made”. CNN. 2017年4月7日閲覧。
  14. ^ “Norwegian-Swedish border tightened after Stockholm attack”. The Local. (2017年4月8日). https://www.thelocal.no/20170408/norwegian-swedish-border-tightened-after-stockholm-attack 
  15. ^ “Lastbil in i folkmassa – detta vet vi” (sv-se). Dagens Nyheter. (2017年4月7日). http://www.dn.se/sthlm/lastbil-in-i-folkmassa-detta-vet-vi/ 2017年4月9日閲覧。 
  16. ^ Four confirmed dead, one arrested over suspected terror attack – Radio Sweden”. Sveriges Radio (2017年4月7日). 2017年4月7日閲覧。
  17. ^ “Löfven: ”Våra fiender är de avskyvärda mördarna”” (sv-SE). Omni. http://www.omni.se/lofven-vara-fiender-ar-de-avskyvarda-mordarna/a/E83e2 2017年4月9日閲覧。 
  18. ^ TT. “Löfven: ”Våra fiender är de avskyvärda mördarna”” (スウェーデン語). Svenska Dagbladet. https://www.svd.se/lofven-haller-presstraff-pa-rosenbad/om/terrordadet-i-stockholm 2017年4月9日閲覧。 
  19. ^ “トラック暴走事件のストックホルムで追悼式典”. 産経ニュース. (2017年4月10日). http://www.sankei.com/world/news/170410/wor1704100071-n1.html 2017年4月19日閲覧。 
  20. ^ Heba Habib; Griff Witte (2017年4月9日). “Swedish police say Stockholm truck-attack suspect was failed Uzbek asylum-seeker”. Washington Post. https://www.washingtonpost.com/world/swedish-police-say-stockholm-truck-attack-suspect-was-failed-uzbek-asylum-seeker/2017/04/09/65b5e7d6-1d1b-11e7-a0a7-8b2a45e3dc84_story.html?utm_term=.7a20af7daf2c 2017年4月9日閲覧。 
  21. ^ Uttalande av H.M. Konungen med anledning av dagens händelse i Stockholm – Sveriges Kungahus” (sv). kungahuset.se. 2017年4月9日閲覧。
  22. ^ Herreria, Carla (2017年4月8日). “Eiffel Tower Goes Dark To Mourn Victims of Stockholm Attack” (en-US). The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/entry/eiffel-tower-goes-dark-stockholm_us_58e7de6be4b05413bfe2d2c3 2017年4月9日閲覧。 
  23. ^ “Svenska flaggan på halv stång i Nice” (スウェーデン語). Aftonbladet. http://www.aftonbladet.se/nyheter/a/oodRm/svenska-flaggan-pa-halv-stang-i-nice 2017年4月9日閲覧。 
  24. ^ Statement attributable to the Spokesman for the Secretary-General on Attack in Stockholm, Sweden | United Nations Secretary-General” (en). www.un.org. 2017年4月9日閲覧。
  25. ^ “Pope Francis: prayers for victims of Stockholm terror attack” (英語). http://en.radiovaticana.va/news/2017/04/09/pope_francis_prayers_for_victims_of_stockholm_terror_attack/1304576 2017年4月9日閲覧。 


関連項目[編集]