2017年ロンドンテロ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2017年ロンドンテロ事件
Parliament at Sunset.JPG
2017年ロンドンテロ事件の位置(シティ・オブ・ウェストミンスター内)
ウェストミンスター橋
ウェストミンスター橋
2017年ロンドンテロ事件 (シティ・オブ・ウェストミンスター)
2017年ロンドンテロ事件の位置(グレーター・ロンドン内)
2017年ロンドンテロ事件
2017年ロンドンテロ事件 (グレーター・ロンドン)
2017年ロンドンテロ事件の位置(イギリス内)
2017年ロンドンテロ事件
2017年ロンドンテロ事件 (イギリス)
場所 イギリスの旗 イギリスロンドンウェストミンスター
座標 北緯51度30分03秒 西経0度07分19秒 / 北緯51.50083度 西経0.12194度 / 51.50083; -0.12194座標: 北緯51度30分03秒 西経0度07分19秒 / 北緯51.50083度 西経0.12194度 / 51.50083; -0.12194
日付 2017年3月22日
14時40分頃 (UTC)
攻撃手段
  • 自動車を用いた故意の衝突事故 (en
  • 刺傷
武器
死亡者 5人(通行者3名、警官1名、実行犯1名)
負傷者 〜40人(重傷3名、ほか重態1名)
犯人 ハリド・マスード
: Khalid Masood

この記事では、2017年3月22日ロンドンシティ・オブ・ウェストミンスターの、ウェストミンスター橋ウェストミンスター宮殿敷地内で発生したテロ事件を扱う[1][2][3][4]。実行犯はイギリス・ケント出身の52歳ハリド(カーリド)・マスード(: Khalid Masood)である[5][6]。被疑者はウェストミンスター橋上で自動車を暴走させて2人を殺害した後、車を捨てて宮殿敷地内へと侵入し、その後非武装の警官を刺殺して、構内で別の警察官によって射殺された。ウェストミンスター宮殿構内で起こったテロ事件としては1979年エアリー・ニーヴ英語版殺害以来のことであり[7]、ロンドンで起こったテロ事件としては2015年にレイトンストーン駅英語版で精神疾患患者が起こした刺傷事件 (2015 Leytonstone tube station attack以来のことだった[8]。またこの事件は、2016年ブリュッセル爆発から丁度1年の日に発生している。

襲撃[編集]

実行犯による襲撃の様子

2017年3月22日14時40分頃 (UTC) [2][3]、グレーのヒュンダイ製自動車が、ウェストミンスター橋南側の歩道を歩く歩行者(警察官3人を含む)へ突っ込み、複数の死傷者を出した[9]。自動車は事件の数日前にバーミンガムエンタープライズ・レンタカー英語版で借りられたものだった[5][10]。また被害女性のひとりが橋の手すりを越えてテムズ川に転落し、後に救助されたものの重態となった[11][12][注釈 1]。犯人は運転を続け、ウェストミンスター宮殿(国会議事堂)敷地外の柵に衝突して停止した[14][6]

犯人は黒い服を着ており、事故の後自動車を出てニュー・パレス・ヤード英語版[注釈 2]近くの土地に侵入して、居合わせたキース・パーマー巡査を刺殺した[14]。その後犯人は私服警官2名によって複数回射撃された[16][17][18][19]。マスードには救命処置が行われたが、銃撃の傷が元で死亡した[20][21]。パーマー巡査の救命には、救急隊に加えて、居合わせた保守党中東・アフリカ担当外務次官トバイアス・エルウッド英語版庶民院議員が尽力したが、この処置の甲斐無く巡査は死亡した[22][23][24][25][26]

事件後[編集]

イギリスのテロ警戒レベル (UK Threat Levelsは、5段階で2番目に高い「深刻」 ("Severe") が維持されたが[27][28]、事件に伴って警戒レベルが引き上げられることは無かった[29]

事件の直後、現場には追加の武装警官が駆けつけ、ロンドン・エア・アンビュランス英語版(ロンドンHEMS)のドクターヘリも急行した。イギリス首相テリーザ・メイは事件当時議事堂内にいたが、すぐに車でダウニング街10番地の首相官邸へ避難した[26][30]。国会の議事進行は一時中断され、議員たちは警戒のためコモンズ・チャンバー (Commons debating chamberに閉じこもった。また、取材に来ていたジャーナリストや、遠足で訪れていた子どもたちなど、議事堂への訪問者全員に建物内に留まるよう指示が出た。一部は後に隣接するウェストミンスター寺院へ避難誘導された[16]スコットランド議会ウェールズ議会も、22日午後の議事を中止した[31][32]

事件に伴って、緊急のCOBRA会議が招集された[2][3][4][16][17][33][9]。メイ首相は、COBRA会議終了後、官邸前でテロへ屈しない姿勢を示す演説を行った[34]

事件は、2005年7月のロンドン同時爆破事件以来初めてロンドンで起こった大規模テロ事件となったほか[35]、ウェストミンスター宮殿構内で起こったテロ事件としては1979年エアリー・ニーヴ英語版殺害以来となった[7][36]

被害者・犠牲者[編集]

国別に見た被害者数
国籍 死亡 負傷
イギリスの旗 イギリス[37][38] 4* 12
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[37][38] 1 1
オーストラリアの旗 オーストラリア[39] 0 1
中華人民共和国の旗 中国[40] 0 1
フランスの旗 フランス[41] 0 3
ギリシャの旗 ギリシャ[37] 0 2
イタリアの旗 イタリア[42][43] 0 2
アイルランドの旗 アイルランド[37] 0 1
ポーランドの旗 ポーランド[37] 0 1
ポルトガルの旗 ポルトガル[44] 0 1
 ルーマニア[37][13][45] 1 1
大韓民国の旗 韓国[37] 0 5
国籍不明[37][16] 0 8
総数[37] 6* ~40
*実行犯を含む

事件では、実行犯も含め6人が死亡し、少なくとも40人が負傷して、うち数名は重傷・重態となっている。死亡した6人のうち4人はイギリス国籍であった(実行犯の男を含む)[9][16]。犠牲となったイギリス人女性のエイシャ・フレイド(英: Aysha Frade)は、子どもを学校に迎えに行くため橋を歩いていたと考えられているが、ここに実行犯の車が突っ込んで殺害された[46]。アメリカからの観光客だったカート・コクラン(英: Kurt Cochran)も、車にはねられて死亡したが[46]、コクランは妻との結婚25周年を記念してイギリスを訪れていた[47]。犯人に刺殺されたキース・パーマー巡査(48歳)は、国会警備 (Parliamentary and Diplomatic Protectionに当たる非武装の警官 (enだった[16][48][49]。パーマーはロンドン警視庁に勤続15年の警官であった[1]。3月23日には、手当を受けていた75歳の男性が病院で死亡し4人目の犠牲者となったが[38][50]、この男性は南ロンドン・ストレタム英語版のレズリー・ローズ(英: Leslie Rhodes)で、ウェストミンスター橋で暴走した車にはねられて死亡したことが分かった[51]

12人が重傷を負い、うち数人は脊損など中枢神経系の症状を含む "Catastrophic injury" (enであると発表されている[17]。また、ほかにも8人が、重傷まで行かないものの負傷して手当を受けていると報じられた[21]。民間人の負傷者は、ウェストミンスター橋を渡ってすぐのランベスにある聖トーマス病院英語版、外傷センターを設置し重症患者も受け入れられるキングス・カレッジ病院英語版セント・メアリー病院英語版ロイヤル・ロンドン・ホスピタル英語版チェルシー・アンド・ウェストミンスター病院英語版へ搬送された[16][21]。事件ではルーマニア人2人が負傷し、ひとりはテムズ川に転落して重態となったが、この女性が自ら飛び込んだのか襲撃に伴って転落したのかは分かっていない[16][52]。この女性は、事件から2週間以上が経過した4月6日に死亡した[13]。また、フランスブルターニュから来ていた15歳から16歳の学生たちも負傷した[16][53]。負傷者の中には、表彰式から戻る途中だった警察官3人、ランカシャーエッジ・ヒル大学英語版の学生4人も含まれている[16][21]

実行犯[編集]

ロンドン警視庁は、実行犯をイギリス出身の52歳ハリド(カーリド)・マスード(英: Khalid Masood)と特定した[5][6][54]。『デイリー・テレグラフ』紙は、彼の出生名がエイドリアン・エルムズ(英: Adrian Elms)であると報じた[55]。地元メディアは、マスードがイスラム教に改宗した人物であること、また獄中でイスラム過激派に転じたことを伝えている[56][57]。マスードはケント出身で、近年はバーミンガムなどを含むウェスト・ミッドランズに居住していたと考えられている[56]

初期の報告書には、襲撃犯が2人おり、ひとりは「髪の無い白人」(英: "bald white man")、もうひとりは「あごひげの生えた黒人」(英: "black man with goatee beard")だとされていたが、ロンドン警視庁副本部長代行で英国のテロ対策を統括するマーク・ロウリー英語版は、襲撃は単独犯で行われたと発表した[58][59]。襲撃の直後、イスラム過激派組織アル・グラバー英語版のスポークスマンだったアブ・イザディーン英語版が襲撃犯である、というデマがソーシャル・メディアで拡散されたが、彼は襲撃時英国で収監中であり誤報である[60]

マスードは結婚しており、3人の子どもがいた[57]。警察は、マスードは以前保安局 (MI5) の監視を受けていたものの現在は監視対象ではなく、テロ攻撃の準備をしているという事前情報も無かったと発表している[61]。彼は暴行事件などで複数回有罪判決を受けており、その中には凶悪傷害事件 (Grievous bodily harm; GBH、武器の不法所持、公共秩序を乱した罪などが含まれており、これらは1983年まで遡ることができる。しかし、この中にテロ事件を起こして有罪になったものはない[5]。事件後銃撃を受けたマスードが救急隊に手当てされる様子を、複数のメディアが写真で報じている[62]

当局は、マスードが襲撃を起こした動機についてイスラム過激主義だと見ているが[63]内務大臣アンバー・ラッド英語版は、マスードがISILの影響を受けたという考えには否定的である[64]。この一方で、事件の翌日である3月23日、ISIL系のアマク通信英語版は、襲撃犯が「イスラム国の兵士で、連合国の市民を狙えとの呼びかけに応えて作戦を実行した」[注釈 3]と発表し、関与を主張した。組織をオンラインで監視しているアナリストたちは、発表によりイラクシリアでの撤退を誤魔化す意図があり、実行犯の生い立ちや襲撃の詳細について情報が無いことは、直接の関与が無いことを示唆していると発表している[65]

捜査[編集]

3月22日23時 (UTC) 、ウェスト・ミッドランズ警察英語版バーミンガムのフラットで立入捜査を実施した[66]。翌23日朝までに、東ロンドンとバーミンガムで6件の家宅捜索が行われ、テロ攻撃の準備に関与した疑いで8人が拘束された[16][67][68]。当局はさらに、ロンドン・ブライトンカーマーゼンシャー(ウェールズ)で捜査を行っていることを発表した[69][67]

事件への反応[編集]

イングランドでテロ事件が発生したことに対し、国内外から衝撃と怒りの声が上がり、事件は自由、言論の自由、民主主義への攻撃だと見なされるようになった[70][71]

イギリス国内[編集]

事件の後メディア・公共に向けて初めて行われた、ロンドン警視庁による発表
襲撃の翌日ウェストミンスター宮殿に手向けられた花

事件の後、庶民院貴族院両院の報道官は、合同で声明を発表した[72]

「今日の午後、非常に重大な事件がウェストミンスター地区で起きました。ロンドン警視庁が対応し、事件の捜査に当たっています。両院の構成員を代表し、被害者の皆様全員とそのご家族にお見舞いを申し上げます。また、警察や全てのエマージェンシー・サービスに感謝を申し上げます」[注釈 4]

両院の通常議事は、襲撃の翌日である3月23日に再開された[20]。議事再会に先立ち、国会では犠牲者を悼んで1分間の黙祷が行われたほか、ロンドンのエマージェンシー・サービスでは、亡くなったパーマー巡査のカラー・ナンバー英語版が933だったことに因み、午前9時33分に黙祷が行われた[16]

スコットランド議会は、事件がスコットランドの国会議員英語版の貢献に対する攻撃だとして、実施が検討されているスコットランド独立住民投票 (Proposed second Scottish independence referendumに関する議論を含め、この日の議事を一時中断した[73]。この議事中断は、議員全員が賛成したものではなかった[74]

ロンドン市長サディク・カーンは、「私たちの共有する生活のしかたを破壊しようとする、凶悪でねじ曲がった人間は、決して成功することはないだろうし、私たちは彼らを厳しく非難する。[中略]ロンドンは素晴らしい街で、様々なバックグラウンドを持った素敵な人々が数多く集う街だ。そして、ロンドン市民は不運に見舞われた時、いつでも力を合わせるのだ」と述べた[75]

イギリス首相テリーザ・メイは国会議員たちに対し、「昨日私たちの民主主義を黙らせようとテロ行為が行われたが、今日私たちは、これまでの世代がやってきたように、そしてこれからの世代がやるように、いつも通り集まってひとつのメッセージを表明しようとしている。それは、私たちは恐れることなどなく、テロに対する私たちの決意は揺るぎないものだということだ」と演説した[76]。メイはこれに先立ち、前日のCOBRA会議終了時に、テロに屈しない姿勢を示した記者会見を行っている[34]

最大野党である労働党の党首ジェレミー・コービンは、襲撃について「残虐行為のアピールだ」(英: "an appalling atrocity")と述べた[76][77]

殉職したパーマー巡査を讃え、彼の制服とショルダー・ナンバーの "4157u" は恒久的に欠番となるほか、チャールトン・アスレティックFCは、彼が購入していたザ・ヴァレー英語版シーズンシートは次回のホームゲームで空席となり、代わりにクラブのスカーフがかけられることを発表した[78]。また、JustGiving英語版では、彼の家族に対し10万ポンドを寄付する基金が設定され、24時間経過する前に目標額を達成した[5]。グループ "Muslims United for London" は、犠牲者やその家族を支援するため16,000ポンドを集め、「イギリスのムスリム・コミュニティは、この難局に立ち向かう人々と共にある」と発表した[79][80][81]

海外の反応[編集]

事件に対する衝撃のほかに、支援や結束、同情の声が複数の国の政府から寄せられ[注釈 5]国際連合安全保障理事会は事件の翌日3月23日の14時 (UTC) に合わせ1分間の黙祷を行った[108]欧州委員会委員長ジャン=クロード・ユンケル、イスラム諸国で作るイスラム協力機構は今回の攻撃を強く非難した[103][100]

ISILを支持するソーシャル・メディアは、イギリスによるシリアイラク空爆作戦であるオペレーション・シェイダー英語版の報復としてこの事件を祝福している[109]。ISIL系のメディアであるアマク通信英語版は犯行声明を発表した(→#実行犯[110]

フランスパリでは、深夜0時に合わせ、事件の犠牲者を悼むためエッフェル塔のライトアップが消灯された[111][112]。また、ドイツブランデンブルク門や、イスラエルテルアビブの市庁舎などが、イギリス国旗であるユニオン・ジャックの柄にライトアップされた[113]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 女性はその後4月に入ってから死亡した[13]
  2. ^ ウェストミンスター宮殿敷地内の北西角、ビッグ・ベンの西側に存在する[15]
  3. ^ 原文:"The attacker yesterday in front of the British Parliament in London was a soldier of the Islamic State, executing the operation in response to calls to target citizens of coalition nations."[38]
  4. ^ 原文:"An extremely serious incident has occurred in the Westminster area this afternoon. The Metropolitan police is dealing with this and an investigation is under way. On behalf of members of both Houses of Parliament, we wish to offer our thoughts to all those affected and their families. We would also like to express our gratitude to the police and all emergency services."
  5. ^ コメントを発表したのは、アルジェリア[82]アルメニア[83]アルゼンチン[84]オーストラリア[85]カナダ[86]中国[87]チェコ[88]デンマーク[89]エジプト[90]フランス[20]ドイツ[91]インド[92]イラン[93][94]アイルランド[95]イスラエル[96]イタリア[97]、日本[98][99]ヨルダン[100]オランダ[101]ニュージーランド[87]パキスタン[102]ポーランド[103]ルーマニア[104]ロシア[105]サウジアラビア[100]韓国[106]スペイン[103]スウェーデン[107]トルコ[105]アメリカ合衆国[103]などである。

出典[編集]

  1. ^ a b Emily Allen; Barney Henderson (2017年3月23日). “Westminster attack: Everything we know so far”. デイリー・テレグラフ. http://www.telegraph.co.uk/news/2017/03/22/westminster-terror-attack-everything-know-far/ 2017年3月24日閲覧。 
  2. ^ a b c 英議事堂の外で襲撃、容疑者含め4人死亡 少なくとも20人負傷”. BBC (2017年3月23日). 2017年3月23日閲覧。(日本語)
  3. ^ a b c London attack: Two killed in Westminster 'terror' incident”. BBC (2017年3月22日). 2017年3月23日閲覧。(英語)
  4. ^ a b Vikram Dodd, Ewen MacAskill, Jamie Grierson and Heather Stewart (2017年3月22日). “Parliament attack: police officer among five dead in 'sick and depraved' incident”. ガーディアン. https://www.theguardian.com/uk-news/2017/mar/22/parliament-attack-police-officer-four-dead-westminster 2017年3月23日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “London attack: Police name Westminster attacker” (en-GB). BBC News (BBC). (2017年3月23日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-39372154 2017年3月23日閲覧。 
  6. ^ a b c “【ロンドン襲撃】 ハリド・マスード容疑者の道のり 橋のたもとから”. BBCニュース (BBC). (2017年3月24日). http://www.bbc.com/japanese/video-39376329 2017年3月24日閲覧。 (日本語)
  7. ^ a b Bullen, Jamie (2017年3月22日). “Parliament terror attack took place yards from where Tory MP was murdered by car bomb in 1979”. デイリー・ミラー. http://www.mirror.co.uk/news/uk-news/parliament-terror-attack-took-place-10079822 2017年3月24日閲覧。 
  8. ^ Bowcott, Owen. “UK terror attacks since 11 September 2001”. The Guardian. https://www.theguardian.com/uk-news/2017/mar/22/uk-terror-attacks-since-11-september-2001 
  9. ^ a b c “London attack: Four dead in Westminster terror attack”. BBC News. (2017年3月22日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-39359158 
  10. ^ “London attacker drove into pedestrians using hired car”. インデペンデント. (2017年3月23日). http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/london-terror-attack-suspect-car-hired-enterprise-birmingham-west-midlands-westminster-bridge-a7645391.html 
  11. ^ “Woman filmed falling”. BBC News (BBC). (2017年3月22日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-39359874 2017年3月23日閲覧。 (英語)
  12. ^ “ロンドン襲撃 女性が橋から落下した瞬間”. BBCニュース (BBC). (2017年3月23日). http://www.bbc.com/japanese/video-39361904 2017年3月24日閲覧。 (日本語)
  13. ^ a b c “【ロンドン襲撃】橋から落下の女性が死亡”. BBC. (2017年4月7日). http://www.bbc.com/japanese/39527143 2017年4月7日閲覧。 (日本語)
  14. ^ a b “U.K. attacker ID'd as Khalid Masood, British-born man once investigated for 'violent extremism'”. CBC News. (2017年3月23日). http://www.cbc.ca/beta/news/world/britain-westminster-attack-investigation-thurs-1.4037373 2017年3月23日閲覧。 
  15. ^ London Street Atlas. A-Z Street Atlas (8th ed.). Sevenoaks: Geographers' A–Z Map Company Limited. (August 28, 2010) [2008-08-03]. pp. 12-13. ASIN 1843486024. ISBN 978-1-84348-602-2. OCLC 259710758. 
  16. ^ a b c d e f g h i j k l “London attack - latest updates”. BBC News. http://www.bbc.co.uk/news/live/uk-39355505 2017年3月22日閲覧。 
  17. ^ a b c Boyle, Danny; Evans, Martin (2017年3月22日). “Parliament shooting: Knifeman shot by police after charging through Westminster gates and stabbing officer”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/2017/03/22/man-shot-police-outside-parliament-officer-reportedly-shoots 2017年3月22日閲覧。 
  18. ^ Addley, Esther; Harding; Booth (2017年3月23日). “'All hell was let loose': Witnesses describe London attacker, incident at Westminster”. Hindustan Times. http://www.hindustantimes.com/world-news/all-hell-was-let-loose-witnesses-describe-london-attacker-incident-at-westminster/story-JInmK4YDftEGXrkF9yNi9O.html 2017年3月23日閲覧。 
  19. ^ FE_Online (2017年3月23日). “London terror attack Live: No evidence that Khalid Masood went overseas to join Jihadist groups, says US Government sources”. The Financial Express (New Delhi). http://www.financialexpress.com/world-news/london-terror-attack-live-5-dead-40-injured-in-westminster-bridge-shootout-president-pranab-mukherjee-pm-narendra-modi-condemn-uk-parliament-attack/598945 2017年3月23日閲覧。 
  20. ^ a b c Allen, Emily (2017年3月22日). “Westminster attack: Everything we know so far”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/2017/03/22/westminster-terror-attack-everything-know-far 2017年3月22日閲覧。 
  21. ^ a b c d Sparrow, Andrew. “Parliament attack: man shot after police officer stabbed at House of Commons”. The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/politics/blog/live/2017/mar/22/peers-say-brexit-with-no-trade-deal-would-cause-signicicant-damage-to-service-sector-politics-live 2017年3月22日閲覧。 
  22. ^ “Hero MP in Parliament terror attack: Tobias Ellwood battled to save life of stabbed officer”. The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/2017/03/22/hero-mp-parliament-terror-attack-tobias-ellwood-battled-save 2017年3月22日閲覧。 
  23. ^ “Westminster attack: four confirmed dead including police officer and attacker”. The Guardian. (2017年3月22日). https://www.theguardian.com/politics/blog/live/2017/mar/22/peers-say-brexit-with-no-trade-deal-would-cause-signicicant-damage-to-service-sector-politics-live 2017年3月22日閲覧。 
  24. ^ “【ロンドン襲撃】刺された警官に人工呼吸 議員を「英雄」と称賛の声”. BBCニュース (BBC). (2017年3月23日). http://www.bbc.com/japanese/39362155 2017年3月24日閲覧。 (日本語)
  25. ^ “【英議会テロ】居合わせた議員の心肺蘇生処置に称賛、児童は人々を元気づけるため合唱…現場は一瞬騒然も冷静に対応”. 産経新聞. (2017年3月23日). オリジナル2017年3月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170324062712/http://www.sankei.com/world/news/170323/wor1703230039-n1.html 
  26. ^ a b “[FT]ロンドン襲撃、首相脱出の緊迫 救命に議員奮闘”. ファイナンシャル・タイムズ. (2017年3月23日). オリジナル2017年3月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170324062941/http://www.nikkei.com/article/DGXMZO14398090T20C17A3000000/ 2017年3月24日閲覧。 
  27. ^ Lawless, Jill; Dodds, Paisley; Kirka, Danica (2017年3月22日). “U.K. Parliament attack: Five dead and 40 injured in 'sick and depraved terrorist incident' at Westminster”. Associated Press. http://news.nationalpost.com/news/world/several-injured-outside-british-parliament-house-on-lockdown-amid-reports-of-several-injuries-outside 
  28. ^ 英国:ロンドンにおける英議会下院及び周辺でのテロ事件発生に伴う注意喚起”. 海外安全ホームページ. 外務省 (2017年3月23日). 2017年3月24日閲覧。
  29. ^ Dodd, Vikram; MacAskill, Ewen; Grierson, Jamie; Stewart, Heather (2017年3月23日). “Westminster attack: police hunt for clues after four dead in 'sick and depraved' incident”. The Guardian. https://www.theguardian.com/uk-news/2017/mar/22/parliament-attack-police-officer-four-dead-westminster 2017年3月23日閲覧。 
  30. ^ “【ロンドン襲撃】メイ首相、議事堂避難の瞬間”. BBCニュース (BBC). (2017年3月24日). http://www.bbc.com/japanese/video-39376331 2017年3月24日閲覧。 (日本語)
  31. ^ Carrell, Severin. “Holyrood suspends referendum debate after Westminster attacks”. The Guardian. https://www.theguardian.com/uk-news/2017/mar/22/holyrood-suspends-referendum-debate-westminster-attacks-scottish-parliament 2017年3月23日閲覧。 
  32. ^ Assembly suspended after London attack”. BBC News. 2017年3月23日閲覧。
  33. ^ London attack - latest updates”. BBC News. BBC. 2017年3月22日閲覧。
  34. ^ a b “【ロンドン襲撃】メイ英首相「テロには決して屈しない」”. BBCニュース (BBC). (2017年3月23日). http://www.bbc.com/japanese/video-39362154 2017年3月24日閲覧。 (日本語)
  35. ^ “Westminster attack: Car-and-knife rampage kills four”. Al Jazeera. (2017年3月22日). http://www.aljazeera.com/news/2017/03/incident-investigated-uk-parliament-170322150130685.html 2017年3月22日閲覧。 
  36. ^ Bush, Stephen (2017年3月23日). “Westminster terror attack: What we know so far”. New Statesman英語版. 2017年3月23日閲覧。
  37. ^ a b c d e f g h i London attack: Injuries to Irish person caught up in terror are 'not life-threatening'”. Irish Independent英語版 (2017年3月23日). 2017年3月24日閲覧。
  38. ^ a b c d Danny Boyle Sophie Jamieson Barney Henderson (2017年3月23日). “75-year-old man dies in hospital becoming fourth victim of terror outrage - as police name attacker as British-born Khalid Masood”. Live London attack (デイリー・テレグラフ). http://www.telegraph.co.uk/news/2017/03/23/london-attack-seven-arrested-police-raid-properties-linked-islamist/ 2017年3月24日閲覧。 
  39. ^ Australian injured in London attack”. The Guardian. 2017年3月22日閲覧。
  40. ^ Chinese tourist injured in London terror attack”. Times of News (2017年3月23日). 2017年3月24日閲覧。
  41. ^ Attentat à Londres : des lycéens Français blessés, un assaillant neutralisé au Parlement”. Capital.fr. 2017年3月22日閲覧。(フランス語)
  42. ^ Altri articoli dalla categoria ». “Giovane bolognese lievemente ferita nell'attentato di Londra”. Bologna.repubblica.it. 2017年3月22日閲覧。(イタリア語)
  43. ^ Londra, attacco al Parlamento. Quattro morti, ferite due italiane. Ucciso l'assalitore. May: 'Atto odioso' - Europa”. ansa.it (2017年3月22日). 2017年3月24日閲覧。(イタリア語)
  44. ^ Há um português entre os feridos. "Já teve alta e está bem de saúde", diz Governo”. Expresso (2017年3月22日). 2017年3月24日閲覧。(ポルトガル語)
  45. ^ En Direct – Raid de la police à Birmingham après l'attentat de Londres”. Le Figaro (2017年3月23日). 2017年3月24日閲覧。(フランス語)
  46. ^ a b Horton, Helena. “Aysha Frade: the first named civilian victim of Westminster attack 'was picking up her children from school'”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/2017/03/23/first-named-victim-attack-ayesha-frade-picking-children-school 2017年3月23日閲覧。 
  47. ^ GOLDEN, HALLIE; HO, SALLY (2017年3月24日). “Utah man killed in London attack was hit on bridge”. AP通信. https://apnews.com/ea00167a9a24413eb3e36315acb9878c/Utah-man-killed-in-London-attack-was-hit-on-bridge 2017年3月24日閲覧。 
  48. ^ Keith Palmer named as officer killed in London terror attack”. Metro (2016年3月22日). 2017年3月22日閲覧。
  49. ^ Batchelor, Tom (2017年3月22日). “Keith Palmer: Policeman stabbed to death in London terror attack named”. The Independent. http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/keith-palmer-policeman-stabbing-death-named-london-terror-attack-westminster-a7644811.html 2017年3月22日閲覧。 
  50. ^ Claire Phipps, Andrew Sparrow, Jessica Elgot and Chris Johnston (2017年3月24日). “London terror attack: 75-year-old man becomes fourth victim – live updates”. The Guardian. https://www.theguardian.com/uk-news/live/2017/mar/23/westminster-attack-parliament-resumes-tributes-keith-palmer-live 2017年3月24日閲覧。 
  51. ^ “London attack: Police appeal for information on Khalid Masood”. BBC News (BBC). (2017年3月24日). http://www.bbc.com/news/uk-39377883 2017年3月24日閲覧。 
  52. ^ Horton, Helena. “Andreea Cristea: Woman who plunged into the Thames during the Westminster attack named as Romanian architect”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/2017/03/23/andreea-cristea-woman-plunged-thames-westminster-attack-named 2017年3月23日閲覧。 
  53. ^ “Attaque à Londres: des élèves français blessés, selon Bernard Cazeneuve”. Paris: LesEcho.fr. https://www.lesechos.fr/monde/europe/0211902390408-attaque-devant-le-parlement-britannique-plusieurs-blesses-2074381.php 2017年3月22日閲覧。 (フランス語)
  54. ^ “London terror attack: Khalid Masood named by police as responsible for Westminster attack”. The Guardian. (2017年3月23日). https://www.theguardian.com/uk-news/live/2017/mar/23/westminster-attack-parliament-resumes-tributes-keith-palmer-live 2017年3月23日閲覧。 
  55. ^ Mendick, Robert (2017年3月23日). “The violent extremist who dropped off the police's radar”. http://www.telegraph.co.uk/news/2017/03/23/violent-extremist-dropped-polices-radar/ 2017年3月23日閲覧。 
  56. ^ a b Griffin, Andrew (2017年3月23日). “Khalid Masood: London attacker was known to MI5 but had no terror convictions”. Independent. http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/khalid-masood-terrorist-westminster-london-attack-who-is-he-profile-a7646336.html 2017年3月23日閲覧。 
  57. ^ a b Mendick, Robert (2017年3月23日). “How London attacker Khalid Masood snapped because of racism in his village - then went to jail and became radicalised”. デイリー・テレグラフ. http://www.telegraph.co.uk/news/2017/03/23/violent-extremist-dropped-polices-radar/ 2017年3月24日閲覧。 
  58. ^ “【ロンドン襲撃】英警察、家宅捜索で7人を逮捕”. BBCニュース (BBC). (2017年3月23日). http://www.bbc.com/japanese/39362323 2017年3月24日閲覧。 
  59. ^ “Westminster attacker was driving a £28,000 year-old 4x4 Hyundai”. Mail Online (デイリー・メール). (2017年3月23日). http://www.dailymail.co.uk/news/article-4339682/Westminster-attacker-drove-28-000-year-old-4x4-Hyundai.html 2017年3月23日閲覧。 
  60. ^ “The Story of the Man Mistaken as the Westminster Attacker” (en-uk). Vice. (2017年3月23日). https://www.vice.com/en_uk/article/the-story-of-the-man-mistaken-as-the-westminster-attacker 2017年3月23日閲覧。 
  61. ^ Bilefsky, Dan. “London Attacker Identified as Khalid Masood”. The New York Times (London). https://www.nytimes.com/2017/03/23/world/europe/london-attack-uk.html 2017年3月23日閲覧。 
  62. ^ Westminster attack: First picture of suspect”. Sky News. 2017年3月22日閲覧。
  63. ^ “5 dead in London attacks, including police officer and attacker, British police say”. Associated Press. London: WLS-TV. (2017年3月22日). http://abc7chicago.com/news/5-dead-in-london-attacks-including-police-officer-and-attacker-british-police-say/1812798 2017年3月23日閲覧。 
  64. ^ Hamilton, Fiona; Ford, Richard; Dominic, Kennedy; Simpson, John (2017年3月24日). “Killer was Muslim convert” (英語). The Times. http://www.thetimes.co.uk/edition/news/killer-was-muslim-convert-0b66607fv 2017年3月24日閲覧。 
  65. ^ Lizzie Dearden. “Isis claiming responsibility for London attack to mask huge losses in Iraq and Syria, say terror experts”. http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/isis-london-westminster-parliament-attack-claim-syria-iraq-islamic-state-militants-plan-what-does-it-a7646871.html 2017年3月23日閲覧。 
  66. ^ “Birmingham raids linked to Westminster attack”. BBC News (BBC). (2017年3月23日). http://www.bbc.com/news/uk-england-birmingham-39362754 2017年3月24日閲覧。 
  67. ^ a b Sparrow, Andrew (2017年3月23日). “London terror attack: Khalid Masood named by police as responsible for Westminster attack”. The Guardian. https://www.theguardian.com/uk-news/live/2017/mar/23/westminster-attack-parliament-resumes-tributes-keith-palmer-live 2017年3月23日閲覧。 
  68. ^ “London attack: Eight held after armed police raids”. BBC News. (2017年3月23日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-39363297 2017年3月23日閲覧。 
  69. ^ “London attack: Police activity understood to be in Wales”. BBC News (Wales: BBC). (2017年3月23日). http://www.bbc.com/news/uk-wales-39365434 2017年3月23日閲覧。 
  70. ^ Mangan, Dan; Tutt, Phillip; Wang, Christine. “London terrorist attack leaves 5 dead, including attacker and police officer”. CNBC.com. http://www.cnbc.com/2017/03/22/shots-reported-fired-outside-uk-parliament-building-in-lockdown-parliamentary-official.html 2017年3月24日閲覧。 
  71. ^ Miller, Nick. “London terror attack: 'Attack on democracy' the theme of newspaper front pages”. The Sydney Morning Herald. http://www.smh.com.au/world/london-terror-attack-attack-on-democracy-the-theme-of-newspaper-front-pages-20170322-gv4fic.html 2017年3月24日閲覧。 
  72. ^ Phipps, Claire; Taylor, Matthew; Rawlinson, Kevin; Sparrow, Andrew; Topping, Alexandra (2017年3月23日). “Westminster attack: PC Keith Palmer named as police officer killed - as it happened”. The Guardian. https://www.theguardian.com/politics/blog/live/2017/mar/22/peers-say-brexit-with-no-trade-deal-would-cause-signicicant-damage-to-service-sector-politics-live?page=with:block-58d2b468e4b007e8557ee8b6#block-58d2b468e4b007e8557ee8b6 2017年3月23日閲覧。 
  73. ^ “Holyrood referendum debate halted after Westminster shooting”. BBC News. http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-scotland-politics-39354555 2017年3月22日閲覧。 
  74. ^ Scottish independence referendum debate to resume next Tuesday”. BBC News Online. 2017年3月23日閲覧。
  75. ^ Walker, Peter (2017年3月23日). “Westminster vigil: we will never be cowed by terrorism, says mayor”. The Guardian. https://www.theguardian.com/uk-news/2017/mar/23/westminster-vigil-we-will-never-be-cowed-by-terrorism-says-mayor 2017年3月24日閲覧. "The London mayor said: “Those evil and twisted individuals who try to destroy our shared way of life will never succeed and we condemn them.” The victims, he noted, were people from all corners of the world. “London is a great city, full of amazing people from all backgrounds. And when Londoners face adversity we always pull together,” he said." 
  76. ^ a b “London attack: Theresa May tells MPs 'we'll never waver'”. BBC News (BBC). (2017年3月23日). http://www.bbc.com/news/uk-politics-39363945 2017年3月23日閲覧. "She told MPs: "Yesterday an act of terrorism tried to silence our democracy, but today we meet as normal, as generations have done before us and as future generations will continue to do, to deliver a simple message: We are not afraid and our resolve will never waver in the face of terrorism."" 
  77. ^ “London Attacks”. ハンサード英語版 (House of Commons) 623. (23 March 2017). https://hansard.parliament.uk/commons/2017-03-23/debates/AF8D74DF-85B4-4BE6-9515-4E9A57EB2064/LondonAttacks. 
  78. ^ Charlton Athletic plan tribute to Keith Palmer, policeman killed in London terror attack”. Sky Sports. 2017年3月23日閲覧。
  79. ^ Muslim community raises £3,000 in just one hour in support of Westminster terror attack victims”. The Independent (2017年3月23日). 2017年3月24日閲覧。 “In a statement Muslims United for London said: “The British Muslim community stands with the community during these difficult times and extends their support in raising funds to help with the immediate, short-term needs of the families of Keith Palmer, the other victims and the families of the victims."”
  80. ^ Muslim group raises £3,000 in an hour in support of Westminster attack victims”. The Telegraph (2017年3月23日). 2017年3月24日閲覧。
  81. ^ Muslims United for London”. LaunchGood (2017年3月23日). 2017年3月24日閲覧。 “We have raised over £10,000 in less than 15 hours. Due to high demand and a heartwarming response, the goal has been increased to £20,000. Please continue to donate generously and share widely.”
  82. ^ “Algeria condemns terrorist attack in London”. アルジェリア・プレス・サービス英語版. (2017年3月23日). http://en.aps.dz/algeria/17415-algeria-condemns-terrorist-attack-in-london 2017年3月23日閲覧。 
  83. ^ President Serzh Sargsyan sent a letter of condolences to the Prime Minister of the United Kingdom Theresa May - Telegrams of Condolence”. The President of the Republic of Armenia (2017年3月23日). 2017年3月24日閲覧。
  84. ^ La Argentina condena el atentado en Londres, Reino Unido de Gran Bretaña e Irlanda del Norte”. Ministry of Foreign Affairs and Worship. 2017年3月22日閲覧。(スペイン語)
  85. ^ Conifer, Dan (2017年3月23日). “London attack: Prime Minister Turnbull condemns assault on 'freedom and democracy everywhere'”. ABC News (Australia) (オーストラリア放送協会). http://www.abc.net.au/news/2017-03-23/london-attack-pm-turnbull-condemns-attack-on-democracy/8379220 2017年3月23日閲覧。 
  86. ^ “British PM condemns 'sick and depraved terrorist attack' that left 5 dead in London”. CBC News. http://www.cbc.ca/news/world/london-parliament-attack-1.4035964 2017年3月22日閲覧。 
  87. ^ a b “The Latest: S. Korea Working To Bring UK Attack Victims Home”. Associated Press. AP. (2017年3月23日). http://hosted.ap.org/dynamic/stories/E/EU_BRITAIN_PARLIAMENT_INCIDENT_THE_LATEST_ASOL-?SITE=AP&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT 
  88. ^ “Czech Prime Minister Bohuslav Sobotka on Twitter” (チェコ語). Twitter. https://twitter.com/SlavekSobotka/status/844633641145786369 2017年3月23日閲覧。 
  89. ^ “Løkke om London-angreb: Det ligner endnu et angreb på vestlige demokratier” (da-DK). Altinget.dk. https://www.altinget.dk/artikel/loekke-om-london-angreb-det-ligner-endnu-et-angreb-paa-vestlige-demokratier 2017年3月23日閲覧。 
  90. ^ Egypt Condemns London Terrorist Attack, Calls for International Efforts to Combat Extremism”. エジプシャン・ストリーツ英語版 (2017年3月23日). 2017年3月24日閲覧。
  91. ^ “Germany's Merkel expresses shock at London attack”. Reuters. (2017年3月23日). http://uk.reuters.com/article/uk-britain-security-germany-idUKKBN16T2NJ?il=0 2017年3月23日閲覧。 
  92. ^ London Attack Live: Police Raid Birmingham, Several Arrested”. thequint.com. 2017年3月23日閲覧。
  93. ^ “PressTV-Iran condemns brutal terror attack in London”. http://presstv.com/Detail/2017/03/23/515334/Iran-UK-London-terror-attack 2017年3月23日閲覧。 
  94. ^ “Iran condemned the London terrorist attack” (ペルシア語). ISNA. Deutsche Welle. http://www.dw.com/fa-ir/%D8%A7%DB%8C%D8%B1%D8%A7%D9%86-%D8%AD%D9%85%D9%84%D9%87-%D8%AA%D8%B1%D9%88%D8%B1%DB%8C%D8%B3%D8%AA%DB%8C-%D9%84%D9%86%D8%AF%D9%86-%D8%B1%D8%A7-%D9%85%D8%AD%DA%A9%D9%88%D9%85-%DA%A9%D8%B1%D8%AF/a-38084142 2017年3月23日閲覧。 
  95. ^ Kenny, Enda (2017年3月22日). “Tweet from Enda Kenny on behalf of Irish Government”. Twitter, Inc.. https://twitter.com/EndaKennyTD/status/844659604193787904 2017年3月23日閲覧。 
  96. ^ Shaham, Udi (2017年3月22日). “Israel stands with UK against terrorism”. The Jerusalem Post. http://www.jpost.com/Israel-News/Politics-And-Diplomacy/Israel-stands-with-UK-against-terrorism-484922 2017年3月22日閲覧。 
  97. ^ “Italian government responds to Westminster attack”. Il Globo. (2017年3月22日). http://ilglobo.com.au/news/33705/italian-government-responds-to-westminster-attack 2017年3月24日閲覧。 
  98. ^ 英国でのテロについての会見”. 首相官邸 (2017年3月23日). 2017年3月24日閲覧。
  99. ^ “安倍首相「テロ許せない」、英メイ首相を強く支持”. @niftyニュース (ニフティ). (2017年3月23日). https://news.nifty.com/article/domestic/government/12198-86831/ 2017年3月24日閲覧。 
  100. ^ a b c Associated Press (2017年3月23日). “The Latest: Jordan condemns IS and London attack”. ワシントン・ポスト. https://www.washingtonpost.com/world/europe/the-latest-turkish-president-condemns-london-attack/2017/03/23/832cff5e-0f9a-11e7-aa57-2ca1b05c41b8_story.html 2017年3月24日閲覧。 
  101. ^ Rutte noemt beelden uit Londen afschuwelijk” [Rutte calls images from London horrible] (Dutch). De Telegraaf. Amsterdam: TMG Landelijke Media B.V.. 2017年3月22日閲覧。
  102. ^ “Pakistan High Commissioner to UK condemns London terrorist attack”. https://www.app.com.pk/pakistan-high-commissioner-to-uk-condemns-london-terrorist-attack/ 
  103. ^ a b c d Henderson, Barney (2017年3月23日). “Donald Trump offers Theresa May full US cooperation and support: world reaction to Westminster terror attack”. The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/2017/03/22/world-reacts-shock-solidarity-westminster-terror-attack/ 
  104. ^ “Convorbirea telefonică între Președintele României, domnul Klaus Iohannis, și Prim-ministrul Regatului Unit al Marii Britanii şi Irlandei de Nord, doamna Theresa May” (ルーマニア語). presidency.ro. http://www.presidency.ro/ro/presedinte/agenda-presedintelui/convorbirea-telefonica-intre-presedintele-romaniei-domnul-klaus-iohannis-si-prim-ministrul-regatului-unit-al-marii-britanii-si-irlandei-de-nord-doamna-theresa-may 2017年3月23日閲覧。 
  105. ^ a b “Russia and Turkey offer condolences”. WAND17. (2017年3月23日). http://www.wandtv.com/story/34978714/the-latest-turkish-president-condemns-london-attack 2017年3月23日閲覧。 
  106. ^ “S. Korea condemns London attack, vows to fight terrorism”. Yonhap. Yonhap. (2017年3月23日). http://english.yonhapnews.co.kr/national/2017/03/23/0301000000AEN20170323007400315.html 
  107. ^ “Löfven efter London: "Människor ska känna sig säkra"” (スウェーデン語). Aftonbladet. http://www.aftonbladet.se/nyheter/samhalle/a/ep4MQ/lofven-efter-london-manniskor-ska-kanna-sig-sakra 2017年3月23日閲覧。 
  108. ^ “Video: Boris Johnson leads the UN Security Council in a minute of silence”. ベルファスト・テレグラフ英語版. http://www.belfasttelegraph.co.uk/video-news/video-boris-johnson-leads-the-un-security-council-in-a-minute-of-silence-35559291.html 2017年3月24日閲覧。 
  109. ^ “Isil supporters cheer Westminster attack as 'revenge' for British air strikes on Syria”. The Daily Telegraph. (2017年3月22日). http://www.telegraph.co.uk/news/2017/03/22/isil-supporters-cheer-westminster-attack-revenge-british-air/ 2017年3月23日閲覧。 
  110. ^ “Islamic State claims it was behind UK attack”. Sky News. http://news.sky.com/story/seven-arrested-in-raids-in-birmingham-and-london-linked-to-westminster-attack-10811141 2017年3月23日閲覧。 
  111. ^ “Eiffel Tower goes dark in solidarity with London terror victims”. The Independent. http://www.independent.co.uk/news/world/europe/london-westminster-attack-eiffel-tower-paris-falls-fark-solidarity-tribute-terror-victims-a7644926.html 2017年3月23日閲覧。 
  112. ^ “【ロンドン襲撃】トランプ米大統領がメイ英首相に電話 各国首脳が連帯表明” (日本語). BBCニュース (BBC). (2017年3月23日). http://www.bbc.com/japanese/39361910 2017年3月24日閲覧。 
  113. ^ Alexander, Harriet. “Brandenburg gate and other landmarks around the world lit up with Union Flag in solidarity with London”. The Telegraph. 2017年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]