内務大臣 (イギリス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イギリスの旗 イギリス
内務大臣
Home Secretary
Royal Coat of Arms of the United Kingdom (HM Government).svg
Amber Rudd 2015.jpg
現職者:
アンバー・ラッド英語版
(第92代)
就任日: 2016年7月13日
担当官庁 内務省
任命者 エリザベス2世
女王首相の助言に基づき))
初代 第2代シェルバーン伯爵ウィリアム・ペティ
創設 1782年3月27日
テンプレートを表示

女王陛下の内務大臣(じょおうへいかのないむだいじん、正式名称:Her Majesty's Principal Secretary of State for the Home Department、通称: Home Secretary)は、イギリス内閣の閣僚である。内務省を統括する。

歴史[編集]

18世紀初頭よりイギリスの国務大臣(Secretary of State)は、北部担当国務大臣英語版南部担当国務大臣英語版という地域で分けた区分になっており、前者が北方外交(北欧諸国オランダドイツ諸国ロシアなどとの外交)を担当し、後者が内務と南方外交(フランススペインイタリア諸国・トルコなどとの外交)を担当していた[1]。しかし当時のイギリスで外交上重要なのは北方外交のみであり、南方外交は重要ではなかった。そのため南方省は本土担当の専門省にすべきという意見が強まった[2]

1782年に成立した第2次ロッキンガム侯爵内閣英語版から職務別の区分がなされるようになり、北部省は外務省、南部省は内務省に改組された。そしてその長として外務大臣と内務大臣がそれぞれ設置された[3][1]。以降内務大臣は警察、監獄、工場、鉱山に関する官吏を統制し、また国王の恩赦に関する大権を輔弼する役割を担うことになった[4]

しかし歴史的には警察に関する限り内務大臣の権限はさほど強くなかった。イギリスでは各地の参事会が任命に関与する治安判事指揮下のコンスタブル集団(警察官)が治安維持するという中世以来の古い体制が長くはびこり続けていたためである。19世紀以降には警察を内務大臣の強力な指揮権下に置く中央集権化改革が必要との認識が高まり、1829年の首都警察法英語版によって大ロンドン地区には内務大臣指揮下の統一警官隊(スコットランドヤード)が創設された。しかしロンドン外の警察中央集権化改革は遅々として進まなかった。1964年警察法英語版でようやく(中世以来の古い警察体制を温存させつつ)中央集権化の第一歩が踏み出され、内務大臣の権限強化が図られた。ついで1994年警察法、1996年警察法英語版で内務大臣の更なる権限強化が果たされた[5]

1996年警察法は国務大臣(内務大臣)の権限として警察の運用・構成に関する規則制定権、警察への査察権、警察予算の統制権、特別警察官(一部の地域でのみ警察官の機能を果たす補助警官)や見習い警察官の任命権、委任された場合の警官懲罰権などを認めている[6]

歴代内務大臣[編集]

所属政党:       ホイッグ党       トーリー党       保守党       統一党       ピール派
      自由党       挙国派自由党       労働党       挙国労働機構       挙国一致政府

18世紀[編集]

肖像 爵位名・氏名 在任期間 政党 内閣(首相所属政党)
1 Shelburne.jpg 第2代シェルバーン伯爵
ウィリアム・ペティ
1782年3月27日
- 1782年7月10日
ホイッグ党 第2次ロッキンガム侯爵内閣(ホイッグ党
2 1stViscountSydney.jpg トマス・タウンゼンド英語版 1782年7月10日
- 1783年4月2日
ホイッグ党 シェルバーン伯爵内閣(ホイッグ党
3 Nathaniel Dance Lord North.jpg ノース卿
フレデリック・ノース
1783年4月2日
- 1783年12月19日
トーリー党 第1次ポートランド公爵内閣(トーリー党
4 1stMarquessOfBuckingham.jpg 第3代テンプル伯爵
ジョージ・ニュージェント=テンプル=グレンヴィル
1783年12月19日
- 1783年12月23日
ホイッグ党 第1次小ピット内閣(トーリー党
5 1stViscountSydney.jpg 初代シドニー子爵英語版
トマス・タウンゼンド英語版
1783年12月23日
- 1789年6月5日
ホイッグ党
6 1st Baron Grenville-cropped.jpg 初代グレンヴィル男爵[注釈 1]
ウィリアム・グレンヴィル
1789年6月5日
- 1791年6月8日
トーリー党
7 1stViscountMelville2.jpg ヘンリー・ドゥンダス英語版 1791年6月8日
- 1794年7月11日
トーリー党
8 3rd Duke of Portland 1804 cropped cropped.jpg 第3代ポートランド公爵
ウィリアム・キャヴェンディッシュ=ベンティンク
1794年7月11日
- 1801年7月30日
トーリー党

19世紀[編集]

肖像 爵位名・氏名 在任期間 政党 内閣(首相所属政党)
9 2ndEarlOfChichester.jpg 第3代スタンマーのペラム男爵
トマス・ペラム
1801年7月30日
- 1803年8月17日
ホイッグ党 アディントン内閣(トーリー党
10 CP Yorke by George Romney.jpg チャールズ・フィリップ・ヨーク英語版 1803年7月30日
- 1804年5月12日
トーリー党
11 Earl jenkinson.jpg 第2代ハークスベリー男爵
ロバート・ジェンキンソン
1804年5月12日
- 1806年2月5日
トーリー党 第2次小ピット内閣(トーリー党
12 George John Spencer, 2nd Earl Spencer by John Singleton Copley.jpg 第2代スペンサー伯爵
ジョージ・スペンサー
1806年2月5日
- 1807年3月25日
ホイッグ党 グレンヴィル男爵内閣(ホイッグ党
13 Earl jenkinson.jpg 初代リヴァプール伯爵[注釈 2]
ロバート・ジェンキンソン
1807年3月25日
- 1809年11月1日
トーリー党 第2次ポートランド公爵内閣(トーリー党
14 リチャード・ライダー英語版 1809年11月1日
- 1812年6月8日
トーリー党 パーシヴァル内閣(トーリー党
15 John Singleton Copley - Henry Addington, First Viscount Sidmouth cropped.jpg 初代シドマス子爵
ヘンリー・アディントン
1812年6月8日
- 1822年1月17日
トーリー党 リヴァプール伯爵内閣(トーリー党
16 Sir Robert Peel 1844.jpg ロバート・ピール 1822年1月17日
- 1827年4月10日
トーリー党
17 ウィリアム・スタージェス・ボーン英語版 1827年4月30日
- 1827年7月16日
トーリー党 カニング内閣(トーリー党
18 Lansdowne3.JPG 第3代ランズダウン侯爵
ヘンリー・ペティ=フィッツモーリス
1827年7月16日
- 1828年1月22日
ホイッグ党 ゴドリッチ子爵内閣(トーリー党
19 Sir Robert Peel 1844.jpg ロバート・ピール 1828年1月22日
- 1830年11月22日
トーリー党 第1次ウェリントン公爵内閣(トーリー党
20 2nd V Melbourne.jpg 第2代メルバーン子爵
ウィリアム・ラム
1830年11月22日
- 1834年7月16日
ホイッグ党 グレイ伯爵内閣(ホイッグ党
21 Bessborough4.JPG 第4代ベスボロー伯爵
ジョン・ポンソンビー
1834年7月16日
- 1834年11月15日
ホイッグ党 第1次メルバーン子爵ホイッグ党
22 Sir Arthur Wellesley Duke of Wellington.jpg 初代ウェリントン公爵
アーサー・ウェルズリー
1834年11月15日
- 1834年12月15日
保守党 第2次ウェリントン公爵保守党
23 Henry Goulburn.JPG ヘンリー・ゴールバーン英語版 1834年12月15日
- 1835年4月18日
保守党 第1次ピール内閣(保守党
24 Lord john russell.jpg ジョン・ラッセル卿 1835年4月18日
- 1839年8月30日
ホイッグ党 第2次メルバーン子爵内閣(ホイッグ党
25 1stMarquessOfNormanby.jpg 初代ノーマンビー侯爵
コンスタンティン・フィップス
1839年8月30日
- 1841年8月30日
ホイッグ党
26 Sir James Graham 2nd Bart First Lord Admiralty.jpg 第2代準男爵
サー・ジェームズ・グラハム
1841年9月6日
- 1846年6月30日
保守党 第2次ピール内閣(保守党
27 Sir George Grey, 2nd Bt.jpg 第2代準男爵
サー・ジョージ・グレイ
1846年7月8日
- 1852年2月23日
ホイッグ党 第1次ラッセル内閣(ホイッグ党
28 Spencer Horatio Walpole.JPG スペンサー・ホレーショ・ウォルポール 1852年2月27日
- 1852年12月19日
保守党 第1次ダービー伯爵内閣(保守党
29 Lord Palmerston 1855.jpg 第3代パーマストン子爵
ヘンリー・ジョン・テンプル
1852年12月28日
- 1855年2月6日
ホイッグ党 アバディーン伯爵内閣(ピール派
30 Sir George Grey, 2nd Bt.jpg 第2代準男爵
サー・ジョージ・グレイ
1855年2月8日
- 1858年2月26日
ホイッグ党 第1次パーマストン子爵内閣(ホイッグ党
31 Spencer Horatio Walpole.JPG スペンサー・ホレーショ・ウォルポール 1858年2月26日
- 1859年3月3日
保守党 第2次ダービー伯爵内閣(保守党
32 トマス・ソセロン=エストコート英語版 1859年3月3日
- 1859年6月18日
保守党
33 Sir George Cornewall Lewis, 2nd Bt.jpg 第2代準男爵
サー・ジョージ・コーンウォール・ルイス英語版
1859年6月18日
- 1861年7月25日
自由党 第2次パーマストン子爵内閣(自由党
34 Sir George Grey, 2nd Bt.jpg 第2代準男爵
サー・ジョージ・グレイ
1861年7月25日
- 1866年6月28日
自由党 第2次パーマストン子爵内閣(自由党
第2次ラッセル伯爵内閣(自由党)
35 Spencer Horatio Walpole.JPG スペンサー・ホレーショ・ウォルポール 1866年7月6日
- 1867年5月17日
保守党 第3次ダービー伯爵内閣(保守党
36 1st Earl of Cranbrook.jpg ギャソーン・ハーディ 1867年5月17日
- 1868年12月3日
保守党 第3次ダービー伯爵内閣(保守党
第1次ディズレーリ内閣(保守党)
37 1stLordAberdare.jpg ヘンリー・ブルース 1868年12月9日
- 1873年8月9日
自由党 第1次グラッドストン内閣自由党
38 Robert Lowe, 1st Viscount Sherbrooke by George Frederic Watts.jpg ロバート・ロー英語版 1873年8月
- 1874年2月20日
自由党
39 Portrait of Richard Assheton Cross, 1st Viscount Cross.jpg リチャード・クロス 1874年2月21日
- 1880年4月23日
保守党 第2次ディズレーリ内閣保守党
40 Sir William Harcourt.jpg サー・ウィリアム・ヴァーノン・ハーコート 1880年4月28日
- 1885年6月23日
自由党 第2次グラッドストン内閣自由党
41 Portrait of Richard Assheton Cross, 1st Viscount Cross.jpg リチャード・クロス 1885年6月24日
- 1886年2月1日
保守党 第1次ソールズベリー侯爵内閣保守党
42 Hugh Childers, Lock & Whitfield woodburytype, 1876-83.jpg ヒュー・チルダース 1886年2月6日
- 1886年7月25日
自由党 第3次グラッドストン内閣自由党
43 Henrymatthews.jpg ヘンリー・マシューズ 1886年8月3日
- 1892年8月15日
保守党 第2次ソールズベリー侯爵内閣保守党
44 H H Asquith 1908.jpg ハーバート・ヘンリー・アスキス 1892年8月18日
- 1895年6月25日
自由党 第4次グラッドストン内閣(自由党
ローズベリー伯爵内閣(自由党)
45 Matthew White Ridley sketch.jpg 第5代准男爵
サー・マシュー・ホワイト・リドリー英語版
1895年6月29日
- 1900年11月12日
保守党 第3次ソールズベリー侯爵内閣(保守党

20世紀[編集]

肖像 爵位名・氏名 在任期間 政党 内閣(首相所属政党)
46 Charles Thomson Ritchie headshot.jpg チャールズ・リッチー英語版 1900年11月12日
- 1902年7月12日
保守党 第3次ソールズベリー侯爵内閣(保守党
47 Aretas Akers-Douglas.jpg エレタス・エイカーズ=ダグラス英語版 1902年7月12日
- 1905年12月5日
保守党 アーサー・バルフォア内閣(保守党
48 Herbert John Gladstone.jpg ハーバート・グラッドストン 1905年12月11日
- 1910年2月19日
自由党 キャンベル=バナマン内閣(自由党
アスキス内閣(自由党)
49 Churchill 1904 Q 42037.jpg ウィンストン・スペンサー=チャーチル 1910年2月19日
- 1911年10月24日
自由党 アスキス内閣(自由党
50 Reginald McKenna photo.jpg レジナルド・マッケナ 1911年10月24日
- 1915年5月27日
自由党
51 Sir John Simon 1-3-16.jpg サー・ジョン・サイモン 1915年5月27日
- 1916年1月12日
自由党 アスキス挙国一致内閣自由党
52 Gws samuel 01.jpg ハーバート・サミュエル 1916年1月12日
- 1916年12月7日
自由党
53 1stViscountCave.jpg 初代ケイヴ子爵[注釈 3]
ジョージ・ケイヴ英語版
1916年12月11日
- 1919年1月14日
保守党 ロイド・ジョージ挙国一致内閣自由党
54 Edward Shortt by RG Eves.jpg エドワード・ショート英語版 1919年1月14日
- 1922年10月23日
自由党
55 William Bridgeman.jpg ウィリアム・ブリッジマン英語版 1922年10月25日
- 1924年1月22日
保守党 ボナー・ロー内閣(保守党
第1次ボールドウィン内閣(保守党)
56 Arthurhenderson.jpg アーサー・ヘンダーソン 1924年1月23日
- 1924年11月4日
労働党 第1次マクドナルド内閣(労働党
57 1st Viscount Brentford 1923.jpg 初代準男爵
サー・ウィリアム・ジョインソン=ヒックス英語版
1924年11月7日
- 1929年6月5日
保守党 第2次ボールドウィン内閣(保守党
58 ジョン・ロバート・クラインス 1929年6月8日
- 1931年8月26日
労働党 第2次マクドナルド内閣(労働党
59 Gws samuel 01.jpg サー・ハーバート・サミュエル 1931年8月26日
- 1932年10月1日
自由党 マクドナルド挙国一致内閣(挙国労働機構
60 SirJohnGilmour.jpg 第2代準男爵
サー・ジョン・ギルモア英語版
1932年10月1日
- 1935年6月7日
統一党英語版
61 Sir John Simon 1-3-16.jpg サー・ジョン・サイモン 1935年6月7日
- 1937年5月28日
挙国派自由党英語版 第3次ボールドウィン内閣(保守党
62 Sir Samuel Hoare GGBain.jpg 第2代準男爵
サー・サミュエル・ホア英語版
1937年5月28日
- 1939年9月3日
保守党 チェンバレン内閣(保守党
63 John Anderson cropped.jpg サー・ジョン・アンダーソン英語版 1939年9月4日
- 1940年10月4日
挙国一致政府英語版 チェンバレン戦時内閣(保守党
64 HerbertMorrison2.jpg ハーバート・モリソン英語版 1940年10月4日
- 1945年5月23日
労働党 チャーチル戦時内閣(保守党
65 サー・ドナルド・サマーヴィル英語版 1945年5月25日
- 1945年7月26日
保守党 チャーチル内閣(保守党
66 ジェイムズ・シューター・イーデ英語版 1945年8月3日
- 1951年10月26日
労働党 アトリー内閣(労働党
67 David Maxwell Fyfe.jpg サー・デイヴィッド・マクスウェル・ファイフ 1951年10月27日
- 1954年10月19日
保守党 第2次チャーチル内閣(保守党
68 Gwilym Lloyd George cropped.png グウィリム・ロイド・ジョージ 1954年10月19日
- 1957年1月14日
挙国派自由党英語版 第2次チャーチル内閣
イーデン内閣(保守党
69 RA Butler cropped.png ラブ・バトラー 1957年1月14日
- 1962年7月13日
保守党 マクミラン内閣(保守党
70 ヘンリー・ブローク英語版 1962年7月14日
- 1964年10月16日
保守党 マクミラン内閣(保守党
ダグラス=ヒューム内閣(保守党
71 サー・フランク・ソスキス英語版 1964年10月18日
- 1965年12月23日
労働党 第1次ウィルソン内閣(労働党
72 Roy Jenkins, Chancellor of Oxford.jpg ロイ・ジェンキンス 1965年12月23日
- 1967年11月30日
労働党
73 James Callaghan.JPG ジェームズ・キャラハン 1967年11月30日
- 1970年6月19日
労働党
74 Reginald Maudling.jpg レジナルド・モードリング英語版 1970年6月20日
- 1972年7月18日
保守党 ヒース内閣(保守党
75 Robert Carr2.jpg ロバート・カー英語版 1972年7月18日
- 1974年3月4日
保守党
76 Roy Jenkins, Chancellor of Oxford.jpg ロイ・ジェンキンス 1974年3月5日
- 1976年9月10日
労働党 第2次ウィルソン内閣(労働党
77 マーリン・リース英語版 1976年9月10日
- 1979年5月4日
労働党 キャラハン内閣(労働党
78 ウィリアム・ホワイトロー英語版 1979年5月4日
- 1983年6月11日
保守党 サッチャー内閣(保守党
79 Reginald Maudling.jpg レオン・ブリタン 1983年6月11日
- 1985年9月2日
保守党
80 Douglas Hurd, November 2007 cropped.jpg ダグラス・ハード 1985年9月2日
- 1989年10月26日
保守党
81 デイヴィッド・ワディントン英語版 1989年10月26日
- 1990年11月28日
保守党
82 ケネス・ベイカー英語版 1990年11月28日
- 1992年4月10日
保守党 メージャー内閣(保守党
83 Kenneth-clarke-hi-res.jpg ケネス・クラーク英語版 1992年4月10日
- 1993年5月27日
保守党
84 Michael Howard.jpg マイケル・ハワード 1993年5月27日
- 1997年5月2日
保守党
85 Jack Straw meeting with Rumsfeld at Pentagon, May 19, 2005, cropped.jpg ジャック・ストロー 1997年5月2日
- 2001年6月8日
労働党 ブレア内閣(労働党

21世紀[編集]

肖像 爵位名・氏名 在任期間 政党 内閣(首相所属政党)
86 David Blunkett -8April2010.jpg デイヴィッド・ブランケット英語版 2001年6月8日
- 2004年12月15日
労働党 ブレア内閣(労働党
87 CharlesClarke2014.jpg チャールズ・クラーク英語版 2004年12月15日
- 2006年5月5日
労働党
88 JohnReidHeadshot.jpg ジョン・リード 2006年5月5日
- 2007年6月27日
労働党
89 Smith, Jacqui (crop).jpg ジャッキー・スミス 2007年6月28日
- 2009年6月5日
労働党 ブラウン内閣労働党
90 Alan Johnson -9Oct2007-2.jpg アラン・ジョンソン 2009年6月5日
- 2010年5月11日
労働党
91 Theresa May - Home Secretary and minister for women and equality.jpg テリーザ・メイ 2010年5月12日
- 2016年7月13日
保守党 キャメロン内閣保守党
92 Amber Rudd 2016.jpg アンバー・ラッド英語版 2016年7月13日
- 現職
保守党 メイ内閣保守党

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 在職中の1790年にグレンヴィル男爵に叙爵される。
  2. ^ 在職中の1808年にリヴァプール伯爵に叙爵される。
  3. ^ 在職中の1918年にケイヴ子爵に叙爵される。

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]