スコットランドヤード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニュー・スコットランドヤードの象徴的サイン

ニュー・スコットランドヤード (New Scotland Yard) は、イギリス首都ロンドンに所在するロンドン警視庁(MPS)またはその本部を示す換喩(メトニミー)の一つ。しばしば単にスコットランドヤード (Scotland yard) と呼ばれる。初代本部所在地に由来するこの名は、今日までロンドン警視庁通称愛称として世界中で広く認知されている。担当地域はシティ・オブ・ロンドンを除く大ロンドン全域である(シティはロンドン市警察が担当している)。

名称の由来[編集]

グレート・スコットランド・ヤードの通り名を示す標識

この名前はロンドン警視庁本部の初代庁舎が置かれていた場所に由来する。初代庁舎はロンドンウエストミンスター地区のホワイトホール・プレイス4番地(4 Whitehall Place)にあり、その庁舎の北側にある一般入口がグレート・スコットランド・ヤード(Great Scotland Yard)という通りに面していた。警視庁に用のある市民はこの入口から入ることが多かったことから、次第に一般市民に「スコットランド・ヤード」と呼ばれるようになった[1]

1890年にロンドン警視庁本部は移転し、それ以降、移転後の庁舎は慣習的に「ニュー・スコットランド・ヤード」という愛称がつけられており、一般の間では、呼びやすいよう「ニュー」を省いて、「スコットランドヤード」と呼ばれている(日本の警視庁桜田門と呼ぶのに似ている)。

当然であるが、その名にもかかわらず、スコットランドヤードはスコットランドにはなく、スコットランドのどの領域にも警察業務の責を負っていない。

沿革[編集]

二代目庁舎、現在ではノーマン・ショウ・ビルと呼ばれる

19世紀に始まった市民警察が前身である。1829年ロバート・ピールが「首都警察法」を制定。正規の警察組織として首都警察が創設された。

1829年に創設された首都警察の初代庁舎は、ホワイトホール・プレイス4番地 (北緯51度30分22秒 西経0度07分34秒 / 北緯51.50598度 西経0.12609度 / 51.50598; -0.12609 (Original Scotland Yard - 4 Whitehall Place)) 、ロンドンウエストミンスター地区のグレート・スコットランド・ヤード通りとホワイトホール通り、ホワイトホール・プレイス通りに囲まれた場所に建てられた。

その後、組織の拡大とともに建物の数も増え、1887年には、ホワイトホール・プレイス通りの3、5、21、22番地、グレート・スコットランド・ヤード通りの8、9番地の建物が全てロンドン警視庁の建物となった[1] 。そして本庁舎も1890年、テムズ河畔のウエストミンスター橋近く、ビクトリア・エンバンクメント通りの二代目庁舎に移転する (北緯51度30分08秒 西経0度07分29秒 / 北緯51.50222度 西経0.12463度 / 51.50222; -0.12463 (New Scotland Yard - Norman Shaw North Building (second location)))。この庁舎は1887年から建設を始めたもので、建築家リチャード・ノーマン・ショウ設計によるクイーン・アン様式の赤レンガの建物である。これ以降、ロンドン警視庁本部庁舎は「ニュー・スコットランド・ヤード」という名前がつけられることになった。2017年現在では、この建物は「ノーマン・ショウ・ビル (The Norman Shaw Building)」と呼ばれ、議員官舎として使用されている。ちなみにこの二代目庁舎は、シャーロック・ホームズエルキュール・ポアロを含む、数々の探偵小説などにも登場するおなじみの建物である(ちなみにホームズ第1作『緋色の研究』は1881年の事件、切り裂きジャック事件は1888年で、これらは移転前の時期に当たる)。

三代目庁舎

犯罪捜査に要求されるテクノロジーの進歩と、それまでの建物では手狭になってきたことを理由として、1967年、上院から約200ヤード離れた、ヴィクトリア地区のブロードウェイ通り10番地に位置する高層ビルに本庁舎を移転する。この庁舎では、シャーロック・ホームズにちなんだ「ホームズ(HOLMES:Home Office Large Major Enquiry System)」と呼ばれる犯罪捜査用のデータベースシステムが利用されている。2000年代には、自動車爆撃への対抗策として地階の窓の正面にコンクリート製の柵を設置したり、建物への出入口周辺や通りから入口までの屋根付き通路をコンクリート製の壁で囲ったりするなど、ニュー・スコットランドヤード本部の外装に多くのセキュリティ対策が施された。外交員警護課の武装した職員が警備員と共に本部周囲を巡回している。

2017年には、四代目の庁舎に移転する。

現在の本部所在地[編集]

四代目庁舎

2013年3月、ロンドン警視庁はそれまでの三代目本部ビルを売却し、テムズ川横のヴィクトリア・エンバンクメント通り沿いにあるカーティス・グリーン・ビル (北緯51度30分10秒 西経0度07分28秒 / 北緯51.50280度 西経0.12435度 / 51.50280; -0.12435 (Scotland Yard (announced fourth location for 2015))) に移転することを発表した。このビルの真横には二代目庁舎だったビルがあり、半世紀ぶりに元の場所に戻ってくることになった。 改装プランを建築家同士のコンペティション形式で募集し、2015年12月には現代のテクノロジーに対応した庁舎に改装が完了した[2][3]

2014年には三代目庁舎ビルをアブダビ・ファイナンシャル・グループに370英ポンドで売却し[4]、2016年12月の権利委譲と同時に、警視庁職員の新庁舎への移動も完了した[5]。2017年から本格的なロンドン警視庁本部としての運用を開始している。

ポピュラー文化[編集]

スコットランドヤードは多くの推理小説作品に登場する探偵や刑事、警察のシンボルとして、国際的に有名な存在となっている。アーサー・コナン・ドイルの有名な推理小説シャーロック・ホームズシリーズに登場するシャーロック・ホームズとよく協同したり、しばしば敵対したりする。(例:レストレード警部)また、ジュール・ヴェルヌ八十日間世界一周でも触れられている。

他にも多くの小説家が物語のヒーローやヒロインとして架空のスコットランドヤードの刑事を登場させている。ジョン・クリーシーによる初期の警察小説作品に登場するジョージ・ギデオン警視や、P・D・ジェイムズ作品のアダム・ダルグリッシュ警部マーサ・グライムズ作品のリチャード・ジュリー警視などは近年の著名な例である。さらに、やや実在しそうにない例としては、バロネス・オルツィ作品に登場する「スコットランドヤードのレディー・モーリー」として知られる女性探偵モーリー・ロバートソン=カークが挙げられる。アガサ・クリスティの多くの推理小説中にも見られ、特に有名なのがエルキュール・ポアロ・シリーズである。

1930年代に「スコットランドヤード」「スコットランドヤード探偵物語」「スコットランドヤード国際探偵」等、様々な名で呼ばれたパルプ雑誌上では、そのタイトルにも拘らず、ロンドン警視庁との関わりよりも米国内で起きる凶悪犯罪を中心に描かれた。

レスリー・チャータリスは小説「聖者サイモン・テンプラー」シリーズの中で、スコットランドヤードのクロード・ユスタス・ティール警部補(のち警部)を登場させる。ティール警部はテレビドラマ版「聖者」においてアイヴァー・ディーンによって多彩かつ劇的な人物像として演じられたことでも有名になった。小説版ではやや同情的なキャラクターとして描かれているのに対し、1960年代に放送されたテレビシリーズではいかがわしい無能な刑事のキャラクターとなっている。

スコットランドヤードは1953年から1961年の間に製作されたイギリスB級映画シリーズのタイトルでもある。エドガー・ラストガーデンに紹介され、各話がノンフィクションの犯罪小説としてドラマ化されて復刻した。マートンパーク・スタジオで撮影され、ラッセル・ネイピアがダガン警部補役で多くの回に主演した。これに類似のテーマで、続編となるシリーズ『The Scales of Justice』が製作された。コメディーシリーズであるテレビドラマ版バットマンの中で、イギリスにやってきたバットマンは「アイルランド・ヤード」(明らかにスコットランドヤードのパロディー)の警官たちに出会っている。ブロードウェイミュージカルジキル&ハイド」の第二幕の冒頭、殺人者を捕える際に歌われる「事件、事件」の歌の中にもスコットランドヤードが登場する。

イアン・フレミングらによるジェームズ・ボンドの小説および短編小説シリーズでは、スコットランドヤードで働くロニー・ヴァランス警視監(架空の人物)のほか、彼の部下となるガーラ・ブランドも1955年の作品「ムーンレイカー」中に登場する。1964年のビートルズ主演の映画「ヘルプ!」でもスコットランドヤードの警視正がみられる。劇中でリンゴが保護を求めて、スコットランドヤードに助けられている。

『Fabian of the Yard』は刑事を引退したロバート・ファビアンの生涯をもとに、BBCが1954年から1956年の間に製作・放送したテレビドラマシリーズである。このシリーズは当時まだあまり認知されていなかった法科学に焦点が置かれている。ファビアンはいつも各話のエンディングにカメオ出演していた。

参照[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]