黒博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒博物館
ジャンル 青年漫画
アクション漫画
クライム・サスペンス
ロー・ファンタジー
ダーク・ファンタジー
漫画:黒博物館スプリンガルド
The Black Museum Springald
作者 藤田和日郎
出版社 講談社
掲載誌 モーニング
レーベル モーニングKC
発表号 2007年23号 - 28号
発表期間 2007年5月10日 - 6月14日
巻数 全1巻
話数 全6話
漫画:黒博物館スプリンガルド異聞
マザア・グウス
作者 藤田和日郎
出版社 講談社
掲載誌 モーニング
発表号 2007年33号 - 35・36合併号
発表期間 2007年7月19日 - 8月2日
話数 全3話
その他 単行本『黒博物館スプリンガルド』に
収録
漫画:黒博物館ゴースト アンド レディ
The Black Museum Ghost & Lady
作者 藤田和日郎
出版社 講談社
掲載誌 モーニング
レーベル モーニングKC
発表号 2014年52号 - 2015年30号
発表期間 2014年11月27日[1] - 2015年6月25日[2]
巻数 全2巻
話数 全28話
漫画:黒博物館三日月よ、怪物と踊れ
作者 藤田和日郎
出版社 講談社
掲載誌 モーニング
発表号 2022年15号 -
発表期間 2022年3月10日[3] -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

黒博物館』(くろはくぶつかん)は、藤田和日郎による短編または中編漫画のシリーズ。

黒博物館スプリンガルド』(くろはくぶつかんスプリンガルド、英題名The Black Museum Springald)は、「モーニング」(講談社)に2007年23号から28号まで連載された。

また、上記作品の続編『黒博物館スプリンガルド異聞マザア・グウス』(くろはくぶつかんスプリンガルドいぶんマザア・グウス、英題名The Black Museum Springald)が『モーニング』2007年34号から3話掲載され、続いて『黒博物館ゴースト アンド レディ』(くろはくぶつかんゴーストアンドレディ、英題名The Black Museum Ghost & Lady)が2014年52号から2015年30号まで連載された[1][2]

2017年、同誌の創刊35周年を記念した読み切りシリーズ「CARNAVAL」の1作として、本シリーズの読み切り『黒博物館 キャンディ ケイン』を2018年2・3合併号に掲載[4]

さらに、第3部として『黒博物館 三日月よ、怪物と踊れ』(くろはくぶつかん みかづきよ、かいぶつとおどれ)が2022年15号から連載[3]。舞踏設定協力と振付はTAKAHIROが担当している[3]

本記事では、その各々について記述する。

概要[編集]

19世紀イギリス帝国を舞台に、ヴィクトリア朝の典雅で重厚な雰囲気の下、実在の人物や実際の事件といった史実を織り交ぜつつ、メカやアクションを描いたダーク・ファンタジー作品。デビュー以来、藤田は一貫して小学館の雑誌に作品を掲載しており、本作は藤田にとって初の講談社媒体への連載である。連載中、『モーニング』において仁賀克雄の『黒博物館館報――閲覧の手引き』が連載されていた。

あらすじ[編集]

スプリンガルド
1837年大英帝国の首都ロンドンに、女性ばかりを狙って悪戯をする犯罪者が現れた。脚に「バネ足」を仕込み高く跳び上がり、目と口を光らせ、奇怪な声で笑う怪人物は、イギリス国民から「バネ足ジャック」と呼ばれ恐れられた。しかし、1838年春、犯人は逮捕されることなくその姿を消した。それから3年後の1841年、「バネ足ジャック」は悪戯ばかりでなく女性を殺害する殺人鬼となって再び現れた。
マザア・グウス
ゴースト アンド レディ
黒博物館に一人の老人が訪れる。彼の求める品は1856年、ドルーリー・レーン王立劇場に遺されていたという「<灰色の服の男>のかち合い弾」。その由来を語る代わりに頼みを一つ聞いてもらいたいという老人の言葉に学芸員が応えると、老人の体から<灰色の服の男>が現れる。そして彼はかつて出会っためんどくさい女、フロレンス・ナイチンゲールとの物語を語り始めた。

登場人物[編集]

学芸員(キュレーター)
ロンドン警視庁黒博物館学芸員。黒色のドレスを身に纏い、顔にかかった金髪により左目が隠れている。
本作は語り手の回想を学芸員に対し聞かせる形式を採っており、基本的に各話の冒頭は語り手と彼女の寸劇から始まる。

スプリンガルド[編集]

仁賀克雄により「ウォルター・デ・ラ・ボア・ストレイド」のモデルと指摘されたウォーターフォード侯爵ヘンリー・デ・ラ・ボア・ベレスフォード
「バネ足ジャック」の警衛にあたった初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー
初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリーに警衛を命じたイギリス女王ヴィクトリア
イギリスで「バネ足ジャック」騒動が発生した際に描かれた想像図
逃走する「バネ足ジャック」を描いた絵画。第1回にて、酷似した絵が新聞に掲載されている
ジェイムズ・ロッケンフィールド
ロンドン警視庁警部。3年前の「バネ足ジャック」事件では捜査主任を務め、ウォルターが犯人ではないかとを疑うが、逮捕には至らなかったため、3年ぶりに再来した「バネ足ジャック」の捜査に執念を燃やす。葉巻を愛用するヘビースモーカー。トレードマークの葉巻を左耳に挟む姿から、「スコットランドヤードの機関車男」との異名を持つ。
ウォルター・デ・ラ・ボア・ストレイド
侯爵オックスフォード大学出身。アイルランドイングランドに広大な領地を持ち、大きな館に居住している。幼くして愛情を注いでくれた母親が亡くなり、冷厳な父親・うわべだけの愛情を注ぐ継母・家庭教師・メイドに囲まれて育っていった。青年期からは社交界で活躍し、蒸気機関車同士を正面衝突させたり、パブで喧嘩や放火騒ぎを起こしたりと、放蕩の限りを尽くす。
フランシス・ボーモン
准男爵の長男。オックスフォード大学出身。「」と呼ばれているが爵位などは不明。「機械工学の天才」と謳われ、「バネ足ジャック」のバネ足も開発した。ハートフォードシャーにあるカントリーハウスに自身の研究室を構えている。研究室にはウォルターは招き入れるが、メイドには立ち入りを禁じている。眼鏡を愛用している。
マーガレット・スケールズ
ストレイド家客間メイド。ツーティング・ベック・コモンの牧師の家に生まれるも、両親が病死、14歳のとき収容された救貧院で病に侵され、その後遺症で足が不自由となる。3年前、ウォルターが扮した「バネ足ジャック」に遭遇するが、臆せず平手打ちを喰らわせ、他者を脅かすのをやめるよう諭す。その後、偶然、ストレイド家に雑役メイドとして雇われる。ヘンリーと婚姻する。
ヘンリー・シェルビー
弁護士。ウォルターの引き起こす騒動に伴いストレイド家に出入りするうちにマーガレットを見初める。
ダニエル・カバナー
ロンドン警視庁巡査部長。3年ぶりに発生した「バネ足ジャック」事件では、上司のジェイムズとともに捜査に従事する。「バネ足ジャック」に遭遇したアーサーの身を案じ庇う。
ロンドン警視庁警視総監
3年前の「バネ足ジャック」事件の捜査では、貴族であるウォルターが有力被疑者と知り、ジェイムズに捜査中止を命じた。また、ジェイムズ、ダニエルにアーサーの身辺警護を命ずる。
アーサー・ウェルズリー
ウェリントン公爵。元首相ワーテルローの戦いではイギリス陸軍オランダ陸軍を指揮し、フランス皇帝ナポレオン1世率いるフランス陸軍を撃破した。その存在は民衆からも「イギリスの伝説」と称えられ、「国の重要人物」と見なされている。「バネ足ジャック」事件では、犯人を逮捕できないロンドン警視庁に業を煮やし、自ら乗馬姿で兵を率い、警衛に従事する。なお、警衛の際は兵士以外にも、拳銃を携帯したアーサー専属の護衛が侍っている。その老いた威容はパブに屯する酔客にまで安心感を与えていた。ウォルターからの告発に基づき、フランシスを逮捕するべく邸宅を包囲した。
ヴィクトリア
イギリス女王。22歳の若き君主だが、アーサーに「バネ足ジャック」への警衛を命じるなど、その手腕には民衆からも一目置かれている。
マーチ
ストレイド家の家政婦。主人であるウォルターの突飛な行動にはいちいち驚かず、若干諦めの色が見える。
ポリー・アダムズ
ホテル「グリーンマン・イン」ウェイトレス。1837年10月11日、17歳のポリーは、ホワイトフィールド・マウントにて「バネ足ジャック」に遭遇し、両乳房を露出させられ、「バネ足ジャック」事件の最初の被害者となった。
メリー・スティーブンス
21歳の女性。親戚宅からの帰路、「バネ足ジャック」により左肩から右脇腹を切り裂かれ殺害される。
ドーソン
トミー一家に所属するゴロツキ。売春婦にショバ代をせびっていたところをジェイムズに殴られる。

マザア・グウス[編集]

ジュリエット
侯爵令嬢。オスカーとベアトリスの娘。ウォルターの姪。口癖は「あっ、きれた〜(呆れた)」。表面的には権威に対する意識が高いため、アーサーに階級の自覚を説くが、侯爵令嬢と知られて敬語を使われたときに、寂しげな表情を見せた。
ウィリアムによって催眠術を掛けられたため自ら服を脱ぎ、ウィリアムに裸体を写真に撮らせてしまう。そのため、ウィリアムに対する復讐と他の幼女の救出を企て、ウォルターの遺したトランクを探しにシェルビー家を訪れる。
アーサー・シェルビー
ヘンリーとマーガレットの息子。普段は気弱ないじめられっ子だが、科学を悪用する者には毅然とした態度をとる。科学に関する関心と知識は人一倍で、写真や催眠術の原理を諳んじることが出来る。
ジュリエットに対しては、当初はタメ口を利いていたが、侯爵令嬢と知ってからは敬語で話しかけるようになる。最終的には「お願い」されてタメ口に戻す。
ウィリアム・ホルム
大学教授。ウイーンにてフランツ・アントン・メスマーより催眠術の手ほどきを受ける。また、写真術も体得している。芸術的な写真を撮るとの触れ込みで貴族たちの子女の撮影を申し入れ、受諾した多数の幼女を自宅に招き、屋敷最上階のガラス張りのスタジオで撮影していた。しかし、自宅を訪れた幼女に対し催眠術を掛け幼女の衣服を脱がし、その裸体を写真に収めることを趣味としている。また、自宅の周りには用心棒代わりのならず者を多数配している。
オスカー・ピーポディ
ロンドンの侯爵。ジュリエットの父で、ベアトリスの夫。ジュリエット曰く「けっこう俗っぽくって『芸術』ってコトバに弱い」。また、娘の恩人ともいうべきアーサーに対しても、「シェルビー家」が聞いたことの無い家名ということで、通り一遍の礼しか述べなかった。
ベアトリス・デ・ラ・ボア・ストレイド
侯爵夫人。ウォルターの妹。ジュリエットの母で、オスカーの妻。夫同様に、アーサーには通り一遍の礼しか述べず、別れを惜しむジュリエットを「はしたない」と戒める。
スミス
シェルビー家園丁。アーサーらと親しげに会話をする。

ゴースト アンド レディ[編集]

マイク=ロフト
「ゴースト アンド レディ」最終話に登場。『エンバーミング』の長期連載が終了した事や同時期を舞台にしていたことからゲスト出演した。なお、元の漫画での正体はマイクロフト・ホームズ

書誌情報[編集]

  • 藤田和日郎『黒博物館 スプリンガルド』講談社〈モーニングKC〉、2007年9月21日発売[5]ISBN 978-4-06-372630-5
  • 藤田和日郎『黒博物館 ゴースト アンド レディ』講談社〈モーニングKC〉、全2巻
    1. 上巻 2015年7月23日発売[6][7]ISBN 978-4-06-388477-7
    2. 下巻 2015年7月23日発売[6][8]ISBN 978-4-06-388478-4

関連文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “藤田和日郎の週刊連載、モーニングで開幕!「黒博物館」新シリーズ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年11月27日). https://natalie.mu/comic/news/132274 2022年3月10日閲覧。 
  2. ^ a b “藤田和日郎「黒博物館」シリーズ第2弾が華麗に終幕、単行本は7月発売”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年6月25日). https://natalie.mu/comic/news/151751 2022年3月10日閲覧。 
  3. ^ a b c “藤田和日郎が描く19世紀英国伝奇アクション「黒博物館」約7年ぶりの新シリーズ開始”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年3月10日). https://natalie.mu/comic/news/468894 2022年3月10日閲覧。 
  4. ^ “新たな義経像を描く新連載モーニングで始動、藤田和日郎「黒博物館」新作も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年12月14日). https://natalie.mu/comic/news/260994 2022年3月10日閲覧。 
  5. ^ 『黒博物館 スプリンガルド』(藤田 和日郎)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年3月10日閲覧。
  6. ^ a b “藤田和日郎の「黒博物館」シリーズ新刊発売、渋谷でサイン会実施”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年7月19日). https://natalie.mu/comic/news/154380 2022年3月10日閲覧。 
  7. ^ 『黒博物館 ゴースト アンド レディ 上』(藤田 和日郎)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年3月10日閲覧。
  8. ^ 『黒博物館 ゴースト アンド レディ 上』(藤田 和日郎)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2022年3月10日閲覧。
  9. ^ 藤田和日郎『黒博物館スプリンガルド』講談社2007年9月21日、246頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]