マイクロフト・ホームズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイクロフト・ホームズ
シャーロック・ホームズシリーズのキャラクター
Mycroft Holmes.jpg
短編「ギリシャ語通訳」の「ストランド・マガジン」掲載時の挿絵(シドニー・パジェット画)
初登場 ギリシャ語通訳」(1893年)
作者 アーサー・コナン・ドイル
詳細情報
性別 男性
親戚 シャーロック・ホームズ(弟)
国籍 イギリスの旗 イギリス

マイクロフト・ホームズ(Mycroft Holmes)は、アーサー・コナン・ドイル推理小説シャーロック・ホームズシリーズ』の登場人物。シャーロック・ホームズの兄で、7歳違い。

いくつかの官庁で会計検査の仕事をしており、表面上は下級役人だが、実際にはその卓越した頭脳で政府の政策全般を調整する重要なポストにある。シャーロックはマイクロフトを政府そのものだというほどで、「活動的でさえあれば私より優れた探偵になれたであろう」と評している。

人付き合いが嫌いな人間ばかりが集まった「ディオゲネスクラブ」の創立発起人・会員である(人付き合いが嫌いな人間ばかりが集まるため、このクラブには「来客室以外で口をきいてはいけない」等の変わった規則が存在する)。

登場作品[編集]

  1. ギリシャ語通訳シャーロック・ホームズの思い出
  2. 最後の事件シャーロック・ホームズの思い出
  3. 空き家の冒険シャーロック・ホームズの帰還
  4. ブルースパーティントン設計書シャーロック・ホームズ最後の挨拶