バネ足ジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バネ足ジャック(1890年頃のイラスト)

バネ足ジャック(バネあしジャック / Spring Heeled Jack)は、切り裂きジャックが出現する数十年前に出現した都市伝説である。

切り裂きジャックに並ぶもう一人の『ジャック』である。切り裂きジャックと同じく、史実の事件が元になって生まれた都市伝説的存在であるが、こちらはより幻想的な存在である。このバネ足ジャックと呼ばれる男の正体は今もなお存在が確認されていないが、数少ない証言によると、「銀色の衣装に身を包み、消防士と偽り、出てきた相手に炎を吹きかけたり、ナイフで刺したりして逃走した」という。また、連続するバネ足ジャックの事件現場に駆けつけた警官は、「バネ足ジャックが数メートルの高さの壁をいとも簡単に飛び越えたらしい」と証言した。ヴィクトリア朝末期という時代にはこのような快楽的犯行を行う者がおり、この男こそバネ足ジャックではないかとも言われている。そしてその年[いつ?]を含む数年間はこのような事件が多発していた。

バネ足ジャックの存在[編集]

バネ足ジャックは、快楽殺人をしようとした説もある。事実、猟奇的な事件がバネ足ジャックを皮切りに多数その様な事件が発生したからだ。だが、実際の伝説を総合すると、強姦されたと主張する少女一人以外、人を驚かせる以上の悪さはしていない。

関連項目[編集]

関連文献[編集]