出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

(きょう、けい)は中国日本官位制における高位の官職。それに由来する呼称も指す。


官職


呼称
  • 日本の三位以上または参議以上、大納言以下の官職にある人への敬称。例:山科言継卿。なお、律令官制下の大臣以上にある人への敬称は「」である。これらの貴族を総称して公卿という。
  • 西洋などで爵位を有する人、または勲功爵などの爵位・称号に叙せられた人への敬称。"Lord" の和訳。
  • 君主が臣下を呼ぶ際に使用する呼び名。
  • 同輩以下の人への呼び名。「貴兄」と同じニュアンス。この際の発音は「けい」。

呼称としての卿[編集]

日本の場合[編集]

公卿に対する敬称として、の下に朝臣、名の下に卿を付けて敬称とする。その場合、大抵は官職をつけて呼ぶことが多い。名字が成立すると、例えば「山科大納言藤原朝臣言継卿」のように、名字の下に官職を付け、その下に氏、姓(朝臣)、名、敬称(公・卿)を付けて敬称とした。

また、八省卿である中務卿式部卿兵部卿などの官職についた皇族は、~卿宮と尊称された。

なお、時代が下るにつれ、名字の下に卿を付けたり、「越前卿」(結城秀康)のように、領国に卿を付けて敬称とするケースも出てきた。

西洋の場合[編集]

イギリス貴族[編集]

イギリスにおける"ロード"および"レディ"の訳語として用いられる。

侯爵伯爵子爵男爵の貴族は爵位名(家名にあらず)に"ロード"(Lord)をつけられ、その妻は"レディ"(Lady)をつけられる。例えば Evelyn Baring, 1st Earl of Cromer(初代クローマー伯爵イヴリン・ベアリング)であれば、姓はベアリングであるがLord Cromer(クローマー卿)と呼び、ベアリング卿にはならない(ただし、爵位名が家名そのままの場合もある)。また、公爵、侯爵、伯爵の娘も"レディ"をつけられ、公爵と侯爵の次男以下の息子は"ロード"をつけられる。また公爵、侯爵、伯爵の長男は付随爵位をもつためにやはり"ロード"をつけられる。公爵その人は"The Duke of 爵位"として参照され、直接呼びかけるにはYour Graceとされる場合が多い。

一方、上記以外の貴族の息子および娘は"オナラブル"をつけられる。

貴族ではない准男爵およびナイトに対しては、"サー"(Sir) がつけられる。

"オナラブル"と"サー"には適切な日本語の訳語が存在しないが、これらにも"卿"を用いるのは混同を招く恐れがある。

スペイン[編集]

スペインでは Don(女性の場合は Doña)がこの用語に当たる。ただし Don は国王に対しても用いるため、イギリスの Lord より対象は広い。

目下への呼称[編集]

目下への呼称として使用される例は、中国や日本などに限定され、この場合には公卿の卿とは概念を異にする。とりわけ、発音では「けい」と言う。やや丁寧にした場合は貴卿(きけい)である。

卿が付く官職用語[編集]

主要な「卿」の使用例[編集]

人物[編集]

手記・伝記録・作品等[編集]

事件[編集]

関連項目[編集]