大野治長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
大野治長
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄12年(1569年
死没 慶長20年5月8日1615年6月4日
官位 従四位下修理大夫
主君 豊臣秀吉秀頼
摂津国大坂藩
氏族 大野氏
父母 父:大野定長(道犬)、母:大蔵卿局
兄弟 治長治房治胤治純
南陽院(妙心寺過去帳)
治徳(長徳)、治安(弥十郎)

大野 治長(おおの はるなが)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将豊臣氏の家臣。兄弟に、治房治胤治純、子は大野治徳、治安(弥十郎)ほか。官位従四位下修理大夫知行15,000石。

生涯[編集]

永禄12年(1569年)、丹後国大野(現在の京丹後市)で生まれた。父は豊臣秀吉の家臣であった大野定長(道犬)、母は後に淀殿乳母となる大蔵卿局であり、母の伝手により秀吉に約3,000石の馬廻衆として取り立てられた。天正17年(1589年)に父および母の功績により和泉国佐野(現在の泉佐野市)と丹後国大野合計1万石を道犬と共に与えられ、大野城を拠点として領国を運営した[1]文禄3年(1594年)の伏見城の普請に携わっている。

秀吉の死後は豊臣秀頼の側近として仕えたが、慶長4年(1599年)の徳川家康暗殺計画事件の首謀者の一人として罪を問われ、下総国流罪とされる。翌慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで東軍に参戦し武功を上げた事で罪を許され、戦後は家康の命で「豊臣家への敵意なし」という家康の書簡をもって豊臣家への使者を務めた後、江戸に戻らずそのまま大坂に残った。

慶長19年(1614年)6月、片桐且元の弟である片桐貞隆と共に家康の口添えで5,000石を秀頼より加増され、その礼として貞隆と駿府にいる家康、次いで江戸将軍徳川秀忠を訪ねる。

同年に豊臣氏の家老であった片桐且元が追放されると、豊臣家を主導する立場となる。その後、豊臣家内部では主戦派が主流となり、各地から浪人を召抱えて大坂冬の陣に至る。慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では将軍・秀忠の娘で秀頼の正室であった千姫を使者とし、己の切腹を条件に秀頼母子の助命を願うがかなわず、秀頼とともに大坂城の山里曲輪で自害した。『春日社司祐範記』は「大野修理沙汰して最後に切腹なり。手前の覚悟比類なし」と記している[2]享年47。

人物[編集]

淀殿との密通[編集]

当時より、治長は淀殿密通していたと噂があった。

一、おひろい様之御局をハ大蔵卿と之申し、其の子ニ大野修理と申し御前の能き人に候、おひろい様之御袋様と共に密通之事に候か、共ニ相果てるべし之催にて候処に、彼の修理を宇喜多が拘し置き候、共に相果てるに申し候、高野江逃れ候共に申し候よしに候、(後略)、

—慶長四年十月一日付内藤元家内藤隆春書状

同様の記述は『多聞院日記』や姜沆による『看羊録』にもある。江戸時代の『明良洪範』では秀頼は秀吉の実子ではなく治長と淀殿の子と記している。

関連書籍[編集]

  • 小林計一郎編『決定版 真田幸村と真田一族のすべて』(KADOKAWA、2015年)
  • 中西豪「真説 大野治長」『歴史群像』128号、2014年12月号(学研パブリッシング、2014年)

脚注[編集]

  1. ^ 豊臣家直轄領の大野村と大野城址 大野治長・道犬親子ゆかりの地 京丹後市
  2. ^ 小林計一郎「日本一の兵 真田幸村」(小林計一郎編『決定版 真田幸村と真田一族のすべて』KADOKAWA、2015年)161頁
  3. ^ 清水昇「真田一族関係人物事典」(小林計一郎編『決定版 真田幸村と真田一族のすべて』KADOKAWA、2015年)310頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]