谷隼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たに はやと
谷 隼人
本名 岩谷 肇(いわたに はじめ)
別名義 岩谷 隆広(いわたに たかひろ)
生年月日 (1946-09-09) 1946年9月9日(75歳)
出生地 鹿児島県
身長 179cm
血液型 A型
職業 俳優タレント
ジャンル 映画ドラマバラエティ番組
活動期間 1961年 -
配偶者 松岡きっこ
主な作品
映画
『非行少女ヨーコ』/『網走番外地シリーズ
不良番長シリーズ』/『柳ヶ瀬ブルース#夜の歌謡シリーズ
 
受賞
エランドール賞新人賞(1968年)
テンプレートを表示

谷 隼人(たに はやと、1946年9月9日[1][2] - )は、日本俳優タレント[2]。本名は岩谷 肇いわたに はじめ。別名は岩谷 隆広いわたに たかひろ鹿児島県[1][2]出身。身長179センチメートル血液型A型[2]。2人兄妹(妹1人)の長男。グッドフェローズ所属[1]。妻は女優松岡きっこ

俳優/歌手の高橋元太郎の所属事務所「アネモイエンタテインメント」と営業連携している。

来歴[編集]

経済的な事由に加え、軍人である父の「姉3人に妹1人という女所帯で育つと、女々しくなる」という意向から、母の実家がある長崎県佐世保市で母と姉3人、谷は父と妹、それぞれ別居生活を送ることとなる、小学校5年生の時に、防衛庁勤務の父親の転勤に伴い母と妹の4人で佐世保から東京都中野区へ転居。中学校は中野区立第八中学校へと進み、2年次に新設の中野区立北中野中学校へ編入[3]。谷自身は「俺は生まれは九州鹿児島で育ちは長崎県佐世保」と話している[4]

1961年、中学校3年生の夏休み、テレビドラマ『少年ケニヤ』に本名の岩谷 肇名義で出演[5]1963年の春、かねてより憧れていた石原裕次郎が所属する日活のニューフェイス試験に合格したのを機に、聖パウロ学園高等学校を2年で中退し同社の映画に出演したが、ほどなく退社(→#エピソード)。これらの話は全部デタラメで、谷自身は「勉強が好きじゃなくて、夜の商売をやっていたから高校を中退したんです。喫茶店やって、代々木公園コック見習いみたいなこととか、新宿黒服の下っ端とか、夜の商売をやってるときに日活の人が声をかけて日活に何ヶ月かいたんです。ニューフェイスってことを言ってますけど、ニューフェイスじゃないです。日活はほとんどアルバイトなんですよ。だから、ぜんぜん何もない」などと話している[4]。同期?には山本陽子がいた。後に東映入りした後も、役者でメシが食えるのか不安で、暫く夜の商売を続けていたという[4]。後に『キイハンター』等で、女性ファンが急増しモテモテで遊び放題になったが、この水商売時代の方がさらにモテて、若かったし一晩に5人の相手をしたことがあるなどと話している[4]

代々木渋谷スナックで働いているところを「役者になれば金になる」と思い即答し[6]、1966年[7]、東映に入社[4][6][7]。東映の重役にスカウトされと書かれた文献もあるが[6][7]、谷は「テアトル・ド・ポッシュの川口義宏さんのレコ(彼女)がやってる渋谷の喫茶店で働いてて、そこで川口さんとホリプロの小林信吾さんにスカウトされた」と話している[4]。川口との小林が「お前本名は?」というから「岩谷です」と答えたら、二人に「堅いなあ、生まれは?」と言われ、「鹿児島の隼人に近い所です」と言うと「うーん…何かねえかなあ、岩谷隼人…あ!岩いらねえや、谷隼人」と3分で芸名が決まったという[4]谷 隼人の芸名で、1966年に、緑魔子主演・降旗康男の初監督映画『非行少女ヨーコ』で、谷、大原麗子石橋蓮司の3人で、新宿ハイミナールをやってラリる気の弱い予備校生役で準主演デビュー[6][7]。その風貌から和製アラン・ドロンとうたわれ[4]、デザイナー・テッド・ラピドスの日本におけるイメージ・キャラクターに選ばれた。二番目の妻となる松岡きっこは、東映入りしてすぐに、東映から鈴木淳有馬三恵子のところにボイストレーニングに行かされた時に初めて会った[4]。東映アクションスターの一人となり[5]、「網走番外地シリーズ」、「不良番長シリーズ」、「夜の歌謡シリーズ」などで活躍[7]。「不良番長シリーズ」出演経緯は、スティーブ・マックイーンが好きでバイクの運転が得意だったからだという[4]

1968年からスタートしたテレビドラマキイハンター』に、丹波哲郎千葉真一らと共に主演の一人として出演。愛嬌あるキャラクターとアクションでお茶の間の人気スターとなる[7]。1968年暮れにデパートの男性服モデルとして登場すると急激に女性人気が上がり[8]、『月刊明星』のようなアイドル雑誌から取り上げられるようになり[9]、『不良番長』の撮影記事なども掲載された[9]。『キイハンター』の後番組『アイフル大作戦』(1973年 - 1974年)、『バーディー大作戦』(1974年 - 1975年)にも主要キャストの一人としてレギュラー出演[7]。通算7年間、丹波と共にTBS土曜9時枠の連続ドラマの顔として活躍した。この合間に主演映画『非情学園ワル』(1973年)では27歳にして高校生役を演じ[7]、翌1974年にかけてシリーズ化された[7]。三作目の『非情学園ワル ネリカン同期生』(1974年3月30日公開)が不入りで[4]、責任を取って東映を退社した[4]

『バーディー大作戦』の後番組『Gメン'75』への出演を打診されたが、『寺内貫太郎一家2』の出演によってホームドラマへの関心が沸き始めアクション俳優からの脱皮を図り辞退する。このことが俳優からタレントへとポジションの変化に繋がる転機となった。以降は各種のドラマに加えてバラエティ番組を中心に活躍[7]1986年から1989年にかけて『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』にレギュラー出演、攻撃隊長を演じて話題を呼んだ[7]

人物[編集]

『キイハンター』などの出演で女性からの人気も高まった1971年ファッション・モデルの岡美智子(1967年、岡が所属していた青山のモデルクラブ「セントラル」のパンフレットを見た谷が、岡に一目惚れし紹介してもらう)[10] と大恋愛の末に結婚する[11]。当時谷は24歳で結婚を急ぐ年でもなく、相手は有名女優でもないファッション・モデルでもあり、谷の両親は勿論、東映としては高倉健らに継ぐ次代スターと考えていたため、東映も揃って猛反対した[11]。谷は当時、東映ではない芸能事務所・グループ'71に所属していて[10][11]フジテレビと谷の婚約発表や挙式をタイアップしていたため問題が大きくなった[11]。谷は所属事務所社長に懇願し、仲人[10]岡田茂東映常務の自宅に二人で出向き了解を取り付け、1971年5月31日、岡田常務立会いの下[12]東京プリンスホテルでようやく婚約発表に漕ぎつけて[12]、同年6月3日[10]、小学生の時分より想い描いていたスイスの教会にて結婚式を挙げた[10][11]。しかし『バーディー大作戦』収録中の1974年に離婚。原因は谷の母が岡を嫁として好まなかったことと言われている。

高校生の時に知り合い、その後『キイハンター』『アイフル大作戦』『バーディー大作戦』で共演した松岡きっこ1981年に再婚、芸能界のおしどり夫婦としても数々のテレビ番組に出演した[13]。最近では夫婦でテレビ東京の旅番組・グルメ番組などに出演することが多い。

エピソード[編集]

日活に所属していた時、ある日の撮影で崖から海面に飛び込むシーンがあり「もし岩が突き出ていたらおだぶつだ!」と誰もが恐怖におののいていた時、谷は真っ先に「僕にやらせて下さい!」と勇んで飛び込んだ。海から上がって来るとその場にいた役者たちからは「何て恐ろしくも卑しい奴だ!そうまでして自分だけ良く見られたいのか!」と激しく罵られ、善意で行ったことに対してそのような物の見方しか出来ない理不尽な人々に嫌気が差し日活と決別した。

高倉健と共演が決まったとき、セリフの少なさに不満を漏らしてしまったことがスタッフに伝わり、降板した苦い経験がある。その役は高倉が谷のために考案した役だったため、谷はすぐに謝罪しむしろ高倉との絆が深まったという。以降、押しかけ子分になり、長く可愛がってもらった[4]。高倉との関係で、東日貿易の久保正雄にも可愛がってもらい[4]デヴィ・スカルノ長嶋茂雄らとも付き合いが生まれ[4]フランク・シナトラサミー・デイヴィスJr.らにも会えたという[4]。谷が高倉命だったため、梅宮辰夫からは「お前は高倉の子分だからな」と言われ、梅宮とは一度も遊んだことはないと話している[4]

光戦隊マスクマン』で共演した海津亮介は、谷について優しくて面倒見がよく大好きであったと述べている[14]。谷の出演シーンはセットでの撮影がほとんどであったが、その時はメンバー5人を食事に連れて行ったという[14]。一方で、谷の外見や演技が格好良すぎたため、海津は絡みのシーンは嫌であったとも述べている[14]。『マスクマン』30周年記念イベントの際も、谷は海津らが出演することを聞いて自身も出演を快諾したという[14]

2005年に『ズバリ言うわよ!』の「運命のカルテ」に出演したときに、谷の人柄に細木数子が番組史上最高の絶賛をした(これが功を奏したのか、秋のスペシャルにも出演している)[出典無効]。また、秋の『オールスター感謝祭』で赤坂ミニ駅伝で3位に終わった際に、同じチームの石田純一とデリマ選手(アテネ五輪・銅メダリスト)に自分が足を引っ張ってしまったことを何度も謝罪するなど律儀で非常に責任感の強い一面を見せた[出典無効]

2011年のバラエティ番組『銭形金太郎』において、ヒーロー大好きビンボーとして出演した宮本利彦は最も尊敬する俳優として、谷を挙げる[出典無効]。同番組内では、谷自身もサプライズゲストとして出演しており、ミニコーナーでは、『光戦隊マスクマン』における姿長官役を思わせる「長官役」を演じた。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

人形劇[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
キングレコード
1 1969年
9月10日
A面 薔薇と皮ジャン 永井ひろし 白石十四男 BS-1074
B面 傷だらけのマシン 安部芳明 高田弘
2 1970年
4月
A面 夜明けの口笛 永井ひろし 白石十四男 高田弘 BS-1199
B面 俺の明日はどこにある 小松美穂 永作幸男
3 1970年
12月
A面 男の流れ歌 吉田央 不詳 馬飼野俊一 BS-1303
B面 望郷ブルース 谷隼人
4 1971年
8月
A面 遠くへ行きたい 永六輔 中村八大 高田弘 BS-1407
B面 五木の子守唄 民謡
CBS・ソニー
5 1974年
4月
A面 狼は二度吠える たかたかし 馬飼野俊一 SOLB-124
B面 季節はずれの赤いバラ
日本コロムビア
6 1974年
7月
B面
[注釈 4]
明日なき男のバラード 佐藤純弥 菊池俊輔 P-359

アルバム[編集]

  1. 歌うスター大集合1991年12月21日/KICS-159)
    • オムニバスアルバム。「薔薇と皮ジャン」収録。

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ
1974年 季節はずれの赤いバラ 東映映画「非情学園ワル ネリカン同期生」主題歌
狼は二度吠える 東映映画「非情学園ワル ネリカン同期生」挿入歌
明日なき男のバラード TBS系テレビドラマ「バーディー大作戦」挿入歌

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 岩谷肇名義。
  2. ^ 第19話までは「谷隼人」、第20 - 24話は「谷隼人 改メ 岩谷隆広」、第25話以降は「岩谷隆広」。
  3. ^ a b c d e 岩谷隆広名義。
  4. ^ A面は、嶋崎由理の「愛と死のパスポート」。

出典[編集]

  1. ^ a b c 谷隼人”. グッドフェローズ. narrow. 2017年4月10日閲覧。
  2. ^ a b c d 谷隼人”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年4月10日閲覧。
  3. ^ 『近代映画』1969年7月号、近代映画社、 102 - 103頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 吉田豪「谷隼人インタビュー 『だから言ってるじゃん、ハメる前にハメられたって』」『超 人間コク宝』コアマガジン、2020年、293-67頁。ISBN 978-4-86653-435-0
  5. ^ a b 「特集企画 スーパー戦隊の神業 作品をひきしめる名優陣」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1991 鳥人戦隊ジェットマン講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年5月10日、31頁。ISBN 978-4-06-509613-0
  6. ^ a b c d 「希望対談/No.245/谷隼人・森田健作 『ガールフレンドよりかわいいヤツは…』」『月刊平凡』1969年7月号、平凡出版、 76頁。
  7. ^ a b c d e f g h i j k 杉作J太郎植地毅「谷隼人インタビュー」『不良番長浪漫アルバム』徳間書店、1999年、60-67頁。ISBN 9784198643546
  8. ^ 「はばたけ新人たち '69年度映画新人賞ニュースター5! 『目標は健さんだぞ!』谷隼人(東映)」『月刊明星』、集英社、1969年3月号、 146頁。
  9. ^ a b 「スクリーンでふんばる3人男 スリーヤング・ガイ 『オレのストリップ見てよ!』谷隼人」『月刊明星』、集英社、1969年12月号、 158頁。
  10. ^ a b c d e 「谷隼人・岡美智子夫妻、離婚の真相 "反家庭"にあこがれた夫と、寂しがり屋で浪費に走った妻」『週刊平凡』1973年8月30日号、平凡出版、 56-59頁。
  11. ^ a b c d e 「年期のはいった婚約発表 =やっと実った谷隼人の愛=」『サンデー毎日』1971年6月20日号、毎日新聞社、 42頁。
  12. ^ a b 今村三四夫 (1971年6月5日). “今週のことども”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1 
  13. ^ 『夫婦直撃インタビュー!人生いろいろ 夫婦もいろいろ』谷隼人・松岡きっこご夫妻が登場!
  14. ^ a b c d 「SPECIAL INTERVIEW '87 海津亮介」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1987 光戦隊マスクマン講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2019年5月10日、20-21頁。ISBN 978-4-06-513713-0

外部リンク[編集]