お市の方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
お市の方
柴田神社(北ノ庄城跡)にあるお市の方の銅像
福井県福井市の西光寺にある柴田勝家・お市の方の墓

お市の方(おいちのかた、天文16年[注釈 1]1547年) - 天正11年4月24日1583年6月14日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。小谷の方(おだにのかた)、小谷殿とも称される。名は通説では「於市」で、「市姫」とも云い、『好古類纂』収録の織田家系譜には「秀子」という名が記されている[1]が定かではない。

戦国大名織田信長の妹(または従妹[注釈 2])で、信長とは13歳離れている。通説では、父は織田信秀で、五女と伝えられ[3]、母は土田御前とされている。信行秀孝お犬の方は同腹の兄姉という[注釈 3]。 初め近江の大名・浅井長政の正室となり、後に織田家重臣の柴田勝家の後妻となった。

子に茶々豊臣秀吉側室)[注釈 4]京極高次正室)、徳川秀忠継室)がいる。孫にあたる人物は豊臣秀頼(茶々の息子)、豊臣完子千姫徳川家光徳川和子(江の娘、息子)など。徳川和子は後水尾天皇の中宮となり、その娘は明正天皇となったので、今上天皇の先祖に当たる人物でもある[注釈 5]

生涯[編集]

前半生についてはほとんど記録がなく不明である[注釈 6]

婚姻時期については諸説あるが、通説では、永禄10年(1567年)9月[5]または永禄11年(1568年)早々[6]の1月から3月[7]ごろ[注釈 7]美濃福束城主・市橋長利を介して、浅井長政に輿入れしたとされる[注釈 8][注釈 6]。 この婚姻によって織田家と浅井家は同盟を結んだ。なお、長政は主家である六角家臣・平井定武との婚約がなされていたが、市との婚姻により破談となっている[注釈 9]

元亀元年(1570年)、信長が浅井氏と関係の深い越前国福井県)の朝倉義景を攻めたため、浅井家と織田家の友好関係は断絶した。しかし、政略結婚ではあったが、長政と市の夫婦仲は良かったらしい。永禄13年頃から実家の織田家と浅井家が対立するようになり、緊張関係が生じた時でも、娘を出産したことから夫婦間は円満であったように思える[10]

長政が姉川の戦いで敗北した後、天正元年(1573年)に小谷城が陥落し、長政とその父・久政も信長に敗れ自害した。市は3人の娘「茶々」「初」「江(江与)」と共に藤掛永勝[注釈 10]によって救出され織田家に引き取られるが、長男の「万福丸[注釈 11] は捕われて殺害され、次男の「万寿丸」[注釈 12]は出家させられる。その後は信長の許しを得て、清洲城にて兄の信包の庇護を受け、三姉妹と共に9年余りを平穏に過ごしたという。この時の信長の市親子に対する待遇は大変厚く、市や三姉妹のことを気にかけ、贅沢をさせていたという。信包も市や三姉妹を手元で保護し、姪達を養育したという。

また、別の説では、市と三姉妹は信包の庇護ではなく、尾張国守山城主で信長の叔父にあたる織田信次に預けられたともいわれている[11]

信長死後の天正10年(1582年)、柴田勝家と羽柴秀吉が申し合わせて、清洲会議で承諾を得て、柴田勝家と再婚した。従来の通説では、神戸信孝の仲介によるものとされてきたが、勝家の書状に「秀吉と申し合わせ…主筋の者との結婚へ皆の承諾を得た」と書かれたものがあり、勝家のお市への意向を汲んで清州会議の沙汰への勝家の不満の抑える意味もあって、会議後に秀吉が動いたとの別の説も指摘されている[12]。婚儀は本能寺の変の4か月後の8月20日に、信孝の居城岐阜城において行われた[5]。同年、勝家の勧めにより、京都の妙心寺で信長の百箇日法要を営んだ。

天正11年(1583年)、勝家が羽柴秀吉と対立して賤ヶ岳の戦いで敗れたため、夫と共に越前北ノ庄城内で自害した[注釈 13]。享年37。

辞世は「さらぬだに 打ちぬる程も 夏の夜の 夢路をさそふ郭公かな」[13]

墓所は西光寺(福井県福井市)。菩提寺は自性院(福井県福井市)、幡岳寺(滋賀県高島市)。戒名は自性院微妙浄法大姉、東禅院殿直伝貞正大姉(自性院照月宗貞とも伝わる)。また小谷城跡(滋賀県長浜市)のある小谷山山頂に旧跡がある。

人物[編集]

  • 小谷寺には、市の念持仏と伝えられている愛染明王が納められている。また、戦国一の美女と賞され、さらに聡明だったとも伝えられる。
  • 長女の淀殿は父・長政の十七回忌、母・市の七回忌に菩提を弔うために、両親の肖像画を描かせた[14]。この肖像画は(高野山 持明院)に伝えられており、戦国末から安土桃山時代にかけての貴婦人の正装の典型的なものである。下着を三枚かさね着にし、肩と裾だけに片身替わりの模様のある小袖を着て、またその上に白綾の小袖をかさね、一番上の美しい模様の着物を肌ぬぎにしている。平安時代の宮廷の女官が着た十二衣のかさね着などと比べると、同じ正装でも、著しく簡略化され、解放的になってきたことがわかる[15]
  • 『朝倉公記』によると金ヶ崎の戦いの折り、信長に袋の両端を縛った「小豆の袋」を陣中見舞いに送り挟み撃ちの危機を伝えたという広く知られた逸話があるが、この逸話は後世の創作と言われている[16]。もっともその頃の風習から、大名間の政略結婚において、女性は実家から婚家へと送り込まれた外交官・間諜としての側面があったため、市は、両家をとりまく状況の変化を情報として得て、それを実家に伝達をする役割を果たしていたことが窺える[17]
  • 『溪心院文』によれば、37歳の時点で、実年齢よりもはるかに若い22、23歳に見えるほど若作りの美形であった[18]
  • 信長は大名間の政略婚にはほとんど養女を用いていた(育てた訳ではなく、形式上養女にして送り出す形)。実の妹や娘で他国に嫁いだのは、この市を除けば松平信康に嫁いだ徳姫(信長の娘)のみであり、それ以外は全て家臣か公家との縁組だった。
  • 三人の娘達の行く末を心配していた市は、北ノ庄城の落城の際、庇護を受ける羽柴秀吉に直筆の書状を送り三人の身柄の保障をもとめるなど秀吉のことを憎むどころか、秀吉を信頼していた(『溪心院文』)[19]。また血統の存続を考えての行動でもあった。なお、徳川家に嫁ぎ多くの子を成した江(崇源院)により、その血筋は現在に至るまで続いている(崇源院#系譜参照)。
  • 羽柴秀吉が恋慕を抱いていた女性ともされ、テレビドラマなどでの描写(NHK大河ドラマ江〜姫たちの戦国〜』など)からそのような印象が流布しているが、あくまでフィクションであり、信頼できる史料の裏付けはない。前述の生涯の通り、むしろ秀吉は柴田勝家と申し合わせて清州会議で婚姻を実現させている[12]

伝説[編集]

三重県阿山郡阿山町下友田・浄光寺の稲増家の墓所に浅井長政の墓碑がある。稲増家の始祖治朗郎左衛門は浅井家の重臣であったが、浅井家滅亡ののち、「日比」、さらに「稲増」と苗字を改めて、享保年間に入って、伊勢・伊賀を支配する藤堂家に仕え、伊賀忍術の皆伝を受けたという。現在地には、今も江戸時代以来の稲増屋敷が残されているが、同家の土蔵にお市の方の「のど仏」が納められていると伝えられている[20]

お市の方を主題とする作品[編集]

小説
テレビドラマ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^  享年37とだけ伝えられており、生年は没年から逆算したものである。後述のように生年には異説がある。
  2. ^ 市は通説では信長の妹であるが、江戸時代の『織田系図』に信長の従兄弟・織田広良(與康)の娘と記され、『以貴小伝』では「いとこにておはせしを妹と披露して長政卿におくられしにや」と記述されるなど従妹[2]とするものがあり、信長の叔父・織田信光の娘との説もある。
  3. ^ 信包の生母を土田御前とする場合はこれに信包も加わる。また異説に信長や信包の市に対する待遇が姉妹の中では大変厚かったことから、信長・信包の同腹の妹であるという説もある。
  4. ^  長女の茶々(淀殿)は通説では浅井長政との娘だが、『浅井氏家譜大成』を根拠として、茶々は連れ子という説があり、当時では晩婚であったために長政以外の男性に嫁いだ可能性がある。
  5. ^  明正天皇は独身で子がなかった。しかし、三女・江の娘・豊臣完子は九条幸家に嫁いで九条道房を生み、その子孫が大正天皇皇后・節子昭和天皇の母であるため、今上天皇と血が繋がっている。
  6. ^ a b 市の年齢は天文16年出生説に従うと20代となり、戦国期大名家中における女性の初婚年齢は平均13〜14歳で初婚としては遅く、市の生年が誤りであるか初婚でない可能性が指摘される他、市と長政の婚姻を永禄4年とする説も提唱されている[4]
  7. ^ 宮島敬一は永禄10・11年説はないとしたうえで、婚姻は永禄2年6月以降遅くとも永禄6年を下らない時期とする[8]
  8. ^ 江戸時代前期の寛文の末に書かれた軍談物『浅井三代記』では、兄・信長の「娘分」として永禄7年(1564年)に近江国浅井長政に嫁いだとされる。
  9. ^ 奥野論文で存在が指摘された永禄8年12月に出された和田惟政から三雲定持・成持父子に充てられた書状(「福田寺文書」)の中に六角義賢が惟政に信長と長政の縁組の斡旋を指示したとする記述がある。当時、和田は足利義昭の上洛のために信長との交渉にあたっており、六角氏もこの時点では義昭方であった(後に離反する)[9]
  10. ^ 信長によって結婚の際に織田家から付けられた家臣。
  11. ^ 浅井氏家譜大成』によると、長政の先妻の子で市の養子になったとされる。
  12. ^ 実母不明で、側室の子とされる。
  13. ^ 勝家と夫婦であった期間は6か月ほどに過ぎない。

出典[編集]

  1. ^ 足立尚計著『風の俤 福井の客人たち』能登印刷出版部 2001年8月 ISBN 4-89010-385-6
  2. ^ & 西ヶ谷 2000, p.246.
  3. ^ 神田, p. 97.
  4. ^ 太田浩司、「北近江の戦国史」、長浜市長浜城歴史博物館編 『戦国大名浅井氏と北近江-浅井三代から三姉妹へ』 サンライズ出版、2008年 
  5. ^ a b 西ヶ谷 2000, p.247
  6. ^ 奥野高廣「織田信長と浅井長政との握手」(『日本歴史』248号、1969年)
  7. ^ 宮本義己「信長の婚姻大作戦」(『歴史読本』31巻16号、1986年)
  8. ^ 宮島敬一『浅井氏三代』(吉川弘文館、2008年)177頁
  9. ^ 久保尚文「和田惟政関係文書について」(初出:『京都市歴史資料館紀要』創刊号(1984年)/所収:久野雅司 編著『シリーズ・室町幕府の研究 第二巻 足利義昭』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-162-2)
  10. ^ 神田, pp. 104-105.
  11. ^ 『渓心院文』より。宮本 2010, pp. 66-74
  12. ^ a b <『南行雑録』所収堀秀政宛て天正10年10月6日勝家書状「覚書」>『戦史ドキュメント 賤ヶ岳の戦い』高柳光寿 P.25-26、P.226-227、学研M文庫 2001、原本 春秋社 1978年
  13. ^ 桑田 1972, p. 15.
  14. ^ 桑田忠親『淀君』(吉川弘文館、1958年)5-6頁
  15. ^ 桑田 1972, p. 169.
  16. ^ 神田, p. 106.
  17. ^ 神田, p. 107.
  18. ^ 宮本 2010, pp. 93-94.
  19. ^ 宮本 2010, pp. 90-92.
  20. ^ 北川央「それからのお市と娘たち」(小和田哲男編『浅井長政のすべて』新人物往来社、2008年)197-198頁

参考文献[編集]

  • 奥野高廣「織田信長と浅井長政との握手」(『日本歴史』248号、1969年)
  • 桑田忠親 『桃山時代の女性』 吉川弘文館1972年
  • 宮本義己「信長の婚姻大作戦」(『歴史読本』31巻16号、1986年)
  • 宮本義己 『誰も知らなかった江』 毎日コミュニケーションズ、2010年
  • 西ヶ谷恭弘 『考証織田信長事典』 東京堂出版、2000年、246-247頁。ISBN 4490105509 
  • 長浜市長浜城歴史博物館編『戦国大名浅井氏と北近江-浅井三代から三姉妹へ-』(サンライズ出版、2008年)
  • 小和田哲男編『浅井長政のすべて』(新人物往来社、2008年)
  • 宮島敬一『浅井氏三代』(吉川弘文館、2008年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]