藤掛永勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
藤掛永勝
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 弘治3年(1557年
死没 元和3年6月5日1617年7月7日
改名 織田三蔵→藤掛吉勝→永勝
別名 吉勝、通称:三蔵
戒名 宗三
官位 従五位下、三河守美作
幕府 江戸幕府
主君 織田信長浅井長政→信長→羽柴秀勝
豊臣秀吉秀頼徳川家康秀忠
氏族 織田氏藤掛氏
父母 父:織田永継、母:藤掛善右衛門の娘
養父:藤掛善右衛門
永重永元永成、娘(川勝広綱室)

藤掛 永勝(ふじかけ ながかつ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名旗本織田氏の一族。初名は吉勝。丹波八津合城主。

生涯[編集]

弘治3年(1557年)、織田永継の子として生まれた。永禄元年(1558年)に父が死去した後、外祖父・藤掛善右衛門に養育されたことから藤掛姓を称した。

永禄10年(1567年)ころ、織田信長に仕える。織田氏と浅井氏との婚儀に際しては、永勝は信長の妹お市に随伴して小谷城に入る。小谷落城時はお市や浅井三姉妹を救出して岐阜城に帰参した。

天正7年(1579年)、信長の四男・秀勝が羽柴家の継嗣として羽柴秀吉養子入りすると、信長の命によってその補佐役を務めた。信長の死後、秀勝が丹波一国の国主に封ぜられると、同国氷上郡小雲にて6,000石を与えられた。小牧・長久手の戦いにも秀勝と共に参戦して、その功で従五位下、三河守に叙任された。

天正13年(1585年)12月に秀勝が病死した後、秀吉に直臣として召し抱えられ、丹波国何鹿郡上林1万3,000石を領し八津合城を築いた。八津合は丹波国の北辺に位置し、京都の奥座敷ともいわれる畿内の防衛上重要な地である。小田原征伐文禄・慶長の役にも参戦し、とくに文禄の役では渡海して晋州城攻めで武功を挙げた。

慶長5年(1600年)の時点で丹波国何鹿郡上林に1万5,000石。同年関ヶ原の戦いでは西軍に与した。大坂城下の高麗橋を服部正栄と共に警備した後、丹後田辺城攻めに参加した(田辺城の戦い)。細川幽斎と親しく攻撃は形だけであったというが、戦後は丹波国何鹿郡上林6,000石に減封された(形式上一旦改易された後に改めて上林6,000石に封ぜられたともされる)。元和3年(1617年)6月5日、京都にて死去した。享年61。

家督は嫡男の永重が相続した。江戸時代を通じて、藤掛氏(藤懸氏)は上林八津合(現在の綾部市八津合町)に陣屋(事実上は城・旧八津合城)を構える大身旗本(4,000石)として存続した。

参考文献[編集]

  • 高柳光寿; 松平年一 『戦国人名辞典』 吉川弘文館、1981年、208頁。