浅井長政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
浅井長政
Azai-Nagamasa.jpg
浅井長政像(長浜城歴史博物館蔵)
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文14年(1545年
死没 天正元年9月1日1573年9月26日
改名 猿夜叉丸(幼名)、賢政、長政
別名 新九郎、備前守通称
戒名 養源院天英宗清
墓所 滋賀県長浜市徳勝寺
官位 従二位中納言
主君 六角義賢
氏族 近江浅井氏(自称藤原氏
父母 父:浅井久政、母:小野殿
兄弟 長政政元政之岡崎安休浅井治政阿久姫大弐局京極マリア
正室:平井定武の娘
継室:お市の方
側室:八重の方
万福丸[注 1]万寿丸ほか
茶々[注 2]くす刑部卿局
養子:井頼

浅井 長政(あざい[注 3] ながまさ、旧字体表記:淺井 長政)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。北近江戦国大名浅井氏の3代目にして最後の当主。

浅井氏を北近江の戦国大名として成長させ、北東部に勢力をもっていた。妻の兄・織田信長と同盟を結ぶなどして浅井氏の全盛期を築いたが、後に信長と決裂して織田軍との戦いに敗れて自害。浅井氏は滅亡した。官位は贈従二位中納言徳川家光の外祖父にあたるため、死後の寛永9年(1632年)9月15日に贈られた[2])。

生涯[編集]

家督相続[編集]

天文14年(1545年)に浅井久政の嫡男として、六角氏の居城・南近江の観音寺城下(現在の滋賀県近江八幡市安土町)で生まれる。幼名は猿夜叉丸

下克上によって、直接の主筋で北近江の守護であった京極氏を追い落とした浅井氏も、当時南近江の守護であった六角氏との合戦に敗れ、初代当主である浅井亮政(長政の祖父)の代に手に入れた領地も失い、六角氏に臣従していた。そのため長政自身も、生母・小野殿と共に人質になっていたとされる。久政は六角氏との外交に力をいれ、かろうじて北近江を維持していた。家臣の中には久政の弱腰な政策に反発する者も多く、また先代に活躍した武将も世代交代という名目で低い扱いを受けていた。

15歳で長政が元服した際、六角氏は浅井と臣従関係にあることをはっきりさせるため、長政に六角氏当主である六角義賢一字をとって賢政と名乗らせた。また、六角氏の家臣である平井定武の娘との婚姻も強いた。

浅井家の成長と六角家の衰退[編集]

永禄3年(1560年)8月中旬、賢政(新九郎)は15歳の若さで軍を率い、六角軍を相手に野良田の戦いで見事な戦い振りを披露した。これによって重臣の赤尾清綱海北綱親遠藤直経らを心酔させたと言われている。

六角氏に服従する状況に不満を持っていた家臣達は賢政に期待を寄せ、久政を竹生島に追放して隠居を強要した。長政は家督を強奪に近い形で相続した。長政は六角氏から離反する意思を明確にするため平井定武の娘を六角氏に返し、「賢政」の名も新九郎に戻した。

野良田の戦いの勝因は、短期間で寄せ集めの軍備しかできなかった六角氏と異なり、久政が隠居した頃から合戦の準備を始めていたためと思われる。また朝倉氏に援軍を求めた様子もないことから、朝倉親交派である久政や家臣達ではなく、長政自身が戦の主導権を取っていたという見方もできる。合戦後は、朝倉氏との関わりを少なくした独立政治を展開している。

永禄6年(1563年)、六角氏の筆頭家臣であった後藤賢豊が暗殺された(観音寺騒動)。この騒動で六角を離れ浅井に仕官した者も多く、六角氏の改革失敗が決定的になった。同年、長政の美濃遠征中にその留守を狙い六角氏が軍を動かしたため、長政は軍を反転させて六角軍を撃破した。殿(しんがり)を守らせた赤尾清綱は、わずか500の兵で見事な働きを見せた。

この2つの出来事で浅井氏は領地を拡大したが、その後は六角氏との停戦協議により膠着状態が続く。

織田信長と同盟[編集]

長政
於市
浅井長政像・お市の方像は対の掛け軸となっている。(高野山持明院像)

1560年代織田信長は、美濃斎藤氏との膠着状態を打破するため不破光治を使者として送り、長政に同盟を提案した。同盟の条件は浅井側に有利であったが、浅井家臣の中では賛否両論あり、遠藤直経も反対だったという。最大の問題は、久政の盟友である朝倉義景と信長の不仲だった。西美濃勢が信長寄りに振る舞う度に領地が油阪で通じることになり、織田・朝倉は互いに挑発を繰り返していた。

同盟に際して織田・浅井の両家は政略結婚をした。永禄10年(1567年)9月頃[3]に、長政は信長の妹のを妻とした[4][5]。なお、長政と市の婚姻時期については諸説ある。永禄7年(1564年)[6]、永禄8年(1565年)[注 4]とする説などいくつかの異説[注 5]がある。

織田・浅井の同盟により、信長は上洛経路ともなる近江口を確保し、美濃国攻略の足掛かりとした。信長は同盟成立を大いに喜び、通常は浅井側が結婚資金を用意するのが当時のしきたりだったが、信長自身が婚姻の費用を全額負担したとされている。結婚に際して、信長の一字を拝領し、長政と改名したともされる[10][11][12]。さらに賢政時代の花押をやめて、「長」の字を右に倒した形の花押を作った[13]

永禄11年(1568年)7月、越前国に滞在していた足利義昭は、一向に上洛の意志をみせない朝倉義景に見切りをつけ、尾張の信長の元に身を寄せた。これによって、9月に信長は上洛を開始した。上洛の道中、反抗する六角氏を攻撃。これにより、長政の宿敵である六角氏の勢力は、南近江の甲賀郡に撤退。浅井氏も、義昭を守護しながら上洛を掩護した。

同盟破棄・信長包囲網[編集]

元亀元年(1570年)、信長が長政と交わした「朝倉への不戦の誓い」を破り、徳川家康と共に琵琶湖西岸を通過して越前国の朝倉方の城を攻め始める。長政は義景との同盟関係を重視し、織田徳川連合軍を背後から急襲。信長は殿を務めた羽柴秀吉らの働きにより、命からがら近江国を脱出した(金ヶ崎の退き口)。

信長との同盟に反対していた家臣達は、信長が朝倉攻めに際して一報を入れなかったことから、隠居の久政をかつぎ出し、長政に織田軍への進撃を提案したと言われている。敦賀への進軍に、主力である武将達は参加しておらず長政が居たという記録はない。また、そもそも織田と浅井の同盟自体が存在せず、金ヶ崎の戦いでの織田軍は、目的を達して凱旋中に浅井氏の挙兵を知ったという説もある[注 6]

同年6月、長政は朝倉軍とともに、近江国・姉川で織田徳川連合軍と戦う(姉川の戦い)。先鋒の磯野員昌が織田軍の備え13段のうち11段まで崩す猛攻を見せ、織田軍は敗走の用意をしていたという逸話はあるものの、信憑性は薄い。結局この戦は、織田徳川連合軍の勝利に終わった。なお、当時浅井軍の名もない足軽だった藤堂高虎は、姉川の戦いに参戦し、織田軍に対し多くの武功を上げて長政から感状を送られた。

姉川の戦いの後、信長に脅威を覚えた本願寺野田城・福島城の戦い)が、反信長の意志を表した(信長包囲網)。9月には朝倉軍や延暦寺・一向宗徒と連携し、再び信長への攻勢を強め(志賀の陣)、坂本において森可成織田信治らを討ち取る。だが、信長が足利義昭に和睦の調停を依頼し、さらに朝廷工作を行ったため、12月に信長と勅命講和することになる。また、浅井氏と協力関係にあった延暦寺は、元亀2年(1571年)9月に信長の比叡山焼き討ちにあい、壊滅してしまった。

武田信玄との連携[編集]

元亀3年(1572年)7月、信長が北近江に来襲した。長政は父の代からの同盟者である朝倉義景に援軍を要請、義景は1万5,000の軍勢を率い近江に駆けつけた。信長との正面衝突にはならず睨み合いが続いたが、浅井・朝倉連合軍は織田軍に数で劣っており、依然として苦しい状況であった。

遅れること同年9月、将軍・足利義昭の要請に応える形で武田信玄がやっと甲斐国を進発する。信玄はこの時、長政・久政親子宛に「只今出馬候 この上は猶予なく行(てだて)に及ぶべく候 」という書状を送っている。

その後、信玄は遠江で織田・徳川連合軍を撃破し(三方ヶ原の戦い)、三河に進んだ。長政らに与えられた役割は、北近江の織田軍を岐阜に戻さないことである。北近江に織田軍を釘付けにすれば、信長は全力をもって信玄の軍勢とぶつかることができず、反信長連合軍の勝機は高まった。

同年12月、北近江の長政領に在陣の朝倉義景の軍が、兵の疲労と積雪を理由に越前に帰国した。義景の撤退により、北近江に縛られていた織田軍も美濃に戻った。この時、義景の軍と同様に悪条件がそろう長政の寡兵だけでは退却する織田軍の追撃は難しかった。信玄は義景の独断に激怒し、再出兵を促す手紙(伊能文書)を義景に送ったが、義景はそれに応じず、黙殺的態度を示した。それでも信玄は義景の再出兵を待つなどの理由[14]で軍勢を止めていたが、翌年2月には進軍を再開し、家康領の野田城を攻め落とす。しかし、信玄の急死により、武田軍は甲斐に退却した。これにより包囲網は一部破綻し、信長は大軍勢を近江や越前に向ける事が可能になった。

浅井家滅亡[編集]

浅井長政公自刃之地(小谷城内・赤尾屋敷跡)

天正元年(1573年)7月、信長は3万の軍を率い、再び北近江に攻め寄せる。長政は義景に援軍を要請、義景は2万の軍で駆けつけるが織田の軍勢が北近江の城を即座に落とし、浅井家中にも寝返りが相次いだため、浅井氏の救援は不可能と判断した義景は越前国に撤退を始めた。撤退する朝倉軍を信長は追撃して刀根坂にて壊滅させ、立て直す隙を与えずそのまま越前国内へ乱入し朝倉氏を滅亡させた後(一乗谷城の戦い)、取って返して全軍を浅井氏に向けた。

もはや浅井軍は、信長の大軍によって一方的に勢力範囲を削られるのみであった。ついに本拠の小谷城滋賀県長浜市)が、織田軍に囲まれる。信長は不破光治(同盟の際の使者)、さらに木下秀吉を使者として送り降伏を勧めたが、長政は断り続け、最終勧告も決裂した。

同年8月27日父の久政が自害。『信長記』には翌8月28日に長政は小谷城内赤尾屋敷にて自害したとされるが、近年8月29日に出された長政の片桐直貞に対する感状が発見され、命日は9月1日であることが判明した[15][16]享年29。墓所は滋賀県長浜市徳勝寺

信長公記』には、天正2年(1574年)の正月、内輪の宴席において薄濃(はくだみ、漆塗りに金粉を施すこと)にした義景・久政・長政の首級を御肴として白木の台に据え置き、皆で謡い遊び酒宴を催したとある[注 7]

系譜[編集]

浅井氏は始祖を正親町三条公綱(公家の嵯峨家)の落胤とする家系伝承を持ち、本姓藤原氏と称するが、江北に古くから土着している豪族に浅井氏があり、平安時代や鎌倉時代の記録に既に名が見える、古来の浅井氏に、公家の子息が入り婿したとも伝えられる。室町時代には、守護京極氏に従う国人領主の一つとして頭角を表す。やがて梟雄・亮政が越前・朝倉氏の後援によって国人一揆の盟主格であった浅見氏を倒し、江北第一の勢力として台頭するに至った。

両親
兄弟
姉妹
愛知県春日井市の浅井氏宅跡にある浅井長政像。側室八重が生んだ子の七郎とその子孫がこの地に住んだという。
息子
養子
  • 浅井井頼(政信 / 政賢 / 政春 / 政堅 / 長房)

末裔[編集]

著名な人物に、お江系統の子孫として昭和天皇以降の皇室が挙げられる。

家臣[編集]

浅井長政を主題とする作品[編集]

  • 『覇者の系譜』(伊藤浩士) - 朝倉氏に近しい久政の一派を長政が完全に統制したと仮定したif小説
  • 『浅井長政正伝 死して残せよ虎の皮』(鈴木輝一郎) - 浅井長政出生から父久政の放逐、信長との離反、滅亡を長政から描いた歴史小説

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 正室のお市との間の子とされるが、平井定武の娘が生母ともいわれている。
  2. ^ 『浅井氏家譜大成』を根拠として、一説に娘の茶々は正室のお市が嫁ぐ前に生まれたともいわれ、長政の実子ではないという説がある。
  3. ^ 名字および所領地名の「浅井」の読みは、以前は「あさい」が一般的であったが、現在は「あい」が正しいとされている。ただ、最新の研究では、やはり「あさい」が正しいという学説もある[1]
  4. ^ 和田惟政が三雲定持に宛てた書状に「浅井備前守と信長の縁辺(婚姻)、入眼候…」とあることから、近江国矢島の和田惟政の元にいた覚慶(足利義昭)が、上洛を目指すために織田と浅井の婚姻を結ばせたとする[7]
  5. ^ 市は天文16年(1541年)出生とされ、永禄年間の終わり頃の婚姻では初婚としては遅い20代前半にあたることから市の出生年代や婚姻時期が誤りか、初婚でない可能性も考えられており、北近江をめぐる地域情勢から婚姻を永禄4年段階とする説や[8]、永禄2年6月以降遅くとも永禄6年を下らない時期とする説[9]もある。
  6. ^ 安芸毛利元就宛覚書』(毛利家文書)に「浅井備前守別心易色之由、帰洛之途中へ告来候」とあることを根拠に浅井氏挙兵は凱旋途中にその報を受けたとする[7]
  7. ^ これは敵将への敬意の念があったことを表したもので、 改年にあたり今生と後生を合わせた清めの場で三将の菩提を弔い新たな出発を期したものである、とする説がある[17]

出典[編集]

  1. ^ 宮島敬一著『浅井氏三代』(吉川弘文館、2008年)
  2. ^ 村川浩平「天正・文禄・慶長期、武家叙任と豊臣姓下賜」(『駒沢史学』80号)
  3. ^ 西ヶ谷恭弘 『考証織田信長事典』 東京堂出版、2000年、246-247頁。ISBN 4490105509 
  4. ^ 奥野高廣「織田信長と浅井長政との握手」(『日本歴史』248号、1969年)
  5. ^ 宮本義己「信長の婚姻大作戦」(『歴史読本』31巻16号、1986年)
  6. ^ 『浅井三代記』
  7. ^ a b 高澤等『新・信長公記』(ブイツーソリューション、2011年)
  8. ^ 太田浩司「北近江の戦国史」『戦国大名浅井氏と北近江-浅井三代から三姉妹へ-』(長浜市長浜城歴史博物館、2008年)
  9. ^ 宮島敬一『浅井氏三代』(吉川弘文館、2008年)177頁
  10. ^ 黒田惟信編『東浅井郡志』(東浅井郡教育会、1927年のちに1971年に名著出版から復刻)
  11. ^ 佐藤進一『増補 花押を読む』(平凡社、2000年)37頁
  12. ^ 宮島敬一『浅井氏三代』(吉川弘文館、2008年)163-164頁
  13. ^ 佐藤進一『増補 花押を読む』(平凡社、2000年)37-38頁
  14. ^ 実際は周辺の調略、自軍の補給、気候条件、信玄自身の体調などの問題があり、進軍不可能であった。
  15. ^ 荻野三七彦「浅井長政最期の感状」(『古文書研究』31号、1989年)
  16. ^ 小笠原長和「浅井長政の感状と主従関係」(『千葉史学』37号、2000年)
  17. ^ 宮本義己『誰も知らなかった江』(毎日コミュニケーションズ、2010年)61-62頁

関連項目[編集]