金井浩人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かない ひろと
金井 浩人
生年月日 (1992-05-12) 1992年5月12日(29歳)
出身地 日本の旗 日本 新潟県
身長 171 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2012年 -
事務所 吉本興業
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
きらきら眼鏡
テンプレートを表示

金井 浩人(かない ひろと、1992年5月12日 - )は、日本俳優

新潟県出身。吉本興業所属。

出演[編集]

映画[編集]

ショートフィルム[編集]

  • やまとのもり(2015年)
  • 桜桃らんでぶー(2016年)
  • 渦(2017年)
  • 渋谷、もうひとつのハチ。(2018年)
  • たまつきの夢(2019年)

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

舞台[編集]

  • ゴドーを待ちながら(2015年3月10日 - 14日、UPS神楽坂スタジオ)
  • DREAM OF PASSION(2015年5月2日 - 10日、北沢タウンホール / 7月3日 - 4日、せんだい演劇工房10-BOX
  • 花瓶の中の海(2016年8月17日 - 21日、千本桜ホール)
  • 祖国は我らのために(2017年5月18日 - 28日、すみだパークスタジオ倉)
  • シンクロニシティ(2018年1月25日 - 28日、下北沢アレイホール)[7]
  • 365日、36.5℃(2019年10月30日 - 11月4日、すみだパークスタジオ倉)[8]

PV[編集]

  • バレーボウイズ「ひがしのまち」(2018年)
  • phai「I'll do(feat. POINT HOPE)」(2018年)
  • the shes gone「ディセンバーフール」(2020年)

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 池脇千鶴とのダブル主演。

出典[編集]

  1. ^ “新人・金井浩人と池脇千鶴がW主演「きらきら眼鏡」製作決定、安藤政信も出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年8月9日). https://natalie.mu/eiga/news/244109 2020年8月15日閲覧。 
  2. ^ “金井浩人、主演抜てきに「プレッシャーが大きくて怖かった」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年9月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2119578/full/ 2020年8月15日閲覧。 
  3. ^ “陣内孝則が今井宗久、駿河太郎が筒井順慶、井本彩花がお市に 『麒麟がくる』新キャスト発表”. リアルサウンド 映画部 (株式会社blueprint). (2020年8月14日). https://realsound.jp/movie/2020/08/post-602346.html 2020年8月15日閲覧。 
  4. ^ “ドラマ『あのコの夢を見たんです。』前半のゲストキャスト発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年9月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2172813/ 2020年10月10日閲覧。 
  5. ^ 金井浩人 [@h_kanaiofficial] (2020年10月2日). "本日深夜0:12〜放送される、ドラマ24「#あのコの夢を見たんです。」に、仲野太賀さん演じる山里亮太さんのマネージャー、谷浦役で出演します。是非ご覧下さい!" (ツイート). Twitterより2020年10月10日閲覧
  6. ^ “小芝風花主演、安田真奈監督「TUNAガール」がNetflixで世界配信中”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2019年11月7日). https://eiga.com/news/20191107/17/ 2020年8月15日閲覧。 
  7. ^ “劇団藤村聖子「シンクロニシティ」宝来忠昭が初の舞台脚本・演出”. ステージナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年1月18日). https://natalie.mu/stage/news/265678 2020年8月15日閲覧。 
  8. ^ “三宅亮輔・小西桜子ら出演の青春群青劇、Superendroller「365日、36.5℃」”. ステージナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年9月2日). https://natalie.mu/stage/news/345914 2020年8月15日閲覧。 

外部リンク[編集]