田中義成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中 義成(たなか よしなり、安政7年3月15日1860年4月5日) - 大正8年(1919年11月5日)は、国史学者。

経歴[編集]

江戸築地に、田安家家臣の子として生まれる。明治初年猪野中行に師事して八年間漢学を修め、1876年太政官修史局の写字生となり、修史事業に携わる。1886年掌記、ついで編纂員となり、1892年東京帝国大学助教授となり、翌年いったん辞職するが、1895年再度助教授となり、1903年文学博士号を授与され、1905年史料編纂掛主任兼帝大教授となり、『大日本史料』の編纂にも当たった。1919年11月5日、大学の食堂で食事を取りながら辻善之助渡辺世祐と座談していたところ、急に脳溢血の発作を起こして死去[1]

中世政治史の骨格を築き、没後その講義が門下生によって纏められた。

栄典[編集]

著書[編集]

  • 日本武士 弘学館書店, 1918
  • 国史の片影 東盛堂, 1920
  • 南北朝時代史 明治書院, 1922 のち講談社学術文庫
  • 足利時代史 明治書院, 1923 同
  • 織田時代史 明治書院, 1924 同
  • 豊臣時代史 明治書院, 1925 同

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)176頁
  2. ^ 『官報』第6450号「叙任及辞令」1904年12月28日。
  3. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。