荻野三七彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

荻野 三七彦 (おぎの みなひこ、1904年3月18日 - 1992年8月12日[1])は、日本古文書学者。

文化財保護行政の荻野仲三郎の次男として東京市に生まれる。1929年早稲田大学文学部史学科卒業[2]東京帝国大学文学部史料編纂所嘱託、1948年「聖徳太子伝古今目録抄の基礎的研究」で早大文学博士[3]。早稲田大学教授、1974年定年退職、名誉教授、聖徳太子奉讃会理事、永青文庫理事。[4]

編著書[編集]

  • 『聖徳太子伝古今目録抄』編 法隆寺 1937
  • 『日本中世古文書の研究』荻野三七彦博士還暦記念論文集刊行会 1964
  • 『印章』吉川弘文館 日本歴史叢書 1966
  • 『姓氏・家紋・花押』新人物往来社 1976 のち吉川弘文館
  • 『聖徳太子伝古今目録抄』編著 名著出版 1980
  • 『聖徳太子伝古今目録抄の基礎的研究』編著 名著出版 1980
  • 『古文書研究 方法と課題』名著出版 1982
  • 『日本古文書学と中世文化史』吉川弘文館 1995

共編著[編集]

  • 『新編甲州古文書』全3巻 斎藤俊六共編 角川書店 1966-68
  • 吉良氏の研究』編著 名著出版 関東武士研究叢書 1975
  • 『世田谷区の歴史』共著 東京にふる里をつくる会編 名著出版 1979 東京ふる里文庫

[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 『早稲田大学校友会会員名簿 〔昭和10年用〕』早稲田大学校友会、1939年、p.171
  3. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2018年1月6日閲覧。
  4. ^ 『現代日本人名録』1987年