小笠原長和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小笠原 長和(おがさわら ながよし、文政4年(1821年) - 天保11年10月23日1840年11月16日))は、肥前国唐津藩の第4代藩主。忠知系小笠原家12代。

大和国郡山藩柳沢保泰の九男。官位は従五位下。佐渡守。幼名は元之助。

生涯[編集]

先代の唐津藩主小笠原長会の養子となり、天保7年(1836年)に長会の死去により跡を継いだ。同年6月1日、将軍徳川家斉に拝謁する。天保8年8月25日、従五位下佐渡守に叙任する。天保の大飢饉により領内で大飢饉が起こると、その救済に尽力した。しかし家臣の一部に不逞な輩がいたことが原因で、天保10年(1839年)に領内で一揆が起こった。これを鎮めるために尽力していた翌年10月23日、失意のうちに20歳で死去し、跡を養嗣子の長国が継いだ。墓所は佐賀県唐津市の近松寺。