浅井惟安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
浅井惟安
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正元年8月27日1573年9月23日
別名 福寿庵(庵号)
主君 浅井久政長政
氏族 浅井氏
父母 父:浅井清政
兄弟 碧潤惟安貞政田屋明政秀信

浅井 惟安(あざい これやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将浅井氏の家臣。

浅井氏当主浅井久政の近侍を務める。永禄3年(1560年)に久政が隠居した後もこれに従った。小谷城の福寿丸に居を構えその名が庵号となった。

天正元年(1573年)、小谷城の戦いでは京極丸を守備する。小丸に移動してからは久政の介錯を務めた後、自害した。子孫は美濃国に落ち延びたと伝わる。