高柳光寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高柳 光寿(たかやなぎ みつとし、高柳光壽とも。1892年3月11日 - 1969年12月1日)は、日本の歴史学者。自身で「柳」と署名しているものもある。國學院大學教授。大正大学教授。静岡県出身。 専門は日本中世史、特に戦国時代史。足利尊氏研究、戦国史研究の権威。

来歴[編集]

静岡県敷知郡浜松町(現在の浜松市)に神主高柳喜一郎の長男として生れる。1914年、國學院大學国史科を卒業、1916年東京帝国大学史料編纂所に勤務、1926年には史料編纂官となって、『大日本史料安土桃山時代の編纂を担当。また、1921年から1944年まで國學院大學教授を、1947年から1969年まで大正大学教授を兼任。1948年日本歴史学会を創設し、初代会長に就任。1952年、東大史料を定年退官し、1958年より國學院大學文学部教授。また鎌倉市史編纂主任となり、1961年には『鎌倉市史 総説編』により國學院大學から文学博士の学位を授与される。1968年に國學院大學を退官。1969年、東京都中野区の実家で死去。

業績[編集]

その研究方法は実証的・科学的なもので、それまで旧参謀本部『日本戦史』によって通説化していた様々な戦国史について再検討を行った。史料を分別することで、虚実を露にし、多くの新説を打ち立てた。それらは当時は画期的なものであったが、現在、多くの人々に支持され、通説となっている。史料の採用については、同じ國學院大教授の桑田忠親よりもシビアであり、軍記物などは積極的に排除する傾向がみられる。ただ、その中でも合理的な推察を加え、ありうべき事柄についてはそれを棄てないでいる。このような研究により、戦国史の泰斗権威と評され、現在においても多大な影響を残している。また本能寺の変については、明智光秀の野望説を打ちたて、現在、藤本正行鈴木眞哉らによって支持・補強されている。その著書『明智光秀』(人物叢書・吉川弘文館、1958年)は、小和田哲男が高校生当時に読み、歴史学のあり方について多くを学んだと吐露している(『明智光秀』PHP新書)。また、石井進(中世史専攻、東大名誉教授)は「国家成立過程における神社の意義」(高柳光寿史学論文集上、吉川弘文館、1970年所収)を読んで諏訪大社や信仰に興味を持った(石井進著作集第5巻)など、後進に与えた影響は大きく広い。

新説から通説へ[編集]

主著である『戦国戦記』は、本能寺の変山崎の戦い三方ヶ原の戦い長篠の戦い賤ヶ岳の戦いに関するものが刊行されており、当時は新説を多く盛り込んだ画期的な力作であったが、史実を求めた実証的な内容が支持され、その多くが通説として扱われている。現在、一部反論されるものも散見されるが、これらの著書の影響力は甚大である。なお、同書は、小牧・長久手の戦い島原の乱関ヶ原の戦い(2巻)が執筆される予定であり、高柳自身も意欲に燃えていたが、その死歿により幻となってしまった。

著書[編集]

  • 『愛宕下、日比谷、丸の内附近、浅草、馬道、千束町、吉原、菊屋橋附近、地勢考』東京地下鉄道、1922年
  • 『中等日本史』修文館、1929年
  • 『新制中等日本史教授資料』東京修文館、1931年
  • 『日本人の大陸発展史』日本放送出版協会、1941年 ラヂオ新書
  • 『日本武将評伝 第1巻 坂上田村麻呂 他14篇』大日本出版、1945年
  • 足利尊氏春秋社、1955年
  • 明智光秀吉川弘文館(人物叢書)、1958年
  • 『戦国戦記 1 三方原の戦』春秋社、1958年『武田信玄の戦略 三方原の戦』1988年
  • 『戦国戦記 2 賤ケ岳の戦』春秋社、1958年「賤ケ岳の戦 戦史ドキュメント」学研M文庫
  • 『戦国戦記 3 本能寺の変・山崎の戦』春秋社、1958年「本能寺の変 戦史ドキュメント」学研M文庫
  • 『戦国戦記 4 長篠の戦』春秋社、1960年
  • 『伊豆箱根・鎌倉の魅力』丸茂慎一(カメラ)淡交新社、1962年
  • 『青史端紅』朝日新聞社、1962年
  • 『戦国の人々』春秋社、1962年
  • 『戦国史談』人物往来社、1966年
  • 源義経文藝春秋、1967年
  • 『高柳光寿史学論文集』上・下 吉川弘文館、1970年
  • 『戦国対談』春秋社、1977年 新書戦国戦記 10
  • 『戦国随想』春秋社、1978年 新書戦国戦記 8
  • 『戦国の風俗と美術』春秋社、1978年 新書戦国戦記 9
  • 『新書戦国戦記』全10冊 春秋社、1977年-1978年

共編など[編集]

  • 『女子中等日本史』修文館、1930年
  • 『日本名筆全集 第5巻 高僧名蹟集』雄山閣、1931年
  • 『大日本戦史』第1-8巻 三教書院、1937-1944年
  • 宮本武蔵『五輪書』校訂 1942年、岩波文庫
  • 『世紀別日本史』渡辺実共著 明治書院、1958年
  • 『戦国人名辞典』松平年一共著 吉川弘文館、1962年
  • 『角川日本史辞典』竹内理三共編 角川書店、1966年
  • 『日本逸話大事典』全8巻 白井喬二共編 人物往来社、1967年
  • 『日本合戦史』鈴木亨共著 学芸書林、1968年 のち河出文庫
  • 『鎌倉市史 総説編』吉川弘文館、1959年

記念論集[編集]

  • 『戦乱と人物』高柳光寿博士頌寿記念会編 吉川弘文館、1968年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]