桑田忠親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桑田 忠親(くわた ただちか、1902年11月21日 - 1987年5月5日)は、日本歴史学者國學院大學名誉教授

略歴[編集]

東京市麹町区生まれ。1926年國學院大學国文学科卒。東京帝国大学史料編纂所に勤務する。1945年に退官、1946年より國學院大學文学部教授。1973年定年退職して客員教授となり、1979年名誉教授。1980年勲三等瑞宝章を受章。1987年、肺炎のため死去[1]

大学時代は文学青年で小説家を目ざしていたが、学問に転じた。のち小説「利休切腹以後」(『小説現代』1970年7月)を書いた。戦国時代史を研究し、はじめ千利休などの茶人を研究して1952年には「茶道の大成」により國學院大學から文学博士の学位を授与[2]され、ついで同時代人の書簡を研究した。大河ドラマの時代考証を手がけ、夥しい数の一般向けの歴史書を書いた。1983年、歌会始召人を務めた。著作集全10巻が秋田書店から出ている。『日本茶道史』『千利休』『日本武将列伝』『日本合戦全集』などが代表作。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『豊太閤伝記物語の研究』中文館書店 1940
  • 『大名と御伽衆』青磁社 1942
  • 『戦国武将の生活』青磁社 1942
  • 千利休』青磁社 1942 のち角川文庫
  • 『武将と茶道』一条書房 1943 のち講談社文庫
  • 『武将の家訓』創元社創元選書 1944
  • 『日本人の遺言状』創芸社 1944
  • 古田織部』宝雲舎 1946
  • 『宗湛日記:神谷宗湛の茶生活』高桐書院 1947
  • 豊臣秀吉』創元選書 1948 のち角川文庫 『太閤豊臣秀吉』講談社文庫, 1986
  • 細川幽斎』(日本書院、1948年/講談社学術文庫、1996年)
  • 片桐石州と茶道芸術』創元社, 1950
  • 『日本茶道史』(角川書店、1954年)
    • 『茶道の歴史』(講談社学術文庫)
  • 『日本の茶道』角川新書 1954
  • 世阿弥と利久 能楽と茶道』(至文堂 (日本歴史新書)、1956年)
  • 『乱世と茶道』平凡社 1957
  • 山上宗二記の研究』河原書店 1957
  • 『茶の心:茶道名言集』東京堂 1957
  • 『茶:歴史と作法』ダヴィッド社 1958
  • 淀君吉川弘文館(人物叢書)1958
  • 『信長の手紙』文藝春秋新社 1960
  • 『少年少女物語日本歴史』全5巻(実業之日本社、1961年)
  • 『利休の書簡』河原書店 1961
  • 『はだか太閤記:豊臣秀吉の人間像』講談社(ミリオン・ブックス) 1961
  • 『家康の手紙』文藝春秋新社 1961 のち文庫
  • 『戦国武将の手紙』人物往来社 1962
  • 『日本史千一夜』学生社新書 1962
  • 『戦国の史話』人物往来社 1963 「戦国の武将三十人」
  • 『英雄の手紙:戦国武将の映像』読売新聞社 1963
  • 『戦国の遺書』人物往来社 1964
  • 『武将と茶道』人物往来社 1964
  • 『織田信長』角川新書 1964 のち文庫
  • 『茶の美:茶道入門』秋田書店(サンデー新書) 1965
  • 太閤記の研究』徳間書店 1965
  • 一休禅師:警世の名僧』偕成社 1966
  • 『反逆の系譜』番町書房 1966 のち講談社文庫
  • 『義経をめぐる女たち』秋田書店(サンデー新書) 1966
  • 『日本宝島探検:埋もれた財宝を求めて』光文社(カッパ・ブックス) 1966
  • 『茶道の逸話』(東京堂出版、1967年)
  • 『名物茶道具の話』(徳間書店、1967年)
    • 『茶器と懐石』(講談社学術文庫)
  • 『徳川家康名言集』(ポプラ社、1968年)
  • 『古田織部』(徳間書店、1968年)
  • 『日本の歴史 6 天下の統一 安土・桃山時代』ポプラ社, 1969
  • 『日本の歴史 7 将軍と大名 江戸時代・上』ポプラ社, 1969
  • 『日本の歴史 8 武士と町人 江戸時代・下』ポプラ社 1969
  • 『日本名言辞典』東京堂出版 1969
  • 『川中島古戦場の旅』秋田書店(サンデー新書) 1969
  • 『物語日本史 原始から現代まで』偕成社 1970
  • 『女性の名書簡』東京堂出版, 1970
  • 『太閤家臣団』新人物往来社 1971
  • 『武将と人生訓』新人物往来社 1971
  • 『日本武将列伝』全5巻 秋田書店, 1972
  • 『高僧の名書簡』東京堂出版 1972
  • 桃山時代の女性』吉川弘文館 1972 『乱世に生きた女たち』旺文社文庫
  • 斎藤道三』新人物往来社, 1973 のち講談社文庫
  • 明智光秀』新人物往来社, 1973 のち講談社文庫
  • 『信長をめぐる七人の武将』(エルム、1973年)
  • 『日本合戦全集』全6巻 秋田書店, 1973-74
  • 『茶道史年表』東京堂出版, 1973
  • 『義士石田三成』(エルム、1974年)
    • 『石田三成』(改題、講談社文庫/中公文庫、2009年)
  • 宮本武蔵五輪書入門』(日本文芸社(ダルマ・ブックス)、1974年)
    • 『宮本武蔵・五輪書の極意』(にちぶん文庫
    • 『宮本武蔵五輪書入門:敵に勝つ技術:相手を呑み、意表を衝く』(パンドラ新書、2006)
  • 徳川綱吉と元禄時代』秋田書店, 1975
  • 『豊臣秀吉研究』角川書店 1975
  • 『戦国史疑』新人物往来社 1976
  • 『日本史の謎と怪異』日本文芸社, 1976
  • 『改正三河後風土記』秋田書店,1976
  • 『戦国時代の謎と怪異』日本文芸社, 1977
  • 『戦国武将の書簡 1』編著 徳間書店, 1977
  • 『千利休研究』東京堂出版 1977
  • 『茶陶とその巨匠』朝日新聞社 1977
  • 『戦国の秘話』聖文社, 1978
  • 『戦国武将と茶道』(実業之日本社、1978年)
    • 『戦国武将と茶の湯』(改題、小和田哲男監修、宮帯出版社、2013年)
  • 『桑田忠親著作集』(全10巻、秋田書店、1979年-80年)
  • 『日本史の異説と真説』聖文社 1980
  • 『戦国史談』潮出版社 1980
  • 『千利休:その生涯と芸術的業績』(中公新書、1981年)
    • 『千利休』(小和田哲男監修、宮帯出版社、2011年)
  • 『赤穂浪士史談』潮出版社 1981
  • 『或る蘭方医の生涯』中央公論社 1982
  • 『黄色い鶏』(エッセイ集、旺文社文庫、1982年)
  • 『日本史つれづれ』潮出版社 1982
  • 『家康の天下盗り健康法 現代に生きる新サバイバル学』集英社 1982
  • 『徳川家康史談』潮出版社 1983
  • 『日本の芸道六種 書・歌・連歌・能楽・花・茶』中公新書 1983
  • 『流浪将軍足利義昭』講談社 1985
  • 『戦国おんな史談』潮出版社、1986
  • 『日本史おもしろ読本』広済堂文庫, 1987
  • 『徳川家康 その手紙と人間』旺文社文庫, 1987
  • 『戦国おもしろ読本』広済堂文庫, 1987
  • 戦国武将名言集 広済堂文庫, 1987
  • 戦国武将の遺書 広済堂文庫, 1988
  • 上杉謙信ものしり史伝 孤高の戦国武将の謎と実像 広済堂出版 1988
  • 豊臣秀吉の発想力と知謀 広済堂文庫, 1990
  • 戦国乱世おもしろ読本 広済堂文庫, 1990
  • 間違いだらけの戦国史 大陸文庫, 1991
  • 織田信長男の凄さ・男の値打ち 三笠書房, 1991
  • 戦国武将 誰も知らない苦労話 三笠書房, 1991
  • 謎の人物日本史 広済堂文庫, 1992
  • 『戦国時代の謎と怪異』(日本文芸社(にちぶん文庫)、1993年)
  • 『日本史の謎と怪異』(日本文芸社(にちぶん文庫)、1994年)
  • 『毛利元就のすべてがわかる本』(三笠書房(知的生きかた文庫)、1996年)
  • 『戦国武将の謎:教科書ではわからない戦国時代の裏のウラ』(日本文芸社、2006年)

共著[編集]

  • 『戦国乱世 対談』(海音寺潮五郎共著、角川選書、1969年 のち文庫)
  • 『徳川家康 歴史対談』(山岡荘八共著、講談社、1972年、のち文庫)

編著[編集]

  • 酒井忠次公伝 先求院堂宇修繕後援会, 1939
  • 太閤記 小瀬甫庵 岩波文庫, 1943-44
  • 太閤書信 豊臣秀吉 地人書館, 1943 「太閤の手紙」講談社学術文庫
  • 茶道辞典 東京堂, 1956
  • 茶道人名辞典 東京堂出版, 1982

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)11頁
  2. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年2月26日閲覧。

関連項目[編集]