麒麟がくる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
麒麟がくる
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜 20:00 - 20:45(45分)
放送期間 2020年1月(予定)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会
演出 大原拓
ほか
脚本 池端俊策
プロデューサー 落合将制作統括
出演者 長谷川博己
時代設定 戦国時代1540年代) - 安土桃山時代
テンプレートを表示

麒麟がくる』(きりんがくる)は、2020年1月から放送予定のNHK大河ドラマ第59作目[1]

制作[編集]

2018年4月19日の制作発表で池端俊策の脚本で明智光秀の生涯を描き、主人公の明智光秀役には長谷川博己が起用されることが公表された[1]。長谷川の主演は池端のリクエストによるもので、同放送局のドラマ『夏目漱石の妻』(2016年)に続く組み合わせである[2]。また長谷川にとっては2018年度後期放送予定の連続テレビ小説まんぷく』出演に続けてのオファー受諾であった[2]。タイトルは仁政を行うの元に現れるとされる伝説の動物「麒麟」が由来となっており、モチーフとしての麒麟が何者で、如何にして何れの英雄の前に現れるのかを問うていく物語となるという[1]

4Kでフル撮影し、最新の研究成果も踏まえ、従来と異なる新たな解釈で戦国時代の物語を紡ぎ[2]、光秀の謎に満ちた生い立ちにもスポットを当て、また、英傑たちの父親の時代をも描き、斎藤道三足利義昭織田信長徳川家康らの蠢動から活躍を見せてゆく群像劇として制作するとしている[1]。クランクインは2019年6月の予定[1]

登場人物[編集]

明智光秀 (あけち みつひで)
演:長谷川博己

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 長谷川博己さんが明智光秀役! 2020年大河ドラマ「麒麟がくる」”. NHKドラマトピックス. NHK (2018年4月19日). 2018年4月19日閲覧。
  2. ^ a b c 2020年大河ドラマは明智光秀「麒麟がくる」!主演は長谷川博己”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ (2018年4月19日). 2018年4月19日閲覧。

関連項目[編集]


NHK総合 大河ドラマ
前番組 番組名 次番組
麒麟がくる
-