麒麟がくる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
麒麟がくる
ジャンル テレビドラマ
脚本 池端俊策
演出 大原拓
ほか
出演者 長谷川博己
時代設定 戦国時代1540年代) - 安土桃山時代
製作
プロデューサー 落合将制作統括
制作 日本放送協会
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2020年1月(予定)
放送時間 日曜 20:00 - 20:45
放送枠 大河ドラマ
放送分 45分

麒麟がくる』(きりんがくる)は、2020年1月から放送予定のNHK大河ドラマ第59作目[1]

制作[編集]

2018年4月19日の制作発表で池端俊策の脚本で明智光秀の生涯を描き、主人公の明智光秀役には長谷川博己が起用されることが公表された[1]。長谷川の主演は池端のリクエストによるもので、同放送局のドラマ『夏目漱石の妻』(2016年)に続く組み合わせである[2]。また長谷川にとっては2018年度後期放送の連続テレビ小説まんぷく』出演に続けてのオファー受諾であった[2]。タイトルは仁政を行うの元に現れるとされる伝説の動物「麒麟」が由来となっており、モチーフとしての麒麟が何者で、如何にして何れの英雄の前に現れるのかを問うていく物語となるという[1]

4Kでフル撮影し、最新の研究成果も踏まえ、従来と異なる新たな解釈で戦国時代の物語を紡ぎ[2]、光秀の謎に満ちた生い立ちにもスポットを当て、また、英傑たちの父親の時代をも描き、斎藤道三足利義昭織田信長徳川家康らの蠢動から活躍を見せてゆく群像劇として制作するとしている[1]。クランクインは2019年6月の予定[1]

登場人物[編集]

明智光秀 (あけち みつひで)
演:長谷川博己

スタッフ[編集]

ドラマの所縁のある地域の反応[編集]

2011年4月に光秀に加え細川幽斎細川忠興細川ガラシャのゆかりの地である、京都府亀岡市福知山市などの8市町、兵庫県2市や福井県1町で構成した光秀を主人公にした大河ドラマの誘致推進協議会を設立し、署名活動を行っていた。協議会の会長を務める、福知山市の大橋一夫市長は「ゆかりの地だけではなく、全国から光秀らを主役とする大河ドラマ実現を望む熱い思いが寄せられ、現在26万1745筆もの署名が集まっております。活動が8年目に入ったこのタイミングで大河ドラマが決定し、非常にうれしいニュースと喜ぶとともに、これまでの活動にご協力、ご尽力いただいた皆さまに改めて感謝を申し上げます」と喜びのコメントを発表した[3]。その後、誘致推進協議会は名称を「大河ドラマ『麒麟がくる』推進協議会」に変更し、亀岡・福知山両市長と京都府副知事がNHKを訪れて京都府内でのロケに向けての協力を行い、新しいロゴには光秀をはじめとする4人のイラストがあしらわれている[4][5]

また、光秀の出身地である岐阜県は県と光秀にゆかりがある岐阜市大垣市など8市町そして観光協会がドラマの推進協議会を2018年10月に設立し、岐阜市、恵那市可児市に大河ドラマ館の設置計画がある[6][7]

光秀の居城である、坂本城がある滋賀県大津市では県と市の関係者がNHKを訪れて、滋賀県内での撮影を求めた[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]


NHK総合 大河ドラマ
前番組 番組名 次番組
麒麟がくる
-