新庄直頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
新庄直頼
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文7年(1538年
死没 慶長17年12月19日1613年2月8日
改名 直頼→晟珊
別名 通称:新三郎、新庄駿河入道晟珊(略:新駿入)、宮内卿、法名:晟珊
戒名 総寧寺殿月海晟珊大居士
墓所 吉祥寺(東京都文京区駒込)
官位 従五位下駿河守宮内卿法印
幕府 江戸幕府
主君 浅井長政織田信長豊臣秀吉秀頼 → 改易 → 徳川家康
常陸麻生藩初代藩主
氏族 新庄氏(秀郷流)
父母 父:新庄直昌、母:久我大納言某の娘
兄弟 直頼直忠直壽[1]、ほか女子2名
正室佐久間盛重の娘
室:前田利太の娘
直定直綱堀秀信[2]直房
女(柴田帯刀[3]室)
養子虎姫[4]中川秀成室)

新庄 直頼(しんじょう なおより)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将大名通称は新三郎。官位は従五位下駿河守、後に剃髪して駿河入道晟珊とも称し、後に法印に叙されている。直忠は弟。

摂津山崎城主から近江大津城主、大和宇陀城主を経て、高槻城主。豊臣秀吉御伽衆。関ヶ原の役で失領したが、文武に優れ人倫をわきまえた人物であったことから[7]徳川家康に召し抱えられ、常陸麻生藩の初代藩主とされた。

生涯[編集]

天文7年(1538年)、近江国坂田郡朝妻城新庄直昌の長男として生まれた。母は久我大納言の娘というが、久我家の系図の方には名前がなく、詳細は不明。

天文18年(1549年)、父が27歳のときに江口の戦いで戦死し、11歳で後を継いだ。『浅井三代記』によると、浅井氏六角氏の間で揺れ動いていたが、最終的には戦国大名浅井長政に従った[5]

元亀元年(1570年)の姉川の戦いでは浅井側の第四陣を構成して戦っているが、その後、同2年(1571年)2月に浅井方の南方の拠点佐和山城磯野員昌が降伏して開城し、織田方の丹羽長秀に朝妻城が攻められたことから、直頼も開城して軍門に降った[5]

織田家では江北を任された羽柴秀吉の与力とされたが、坂田郡の支配を強めた秀吉によって次第に家臣化された。

天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦いに従軍し、近江坂本城を守備した。この頃、山崎城3万石に封じられていたというが、時期ははっきりしない[5]。天正19年(1591年)に近江大津城1万2,000石に移封されるが、嫡男・直定の所領と併せて2万4,000石ともいう[6]。秀吉の馬廻を務め[5]、同年11月、三河吉良狩猟のときに直定と共に秀吉に随従した[6]。また、伏見城普請を分担[6]

文禄元年(1592年)、文禄の役には、直定(新三郞)が兵300を率いて朝鮮へ渡海した。

文禄3年(1594年)5月23日、肥前名護屋城にて明使沈惟敬が秀吉に謁見した際、直頼は長谷川守知、尼子三郎左衛門[8]三上与三郎と共に御酌通之衆として次室の末席に控えていた[9]。同年10月、大和宇陀城主に移封され[5]、同4年(1595年)、摂津高槻城に移封され、3万石に加増されたが、この頃、秀吉の御伽衆にも列する[6][5]

慶長3年(1598年)、秀吉の死に際して遺物金十枚を受領[6]

慶長4年(1599年)、徳川家康が上洛した際に、加藤清正浅野幸長と共に家康の伏見屋敷を警護した[10]

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは西軍に与し、東軍の筒井定次を押しのけて伊賀上野城を占拠して籠城した[6][10]。『寛政重修諸家譜』には、当初は東軍に与しようとしたものの、周囲の大名全てが西軍に与していたため、やむなく西軍に属したと書かれている[10]

戦後改易され、新庄父子の身柄は蒲生秀行の預かりとなった[10]。慶長9年(1604年)1月15日、家康に召されて駿府に入り、赦免を受け、江戸の徳川秀忠に拝謁して、常陸国行方郡河内郡新治郡真壁郡那珂郡下野国芳賀郡都賀郡河内郡の8郡において、3万300石を与えられ、後に行方郡麻生に立藩した[10]

慶長13年(1608年)12月26日、法印に叙され、宮内卿を称す[10][6]。慶長17年(1613年)12月19日に死去。享年75。直定が跡を継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 号は蔵斎。秀吉に仕える。
  2. ^ 同じ坂田郡の堀秀村の養子。
  3. ^ 松平忠直の家臣。
  4. ^ 実は佐久間盛政の娘。
  5. ^ a b c d e f g 谷口 1995, p. 210.
  6. ^ a b c d e f g h 高柳 & 松平 1981, p. 125.
  7. ^ 尊朝法親王の『唐崎松記』に「文武世にすぐれ、五常もをのづから備わりたる人」と賛辞が載っている[5][6]
  8. ^ 秀吉の馬廻の組頭。
  9. ^ 『松浦古事記』による。
  10. ^ a b c d e f 堀田 1923, p. 286.

参考文献[編集]