御伽衆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

御伽衆(おとぎしゅう)は、戦国時代から江戸時代初期にかけて大名家に存在した職掌である。

概要[編集]

主君に召し出されて側近として仕え、政治や軍事の相談役となり、また武辺話や諸国の動静を伝えたり、世間話の相手も務めた。御咄衆御迦衆相伴衆談判衆安西衆、など、数多くの別称がある。

戦国時代は参謀としての側面が強く、僧侶や隠居して第一線から退いた重臣、没落した大名、武将が僧形となり務めることが多かった。戦乱の世が治まってからは、主君の無聊を慰める役割も重視され、豊臣秀吉の頃には勃興した新勢力である町人らも召し出され新たな文化の担い手となった。江戸時代以降も将軍や諸大名は御伽衆を召し抱えたが、政治の実権が重臣に移るにつれ、次第に勢力は衰えた。

彼らの講釈話が庶民に広がり、江戸時代以降の講談落語の源流となったとも言われる。

豊臣秀吉と御伽衆[編集]

豊臣秀吉は読み書きが不得手であり、それを補うべく耳学問として御伽衆を多く揃えた。一説には800人とも言われる。また秀吉の御伽衆には、元将軍や旧守護家出身など出自が高い者や、元々は主筋(織田家一門)や目上の武将だった者も多かった。それは、出自が低い自分が今では位人臣を極め、由緒ある血筋や家柄の者すら従うということを誇示する意図を込めていたと言われる。

秀吉の御伽衆として、武家では足利義昭織田信雄織田信包織田有楽斎六角義賢六角義治佐々成政山名堯熙山名豊国斯波義銀赤松則房宮部継潤細川昭元滝川雄利古田織部金森長近板部岡江雪斎ら、町人では千利休今井宗薫曽呂利新左衛門大村由己らが挙げられる。

彼らは、秀吉の治世を内政面から支えるとともに桃山文化を生み出し、一方で簡素さを追求したわび茶を完成させるなど、のちの日本文化の一面を形づくった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]