金森長近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
金森長近
Kanamori Nagachika01.jpg
龍源院所蔵
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 大永4年(1524年
死没 慶長13年8月12日1608年9月20日
改名 可近(初名)→長近→素玄(法号)
別名 五郎八(通称)
戒名 金龍院殿前兵部尚書法印要仲素玄大居士
墓所 京都府京都市北区紫野大徳寺
官位 従四位下兵部大輔、飛騨守
幕府 江戸幕府
主君 織田信秀織田信長柴田勝家豊臣秀吉徳川家康秀忠
飛騨高山藩
氏族 金森氏
父母 父:金森定近
兄弟 政近長近政秀安楽庵策伝
女(佐藤秀方室)
正室:お福の方
継室:久昌院
長則長光伊東治明
娘(肥田忠政室)
養子:金森可重
金森長近像(高山市城山公園)

金森 長近(かなもり ながちか)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将大名。名ははじめ可近(ありちか)、後に織田信長から一字を賜り、長近を名乗った。通称は五郎八。法印素玄。飛騨高山藩初代藩主。従四位下兵部大輔、飛騨守。

家系[編集]

金森氏は、美濃源氏土岐氏の支流と称する。応仁の乱にて西軍として活躍した美濃守護土岐成頼の次男である大畑定頼の次男・定近が一族を連れて美濃を離れて、寺内町として著名な近江国野洲郡金森(現・滋賀県守山市金森町)に居住し、「金森采女」を称したことに始まる。

生涯[編集]

大永4年(1524年)、金森定近の次男として美濃国土岐郡多治見郷大畑村(現・岐阜県多治見市大畑町)に生まれる。兄弟に落語の祖と呼ばれ『醒睡笑』を編した安楽庵策伝などがいる。

父・定近は土岐氏の後継者争いで土岐頼武を支持したが、頼武は土岐頼芸に敗れて失脚し、定近も程なくして美濃を離れ近江国野洲郡金森へと移住した。天文10年(1541年)まで近江で過ごしたという。

18歳になると近江を離れて尾張国織田信秀に仕官し、跡を継いだ信長にもそのまま仕えた。美濃攻略に従って功があり、赤母衣衆として抜擢。長篠の戦いでの鳶ヶ巣山砦攻略、対越前一向一揆戦などで戦功を重ね、天正3年(1575年)、越前国大野郡の内3万石(大野城)を与えられた。その後は信長配下の柴田勝家の軍団に属した。

天正10年(1582年)、従四位下兵部大輔となる。[1]。この年、本能寺の変で信長が家臣の明智光秀に討たれ(この際、嫡男・長則織田信忠と共に討死したため、長江氏支流とされる長屋景重より可重を養子にとった)、勝家と羽柴秀吉が対立すると、柴田側に与した。 天正11年(1583年)、賤ヶ岳の戦いで勝家が秀吉に敗れて自刃すると、剃髪して降伏。兵部卿法印素玄と号した。臨済宗大徳寺の山内に旧主・織田信長を弔うため金龍院という塔頭を建立した。その後は小牧・長久手の戦い富山の役飛騨国姉小路頼綱討伐などで功績を挙げ、天正13年(1585年)に飛騨一国(3万8,700石『寛政重修諸家譜』)を与えられた。長近は高山に入った当初は、しばらく鍋山城におり天正18年(1590年)より天神山の古城跡に築城に着手し、慶長10年(1605年)高山城が完成し居を移した。禅宗と茶道に造詣が深く文禄3年(1594年)頃には秀吉の御伽衆を務めたという(『太閤軍記』)。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは養子・可重とともに東軍に与し、戦後、飛騨に加え美濃郡上八幡城攻めなどの功を賞されて2万石を加増、徳川家康より飛騨守に推挙され初代高山藩主となる。慶長10年(1605年)、小倉山城を築く。城下町はうだつの上がる町並みとして現存し、重要伝統的建造物群保存地区となっている。

慶長13年(1608年)、京都伏見にて死去。享年85。

人物・逸話[編集]

永禄2年(1559年)に信長が初めて上洛した際に長近は80名の随行者の1人であった。この時、斎藤義龍からの指示で信長を暗殺しようと美濃衆の刺客達が後をつけてきたが、丹羽兵蔵という尾張からの使者が道中これを看破し、蜂屋頼隆と長近に通報した。美濃衆の刺客達と面識があった長近は挨拶と称して彼等の宿所を訪れ、事が露見している旨を宣告したという[2]

長近は蹴鞠や茶の湯の才にも秀でており、秀吉が伏見在城の時は伏見に書院と茶亭を造りしばしば秀吉を招いた。茶の湯の宗匠古田織部とも親交があり、家康・秀忠父子からは「気相の人」と言われ信任されていた。慶長10年(1605年)には家康父子が長近の伏見邸を訪れ風流を楽しんでいる。[3]。そのような人物であったため秀吉からは千利休の嫡男である千道安を匿ったともされる。

関連作品[編集]

小説

脚注[編集]

  1. ^ 『岐阜県史通史編 近世上』 岐阜県、1968年、533頁
  2. ^ 『信長公記』「丹羽兵蔵御忠節の事」、太田 & 中川 2013, pp.55-56
  3. ^ 『岐阜県史通史編 近世上』 岐阜県、1968年、535頁

外部リンク[編集]