長江氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長江氏(ながえし)は、日本氏族

  • 清和源氏土岐氏の支流。長山頼基の孫の頼慶(岩手満頼の子)が長江遠江守と称したことからはじまる(『美濃国諸家系譜』)。
  • 下記の本項を参照(上記の土岐氏流と混同されることもある)。

長江氏
家紋
三つ柏
本姓 桓武平氏鎌倉氏流
家祖 鎌倉景正
種別 武家
主な根拠地 相模国三浦郡長江村
著名な人物 長江義景
支流、分家 長屋氏武家
桑良氏(武家)
岩手氏(武家)
竹中氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

長江氏(ながえし)は、桓武平氏良文流鎌倉景正を祖とする鎌倉氏の支族である。現在の神奈川県三浦郡葉山町に本拠を置いた。

概要[編集]

長江義景源頼朝とともに石橋山の挙兵に参加し、鎌倉幕府創建の功臣となった。また、奥州藤原氏藤原泰衡討伐(奥州合戦)にも従軍し、その功により戦後、奥州桃生郡南方の深谷保郷(現在の宮城県石巻市)一帯を得た。

その後、美濃国守護土岐氏に従い、守護代となった。それ以降は、美濃国国内での多くの戦乱に身を投じ、斎藤氏と守護代の地位を争う。

斎藤氏を継いだ道三が戦国大名となると従い、斎藤氏没落後織田氏に従う。織田氏の没落後は蜂須賀氏に仕えて阿波国に移り、子孫は徳島藩士として続いたという。竹中重治で有名な竹中氏も長江氏の一族である。