阿波国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
令制国一覧 > 南海道 > 阿波国
阿波国
地図 令制国 阿波国.svg
-阿波国
-南海道
別称 阿州(あしゅう)
所属 南海道
相当領域 徳島県
諸元
国力 上国
距離 中国
9郡45郷
国内主要施設
阿波国府 徳島県徳島市
阿波国分寺 徳島県徳島市(阿波国分寺跡
阿波国分尼寺 徳島県名西郡石井町(阿波国分尼寺跡)
一宮 八倉比売神社(徳島県徳島市)
上一宮大粟神社(徳島県名西郡神山町
一宮神社(徳島県徳島市)
大麻比古神社(徳島県鳴門市
テンプレートを表示

阿波国(あわのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。南海道に属する。

「阿波」の名称と由来[編集]

古代、現在の徳島県の北の地域はの生産地だったために「粟国(あわのくに)」、南の地域は「長国(ながのくに)」と呼ばれていたが、大化の改新の後に「粟国」に統一された。和銅6年(713年)、元明天皇の命により地名を二字で表記するため粟は「阿波」に変更された。

沿革[編集]

徳島城三の丸石垣と城山

中世鎌倉時代においては鎌倉幕府により佐々木氏、小笠原氏が守護に任ぜられた。室町時代には三管領家の一つである細川氏の支配するところとなるが、戦国時代の到来により小笠原氏の庶流である三好氏がこれに代わることになった。三好氏は京都にも進出し、一時は中央の政治にも関与、征夷大将軍さえも傀儡とするなど、権勢を誇ることとなる。

その後、織田信長三好義継を滅ぼすと、三好一族である三好長治が阿波を統治することとなる。しかし、長治は阿波全土の国人や領民に対して法華宗を強要し、支持を失ってしまう。これを良い機会と見た土佐国長宗我部氏の侵攻にあい、1584年、阿波は長宗我部元親の支配下となる。長宗我部元親は進撃を続け、1585年には讃岐伊予も手中にし、四国統一を成し遂げる。

しかし、その直後(一説には、伊予の河野氏を制圧して四国をほぼ平定してから僅か3~5週間後と言われる)に豊臣秀吉四国攻めを行う。1585年6月、羽柴秀長を総大将とする10万の軍勢が四国へ送られ、そのうち羽柴秀長、羽柴秀次らの兵は阿波から上陸し、さらに宇喜多秀家は讃岐へ、小早川隆景は伊予へと多方面から四国に攻め込んだ。

元親は2万から4万と言われる軍をもって阿波の白地城を本拠地に対抗したが、準備も出来ておらず、また兵力の差も覆せず、羽柴軍上陸の2ヶ月後には降伏せざるを得なかった。元親は土佐一国を安堵されたが、土佐以外の三カ国は没収された。

その後、蜂須賀氏蜂須賀家政が阿波に封ぜられる。蜂須賀氏は、改易されることなく、江戸時代を通じて阿波国徳島藩および富田藩(徳島藩支藩)の藩主として阿波を治めた。

明治に至り、1871年明治4年廃藩置県が実施されると阿波は名東県となる。名東県は淡路国淡路島)も範囲としており、さらに1873年明治6年)2月20日には香川県も編入した。しかし、第二次府県統合により、1875年(明治8年)9月5日に旧讃岐国部分が香川県として分立再置県され、1876年(明治9年)8月21日に淡路国部分が兵庫県に編入され、阿波国部分は高知県に編入された。

しかし、結局1880年(明治13年)3月2日に、旧名東県が高知県から分離されて、現在の徳島県が発足。四国の各国は、ほぼ旧国の形のまま、へと移行した。

国内の施設[編集]

国府[編集]

国府は名方郡にあり、現在の徳島市国府町と推定されるが、未だ遺跡は見つかっていない。

国府跡関連の発掘調査が現在までに30回以上実施されている。それらの結果から国衙関連の諸施設は、蛇行して流れる複数の川によって分断された微高地上に、分散的に所在していたらしいことが分かってきた。 古くは7世紀前半代に溯る可能性をもち、新しくは12世紀まで下る長い歴史をもつことが分かった。

国分寺・国分尼寺[編集]

国分寺は国府の南側に、国分尼寺は国府の西側に、それぞれ建立されている[1]

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、大社3座3社・小社47座の計50座が記載されている。大社3社は以下に示すもので、全て名神大社である。
総社一宮

阿波国一宮を称する神社は複数ある。現在「阿波国一宮」と言った場合は大麻比古神社とすることが多いが、大麻比古神社が一宮とされるようになったのは中世以降のことである。古くから一宮とされていたのは上一宮大粟神社(名西郡神山町)であった。平安時代後期に、一宮大粟神社から国府の近くに分祀して一宮神社(徳島市一宮町)が創建された。上一宮大粟神社および一宮神社は式内名神大社の天石門別八倉比売神社の論社であるが、八倉比売神社(徳島市)も天石門別八倉比売神社の論社であり、こちらも一宮とされる。また、忌部神社は阿波国最高の社格を有していたこともあり、「四国一宮」を称している。

地域[編集]

[編集]

  • 板野郡
    • 松島、津屋(つのや)、高野、小島、井隈(ゐのくま)、田上、山下(やまのした)、金戸、新屋
  • 阿波郡
    • 高井、秋月、香美、拝師
  • 美馬郡
    • 發原(はつはら)、三吹(みすゐ)、大島、大村
  • 三好郡
    • 三縄、三津、三野
  • 麻殖郡
    • 呉島、忌部、川島、射立
  • 名西郡(名方西)
    • 埴土、高足(たかし)、土師(はし)、櫻間
  • 名東郡(名方東)
    • 名方(なかた)、新井(にひゐ)、賀茂、井上(ゐのへ)、八萬(はちま)、殖栗(ゑくり)
  • 勝浦郡
    • 篠原、託羅(たから)、新居(にひのゐ)、餘戸
  • 那賀郡
    • 山代、大野、島根、坂野、幡羅(はら)、和泉、和射
  • 海部郡

江戸時代の藩[編集]

人物[編集]

国司[編集]

阿波守[編集]

阿波介[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

戦国時代[編集]

戦国大名[編集]

豊臣政権の大名[編集]

  • 蜂須賀家政:徳島17万3千石(徳島城)、1586年 - 1600年(関ヶ原の戦い後、所領安堵され、徳島藩初代藩主)
  • 赤松則英:住吉1万石、1585年 - 1600年(関ヶ原の戦い後、自決)

武家官位としての阿波守[編集]

江戸時代以前[編集]

  • 畠山時国:鎌倉時代の武将。源姓畠山氏第3代当主
  • 畠山国清:南北朝時代から室町時代の武将、守護大名。和泉、紀伊守護を経て関東管領。伊豆守護家の祖
  • 畠山義清:南北朝時代から室町時代の武将。畠山国清の子
  • 畠山義忠:室町時代の守護大名。室町幕府相伴衆、能登守護
  • 三好長治:戦国時代から安土桃山時代にかけての阿波国の大名

江戸時代[編集]

阿波国の合戦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北條芳隆「古代国家への胎動」 石躍胤央・北條芳隆・大石雅章・高橋啓・生駒佳也『徳島県の歴史』山川出版社 2007年 50-55ページ

関連項目[編集]