蜂須賀氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蜂須賀氏
家紋
蜂須賀万字はちすかまんじ
本姓 清和源氏斯波氏支流
家祖 蜂須賀景成
種別 武家
華族侯爵) → 平民[注釈 1]
出身地 尾張国海東郡蜂須賀郷
主な根拠地 阿波国
淡路国
東京府
著名な人物 蜂須賀正勝(小六)
蜂須賀正氏
支流、分家 蜂須賀山城家(武家)
蜂須賀隼人家(武家)
蜂須賀駿河家(武家)
蜂須賀靭負家(武家)
凡例 / Category:日本の氏族
蜂須賀正勝生誕地(蜂須賀城跡)に立つ「蜂須賀正勝公碑」(愛知県あま市蜂須賀蓮華寺前)

蜂須賀氏(はちすかし)は、武家華族だった日本氏族蜂須賀正勝(小六)が羽柴秀吉に仕えて大名となり、その息子の家政1585年阿波国徳島に入封。江戸時代にも徳島藩25万石の藩主を世襲し続け、維新後には華族の侯爵家に列した[1]

出自[編集]

新井白石が作成した『藩翰譜』(または『寛政重修諸家譜』・『古代氏族系譜集成』所収系図[2])の中から作成された系譜の『蜂須賀氏系図』によると、下野源氏足利氏)の足利泰氏、もしくは斯波氏の裔を自称する。しかし、多くの史家がこれを疑問を抱いており、蜂須賀氏の出自に関しての確証は未だにない[注釈 2]小和田哲男の説によると、楠木氏の一族とされる[3]

『蜂須賀家記』考異によると、正勝はもともと藤原姓を称しており、松平氏が藤原姓から源姓に改めたのに従って、忠英の代になって源姓に改めたとしている[4]。また伝承として、上野源氏新田氏)一門の里見氏鳥山氏の支族の肥後蜂須賀氏の当主の正家(能祐の孫)の娘(斯波氏に嫁いだ)の子の正秋の後裔で、尾張国中村に移住したとも伝わる。

蜂須賀氏の系図で信憑性があるのは、『寛政重修諸家譜』・『系図纂要』に記されている正利あたりからで、正利・正勝・家政と3代続いて、小六(小六郎)または彦右衛門を通称としている。

それ以前については異説が多数あり、極めて不確かである。南北朝時代に蜂須賀氏の遠祖とされる景成(二郎兵衛尉)なる人物が南朝方の武将として活躍し、その子孫の正昭(正秋)が、尾張国蜂須賀郷を領し、蜂須賀氏を称するようになり、正勝の曾祖父・正永(広秋、正氏、広昭)を始祖とする説があり、下系図にはそれを記した。別説では、織田大和守家・織田敏定の重臣俊家を広俊(正成)の父として、家祖と推定する。

家紋[編集]

蜂須賀氏が用いる家紋は二つある。足利義昭から正勝が賜ったとされる桐紋を、主君羽柴氏の家紋を憚って、転じた柏紋。そして平氏打倒の挙兵の際に源頼政が高倉王(以仁王)より賜ったという万字(左万字)である。何れも源姓を由来にする家紋で、特に万字紋は(少々疑わしいが)、摂津源氏頼弘流を示すものである。

経歴[編集]

封建主義時代[編集]

美濃国に隣接する尾張国海東郡蜂須賀郷(愛知県あま市蜂須賀)を領した国人で、川並衆であったともいう。正勝の曾祖父・正永の代までは尾張守護斯波氏に仕えていたが、斯波氏が衰えたため、父の正利の代には美濃国の斎藤氏に従った。

上述の正勝(小六)の代になって蜂須賀氏は織田氏の配下に属して、歴史の表舞台に登場する。正勝は織田氏の武将羽柴秀吉与力として活躍し、1581年(天正9年)に播磨国龍野に入封して大名となる[5]。その嫡子蜂須賀家政は1585年(天正13年)に阿波国徳島に入封し、阿波国一国17万3000石(18万6000石とも)の大名となった[6]

秀吉の死後、関ヶ原の戦いにおいて、家政の子の蜂須賀至鎮が東軍に与したことにより所領の阿波国を安堵され、さらに大坂の陣後に淡路国一国を加増され、2ヶ国都合25万7000石を領した[5]

子孫は外様大名の大藩徳島藩の藩主として、代々従四位下の官位と阿波守淡路守の官職を世襲するとともに[7]、徳川将軍家から松平の名字[8]偏諱を受けた。1678年(延宝6年)蜂須賀綱矩の代に隆重に5万石を分与して支藩の富田藩を創設しているが、1725年(享保10年)に富田藩主蜂須賀正員が徳島藩宗家に襲封したため富田藩は宗家に還付された[9]。以降は領地の変動がないまま明治維新を迎えている[9]

なお8代蜂須賀宗鎮から2代は高松松平家水戸徳川家御連枝)からの養子、10代蜂須賀重喜秋田佐竹家からの養子で、元々の蜂須賀氏の血筋ではなかった。また、13代藩主蜂須賀斉裕の実父は11代将軍徳川家斉であり、最終的には徳川将軍の血筋となった。

明治以降[編集]

明治維新後、最後の徳島藩主蜂須賀正韶は、1869年(明治2年)の版籍奉還で徳島藩知事に転じ、1871年(明治4年)の廃藩置県まで務めた[10]

1884年(明治17年)の華族令施行により正韶は旧大藩知事として侯爵に叙せられた[1]。1890年から北海道雨竜原野の5万町歩(1億5000万坪)で華族組合農場がつくられ、種畜、農機具、牧草種子などアメリカから輸入して北海道における大土地所有と直営農地の試みが始まったが、結局うまくいかず大農式直営から小作制経営となって分裂していき、その中で1893年(明治26年)以降正韶がその大半を掌握するようになった。正韶は試行錯誤の末、1910年(明治43年)の米価の上昇安定化を機に水稲栽培と小作経営による農場へと転換させていった[11]

この農場経営によって蜂須賀侯爵家は大きな利益を上げるようになった。蜂須賀農場の小作戸数も1893年に13戸だったのが、1912年には785戸、1920年には949戸と増えており、蜂須賀家は不在地主として繁栄した[12]。蜂須賀侯爵家の雨竜村への影響力は絶大で、小作人たちから蜂須賀農場は「御農場」と呼ばれており「村の理事者も(蜂須賀)農場長の意に添わねばならず、又小学校職員の身分も保障されぬほどであった」という。まして場主である蜂須賀侯爵の来村となれば村をあげての大がかりな出迎えとなった[13]

しかし1920年以降には蜂須賀農場で小作争議が多発するようになり「ドロボー小六(蜂須賀の祖)をやっツケロ」といったスローガンが飛び交うようになった[14]。1931年の争議を最後に以後は大きな争議は無くなり、1932年には凶作と洪水があったが、小作料は納められ、蜂須賀家と小作人の融和が進んでいった。もっともこの融和は戦争に伴う統制の時代が来たためだった[15]

大正から昭和期に18代当主となった蜂須賀正氏は世界的な鳥類学者として知られるが、一方でたびたび犯罪に絡んだために「華族の品位を落とす」とされ、1945年(昭和20年)7月に侯爵位を返上した。戦後は正氏の遺族の間で財産争いが起こり、そこに暴力団もからんだために過半の財産を消失し、蜂須賀氏は没落した。

2018年現在の当主は、正氏の娘の正子

「蜂須賀山城家」「蜂須賀隼人家」「蜂須賀駿河家」「蜂須賀靭負家」など、江戸期に分家した徳島藩の要職につく一門家臣だった系統もある。

逸話[編集]

  • 明治時代、蜂須賀正韶侯爵が明治天皇に拝謁するため宮中に参内して応接室で天皇を待っていた際、愛煙家だった彼は卓上に置いてあった煙草を一本失敬した。その後入室した明治天皇は煙草が1本なくなっていることに気づき「蜂須賀よ、先祖は争えぬのう」と「盗賊」だったといわれる蜂須賀小六を引き合いにしたジョークを言ったという。しかし茂韶は明治天皇が蜂須賀小六を盗賊だと思っていることにショックを受け、歴史学者の渡辺世祐喜田貞吉に依頼し、蜂須賀小六が盗賊ではないことの証明を依頼したという。これに対して喜田は「蜂須賀小六は確かに盗賊ではありましたが、戦国時代において盗賊は一概に恥ずべき職業ではなかった、という事実であれば、歴史的に証明可能です」と伝えたが、そんなことを明言されては困ると有耶無耶になったという[16]

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1945年(昭和20年)7月28日に爵位を返上[1]
  2. ^ 武蔵七党横山氏と同じ家紋の五割万字(いつつわりまんじ)を使用していることから、横山氏の系統ともいう。

出典[編集]

  1. ^ a b c 小田部雄次 2006, p. 323.
  2. ^ 宝賀 1986, p. [要ページ番号].
  3. ^ 小和田 1985, p. [要ページ番号].
  4. ^ 岡田 1876.
  5. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ)『蜂須賀氏』 - コトバンク
  6. ^ 新田完三 1984, p. 559.
  7. ^ 新田完三 1984, p. 559-563.
  8. ^ 村川 2000, p. [要ページ番号], §. 「蜂須賀氏への『松平氏下賜状』とそのライフサイクル」.
  9. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『徳島藩』 - コトバンク
  10. ^ 新田完三 1984, p. 562-563.
  11. ^ 小田部雄次 2006, p. 102/216.
  12. ^ 小田部雄次 2006, p. 217.
  13. ^ 小田部雄次 2006, p. 216-217.
  14. ^ 小田部雄次 2006, p. 217-218.
  15. ^ 小田部雄次 2006, p. 218.
  16. ^ 蜂須賀小六は盗賊じゃなかった?祖先の汚名を雪ごうとした子孫のエピソード Japaaan

参考文献[編集]

  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 岡田鴨里 国立国会図書館デジタルコレクション 『蜂須賀家記』伊吹直亮、1876年10月https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/780518/11 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 『尾張群書系図部集』三巻
  • 小和田哲男 『豊臣秀吉』 〈784〉巻中央公論社中公新書〉、1985年11月。ISBN 978-4-1210-0784-1 
  • 宝賀寿男 『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年4月。 NCID BN00924708 
  • 堀田正敦 編「国立国会図書館デジタルコレクション 蜂須賀氏」 『寛政重修諸家譜https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2577378/4 国立国会図書館デジタルコレクション 
  • 村川浩平 『日本近世武家政権論』日本図書刊行会 , 近代文芸社、2000年6月。ISBN 4823105281 
  • 新田完三 『内閣文庫蔵諸侯年表』東京堂出版、1984年(昭和59年)。 
史料
  • 『太閤記』
  • 『藩翰譜』
  • 『系図纂要』

関連項目[編集]