松平頼煕 (松平大膳家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 頼煕(まつだいら よりひろ、元禄12年11月25日1700年1月14日) - 元文2年9月22日1737年10月15日))は、讃岐高松藩の藩主一門松平大膳家初代。一門・松平頼芳の子。初代藩主・松平頼重の孫。母は大高氏。子に松平頼桓、松平頼珍(蜂須賀宗鎮)、松平頼央(蜂須賀至央)。通称は左近、志摩。号は一風。

生涯[編集]

元禄17年(1704年)、連枝として2000石を与えられる。享保20年(1735年)第3代藩主・松平頼豊(頼煕の従弟にあたる)が死去すると、頼煕の長男頼桓がその婿養子として第4代藩主となり、自らは頼桓の後見を務めた。元文元年(1736年)、隠居して家督を次男の頼珍に譲った。元文2年(1737年)9月22日没、享年38。

人物[編集]

儒学者宮村経弼を師とし、漢籍に詳しい教養人で、2代藩主松平頼常の創設した講堂を再興した。

参考文献[編集]