池田長亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 長亮(いけだ ながあき、1683年5月29日天和3年5月4日) - 1713年9月13日正徳3年7月24日))は、徳島藩の家老を代々務めた池田家の第4代当主。父は初代・蜂須賀玄寅の庶子・三尾正長。通称は元太郎。

元禄11年(1698年)、召し出され禄高1000石中老格となる。藩主一門・蜂須賀隆喜の娘芳を正室に迎えるが、後に離縁した。正徳3年7月24日没。享年31。