足利氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
足利氏
家紋
本姓 清和源氏河内源氏
義家流
家祖 足利義康
種別 武家
華族子爵
出身地 下野国足利郡足利庄
主な根拠地 山城国
相模国鎌倉
著名な人物 足利尊氏
足利直義
足利義満
足利義教
足利義政
足利義尚
足利義輝
足利義昭
支流、分家 斯波氏武家華族
細川氏(武家→華族)
畠山氏(武家)
今川氏(武家)
吉良氏(武家)
一色氏(武家)
丹羽氏(武家→華族)
渋川氏(武家)
大崎氏(武家)
上野氏(武家)
桃井氏(武家)
平島氏(武家→平民
喜連川氏(武家→華族)
仁木氏(武家)
など
凡例 / Category:日本の氏族

足利氏(あしかがし)は、日本の武家のひとつの軍事貴族本姓源氏家系は清和天皇清和源氏の一族の河内源氏の流れを汲み、鎌倉幕府においては御家人であると同時に将軍家一門たる御門葉の地位にあった。室町時代には嫡流足利将軍家として天下人となった。藤原秀郷の子孫の藤原姓足利氏(藤姓足利氏)に対して源姓足利氏という場合がある。


通字は、「」(よし、足利将軍家ほか)または「」(うじ、鎌倉時代の歴代当主および鎌倉公方古河公方家など)。


経歴[編集]

出自[編集]

平安時代河内源氏の棟梁、源義家(八幡太郎義家)の四男・源義国(足利式部大夫)は下野国足利荘栃木県足利市)を領して本貫とし、次男・源義康以降の子孫が足利氏を称する。新田氏とは同祖の関係である。

平安・鎌倉時代[編集]

義国の次男・源義康(足利義康)は鳥羽上皇北面武士となり、保元の乱においても平清盛源義朝と共に戦う。藤原季範の娘(実は季範長男・範忠の娘=源頼朝の母の姪)を妻にしている。その子足利義兼治承4年(1180年)の源頼朝挙兵に参加して、治承・寿永の乱奥州合戦などに参加し、鎌倉幕府の有力御家人としての地位を得、御門葉として源氏将軍家の一門的地位にあった。

足利義氏以降のことと思われるが、上総三河の守護職を務める。また細川氏斯波氏渋川氏一色氏畠山氏吉良氏今川氏仁木氏上野氏戸崎氏などの庶流を分出し、一族は全国に広がった。

源氏将軍家滅亡後も北条氏とは婚姻や偏諱を通じて良好な従属関係を維持してきた(後述)が、第4代当主・足利泰氏は幕府に無断で自由出家(一説では、謀反の疑いがあったとされるが真偽は不明である)・引退し、第5代当主・足利頼氏上杉重房の娘の間に生まれた第6代当主・足利家時霜月騒動に関連して自害したと言われている。一方で、家時の死は北条時宗への殉死によって北条氏からの猜疑を回避する要素があり、その結果幕府滅亡直前まで足利氏は北条氏の信頼を受けたとする見方もある。

第7代当主・足利貞氏正室である北条一族の金沢顕時の娘・釈迦堂殿との間に長男・足利高義をもうけたが、高義は早世したため上杉重房の子、頼重の娘・上杉清子との間にもうけた足利尊氏(高氏)が足利氏第8代当主を継いだ(現在の研究では貞氏→高義→貞氏(復帰)→尊氏と継承されたと考えられているが、高義は歴代には数えられない)。清子との間には尊氏と並んで両将軍と呼ばれた足利直義ももうけている。尊氏は正慶2年(1333年)に後醍醐天皇の挙兵に応じて鎌倉幕府を倒す功績を挙げた。

そもそも祖先の源義国は源氏の源義家の子ではあるが傍流に過ぎなかった。孫の義兼と源頼朝が縁戚関係にあって従弟であったこともあり、義兼は早くから幕府に出仕、その血縁もあって頼朝の声がかりで北条時政の娘を妻にして以来、前半は北条得宗家と、幕政後半は北条氏の庶流でも有力な一族と、幕府に近い北条氏との縁戚関係が幕末まで続いた。また、官位などの面においても、足利氏当主の昇進は北条氏得宗家の次に早く、後に北条氏庶家並みになるものの、それも彼らの昇進が速くなった事によるもので、足利氏の家格の下落によるものではなく、依然として北条氏以外の御家人との比較では他に群を抜いていた。また、足利氏は平時においては鎌倉殿(将軍)への伺候を、戦時には源氏の門葉として軍勢を率いる事で奉仕した家柄であった。特に北条氏にとっても重大な危機であった承久の乱で足利義氏が北条泰時・北条時房を補佐する一軍の将であった事は、北条氏にとっても嘉例として認識され、足利氏を排除する意図を抑制することになった[1]。その結果、源氏将軍断絶の後、有力御家人にして源氏の有力な一流とみなされるようになっていた。そのため、幕末の後醍醐天皇の挙兵に際して、足利氏の帰趨が大きな影響を与えた。

北条氏との関係[編集]

鎌倉期の嫡流家の歴代当主のは「北条氏得宗家当主の偏諱通字の「氏」」で構成されており[2]、具体的には、泰氏外祖父北条泰時[3]頼氏北条時頼[3]貞氏北条貞時[4]、貞氏の三人の息子(高義高氏高国)が北条高時[5]からそれぞれ偏諱を受けた。

また、義兼が頼朝の妻北条政子の同母妹である北条時子を妻に迎えたのをはじめとして、代々北条氏と縁戚関係を結んでいた。具体的には、義氏は北条泰時の娘を、泰氏は北条時氏の娘を、頼氏は北条時盛の娘を、家時は北条時茂の娘を、貞氏は金沢顕時の娘・釈迦堂殿を、高氏は赤橋久時の娘・登子を、それぞれ正室に迎えた[6]

このように足利氏の歴代当主は、代々北条氏一門の女性を正室に迎え、その間に生まれた子が嫡子となり、たとえその子より年長の子(兄)が何人あっても、彼らは皆庶子として扱われ家を継ぐことができないという決まりがあった[3]が、正室(北条時盛の娘)が子を生む前に早世した頼氏の跡は、その庶子であった家時(貞氏の父、母は上杉重房の娘)が家督を継いだ。家時に「氏」が付かないのはこのためであるようだ[3]が、代わりに用いられた「時」の字は北条氏の通字であり、やはり北条氏から偏諱を受けたものであるとみられる[7]

貞氏(家時の子)の長男・足利高義の名にも「氏」が用いられておらず、2文字目に清和源氏通字である「義」の字が使われている背景にはこの当時の足利氏と北条得宗家の良好な関係の象徴であり、得宗家が足利氏の将軍および得宗家への忠節と引換に「源氏嫡流」として認められたとする見方がある(→「門葉」)[2]。しかしこの高義も早世したので、家時の時と同じように、庶子であった次男の高氏(尊氏)が最終的に足利氏宗家を継いだのである。

ちなみに、泰氏の父・義氏の「義」の字に関しても同様の考えで北条義時から賜ったと考えることもできなくはないが、それについては現状の研究では言及されておらず、ひとまずは前述の清和源氏より続く、義氏までの足利氏の通字とみなすのが良いと思われる。

南北朝時代[編集]

尊氏は当初後醍醐天皇の建武の新政に参加したが、中先代の乱を機に、建武の新政から離反した後、光明天皇から征夷大将軍任じられ京都室町幕府を開いた。

尊氏は庶流である諸氏を諸国の守護などの要職に任じている。庶流の中でも、吉良氏斯波氏畠山氏などは、歴代足利宗家当主の庶兄を祖とし、宗家から独立した鎌倉幕府御家人として認められて、任官もしており、足利氏宗家は彼らに対して未だ嫡流としての地位を十分に確立できていなかった。南北朝の動乱下にあって、急激に力を持つに至った足利氏一族は必ずしも、宗家当主(尊氏・義詮)の意向に忠実とは言えず、宗家に対する反乱や南朝への離反などが相次いだ。尊氏は、正室所生で早逝した足利高義の庶弟で、本来、足利宗家の家督を継承する立場になかった、という上述の事情も存在した。足利一族の一人である今川貞世が『難太平記』の中で祖父(今川基氏、今川氏2代目当主)以前の歴史を十分に知らないことを告白するとともに[8]、幕府成立後も一族内に尊氏の系統を宗家・嫡流であることを認めない者がいたこと[9]や今川氏が他の庶流と違って宗家に忠実であったことを主張している[10]

このような状況において、室町幕府は常に存亡の危機に立たされたが、そのたびに乗り越え、尊氏の孫であり第3代将軍・足利義満の時代になって南北朝合一を達成することとなる。

室町幕府将軍家[編集]

足利義満は明徳の乱応永の乱などで有力守護大名を挑発しては討伐してその勢力を削減し、中国王朝から「日本国王」として冊封を受けて天皇に迫る権威を確立するなどして、幕府の安定化と全盛期を築き上げた。

しかし義満が死去すると次第に将軍権力の弱体化、守護大名の台頭が顕著になって行く。第6代将軍・足利義教は父・義満の政治路線を受け継いで将軍権力の強化を行なったが、そのあまりに強硬的なやり方は周囲の反発を招き、嘉吉の乱暗殺されるに至って、遂に将軍権力の衰退と権威の失墜が露呈する結果となった。

第8代将軍・足利義政の時代には後継ぎ問題などをめぐって応仁の乱が発生し、室町幕府京都だけを支配する一地方政権に転落した。

第10代将軍・足利義稙管領細川政元によって将軍職を追われ(明応の政変)、以後の将軍は実権を奪われて名目的存在となり、有力大名の支持なくしては将軍の地位さえ保てなくなった。

その後、足利将軍家では将軍の若死になども相次ぎ、第13代将軍・足利義輝の時代にわずかに将軍権力が復興される兆しもあったものの、永禄8年(1565年)5月に三好三人衆松永久秀らによって暗殺永禄の変)されてしまい、将軍は有名無実化した。なお、義輝暗殺後の3年間、室町幕府では将軍空位の時代が続き、一時的に幕府は消滅している。

義輝の実弟・足利義昭は、永禄11年(1568年)に織田信長に擁されて上洛し、第15代将軍となった。この時、14代将軍であった義栄阿波に逃れた。彼の系統は平島公方家と呼ばれる。やがて将軍の義昭は信長と対立して元亀4年(1573年)に京都を追放(槇島城の戦い)され備後に移り、室町幕府は終焉を迎えた。なお公卿補任は、天正16年(1588年)に豊臣政権が確立し足利義昭が京都で出家するまでは将軍職にあったと記録している。

義昭の子、義尋の男子は全て出家し、足利将軍家の直系は断絶した。なお、義昭の子あるいは孫と伝承される人物に一色義喬永山義在がいるが、その出自を証明する明確な証拠は現在のところない。

関東公方家[編集]

尊氏の子で関東支配のために父によって派遣された鎌倉公方足利基氏は鎌倉を中心として関東を支配した。しかし基氏の死後、その子孫は京都の室町幕府将軍家と対立・抗争を繰り返し、遂に第4代公方・足利持氏に至っては第6代将軍・足利義教と衝突する事態に至った(永享の乱)。この戦いに敗れた持氏は義教の命令で自害を余儀なくされ、鎌倉公方家は滅亡した。

しかし義教の死後、義教によって助命されていた持氏の末子・足利成氏が足利義政より再興を許されて、第5代鎌倉公方となった。しかし成氏は関東管領上杉氏と対立し、鎌倉を放棄して下総古河に移って古河公方と称した。成氏の死後、古河公方家では内紛が相次いで衰退し、第5代公方・足利義氏天正11年(1583年)に死去すると、古河公方家は断絶した。

なお、足利義政の弟・足利政知から始まる堀越公方家は、第2代公方・足利茶々丸の時代に北条早雲によって滅ぼされた。第2代古河公方である足利政氏の次男・足利義明から始まる小弓公方家も天文7年(1538年)に北条氏綱によって滅ぼされた。こうして戦国時代までに、関東足利氏は政治の表舞台からことごとく姿を消すこととなる。

しかし義明の孫・足利国朝は室町幕府滅亡後、天下人となった豊臣秀吉に関東公方の足利氏再興を許されて、足利義氏の娘と結婚した上で下野喜連川に領地を与えられた。のちに喜連川氏に改め、その子孫は江戸時代には禄高5000石ながら10万石格の国主大名待遇の家として存続し(喜連川藩)、明治以後足利氏に復した。

『花の乱-NHK大河ドラマ・ストーリー』日本放送出版協会編では、喜連川系足利家は当主であった足利惇氏の死後、惇氏の甥の足利公平(浩平?)が継いだとしている[11]越前には、足利義嗣の子孫が鞍谷御所として続いた。

歴代棟梁[編集]

  1. 足利義康
  2. 足利義兼
  3. 足利義氏
  4. 足利泰氏
  5. 足利頼氏
  6. 足利家時
  7. 足利貞氏
  8. 足利高氏(尊氏)足利将軍家

系図[編集]

太字は当主、実線は実子、点線は養子。

宗家(室町以前)[編集]

将軍家・連枝[編集]

鎌倉公方系統[編集]

足利氏の支族[編集]

足利氏の家臣[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 前田治幸「鎌倉幕府家格秩序における足利氏」(初出:阿部猛 編『中世政治史の研究』(日本史史料研究会、2010年)/所収:田中、2013年、p.179-228)
  2. ^ a b 田中大喜 「総論 中世前期下野足利氏論」(田中、2013年、p.25)。
  3. ^ a b c d 臼井信義 「尊氏の父祖 ―頼氏・家時年代考―」(田中、2013年、p.67)。
  4. ^ 臼井信義 「尊氏の父祖 ―頼氏・家時年代考―」(田中、2013年、p.68)。
  5. ^ 臼井信義 「尊氏の父祖 ―頼氏・家時年代考―」(田中、2013年、p.69)。
  6. ^ 小谷俊彦 「北条氏の専制政治と足利氏」内の「足利・北条両氏関係系図」(田中、2013年、p.133)より。
  7. ^ 小谷俊彦 「北条氏の専制政治と足利氏」(田中、2013年、p.131)。年代を考慮すれば北条時宗から下賜されたものと思われる。
  8. ^ 今川氏は2代基氏の子の代から、三河国幡豆郡今川荘より遠江国引間荘へ移住している。
  9. ^ 『難太平記』によれば、2代将軍である義詮の時代になっても「我等が先祖は当御所(足利将軍)には兄の流のよし」と主張して義詮に自らの家系図を示して自家の優位を主張する者がいたという。
  10. ^ 市沢哲「『難太平記』二つの歴史的射程-室町初期の『平家物語』を考えるために」(初出:『文学』第3巻第4号(2002年)/所収:市沢『日本中世公家政治史の研究』(校倉書房、2011年))
  11. ^ 『花の乱-NHK大河ドラマ・ストーリー』日本放送出版協会編、1994年 p180
  12. ^ 斯波詮教の三男。
  13. ^ 伊予大洲藩主加藤泰衑の長男。
  14. ^ 足利一門/肥後宇土藩一門・細川定良(藩主・細川興文の四男・細川孝応の次男)の長男。
  15. ^ 足利一門/肥後熊本藩主細川斉護の六男。
  16. ^ 常陸水戸藩主徳川斉昭の十一男。
  17. ^ 細川家一門、惇氏の甥。

関連項目[編集]



参考文献[編集]

br/>上野氏武家