山名氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本氏族。幾つかの流れがある。

  1. 源姓新田氏族山名氏。本項で詳述。
  2. 丈部姓有道氏一門山名氏は、武蔵七党の一派児玉党の一族。
  3. 陸奥国磐城郡の山名氏は、大國魂社家大江姓

山名氏
家紋
五七桐七葉根笹
本姓 清和源氏新田氏流[1]
家祖 山名義範[1]
種別 武家
華族男爵
主な根拠地 上野国多胡郡八幡荘)山名郷
但馬国出石 但馬国村岡
著名な人物 山名時氏
山名師義
山名時義
山名氏清
山名持豊(山名宗全)
山名豊国
支流、分家 山名豊国子孫。山名氏分家
豊義流
武家
清水氏(清水恒豊流)武家
清水氏(清水恒豊流)分家・支流 山名氏(清水熙豊流)武家
賀豊流武家
豊常流武家
凡例 / Category:日本の氏族

山名氏(やまなうじ、やまなし)は、山陰地方を中心に勢力を持った武家守護大名戦国大名)である。

経歴[編集]

山名氏の起源[編集]

山名氏の本姓源氏家系清和源氏の一家系 河内源氏棟梁鎮守府将軍源義家の子・義国を祖とする名門新田氏の一門。新田義重庶子三郎義範[1](または太郎三郎とも)が上野多胡郡八幡荘)山名郷(現在の群馬県高崎市山名町周辺)を本貫として山名三郎と名乗ったことから、山名氏を称した。

山名氏の祖の義範は鎌倉時代には早くから源頼朝に従いて御家人となり、頼朝知行国の一つである伊豆の国主に推挙され伊豆守となる。源伊豆守の公称を許され源氏門葉として優遇された。

南北朝時代[編集]

南北朝時代新田義貞を中心に南朝に参加した新田一族と異なり、山名時氏は縁戚の足利尊氏に従った。尊氏が征夷大将軍に就任、室町幕府を開くと時氏も運気を掴み、守護大名として山陰地方に大勢力を張った。その後の観応の擾乱では足利直義に従ったが、室町幕府第2代将軍・足利義詮時代には幕府側に帰参し、赤松氏京極氏一色氏と並んで四職家の一つにまで数えられるに至った。

時氏の子・氏清の時、一族で全国66箇国中11箇国の守護職を占め、「六分の一殿」と称されて権勢を誇った。しかしその結果、第3代将軍・足利義満から危険視され、義満は後に山名一族離反の謀略を試みる。

師義の後は嫡男の義幸でなく弟の時義が惣領となり時義の後は時煕が継承した。

この時煕の惣領継承には、義幸の弟である師義流山名氏の満幸が、強い不満を持っていた。1390年元中7年・明徳元年)、将軍・足利義満の命により満幸と氏清(満幸の義父で叔父)が時煕を攻め但馬国外へ追放した。

しかし1391年元中8年・明徳2年)、時煕を許すという将軍義満の変心に対し満幸は氏清(満幸の義父で叔父)・叔父の義理と共に幕府に対して挙兵(明徳の乱)、同年12月には山名軍が室町幕府の有る京都へ攻め入るも、最終的には幕府軍の反撃にあって満幸は逃亡したが後に捕えられて処刑、氏清は戦死、義理は出家して没落した。

戦後の山名氏は存続こそ許されたものの、時熙時義の子)の但馬守護職、氏之(満幸の兄)の伯耆守護職、氏家氏冬の子)の因幡守護職のみとなり、一族は大幅にその勢力を減ずるに至った。

山名氏の惣領は時義流の時煕に移り、師義の嫡男・義幸および嫡孫・師幸は伯耆国日野郡で山名日野家として続く。

山名宗全時代[編集]

山名持豊(宗全)は1441年嘉吉元年)、嘉吉の乱で第6代将軍・足利義教赤松満祐によって暗殺されると、同年、赤松氏討伐の総大将として大功を挙げた。この功績によって山名氏は、備後安芸石見備前美作播磨などの守護職を与えられ、再び全盛期を築き上げた。

宗全は、城之崎城九日市城を詰め城とする九日市(豊岡市九日市)の丘陵に広大な守護所を構えたとされている。

しかし宗全は、幕府の主導権をめぐって管領細川勝元と対立する。また、足利将軍家畠山氏斯波氏などの後継者争いなど複雑な事情も重なった結果、1467年応仁元年)には応仁の乱の勃発に至った。この時、宗全は西軍の総大将として同じく東軍総大将の勝元と戦ったが、乱の最中である1473年文明5年)に宗全は病死する(同年に勝元も急死)。宗全の嫡男・山名教豊は山名氏を継承したものの、父に先立ち陣没した。また、教豊の弟・山名勝豊は山名氏一族が継承していた因幡守護に任じられ因幡山名氏を興した。 また、山名是豊は家督をめぐり父と対立したため細川勝元の陣に加わった。東幕府より安芸・備後の守護職に任じられ備後山名氏の祖となる。

室町時代後期[編集]

宗全の死後、家督は孫(四男とも)の政豊が継いだものの、宗全死去や応仁の乱などによって一族の勢力は急速に衰退してゆく。領内では毛利次郎の乱をはじめとする国人による反乱が相次ぎ、播磨、備前、美作は赤松政則(赤松満祐の大甥)に奪われ、政豊は奪回を企てるも1488年長享2年)に敗れ、播磨から撤退した。さらに備後守護の嫡男・山名俊豊や備後国人衆とも対立した。

戦国時代[編集]

政豊は山名俊豊を廃嫡して三男の致豊を後継者に決めて、国内混乱の決着を着けた(山名俊豊の子孫は備後に土着し備後山名氏となる)。しかし国人衆の要求を呑んだこと、またその過程で国人衆の支持を取り付けるために各種の特権を与えたため、守護権の縮小に繋がり、結果として国人衆とりわけ守護代の垣屋氏が力をつけた。家臣筋である垣屋氏に城之崎城(豊岡城)を制圧された政豊・致豊は九日市の守護所を放棄し、より守備力がある丸山川対岸の此隅山城に移ったが、そこも攻撃されるような状態となった。

さらに出雲尼子経久周防大内義興、備前守護代浦上村宗らの圧迫を受けるようになり、次第に山陰道山陽道の領国は奪われていった。跡を継いだ致豊の弟・誠豊の時代には、但馬守護山名氏は但馬上守護代・垣屋氏や但馬下守護代・太田垣氏らの傀儡のような立場となった。因幡守護家でも、山名豊時の孫・山名誠通が因幡守護としてかろうじて因幡を名目上支配しているという程度の状態になった。

1528年享禄元年)には誠豊が死去し、甥で養子の山名祐豊(致豊の子)が但馬守護家を継ぐ。

この山名祐豊は垣屋氏・太田垣氏・田結庄・八木氏ら但馬の有力国人衆を次々と武力で征した。また、一族で因幡山名家の山名誠通を討ち、弟の豊定を因幡へ派遣し因幡守護代(陣代)とすることで、「因幡守護家の山名誠通の遺児が成長するまで政務を後見する」という形で因幡を実質支配した(正式な守護職は幕府より、出雲尼子氏に与えられていた。豊定の没後はその地位を祐豊の長男の山名棟豊が継いだが早世したため、豊定の子の山名豊数が継承し、また誠通の子山名豊儀が一時期、出雲の尼子氏に支援されて因幡守護家を再興していたともいわれている)。また、因幡の国人達に対してもこれを武力で従え、地位を失いつつあった守護大名山名氏を但馬因幡の戦国大名山名氏へと成長させた。

新興勢力である毛利元就とも手を結び、あるいは対立し、因幡国人および因幡守護家を支援して勢力を拡大しようとする出雲尼子氏ら周辺諸国と抗争を続けた。

織豊時代[編集]

祐豊には山名棟豊・山名義親・山名堯煕の三子があった。棟豊は親より早く若くして亡くなったので第二子が嫡男となった。足利義昭より編諱を受け氏煕より昭豊と諱を改め、さらに義親と改めた。山名家中から将来の活躍が期待されていたものの早世する。晩年の山名祐豊は長男、次男に先立たれ気力が衰えたのか、織田信長の勢力が但馬へ伸張してくると、1580年天正8年)信長の重臣・羽柴秀吉(およびその弟・羽柴秀長)の軍勢に取り囲まれることとなり降伏後しばらくして死去。自刃とも病死ともいう。

祐豊の三男・山名堯熙は、落城前に因幡へ敗走して助かった。[2]

但馬平定に続き、羽柴氏による因幡侵攻が始まると、堯熙は八木氏垣屋氏ら旧山名家重臣らとともに羽柴氏に従い因幡へ従軍した。羽柴家の要請により鳥取城に籠もる敵方の主要な付城である因幡国八東郡私部城を攻め取り入城し、鳥取城落城因幡平定に貢献した。

但馬は、その後も播磨と併せて羽柴氏の根本領地となり、生野銀山からの莫大な財力と但馬兵は後の羽柴氏と明智光秀丹波)との戦を支え続けた。

山名堯熙は秀吉に請われ、馬廻衆(親衛隊)として仕えることとなり、1581年(天正9年)因幡国八東郡のうち2,000石の所領を認められる。

1582年(天正10年)8月、堯煕は秀吉より播磨国加古郡のうち2,000石に転封され、近習に列す。その後500石さらに摂津国能勢郡に加増された。さらにその後5,000石が加増された。秀吉没後、堯熙の子・山名堯政豊臣秀頼に仕えた。

西因幡でも、山名豊定の子、山名豊国が自らの居城である鳥取城から重臣達の反対を押し切り、単身秀吉に降伏した。城内に残った者は悲惨な最期を遂げた。その後、和歌等、教養面での造詣の深い豊国は豊臣家からの仕官の話を固く断り浪人となり摂津の多田氏の食客となった。

中・東因幡では、毛利氏の勢力が早くから強く、因幡守護家の山名誠通の子孫は毛利家家臣となった(すでに備後山名氏は毛利氏家臣となっていた)。

江戸時代[編集]

因幡の山名豊国は豊臣時代は無禄であったが1600年慶長5年)の関ヶ原の戦いで家康側につき、亀井茲矩の軍に加わった。山名氏は徳川氏とおなじく新田一族に繋がるというこもあり、大名並の待遇の交代寄合表御礼衆という家格に列せられた(江戸幕府の正式な家譜では松平家酒井家に次ぐ血族とされた)。 江戸初期、但馬山名氏(祐豊の家系)が断絶したと認定されたため、山名宗家は豊国が継承した形になる。

江戸時代初期の山名隆豊は旗本・福島氏の子(高名な戦国武将である福島正則の曾孫)として生まれ、山名氏に婿養子に入り継承した。

山名豊政の孫(山名豊国のひ孫)である山名豊就徳川吉宗の信任厚く、大番頭を経て、旗本としては異例の大名職である寺社奉行に任じられ、因幡守に叙任される等、山名氏の長者として山名氏の名を高めた。

江戸時代中期の当主山名義徳は九州の筑後柳川藩主家(大名)である立花貞俶の子として生まれ、山名家に婿養子に入り旗本家を継承した。

幕末の動乱では、旗本だったが山名家は明治政府側に従った。1869年明治2年)、山名義済は1万1,000石への高直しが明治政府に認められ大名と認定され、新たに但馬村岡藩を立藩した(その後まもなく廃藩置県となる)。1884年(明治17年)、山名氏は男爵に列せられた[3]。これは新田家岩松家)や名和家の例とは違い、先祖の勲功に寄らない、新政府方に立った功績による男爵叙爵である。[4]


但馬山名氏山名堯熙の嫡男・山名堯政豊臣氏豊臣秀頼に近侍、1615年慶長20年)の大坂夏の陣で、 大坂城内にて戦死した。

その一方、父親の堯熙は大坂夏の陣を生き延び 京都六条の屋敷に於いて晩年を過ごした。

堯熙は堯政の子の煕政(当時8歳)による家名存続を意図したが、豊臣旧臣である家の存続は難しく、煕政は当時徳川家臣となっていた山名豊国の計らい[5]により、既に徳川家臣となっていた山名氏旧臣で一族でもある清水正親の養子となることで清水氏の家督を相続し、逆にこれにより堯煕流の山名氏は一旦断絶した。

清水氏を継承した煕政は名を改め恒豊と称し徳川氏の幕臣となる。以降、清水恒豊および恒豊の子の清水煕豊が清水姓から山名姓への復帰を願い嘆願するも、豊臣遺臣を警戒する初期の江戸幕府からは許されることはなかった、とされる(清水流山名家伝)。江戸時代も中期になった頃、復姓の嘆願が叶い、堯熙流山名氏(但馬山名氏)が断絶して約 85年後の1700年元禄13年)3月2日、恒豊の孫の清水時信徳川将軍家から許しを得、山名姓に改姓、山名時信と称した。これにより煕政流山名氏(但馬山名氏)は再興し、以後山名氏嫡流(の山名時氏)に因む「時」字を通字として幕末まで代々続く。石高は微禄ながらも、以後の幕府からも山名家嫡流のうちの一つとして認知された。

時信の従兄弟の山名豊常の養子である山名豊明は第八代将軍徳川吉宗により寄合に加えられたのち御作事奉行御鎗奉行に任じられた。山名豊常は当初は布衣(従六位相当)であったが立身し従五位下伊豆守に叙任されるなど将軍吉宗の信任を得た。のち徳川家治にも重く用いられ、日光東照宮にも同行を許された。

幕末の動乱の時期、清水氏流山名氏は御家人として最後まで徳川将軍家に従った。明治新政府により徳川家当主の徳川家達が駿府(静岡)に転封されると、山名氏も幕臣として静岡県に赴いた。清水氏流山名家は明治を迎え、他の幕臣同様士族となった。


また、因幡守護家の山名誠通の子孫は長州藩毛利氏の家臣となり、江戸時代を通じて長州藩士として毛利氏に仕え、幕末を迎えた。

山名氏 - 但馬守護 - 御家人[編集]

  1. 山名義範
  2. 山名義節
  3. 山名重国
  4. 山名重村
  5. 山名義長
  6. 山名義俊
  7. 山名政氏
  8. 山名時氏
  9. 山名師義
  10. 山名時義
  11. 山名時熙
  12. 山名持豊(山名宗全)
  13. 山名教豊:但馬守護。
  14. 山名政豊:但馬守護。
  15. 山名致豊:但馬守護。
  16. 山名誠豊:但馬守護。致豊の弟。
  17. 山名祐豊:但馬守護。誠豊の養子、致豊の次男。1580年秀吉率いる織田軍に包囲される中、死去。
  18. 山名義親:祐豊の次男。初名は氏煕。別名は昭豊。
  19. 山名堯熙:但馬守護。祐豊の三男。豊臣家の家臣となり秀吉に仕える。別名は氏政。
  20. 山名堯政:堯熙の子。豊臣秀頼近臣。大坂夏の陣、大坂城で戦死。

清水氏(山名家重臣~清水恒豊流) [6]

  1. 清水庄太夫某:但馬守護職山名祐豊の家臣。
  2. 清水正親:祐豊の家臣。その後天正18年(1590年)徳川家康に仕える。280俵。
  3. 清水恒豊:初名は煕政。実父戦死時8歳。山名堯政の子。大坂の陣(1615年)で豊臣方に味方した堯政の子としては、徳川家に仕えることが難しいため、山名豊国の計らいにより、山名氏旧臣であり、当時すでに幕臣となっていた清水正親の養子になり、清水氏を称することで恒豊は幕臣に列することとなった。延宝7年(1679年)5月16日死去。禄は480石。 墓所は龍興寺(中野区上高田) 寺が無縁墓として処理。法名は 清厳慈円居士。
  4. 清水豊頼:清水恒豊の次男。清水家の家督を継承。元禄15年1月14日死去。480石。
  5. 清水豊長:豊頼の嫡子。宝永元年8月21日死去。
  6. 清水豊重:豊長の養子、実父は酒井重賢、母は豊頼の養女。享保8年5月10日死去。
  7. 清水豊春:豊重の嫡子。寛政6年6月21日死去。
  8. 清水豊信:豊春の嫡子。
  9. 清水豊道:豊信の嫡子。禄は三百八十石。

山名氏(清水熙豊流 )

  1. 清水熙豊:清水恒豊の長男。弟に清水家家督を譲り別に家を立て山名復姓を願うも許されず。
  2. 山名時信:清水熙豊の子。元禄13年(1700年)3月2日、特に徳川綱吉から許され山名に改姓。450俵の禄を与えられる。以後子孫同じ禄。御家人なので常府(江戸住)。
  3. 山名時尚:時信の弟。次男服部保教(服部保昌の養子)、三男清水時庸(清水豊秋の養子)。
  4. 山名時連:時尚の嫡子。
  5. 山名時睦:時連の養子、清水豊秋次男。
  6. 山名時習:時睦の嫡子。子に時方、時勝、時守。

清水氏(清水賀豊流)

  1. 清水賀豊:清水恒豊の三男。
  2. 清水豊秋:賀豊の養子、母不詳。
  3. 清水時庸:豊秋の養子、実父は山名時尚。
  4. 清水時良:時庸の嫡子。
  5. 清水時親:時良の嫡子。100石
  6. 清水時柯:時親の子。

のちに清水氏から山名氏に改姓。

山名氏(清水豊常流)

  1. 山名豊常:清水豊頼の次男。山名氏に改姓。200石
  2. 山名豊明:豊常の養子、前田五左衛門定勝の次男。作事奉行鎗奉行徳川吉宗に重用さる。
  3. 山名豊実:豊明の嫡孫。父豊全は家督を継がずして死去。
  4. 山名如風:豊実の養子、実父は清水豊春。甲府勤番

山名氏 - 因幡守護 - 長州藩士[編集]

  1. 山名勝豊:因幡守護。父は山名持豊。
  2. 山名豊時:因幡守護。
  3. 山名豊重:因幡守護。
  4. 山名豊頼:因幡守護。
  5. 山名誠通:因幡守護。出雲守護尼子氏に近づいたため嫡流家の山名祐豊に征せられる。
  6. 山名豊通:因幡守護。祐豊の命により山名豊定が後見する。
  7. 山名豊次:因幡守護。

山名氏 - 因幡守護 - 交代寄合 - 村岡藩[編集]

  1. 山名豊国:豊定の子。豊数の弟。母は室町幕府管領である細川高国の娘。妻は伯父である山名祐豊娘。因幡守護。豊臣家から禄を与えられるという話を固辞し流寓。のちに徳川家に仕える。山名氏嫡流家は豊国の系に移った。徳川家が編纂した江戸幕府の系譜では酒井家に次ぐ徳川家に近い家系とされた。血筋は但馬山名氏。但馬村岡 山名家 初代。
  2. 山名豊政 : 正室は 高家である大沢基宿の娘。
  3. 山名矩豊 : 従五位下 伊豆守
  4. 山名隆豊 :福島正則のひ孫 。
  5. 山名豊就 :大番頭寺社奉行 山名豊政の孫。因幡守
  6. 山名豊暄 :正室は下野喜連川藩主・喜連川茂氏の娘。
  7. 山名義徳 :筑後柳川藩主・立花貞俶の八男。豊暄の娘婿。
  8. 山名義方 : 正室は常陸谷田部藩主・細川興晴の娘・菊子。
  9. 山名義蕃 :越前鯖江藩主・間部詮茂の四男。 1818年まで甥・間部詮勝(1840年から1843年と1858年から1859年に二度老中)の後見役を務める。義方の娘婿。
  10. 山名義問 :正室は出雲広瀬藩主・松平直寛の娘・蔵子 。継室は肥前島原藩主・松平忠馮の娘・和子。 娘・喬子は須坂藩主・堀直明室、弟・山名眞龍了源寺 (船橋市)住職、二條秀量上人は誠照寺(鯖江市)第25世法主
  11. 山名義済:正室は須坂藩主・堀直格の娘・縁子。堀氏は明治維新後、三管領四職斯波氏一族の奥田氏に改姓。須坂藩の江戸屋敷跡に田中角栄元総理大臣の通称「目白御殿」は建てられた。
  12. 山名義路:姉妹、快子は誠照寺鯖江市)第26世法主二條秀源上人(弟は西園寺公望)夫人。忻子は垣屋問察養女。
  13. 山名義鶴民社党結党に参画、結党後はブレーンとして、党を支えた。東京帝大新人会大原社会問題研究所、等で活動。日本労働者教育協会主宰。財団法人中東調査会理事長、公安審査委員会委員等歴任。弟、義亀は垣屋忻子養子。

旗本 豊義流[編集]

  1. 山名豊義山名豊国の子 表高家並寄合 大名家に準じた扱い。( 交代寄合表御礼衆と同様の老中支配) 1,000石
  2. 山名豊満
  3. 山名義往
  4. 山名重周
  5. 山名豊峰
  6. 山名義安
  7. 山名豊翔
  8. 山名義矩山名義徳の子、豊翔の養子。
  9. 山名義栄
  10. 山名義質
  11. 山名義行
  12. 山名義照

徳川忠長 家臣 - 磐城平藩士[編集]

  1. 山名豊晴 初名 豊信 山名豊国の子。徳川忠長の近臣。1632年(寛永9年)10月 忠長が 幕命により改易されると、連座によって改易され、息子と共に内藤忠興に預けられた。息子は のち赦免され、その後磐城平藩主、内藤忠興に仕えた。
  2. 山名兵庫

系譜[編集]

主要家臣団[編集]

庶家[編集]

全国山名氏一族会[編集]

山名氏の子孫・関係者が集う会である。

関連項目[編集]

山名氏縁故社寺・菩提寺[編集]

逸話・その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 尊卑分脈』足利氏の項によると、家祖の山名義範は足利氏一門の矢田義清と新田義重の娘の間の子と記され、山名氏は足利一門として扱われている。
  2. ^ 落城前に父と意見が対立し、主立った近臣らと城を出ていた。堯熙は攻め手の羽柴秀長の陣を公式訪問し、祐豊は隠居であり自分が当主であること、山名氏は羽柴氏に対して敵意が無いこと等を告げて許された。としている説もあるが、真偽不明。しかし、隠居とは名ばかりで亡くなる直前まで実権は祐豊が握っていた(このことが山名氏の衰退の原因であった)。
  3. ^ 維新勲功による立藩の大名は江戸幕府の小禄大名とは基本的に別扱いとなり、一般の小藩が叙爵された子爵より一段上とされた。この措置は他の維新立藩の交代寄合の家も同様で、山名家のみの特例措置ではない
  4. ^ 家格がもっと高いはずの足利家喜連川氏) は子爵に叙爵された。
  5. ^ 但馬の殿様 吉盛智侊著 神戸新聞
  6. ^ 寛政重修諸家譜による。寛政重修諸家譜では清水庄太夫某を初代としている。又 清水氏流山名氏は、恒豊流清水氏の 支流、分家となっている。 なお、清水氏・清水氏流山名一門では清水恒豊を初代としている。

参考文献[編集]

  • 渡邊大門『中世後期山名氏の研究』日本史史料研究会(2010)
  • 但馬の殿様 吉盛智侊著 神戸新聞

外部リンク[編集]