細川興晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
細川 興晴
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 元文元年(1736年
死没 寛政6年8月17日1794年9月10日
別名 辰十郎(幼名)
戒名 義山良勇功徳院
墓所 栃木県芳賀郡茂木町の能持院
官位 従五位下、玄蕃頭
幕府 江戸幕府
常陸谷田部藩
氏族 細川氏
父母 父:細川興虎、母:牧野英成の娘
正室:立花貞俶の娘
興徳行和(次男)、徳隣(三男)、
大田原清昭(四男)、山村良煕(五男)、
菊子(山名義方正室)、娘(堀直皓正室)

細川 興晴(ほそかわ おきはる)は、常陸谷田部藩の第6代藩主。

生涯[編集]

元文元年(1736年)、第5代藩主・細川興虎の長男として生まれる。元文2年(1737年)12月21日に父が死去したため、元文3年(1738年)2月26日に家督を継ぐ。宝暦2年(1752年)に従五位下・玄蕃頭に叙位・任官する。

天明8年(1788年)12月5日に家督を長男の興徳に譲って隠居する。寛政6年(1794年)8月17日に死去した。享年59。墓所は 栃木県芳賀郡茂木町の能持院。