山名氏冬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
山名氏冬
時代 南北朝時代
生誕 不明
死没 正平25年/応安3年1月5日1370年2月1日
官位 中務大輔
幕府 室町幕府 因幡守護
主君 足利義詮
氏族 山名氏
父母 父:山名時氏
兄弟 師義義理氏冬氏清義継時義時治氏頼氏重義数高義
氏家

山名 氏冬(やまな うじふゆ)は、南北朝時代武将因幡国守護

略歴[編集]

山名時氏の三男として誕生。

観応の擾乱では足利直義方に属した父・時氏に従い、兄弟達と共に播磨国美作国などの守護である北朝方の赤松氏と争い、山名氏の中国地方一帯における勢力拡大に務める。正平18年/貞治8年(1363年)に山名一族は北朝に帰順し、氏冬は因幡の守護を任じられる。