渡辺氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

渡辺氏(わたなべし/わたべし)

  1. 摂津国渡辺よりおこった嵯峨源氏流。本項で扱う。
  2. 摂津国の藤原北家秀郷流の荒木氏族。
  3. 播磨国赤松氏族。
  4. 河内国楠木氏族。
  5. 山城国賀茂氏族。
  6. 伊予国藤原北家九条流土佐一条氏族。

渡辺氏(わたなべし/わたべし)は、日本姓氏氏族苗字、大

  1. 同音異姓に渡邊、渡邉、渡部(わたのべ/わたぶ)、亘鍋、綿鍋、綿奈部、綿辺、渡那部、渡邁、渡鍋(わたしなべ)、綿部がある。
  2. 異音同姓に「ワタノベ」(渡野辺、渡延、渡野邊)・「ワタリ」(渡利、渡里、亘理、渡、亘、渉、弥、和多利、済、日理、和田利)・「ワタリダ」(渡田)がある。

嵯峨源氏源融流[編集]

渡辺氏
家紋
三つ星に一文字みつぼしにいちもんじ渡辺星わたなべぼし
本姓 嵯峨源氏源融流
家祖 渡辺綱
種別 武家
華族子爵)、(男爵
出身地 摂津国西成郡渡辺村
主な根拠地 摂津国渡辺津
著名な人物 渡辺綱
渡辺久
渡辺伝
渡辺至
支流、分家 坐摩神社家?(社家
露天神社家?(社家)
奈古屋氏?(武家
瀧口氏?(武家)
松浦氏?(武家)
蒲池氏?(武家)
筒井氏(武家)
瓜生氏(武家)
赤田氏(武家)
奈良原氏?(武家)
山田渡辺氏?(武家)
安芸渡辺氏?(武家)
奥州渡辺氏(島ヶ原渡辺氏)?(武家)
豊後渡辺氏(真那井渡辺氏)?(武家)
出羽渡辺氏(寒河江渡辺氏)?(武家)
甲斐渡辺氏(向山渡辺氏)?(武家)
摂津渡辺氏(渡辺党)?(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

嵯峨源氏の渡辺氏は、嵯峨天皇の皇子である左大臣源融(みなもと の とおる)を遠祖とする。融の孫・源仕(みなもと の つこう)の頃に武蔵守となって武蔵国足立郡箕田(現在の埼玉県鴻巣市北部)に赴任した[1]。仕は同地に土着し、地名の箕田(みた)を苗字として武家軍事貴族)となった。箕田仕の子が箕田宛(箕田源次充)。

その一方、元々は渡辺氏(渡辺党)自体が源綱の登場以前から天満にあった坐摩神社の守護集団であり、またその源流は大阪に土着していた朝鮮からの渡来人集団の子孫・ツゲ(都下あるいは闘鶏)氏であるとも言われる[2]

摂津国渡辺氏と摂津源氏[編集]

源宛(箕田充)の子・源綱(みなもと の つな)は、出生したときは父が他界したために、摂津国川辺郡多田(現在の兵庫県川西市)で清和源氏の祖となった源満仲の娘婿である仁明源氏源敦猶子となり、母方の里である摂津国西成郡渡辺(現在の大阪府大阪市中央区)に居住し、渡辺綱(わたなべ の つな。渡辺源次綱。「源次」は綱の父以来、嫡子の通称)と称し、渡辺氏の祖となる。渡辺綱(源綱)は猶父・源敦の室の兄で、上記の満仲の長男である摂津源氏源頼光の郎党となり、「頼光四天王」の筆頭とされる。

大江御厨惣官と滝口武者[編集]

渡辺綱の曾孫にあたるは、武家軍事貴族)として、白河院より皇室領である大江御厨惣官に任じられて(渡辺惣官職)、京都では内裏天皇の警護(後世の近衛部隊に相応する)に就く滝口武者を世襲し、他にも衛門府兵衛府など中央の官職を有していた。渡辺伝の子孫には三つの流()が存在したことが知られており、中央の官職に就けなかった庶流が摂津源氏の郎党を構成していたとみられている(伝の嫡流であった満流は院権力と直接関係を強めていったため、摂津源氏との直接的な結びつきは希薄であった)。

満の弟の重、房の系統は、従来通り摂津国渡辺津に拠る源頼光の後裔の源頼政の郎党として、保元の乱において、多くの渡辺氏一族が参陣しており、頼政・仲綱父子の反平家蜂起の宇治川合戦において平家平知盛が率いる大軍と戦って、省(連)、学・授・与(與)・広兄弟(省の子)、、馴(競の子)、加(伝の弟のの孫、双の子)、注・仕・向・任・儲・抑兄弟(加の子)と於・契(双の甥)、譬・騒・習兄弟(於の子)ら多くの渡辺氏一族が討死している。

満の弟の重と親の系統から鎌倉幕府御家人から地方に赴任して、地頭職に就いた越後国赤田氏瓜生氏らが輩出した。

摂津国住吉と渡辺党[編集]

渡辺綱の後裔とされる摂津渡辺氏は、摂津国西成郡渡辺津(現在の大阪市中央区)という旧淀川河口辺の港湾地域を本拠地として一族が集住したために、「渡辺党」と呼ばれる武士団を形成し、瀬戸内海の水運に関与して瀬戸内海の水軍の棟梁的存在になると共に、摂津国住吉の浜(住之江の浜、大阪湾)で行われる天皇の清めの儀式(八十島祭)に従事すると共に、海上交通を通じて日本全国に散らばり、各地に渡辺氏の支族を残した。肥前国松浦氏とその庶氏、松浦党をはじめ、松浦氏一族の山代氏に連なる筑後国蒲池氏毛利氏重臣の渡辺勝豊臣氏家臣の渡辺糺らは子孫とされ、また大阪の坐摩神社の宮司家は渡辺契の、お初天神として有名な大阪曾根崎露天神社社家渡辺薫の子孫である。

16世紀末に豊臣秀吉大坂城を築城する際、秀吉は土着の渡辺党の存在を嫌い、坐摩神社および渡辺党に退去を命じた。坐摩神社は現在地の船場(大阪市営地下鉄本町駅の南)に移転し、渡辺党も嫡流は大和国へ転封となり、一族の多くは大阪船場などに移転した。さらにその一部は被差別民問題も絡みつつ大阪各地を転々とすることになる[3]

徳川譜代の三河渡辺氏[編集]

徳川譜代の三河渡辺氏は、渡辺綱の後裔を称し、綱の孫・(源次安、小源次安)の流れを汲むという。系譜によれば足利将軍家に直臣として仕え、後に三河国に移住したとされる。三河の渡辺党は松平氏に代々仕えて功があったが、浄土真宗の門徒であったために三河一向一揆で松平家康(徳川家康)に反旗を翻し、一族の者が多く戦死した。

三河一向一揆に生き残った一族の渡辺半蔵守綱は、一揆鎮圧後も許されて家康に仕え、天正18年(1590年)、関東入国に際して武蔵比企郡に3千石を与えられた。慶長18年(1613年)、守綱は尾張徳川家に配属されて三河加茂郡寺部(愛知県豊田市)に1万4千石を領した。守綱の嫡男・渡辺半蔵重綱尾張藩家老となり、子孫は1万石を領して尾張藩の重臣として続いた。明治維新後、華族に列し男爵を授けられる。

重綱は父が江戸幕府から直接拝領していた武蔵領3000石を三男・忠綱、忠綱の早逝後はその弟・吉綱に与え、直参旗本とした。吉綱は大坂定番に任ぜられ、和泉国河内国に1万石を加増されて大名に列す。その子孫は後に和泉大庭寺を経て伯太(大阪府和泉市)に居所を移し、伯太藩1万3千石の藩主となった。この家は明治に至り子爵を授けられる。

守綱の二男・渡辺図書助宗綱を祖として幕末には田安徳川家および一橋徳川家の家老を務めた大身旗本渡辺図書家、田安家家老を務めた渡辺能登守輝綱の子で六千石の旗本・中根宮内正一の養継子となり文久3年(1863年) に長州中関沖で殺害された中根市之丞正聖、江戸時代初期に江戸南町奉行および大目付を務めた渡辺大隅守綱貞、明治維新の尾張徳川家のお家騒動として知られる青松葉事件で尾張藩内佐幕派の領袖として処刑された尾張藩家老・渡辺新左衛門在綱、渡辺新左衛門家と同じく代々尾張藩の要職を務めた渡辺半九郎(源五左衛門)家、さらに渡辺新左衛門の分家で紀伊和歌山徳川家の家老を務めた渡辺若狭守家とその分家で同じく代々紀伊和歌山徳川家の家老を務めたの渡辺主水家も、三河渡辺氏である。

山田渡辺氏[編集]

渡辺綱の後裔とされる渡辺元は、織田信長が将軍・足利義昭を京都から追放したのち、毛利輝元の後ろ盾の下置いた鞆幕府で義昭に近侍し、また渡辺一族の群を抜いた活躍に義昭が感動したことで白傘袋と毛氈鞍覆の使用を許された。白傘袋と毛氈鞍覆とは室町時代守護大名家に許された印であり、山田渡辺氏はこれにより守護大名家と同格扱いになった。

関ヶ原の戦いでは山田渡辺氏は毛利家に従い西軍につくも敗北、徳川家康から一乗山城退去を命じられる。その後は新たに入封してきた福山藩主の水野家に仕えた。なお、水野家の時代は側室を出すなどそれなりの家格を保っていたようであるが、幕府領時代・阿部家時代と、時が下るに連れてそうしたこともなくなっていったようである。

寒河江氏譜代の出羽渡辺氏[編集]

渡辺綱の後裔を称して、大江広元に仕えた。広元が出羽国村山郡寒河江荘を得ると、下向して執事を務めたという[注釈 1]承久3年(1221年承久の乱で敗れた大江親広が寒河江荘に隠棲した後も寒河江大江氏に仕え譜代の臣として活動するが、天正12年(1584年)に寒河江氏が最上氏に敗れると帰農したという[4]

 
渡辺綱
 
筒井久
 
 
 
 
省(督)
 
与(與)
 
勝憲
 
勝義
 
顕義
 
義維
 
義継
 
顕胤
 
頼顕
 
顕信
 
顕広
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお、寒河江荘の目代多田仁綱が務めた。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 生駒孝臣 『中世の畿内武士団と公武政権』戎光祥出版株式会社、2014年。 
  • 河音能平「第六章 鎌倉時代の摂津国渡辺の津」 『大阪の中世前期』清文堂出版株式会社、2002年。 
  • 寒河江市史編さん委員会 『寒河江市史 上巻』寒河江市、1994年。 
  • 宮川満三浦圭一 『大阪府史第3巻・中世編1』大阪府、1979年、19,258頁。 
  • 中沢新一 『大阪アースダイバー』講談社、2012年10月。ISBN 9784062178129 
  • 「箕田村」 『新編武蔵風土記稿』 巻ノ150足立郡ノ16、内務省地理局、1884年6月。NDLJP:763999/99 

関連項目[編集]